著者アーカイブ takahashi

takahashi 著者:takahashi

通知バーから一目でAndroidスマホのRAM使用率がわかるアプリ”Memy”

最近、自分の使用しているスマートフォン(Android)がまた重くなってきて、そろそろ機種変更したいなぁと思い始めたのですが、格安SIMを使用しているということもあって、自分で端末を用意する必要があるため、なかなか機種変更に踏み切れません。

移行先の端末がない以上はしょうがないので、現在使っているスマホを少しでも延命できないかといろいろ試行錯誤しています。

その一つの手として、CPUを監視するアプリはいろいろ使っていたのですが、それでもスマホが重くなる兆候をキャッチできないときがあったため、メモリ不足の線も考えて、メモリ監視アプリもインストールしてみることにしました。

今回インストールしたのは”Memy”というアプリです。

Memy - RAM in notification

Memy – RAM in notification

Borys Wojciechowskiposted withアプリーチ

Memyはインストールすると通知バーに常に端末のメモリ(RAM)使用量を表示してくれるアプリです。

スマートフォン…だけでなくPCも同様ですが、マシンのメモリ(RAM)の容量を超えてデータをする必要が出てきた場合、作業容量を確保するためにメモリの一部を動作の遅いストレージに移したり、メモリを使用しているプロセスの中で使用頻度の低いものを自動終了するなどといったことが行われるため、動作が重くなってしまいます。

MemyのようなRAM監視アプリを入れて置けば、現在のRAM使用率を把握できるため、端末が”重くなる”兆候をつかめるというわけです。

Memyは非常にシンプルで、アプリを起動すると表示されるのは設定画面のみで、あとはステータスバーにメモリ使用量メーターが表示されるだけです。

設定画面では、メモリ使用量メーターの挙動に関する設定を行うことができるようになっています。

動作自体も重く感じることはなく、なかなかいい感じです。

触ってみてわかったのは、メモリの観点で見るとAndroidは適度にアプリを終了させた方がよさそうであるということ。

2、3個のアプリを開いたままにした状態でメモリ使用率を確認すると、20%台まで落ち込んでしまうときがあったのですが、アプリを全て終了させたところ、一気に40%ぐらいまでRAMの空き容量が増えました。

電池持ち的にはこまめに終了させてしまうとかえってすぐに電池切れさせてしまうことになるといわれていますが、メモリがあふれてしまうようなことがあれば当然動作が遅くなってしまいますので、使い終わったアプリは手動で終了させていった方が動作を維持できるのではないかなと思います。

自分のスマホが最近重くなってしまっていると感じている方は、普段のメモリ使用率をチェックしてみるのも手かもしれません。

takahashi 著者:takahashi

Webでaやbutton要素以外でマウスポインタの形を変える方法

本来マウスポインタがカーソルやテキスト入力の形になる入力フォームをポイントしたときに、前述の2種類のポインタ以外のポインタになるようにしてほしいという要望があったのですが、今までマウスポインタの形は意識したことがなかったので、”そういえばどうやるんだろう…”と思い調べてました。

javascriptで制御するのだろうかと思ったらなんとcssのみでサクッと制御できました。

cursor …… カーソルの形状を指定する – HTML クイックリファレンス

使い方は超簡単。

ポイントされたときにマウスカーソルの種類を変更したい要素に対して、cssでカーソルの種類を指定するだけです。

#hoge {
    cursor: pointer; //カーソルが指マークになる
}

これでid=”hoge”の要素をポイントしたときに、要素がテキスト入力エリアだったとしても、imgタグだったとしても、マウスカーソルが指マークになります。

cssでこんな操作もできるとは…恥ずかしながら知りませんでした(;´∀`)

他にもいろいろなカーソルを指定できますので、興味のある方は是非いろいろ試してみてください。

takahashi 著者:takahashi

Play Music Desktop Playerに頻繁にクラッシュする不具合が発生。現在修正済みで公開待ち状態。

以前ご紹介した Google Play Music Desktop Player ですが、Ver.4.6.1時点で再生中にアプリがフリーズしてしまう不具合が発生しているようです。

As of 8/02/2019 GPMDP will crash on certain songs #3483 – GitHub

上記のIssueによると、lyricsfreak.com への接続で問題が発生していたとのこと。

なお、既に問題が修正されたバージョンがコミットされていますが、反映に時間がかかるようで、まだ公式のダウンロードサイトには公開されていません。

Issueの中で、修正済みコードから有志の方がビルドしたバージョンが公開されていたため、こちらを入手してインストールしたところ、とりあえずクラッシュする問題は出なくなったようです。

同じ症状で悩んでいる方は、自己責任の上、上記の非公式ビルドを試してみるか、正式版のリリースを待ちましょう。

takahashi 著者:takahashi

Windows10のWindows Updateの更新チャンネルが統合されるらしい。

現行のWindows10のWindows Updateの詳細設定画面に、下記の項目があります。

どうやらこの設定が、Windows10の次期リリース Ver.1903 で削除されるようです。

「Windows 10 バージョン 1903」では“Windows Update”のSAC-T/SACの切り替えUIが廃止 – 窓の杜

現状、この項目では下の画像のように2種類のチャネルから選択ができるようになっています。

・半期チャネル(対象指定)

・半期チャネル

正直この二つの違いは何なのか自分もよくわかってなかったのですが、どうやら半期チャネル(対象限定)は、”この機種なら正常に動作するだろう”と判断されたものから順次配信されるチャネルで、半期チャネルは前者のような配信制限が完全に解除されたらアップデートが配信される、というように分かれています。

なので、”アップデートでPCが動かなくなったら困る…!”という人は、”半期チャネル”を選択しておくことで、比較的問題が取り除かれたあとでアップデートを受け取ることができる、というわけです。

ただ、これとは別に”アップデートが適用されてから~日後に適用する”という設定もあり、分かりづらいというのもあったためか、 1903からは、全端末への配信のみになるようです。

takahashi 著者:takahashi

Google ナビゲーションバーのウェブサービス通知を廃止へ

GoogleがサイトのナビゲーションバーにあったWebサービスの通知を廃止するようです。

通知を管理する – Googleアカウントヘルプ

この機能は、Googleの各サービスから送られた通知を一か所で確認できるというもの。

例えば、Google+やGoogleフォトなどからの通知を、このエリアからまとめて確認することが可能でした。

この機能は2019 年 3 月 7 日に廃止するとのことです。

エンジニアにとって、どんなUIが利用者にとって最も使いやすいのか、案外知ることは難しいもので、ある程度の試行錯誤は避けては通れません。

IT業界でもトップのGoogleでさえ、UIの試行錯誤を行っているのだということを垣間見た瞬間でした。

takahashi 著者:takahashi

Chrome拡張機能の設定が変更できなくなった時に確認したいこと

インターネット上の記事の更新を受け取るためにFeedlyを使っているのですが、Feedlyで何か新しい更新を検知した際にプッシュ通知で知らせてくれるChorme拡張機能があり、自分のChromeにインストールして使っていました。

ところがある日、拡張機能の設定を変更しても変更が適用されない不具合に遭遇。原因がわからずいろいろ試していたところ、あることに気づきました。

“拡張機能を管理”からアクセスできるChrome側の拡張機能設定画面で

“ファイルのURLへのアクセスを許可する”
という項目がいつの間にか追加されていたのですが、無効になっていたこの項目を有効にしてみたところ、設定が正常に反映されるようになりました。

いつからこの項目が追加されたのかはわからないのですが、いつの間にかこの設定の影響を受け、警告も出なかったため気づかないままになっていました。

拡張機能の設定が反映されなくてお困りの方は一度確認してみてください。

takahashi 著者:takahashi

ARM版のWindows10がRaspberryPiにインストール可能に!?

いつも読ませていただいているGigazineさんにこんな記事が上がっていました。

誰でも簡単にRaspberry Pi 3へ64bit ARM版Windows 10をインストールできるツールが登場 – Gigazine

今回紹介されたのは、元々Raspberry Pi用に提供されていたWindows 10 IoT Coreではなく、デスクトップ用のARM版Windows10をRaspberry Piにインストールする方法です。

ARM版Windows10といえば、ARMという異なったプロセッサでありながら、Intel製CPU向けに作られたWin32(Windows用32bit)アプリケーションを実行できる、ということで一時期話題になりました。

正規の製品版Windowsなので、他のRaspberry Pi用OSとは違いライセンスを購入する必要はあるかと思いますが、うまく行けばRaspberry Pi上でWindowsアプリが動くかもしれない…となればとても魅力的に感じます。

自分もRaspberry Piは持っているので、また実際に試してみたいと思います。

takahashi 著者:takahashi

ついに来るか”フルAR”!? 最近のMicrosoftとAppleのARへの取り組みが気になる。

先日、いろいろ調べていたらこちらの記事を見つけました。

Microsoftが発表間近の第2世代のMRヘッドセット「HoloLens」ティザー動画を公開、新チップ搭載か? – Gigazine

MicrosoftがWindows10の登場とほぼ同時期に発表し、話題にもなったAR機器である”Hololens”ですが、なんとその後継機種が発表間近なのでは、という情報が上がってきているようです。

最近になって、ゲーム機やスマートフォンで利用できる”手軽なAR”を搭載したアプリなどは増えていますが、自分たちが”AR”と聞いてイメージするようなもの(たとえばアニメ「電脳コイル」の”電脳メガネ”のような)、いわゆる”フルAR”に近いものとしては、製品化された中では恐らくHololensが唯一なのではないかと思います。

そんなHololensの後継機種が出るとしたら…わくわくが止まりませんね。

一方、AppleもiPhoneの販売台数低下に伴い、今後AR方面に力を入れていくのではないか、という見方も出ているようです。

Apple、ARヘッドセットを2020年出荷を目標に研究中 – TeckCrunch

もし世界でトップクラスのIT企業であるこの2社が、ARのためにしのぎを削るほど力を入れ始めたら、(2社にとってはとんでもない戦争になりそうですが)一気にフルAR実現に近づくことになるかもしれませんね…!

今後の展開に要注目です。

takahashi 著者:takahashi

MacBookのbootcampでキーボードが光らなくなった時に確認したいこと

自分の持っているMacbookAirにはbootcampが設定してあるのですが、bootcampで設定したWindowsを起動すると、キーボードのバックライトが光らない現象に悩まされていました。

自動で光らないのなら手動で指定すればいいか…と思ったのですが、

ホットキーでいくら輝度を上げようとしても

禁止マークがでて変更できません。
もしかして設定…?と思って”Boot Camp コントロールパネル”を開いてみたりもしたのですが、

赤枠部分を変更しても設定が反映されず、BootCampコントロールパネルを開きなおすと元の設定に戻ってしまいます。

もしかしてBootCampのドライバが壊れているのでは…と思い、ドライバをダウンロードして適用してみますが、これも意味なし。

もしかして元々のバグなのではとあきらめかけていた時、あることに気づきました。

部屋の明るさを暗くしたとき、ふとWindowsで起動中のMacを見ると…

光ってる!!!

この状態で先程動作しなかった輝度調節キーも

効くようになっていました!

試しに部屋の電気を明るくすると、自動でキーボードのバックライトが消え、輝度調節も再び不可能になっていました。

どうやら、部屋の明るさを自動で検知して、部屋が暗いときにのみキーボードのバックライトも点灯させる挙動に固定されていたようです。

ちなみに、macOS側でもこの挙動は同じで、明るい部屋でキーボードの輝度調節をしようとしてもやはりできない仕様になっていました。

ということで、キーボードのバックライトがつかない…という問題はただの勘違いだった、というオチでした…スミマセン((

ただ、BootCampコントロールパネルで、項目はあるのにキーボードバックライト周りの制御ができなくなっていたり、BootCampコントロールパネルからmacOSに切り替えることができないなど、BootCampがmacの新しい仕様に対応されていないように見える部分が多くなっています。

ユーザーからすると「もう対応されないのでは」と不安になるので、この辺りは最低限アップデートしてほしいなぁと思いました。

takahashi 著者:takahashi

電波ではなくNTPで時刻を同期する時計をセイコーが発表

時計の大手メーカー”セイコー”が、電波時計ではなくサーバーやPCの時刻同期に使われる”NTP”を使って時刻合わせをすることができる時計を発表したようです。

施設内の時計をシステム時刻と同期するネットワーク型時計「NTPクロック」の販売を開始 – SEIKO

NTPサーバと時刻同期するセイコーの掛け時計「NTPクロック」販売開始。電源はPoE対応 – Publickey

https://www.seiko-sol.co.jp/archives/40336/ より

この製品はマニアックな人向けの製品…というわけでは決して なく、施設や工場、オフィスなどに設置される所謂”設備時計”として使用することを目的としたものとのこと。

大きな施設内に時計を設置する場合、たくさんの時計を設置することになるかと思いますが、通常の時計だと、電池の入れ替えや時刻合わせなどを一つ一つ行う必要があり、大変です。

NTPを使用することができれば、社内に設置されたNTPサーバー一台の時刻のみを制御し、すべての時計をNTPサーバーと同期させるようにすれば、一か所の時刻変更だけで、NTPでつながったすべての時計の時刻をコントロール可能になります。また、既存のLAN設備が使える上、PoE(LANケーブル経由で電源を取る規格)にも対応しているようなので、専用の配線を引く必要がないのも便利そうですね。

自分の場合、自宅に電波時計を置いてあるのですが、実は自宅では時刻合わせ用の電波が届かず、折角の時刻合わせの機能が使えなかったりします。

折角ネット回線があるんだし、電波ではなくてWi-Fi経由でNTPを使って出来たら確実だし楽なのになぁって思うこともあるので、個人的には是非一般向けのNTP時計も作ってほしいですね。