著者アーカイブ takahashi

takahashi 著者:takahashi

主要Linuxディストリに追加された新しいパッケージ形式”Snaps”とは

恥ずかしながら最近初めて知ったのですが、最近の主要ディストリでは、RPMやDEB形式ではない新しいアプリケーションパッケージシステム(パッケージマネージャー)である”Snaps”(Snap、Snappyとも呼ばれる)が実装されているらしいです。

Linuxの新しいパッケージフォーマット、Ubuntu生まれのSnapsは、小アプリケーション群のためのコンテナのようだ – Tech Crunch

最初”なぜ今更あたらしいパッケージマネージャーなんて…”と思ったのですが、記事を読んでなるほど納得がいきました。

パッケージは端的に言ってしまうとWindowsでいう所謂”インストーラ”にあたり、本来的にLinuxではアプリケーションをインストールするときに”ビルド”という手動の作業が必要だったのですが、従来のRPMやDEBなどどいったパッケージマネージャーは、パッケージを”インストール”することによって、初期設定も含めて全自動でやってくれるという非常に便利なシステムです。


debパッケージ


rpmパッケージ

ただし、Windowsインストーラと異なるのはそのパッケージ単体をインストールするだけではアプリは動作しないという点。
Linuxの場合、一つのアプリを動作させるためには、そのアプリが動作するのに必要となるライブラリ群をあらかじめOSにインストールしておく必要があります。
アプリとアプリが必要とするライブラリの関係を”依存関係”とよび、パッケージにはアプリが必要とする依存関係も登録されています。

ところが、この依存関係というのが非常に厄介な存在です。
実はDEBやRPMといったパッケージマネージャーは飽くまで依存関係にあるアプリがインストールされているかのチェックのみで、足りない依存関係を自動で満たす機構はもっていません。
もっとも現在ではyumやaptなどといったコマンドを使えばこの依存関係の自動補完も行ってくれますが、あくまで外部のツールが補完しているのであり、DEBやRPM本体の機能でないことには注意が必要です。

さらに、インストールするアプリが要求するライブラリなどによっては、使用しているOSや、登録しているリポジトリで提供していないものがある場合が考えられます。
この場合、たとえaptやyumを、用いたとしても、アプリをインストールすることができません。

さらに、DEBとRPMには互換性がなく、DEBパッケージマネージャーを採用しているOSでRPMパッケージはインストールできないし、逆にRPMパッケージマネージャーを採用しているOSでDEBパッケージはインストールできません。
一応、パッケージ形式を相互変換してくれる”alien”コマンドはあるのですが、自分が試した限りでは上手く動作しませんでした。

今回のSnapsパッケージは、そんな従来のパッケージマネージャーの欠点を解決してくれそうなシステムになっているようです。

 

Snapsは、最近はやりの仮想化技術である”コンテナ”のような仕組みになっており、Snapsパッケージ内にアプリとそのアプリが必要とするライブラリ群もすべて含まれているとのこと。
また、Snaps内のアプリはアップデートもロールバックも行えるようになっているようで、より柔軟な使い方ができるようになりそうです。

つまり、同じLinuxでありながらも使用できるアプリが異なっていた各ディストリ上でも、Snapsをサポートしているバージョンであれば、debian系であろうとRedHat系であろうと、同じパッケージをインストールすることができるようになります。Linuxアプリ開発者は今までdeb形式とrpm形式のパッケージを準備する必要がありましたが、今後はSnapsパッケージ一つ作るだけで両方のLinuxユーザーから利用してもらえるようになります。とても画期的ですね。

現時点ですでにSnaps形式のパッケージが出回りつつあるようですが、まだ日本語化されていなかったりするパッケージも多いようで、快適に利用できるようになるまではもう少し時間がかかりそうです。

Snapcraft

takahashi 著者:takahashi

自宅のPCにUbuntu 18.04 LTS をインストール

Linuxディストリビューションの一つであるUbuntuの最新版、Ubuntu 18.04 LTSを自宅のPCにインストールしてみました。

16.04 LTS までデフォルトになっていたデスクトップ環境Unityですが、UbuntuのモバイルOS進出断念に伴い開発が終了されました。

UbuntuのCanonical、「Unity 8」開発打ち切りを発表 スマホの取り組みも終了 – ASCII.jp

という経緯で18.04ではGnome 3がデフォルトになっていました。

個人的にGnome3はGnome2とくらべてかなり操作感が変わりわかりづらくなっていたので、[Gnome3かー」と思ってはいたのですが、18.04に搭載されているバージョンのGnome3のUIは以前触ったときに比べてかなり操作しやすくなっていました。

まだ使い始めたばかりで、どんなところが変わっているのかなどまだ把握できていない点が多いので、また少しづつまとめていけたらと思います。

takahashi 著者:takahashi

My Data Managerで今月使えるデータ量を常に表示

以前入れていたデータ使用量をカウント・表示してくれるアプリ MyDataManager を久々にインストールしてみました。

Androidの場合、システムに標準でデータカウントをしてくれる機能がついていますが、カウントと指定容量以上を超えたら制限、および通信制限をしてくれるというシンプルなものです。

ライトユーザーであればこれで十分なのですが、自分のようにテザリングで使っていてすぐに通信量を(通知バーなどで)確認したかったり、シェアプランなどで一つのデータ容量を複数端末で共有している場合はOS標準のものでは対応できません。

一方、MyDataManagerであれば、通知バーにも出せますし、複数端末で使用状況を共有することもできるようになっています。

以前はMyDataManagerがCPUリソースを多く消費していたことがあったのでしばらく使用するのをやめていたのですが、やっぱり必要性を感じて先日再インストールしました。

最後に使ってからかなり改良や機能追加が行われており、さらに使いやすくなった印象です。
プランの設定オプションに、以前からあったシェアプラン対応の他に、特定アプリのデータ量カウント対象外プランなども追加。

比較的新しく登場したプラン携帯にもばっちり対応していて、実用感が増しています。

勿論Android標準アプリが備えているような使用量警告通知やデータ通信の自動停止などの機能も揃えてますし、日毎の使用量も同時に出してくれたりとかなり至れり尽くせりです。

スマホでモバイルルーターのように常に使用データ量を確認したり、シビアなデータ通信管理をしたい方には是非オススメしたいアプリです。

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mobidia.android.mdm&hl=ja

iPhone版
https://itunes.apple.com/jp/app/my-data-manager-%E9%80%9A%E4%BF%A1%E9%87%8F%E7%AF%80%E7%B4%84/id477865384?mt=8

takahashi 著者:takahashi

[Windows 10 April Update] 変更点をレビュー

先日リリースされたWindows 10のメジャーアップデート “April 2018 Update” ですが、先日、早速自分のPCにも適用してみました!
一見、特に変わったような印象は受けないのですが、よく見ると一部デザインが少し変わっていることに気づきます。


こちらマウスを電源ボタンの近くに近づけてみたときのギミックですが、各項目の間に、境界線が出現しているのがわかるかと思います。

また、設定画面はメニューが半透明になっているのがわかるかと思います。

これらの変更は、恐らくMicrosoftが提唱している”Fluent Design System”がさらに細かく適用された結果かと思われます。

そして今回の目玉機能である”TimeLine”画面。

マルチタスクボタンがTimelineボタンに置き換えられており、ここをクリックすると、TimeLine画面が表示されます。

一番上に現在開いているウインドウ一覧が今まで通り表示されますが、その下に過去に開いていたアプリケーションやファイル、ホームページの一覧が連なります。
アカウント連携を有効にしておけば、この一覧の保存件数が増え、さらに他のデバイスの履歴とも同期されるとのこと。

さらに面白い機能が追加された今回のAprilUpdate。まだ適用していない方は是非アップデートしてみてはいかがでしょうか。

takahashi 著者:takahashi

[Windows 10]モバイル回線利用時に”従量課金モード”にしておくと不要な通信が防げる

僕はよく出かけ先でスマートフォンのテザリングを用いてPCをインターネットに接続することがよくあります。
スマートフォンを使っているため従量課金接続(~GBを超えると低速化or追加料金が必要なプラン)になるので、大量に通信してしまい、上限に達してしまうとスマートフォンのパケット通信が実質使用不能になってしまいます。

特にPCの場合、何がどれだけ通信しているかはスマートフォンよりも分かりづらいので、気づかないうちにかなり通信してしまっていた…なんてこともあります。
自分の場合は容量が多めのプラン(14GB)に加入しているので、滅多に上限に行くことはないのですが、それでも余分な大量通信は押さえておきたいところ。

実は、Windows 10には、従量課金接続に接続した際、リッチな通信を行う機能やアプリケーションへ通信の制限を要求する機能が搭載されています。

有効にするにはタスクトレイ(通知領域)からWi-FIのアイコンを選択。

プロパティをクリックするとこの画面が表示されますので、”従量課金接続として使用する”のスライドスイッチをonにします。

この状態にした時点で、このネットワークにPCが接続された場合、対応アプリの通信が自動で制限されるようになります。

また、Windowsアップデートでも、重要な更新以外は適用外となり、次に固定回線のWi-Fiやネットワークにに接続するまで待機してくれます。

また、サードパーティー製のアプリであっても、対応していれば自分で通信量を抑制してくれます。

自ら通信量を抑えてくれるサードパーティーアプリはまだ少ないですが、少なくともMicrosoftが出しているか、Windowsにバンドルされている機能については(特にWindows Update)通信量を抑えてくれるようなので、設定しておいて損はないかと思います。

今まではすべてのアプリや機能の通信量を自分で調整しないといけなかったので少し大変でしたが、現在はかなり簡単に設定できるようになったのでありがたいですね。

takahashi 著者:takahashi

Microsoft edgeはループバックアドレス(localhostなど)へのアクセスを制限する

これは非常に困る…

PC内に仮想マシンを建て、仮想NATでホストOSからアクセスできるようにセットアップしてあるのですが、他のブラウザでは問題なくアクセスできているこのアドレスに対して、何故かMicrosoft edgeからアクセスできません。

いろいろ調べたところ、どうやらedgeはデフォルトでループバックアドレスへのアクセスをブロックしているらしいです。
アクセスを有効化するためにはedgeの開発者オプションからアクセスを有効にする必要があるとのこと。

アドレスバーに
about:flags
と入力すると、開発者向けの隠しオプションが表示されます。

赤枠内の項目にチェックを入れ、一度すべてのedgeのウインドウを閉じた後再度起動します。

この状態でループバックアドレスにアクセスできないのであれば、インターネットオプションからループバックアドレスを”信頼済みサイト”や”イントラネットネット”へ追加します。

これで閲覧できるようになるはずとのことだったのですが、自分の環境ではここまでしてもダメでした。

正直なところ、localhostへのアクセスによってマルウェアに感染したなんて話は聞いたことないですし、セキュリティにかなり厳しいChromeでさえ標準でlocalhostやループバックアドレスへのアクセスはデフォルトで許可されています。

にもかかわらずなぜmicrosoftはedgeでそんな制限をかけるのか…まったくもって理解できません。
少なくとも、現状のままである限り、普段使いとしても開発環境としてもedgeを使メインで使うようになる日はやってこないでしょう。

takahashi 著者:takahashi

[Google I/O]次世代のGoogle Mapでは、AR世界で狐が行き先まで案内してくれる!

まるでファンタジーの世界

先日開催されたGoogleの発表会イベント “Google I/O”でGoogle Mapの新機能 “ARナビ”を発表しました。

Googleマップ、案内キャラを追えば着くARナビをデモ。GPSとVPS併用、カメラで店舗の名前も – engadget

発表された内容によるとこのアップデートで、なんとカメラに映った風景に、目的地への道順などが直接表示できるようになるようです!

さらに、狐のキャラクターが目的地まで先導してくれる機能も搭載されるということで、ただの移動時間をファンタスティックな体験に変えてくれそうな予感がします。超楽しみ。

個人的な考えですが、将来的に追加コンテンツとかで人気の版権キャラクターや、自分でモデリングしたキャラクターモデルをアップロードして、そのキャラクターに案内してもらえるような機能が実装されたらもっと素敵になるような気がします。
Googleさん、何卒ご検討の程….!!!(←

ちなみに、Google Mapでは、今年の3/14に、いままでGoogleMap上に構築してきた地図データや3dモデルデータなどをAPI提供し、Unityと連携してARゲーム制作の材料にできるサービスを発表しています。

世界中の実際の場所が“ゲーム”に――「Google Maps API」を使って世界をモデルにしたAR対応のゲーム開発が可能に – @IT

いよいよ、ただの便利アプリとしてだけではなく、地図を使った新しいエンターテイメントを作り出す方向に本腰を入れ始めた感が出てきましたね。

期待を集めているAR機能の発展が思うように進んでいない現状で、今回のGoogle Mapのような取り組みがその突破口になって、急速に開発が進むなんてこともあるかもしれません。

楽しみですね。

takahashi 著者:takahashi

[Google I/O] Android P のナビゲーションボタンが刷新されるらしい!

先日、Google公式の定期発表会 “Google I/O 2018″が開催されました。
このGoogle I/O内で発表されたGoogleの新サービスや新機能を各IT系メディアが報じています。

その中で、個人的に気になったものを取り上げていきたいと思います。
今回はこちら。

Androidのナビゲーションボタンが変更。iPhoneXのような操作性に

今やすっかりおなじみとなったAndroidナビゲーションボタン(ホームや戻る、アプリ一覧の表示など)がAndroidの新バージョンであるAndroid P(仮称)で刷新されることになったようです。

こちらが新しいAndroid P の画面。
ホームボタンの代わりに、何やら楕円形のバーが表示されています。

この形、どこかで見たことがあるという方も多いでしょう。


http://www.appps.jp/274114/より

そう、iPhoneXのホームボタン(?)とそっくりですよね。

iPhone Xの操作方法は?一から十までまったく違う! – カミアプ
iPhoneXはボタンを押す代わりに、この下のバーの部分を上にスワイプすることでホーム画面に戻ることができるようになっています。


http://www.appps.jp/274114/より

実は今回発表されたAndroid Pのナビゲーションボタンも、この動作を一部取り入れています。

Android Pの場合は上にスワイプすることでアプリ一覧が表示され、更にもう一度上にスワイプするとアプリドロワーが表示されます。ホームに戻る場合はこの楕円のアイコンをタップします。この操作は今までと同じですね。
横にスワイプするとアプリを簡単に切り替えることができ、アプリのマルチタスク機能がより使いやすくなっています。いままでは分かれていたホームボタンとアプリ切り替えボタンが統合され、より洗練されたような印象です。

幾つかの記事ではiPhoneXのパクリだという批評がされている記事もいくつか見かけますが、もともとiOSもAndroidも互いのいいところをパクリあっているところはあるので、さほど問題にならないのではないのかな、というのが個人的な意見です。

操作もより直感的になり、陳腐化していた操作性に新鮮さが戻ってきた気がします。

他にもいろいろ改善がされているということなので、Android Pのリリースが楽しみですね。

takahashi 著者:takahashi

Windows版Twitterアプリが久々の更新

先日、TwitterのWindows向けアプリが超久々にアップデートされました。

Windows 10向け「Twitter」アプリが刷新、“Progressive Web App”として生まれ変わる – 窓の社

Twitter for Windowsはここ最近まったくといっていいほどアップデートされておらず、一部新機能も利用できない状況でした。
個人的にはMac版Twitterクライアントと同様に廃止になるのかな…と思っていたのですが、先日突如としてアップデートが降ってきました。

上記の記事にも書かれていますが、このアップデーはおそらくWindows10にPWAの機能が実装されたことによるものだと考えられます。

Windows 10における“Progressive Web App(PWA)”は、Webアプリをネイティブアプリのように使えるよう、UWPアプリとしてパッケージ化したものと言える。一般のUWPアプリと同様、「ストア」アプリからインストールし、[スタート]画面やタスクバーにピン留めして起動可能で、独立したウィンドウをもつが、実質は「Microsoft Edge」上でWeb版“Twitter”を表示しているに過ぎない。

つまり、一見WindowsネイティブなUWPアプリに見えるわけですが、実際はただアプリ内でEdgeブラウザを呼び出して特定のサイトを表示している形になっているようです。
かといってブラウザ版と同じというわけではなく、アプリならではのメリット(UWPアプリの”共有”機能や通知など)も享受できるという仕組みです。所謂AndroidやiOSアプリの”ハイブリッドアプリ”と同じような仕組みです。

恐らく、開発コストの少ないWebベースのアプリであれば、公開し続けられるだろうという判断になったのだと思います。

ただ、Webベースであればアプリを公開できるということなら、既存の仕組みでElectronなどもありますし、macやlinux版もリリースしてくれればよかったのに、と思わなくもありません。

いくらWebを表示しているだけとはいえ、ブラウザを開くことなくワンクリックでアクセスできるかどうかでかなり使い勝手が変わってきます。
Windows以外のデスクトップOS用のクライアントも復活してほしいですね。

Twitter – Microsoft Store

takahashi 著者:takahashi

Windows NT 互換OSを目指すフリーなOS「React OS」

今まで、LinspireやZorin OSのような”Windowsライク”を謳うフリーOSというのが幾つか出ていたのですが、どのOSも見た目や操作性をのみWindowsに似せている物が多く、実際にWindowsの機能やアプリケーションについては”Wine”を使う以外で動作できるOSはありませんでした。
また、Wineを用いても、現状互換性が高いとはあまり言えない印象で、”Wineで動いたらラッキー”という状況でした。

そんな中、先日初めて、完全なWindows互換を目指すフリーOS の存在を初めて知りました。

その名も、ReactOS。

カーネルもプロジェクト内で設計されているようで、今までのLinuxカーネルをベースとした”Windows風OS”とは一線を画しており、UIもデフォルトではWindowsの”クラシックスタイル”とほぼ同様になっています。

見た目だけでなく、Win32アプリケーションやドライバももLinux上でWine経由で起動したときよりも多くのアプリが動作できるようです。

今までで試した中では、Windows用のVirtualBox Guest Additionsバイナリや、VirtioドライバのWindows版も問題なく動作しています。
ただし、あくまでWindowsNT 5または6をクローンしようとしているため、比較的新しいWindows向けアプリは動かないものも多いかもしれません。

一方で、NTFSのサポートと並行して、Linux系ファイルシステムのサポートも行っていたりと、オープンソースOSだからこそともいえるメリットもあり、今後も目が離せないプロジェクトです。

まだ動かないアプリやドライバも多いですが、現在ベータ版であるため実用的ではないものの現時点でも完成度はそこそこ高く、触っていると面白いです。

無料の仮想環境で簡単に動作しますので、興味のある方は是非触ってみてはいかがでしょうか。

ReactOS
ReactOS日本語版 – OSDN