著者アーカイブ takahashi

takahashi 著者:takahashi

QNAPのNASが凄すぎて最早ただのサーバ機と化している件

知人が自宅サーバー代わりにQNAPのNASの利用を検討しているとのことで、自分も気になって調べていたところ、QNAP製NASに搭載されているOS”QTS”の操作を実際に体験できる公式のライブデモサイトを発見。

ライブ・デモ – QNAP

早速触ってみました。
日本からの利用の場合は、ライブデモ-Asiaを利用すればOKかと思います。


/私、QNAPのNAS。こっちはQTSのログイン画面。\

既にNASのログイン画面とは到底思えない装い。
その完成度にビビりつつも早速ログイン。

ログインID/PWはデモページ入り口に記載されているものを入力すれば入れます。

ログインに成功するとようこそ画面が出現。
そのままチュートリアルを読み進め、ウインドウを閉じると

iOSとGnomeを足して2で割ったような(?)UIが出現。
ブラウザのバーとかなかったら普通にPC用のOSに見間違いそうな完成度です。

NASストレージ内に保存されたファイルや

Nasの動作設定などもわかりやすい画面で確認・設定ができます。

が、そんなところでとどまらないのがこのQTS。
なんと普通のスマホやPCと同様にアプリをインストールすることで様々な機能を追加することができます。
さすが、伊達にOSと呼ばれはいないようですね…

しかししかし、OSたるもの、どんなアプリが対応しているか、というのも非常に重要なポイントです。
ということで、早速アプリストアをチェック

開いてみて驚いたのはその対応アプリの多さ。

めっちゃあるwwww

まずすごいのは、NASなのに

CMSがうごいちゃう!

NASなのに…


DHCPサーバーや仮想スイッチをたてれちゃう。

極めつけは…

えっNASなのにNode.jsやRuby on RailsやPostgreSQLも動くの…
普通に開発環境として使えちゃうじゃないですかやだー!!

ストレージ内に保存された音楽をブラウザ上やLAN内のDLNA機器などを経由して再生できるメディアプレイヤー機能

フォトライブラリなど、マルチメディア周りの機能も充実しています。

ちなみに、

S3互換のオブジェクトストレージサーバーアプリもあるので、S3とほぼ同じようなAPIをたたいてファイルを取得できるようにすることもできるようです…ヒェー((

ちなみのちなみに、
RAID対応NASですので、搭載HDDの状態も勿論画面上から確認できます。

ここでふと気づいてしまいました…

自分が自宅サーバーでやりたかったことの大半….
もしかしてQNAP NASでできてしまうのでは….

できれば気付きたくなかったですが、これだけのものをアプリストアからインストールするだけで、しかもブラウザ上のGUIから自在にコントロールできるという簡単さは目から鱗レベルによくできています。

今回見た画面は飽くまでQTSのデモ版なので、実際にインストールして動かしたりとかまではできないので、実際の動作感までは分かりませんが、”自宅でサーバー動かしたいけど難しい操作は覚えたくない…”という人にとっては夢のようなガジェットかもしれません。

ここまでくると、本体のお値段が気になってきたので、現時点でのお値段をAmazon.co.jpで調べてみました。


HDDスロットが2つの、恐らくエントリーモデルと思われる製品。

約2万3千円という、標準的なNASに比べると結構しますが、下手に新品のPCを買うよりもお得かもしれません。

自宅サーバー歴5年の自分ですが、ここにきて心変わりの危機に瀕しております。

めっちゃほしい…

QNAP

takahashi 著者:takahashi

[Windows 10 April Update] スタートメニューのアプリタイルのアイコンが消失

最近、Windows10 April 2018 Updateを適用した自分の使用しているPCで、スタートメニューのアイコンが消えてしまう症状が頻発してます。

いろいろな方法を試してみたり、再起動したりしたのですが、結局治らず、一度スタートメニューのピン止めを外して再度ピン止めしたところ、ほとんどのアプリは再びアイコンが表示されるようになりました。

ただ、”フォト”アプリのアイコンだけ何度やってもアイコンが出てきませんでした。

Windows 10は アップデートのたびに魅力的な機能が加わるので、毎回Windows10のアップデートとても楽しみにしているのですが、ちょくちょく今回のような不具合が入ってくることがあるので非常に惜しい気分になります。

早く修正されることを願います。

takahashi 著者:takahashi

コンパイルできるRubyライクな爆速言語 Crystal

Rubyライク(Rubyと高い構文互換性をもっている)な言語として、”Crystal”と呼ばれる言語が、最近少しずつ人気を集めているようです。

Ruby開発者がCrystalを使うべき5つの理由 – SOFTANTENNA BLOG

Rubyの構文と非常によく似た構文を採用しており、Ruby開発者にとっては非常に少ない学習コストで、爆速のWebアプリを作成することができます。

Rubyっぽいコードが爆速で動く!?CrystalとRubyを比較してみた – paiza開発日誌

上記の記事にありますが、レスポンスに1.5秒ちょいかかるRubyで書かれたWebアプリをCrystalに移植すると、約0.3~0.4秒ぐらいまで高速化できるようです。凄いですね。
Crystalはまだα版で、現時点で動作するプラットフォームは限定されていますが、今後対応する環境が増えていけばRubyにとって代わる言語になるかもしれませんね。

Crystal公式サイト

takahashi 著者:takahashi

WWDCでmacOSの新バージョン、macOS Mojave 発表!

先日行われたAppleの発表会”WWDC 2018″で、Macの新バージョン “macOS Mojave(モハベ/モハーヴェ)”が発表されました!

Apple、ダークモードをサポートした「macOS Mojave」を発表 ~開発者プレビューを開始

正式版リリース自体は秋ごろになりそうとのことですが、現時点でいくつかの新機能が発表されました。

・ダークモード
今まで、macOSの基本色は白がメインでしたが、これを黒メインのUIに変更し、目への負担を抑える機能が追加されたようです。

新しいmacOS「Mojave」のダークモード、壁紙の色も変わって良い感じです #WWDC18 – GIZMODO

感覚としては1Twitterの”夜間モード”に似ています。普通にかっこいい。

・Dynamic Stacks
散らばったデスクトップを自動で整理してくれるファイル整理支援機能も追加されたようです。

macOS Mojave 新機能まとめ:ダークモードやファイル整理機能追加 #WWDC18 – GIZMODO

自分もよくデスクトップを散らかしてしまうので、この機能はありがたいかもですね。

他にもいろいろ改良がくわえられているmacOS Mojave。登場が楽しみですが、アップグレードする際に注意しなければいけない変更点も出てきました。

・OpenGL/OpenCLが非推奨に

なんとMojaveからOpenGLが非推奨に。自社謹製のMetalを使えという方針にするようです。
OpenGLは現在でも普通にバリバリ使われている技術だけに、さすがに非推奨にするのは早すぎる気がするのですが…いかがでしょう。

ちなみに、macOS High Sierraで打ち切られるかもといわれていたmacOS用 32bit版アプリの対応ですが、今回のバージョンまでは非推奨ながら動作するようです。
Apple、macOS 10.14 Mojaveが32-bitアプリをサポートする最後のmacOSになると発表。QuickTimeやJava 1.6フレームワークも廃止へ。 – AAPL Ch.
いろんな点で今後の動きが気になりますね。

takahashi 著者:takahashi

GitHub、Microsoftに買収される

以前からちらほら噂がでていたMicrosoftによるGitHubの買収ですが、ついに現実のものとなりそうです。

Microsoft、GitHubを買収か──Bloomberg報道 – ITMedia
Microsoft、GitHubを買収か? – Tech Crunch
マイクロソフトがGitHubを買収か、交渉が再開したとの報道 – THE BRIDGE

GitHubはソースコードの分散バージョン管理システムである”Git”をベースに、成果物に対する不具合報告や議論をする機能(Issue)、Gitプロジェクトのフォークなど、多くの人でソフトウェアなどを開発・共有していくのに必要な機能を提供する高機能な開発者コミュニティサービスです。

GitHubが特徴的なのはその料金体系で、GitHub内の自分のプロジェクトのソースを誰でも見えるように設定した場合に限り、無料で機能を利用できる(つまり、ソースを非公開にする場合は有料となる)となっており、オープンソースコミュニティが使いやすい仕組みになっているため、マイナーなものからNode.jsのようなメジャーな物まで今やかなりの数のオープンソースプロジェクトがGitHubを開発スペースとして利用しています。

最近では、GitHub前提で構築されているパッケージ管理システム(自動でGitHubからソースやバイナリをダウンロードし、利用可能な状態にしてくれるツール)も多く、もはやGitHubは”オープンソースの要”といっても過言ではないと思います。

今回、Microsoftに買収される可能性が出てきたということで、個人的に気になるのが”中立性”の問題。
オープンソース業界全体において、”自由な開発”が担保されているかどうか、というのは常にセンシティブな話題です。
例えば、もしもの話ですが、GitHub買収後にMicrosoftが自社の経営戦略にそぐわないGitHub上のプロジェクトを排除しようと思えば恐らくできてしまうでしょうし、そうでなくても、GitHubのサービスをMicrosoftのサービスに特化させたような仕様に変更してしまえば、GitHubを使う他の企業やプロジェクトに対しても不公平が生じてしまう可能性がでてきます。

最も、昔と違って最近のMicrosoftはオープンソースに対してかなり友好的かつ積極的な印象で、Microsoft自身も最近はオープンソースアプリをリリースしたり、自社製品に取り入れたりするようになったので、恐らく上記のようなことが起こらないように慎重な配慮をしていくのではないかと個人的には思っています。

ただ、飽くまでMicrosoftはプロプライエタリな製品がメインな企業なので、今後オープンソース業界全体がどのような反応を見せるのかはとても気になるところです。

個人的には、なんだかんだ言って開発者の多くがWindowsなどのMicrosoftの製品を使ってますし、今までのGitHubにプラスαされる形でより開発しやすくなるような機能が追加されていったらいいな、と思っています。

GitHub

そもそもGitHubとは一体何か? – Tech Crunch

takahashi 著者:takahashi

Ubuntu 18.04に xrdpをインストールしてみる

最近、サーバーOSとしてUbuntu 18.04をGUI付きで使い始めました。
SSHでCUI上でフルコントロールができるとはいえ、やはりリモートでGUIで操作したいときもたまにあります。(GUIアプリケーションの操作など)

そういう時にリモートからGUIを操作する手段はいくつかあるのですが、今回はXRDPという、Windowsのリモートデスクトップクライアントから接続できるようにする方法を試してみました。

まず、aptでxrdp本体をインストールします。

sudo apt install -y xrdp

Ubuntuの場合、基本的にこれだけで動作するのですが、このままだとログイン後にエラーが発生してうまくつながらないので、追加の設定を行います。

#new_cursorsの無効化
sudo sed -e 's/^new_cursors=true/new_cursors=false/g' \
 -i /etc/xrdp/xrdp.ini

#xrdpサービスの再起動
sudo systemctl restart xrdp

#xsessionファイルの作成
D=/usr/share/ubuntu:/usr/local/share:/usr/share:/var/lib/snapd/desktop
cat <<EOF > ~/.xsessionrc
 export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=ubuntu
 export XDG_CURRENT_DESKTOP=ubuntu:GNOME
 export XDG_DATA_DIRS=${D}
 export XDG_CONFIG_DIRS=/etc/xdg/xdg-ubuntu:/etc/xdg
EOF

#Authentication Requiredダイアログの回避
cat <<EOF | \
   sudo tee /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/xrdp-color-manager.pkla
 [Netowrkmanager]
 Identity=unix-user:*
 Action=org.freedesktop.color-manager.create-device
 ResultAny=no
 ResultInactive=no
 ResultActive=yes
EOF

sudo systemctl restart polkit

詳細についてはこちらを参照してください。
Ubuntu 18.04: GNOMEデスクトップ環境にXRDPで接続する – Narrow Escape

あとはWindowsのリモートデスクトップでWindowsに接続するのと同じ方法で接続します。

認証情報が間違っている場合はこちらの画面が表示されます。
ここで正しい情報を入力すればそのままログインできます。

ログイン後の画面。
ちゃんとデスクトップが表示されました(/・ω・)/

Windowsにはよくリモートデスクトップで繋げているけど、めんどくさいのでLinuxにも同じ方法で繋げたい!という方にはおすすめです。

takahashi 著者:takahashi

Google Chromeがv67からPWAに対応。Twitterなどの対応サイトで利用可能に。

最近、Windows10 AprilUpdateでMicrosoft EdgeベースのPWAに対応したニュースがありましたが、Google Chromeも、Chrome67からPWAに対応したようです。

Google Chrome 67安定版リリース、「サイト分離」機能やセンサー用API「Generic Sensor API」を搭載 – Gigazine

Twitter LiteなどのPWA対応サイトをChromeブラウザ経由でも、アプリとしてインストールしておくことが可能となりました。

ただ、現在はまだデフォルトで無効になっているようですので、
chrome://flags
から有効にする必要があります。
chrome://flagsにアクセスしたら、検索バーに”PWA”と入れます。

Desktop PWAs をDefautからEnableに変更します。

再起動を求められるので、Chromeを再起動を行えば、PWAが有効になります。

Twitterの公式アプリが自分の環境で動かない、アプリがない、という方は是非試してみてはいががでしょうか。

takahashi 著者:takahashi

Googleアシスタントがついにタブレットにも対応!

先日ふと自分のタブレットの画面を見たら、Googleアシスタントが利用可能になったという通知が届いていました。
驚いて調べたところ、最初はスマホのみに対応していたGoogleアシスタントの対応範囲がタブレットまでに広がったという情報がでていました。

「Googleアシスタント」、Androidタブレットでも提供へ – CNET Japan

記事によると、タブレット対応に加え、今までAndroid 6.0以上が必要条件だったのが今回Android 5.0にも対応したとのこと。
これはかなり朗報ではないでしょうか。

GogleアシスタントはGoogle検索アプリの音声操作よりも多くのことを声で操作できます。
詳しくは以前書いた記事をご覧ください。

Siriの強力なライバル!? Googleアシスタントがかなりスゴイ!

Android5.0まで対応範囲が広がったとのことなので、機種変などで現役を引退したAndroid 5.0以上の端末をGoogle HomeみたいにGoogleアシスタント専用端末にしてしまうという使い方もありかもしれませんね。

takahashi 著者:takahashi

デザインツールAdobeXDの一部機能が無料化! デザインを作るだけならだれでも利用可能に

正式版となって以来、Adobe CC の一部として有料となっていたAdobe XD(Experience Design) CC ですが、先日のアナウンスで基本機能が無料化されたことがわかりました。

Adobe XD 5月アップデートリリース!無料プランが新たに登場! – Adobe Creative Station

最初のころはAdobe XDのベータテスト版として、フル機能が無料公開されていましたが、2017年10月に正式版が公開され、有料化となりました。
Adobe XDの単体プランは 1,180円/月 という形になっており、そこそこのお値段でした。

ただ、そのほかのツールもいろいろ探したのですが、操作性がイマイチであったり、機能が少なかったり、日本語版がなかったりなど、かなり扱いづらい印象でした。
操作性や機能面で完成度が高い上に動作も軽く、日本語に対応している数少ないプロトタイピングツールだったので、基本機能が無料で利用できるのはかなりありがたいですね。

有料版との違いは、一度に共有できるプロトタイプが1つに限定されるとのことなので、一度に複数のプロトタイプを共有する場合は、有料プランへの加入が必要になります。

スタータープランでは、作成できるXDドキュメントの数に制限はありません。公開のためのアセットのエクスポートやエクスペリエンスの動作を共有するための動画作成も可能です。共有機能については、一度に共有可能なプロトタイプおよびデザインスペックは1つに限定されています。この制限は、プランをアップグレードすることで解除できます。XD単体プランまたはCreative Cloudコンプリートプランのメンバーには、この制限はありません。

何かサービスやアプリを作る上で、UIの設計は避けては通れない工程です。
逆に、開発前にUIの設計をしっかりやっておくと、後々開発がしやすくなることも多いと思います。

Webやアプリの開発を行っている方は、是非こういったUIプロトタイピングツールを使ってみてはいかがでしょうか?

Adobe XD – Adobe

takahashi 著者:takahashi

NHKラジオがRadikoでリアルタイム配信の試験を開始

先日、ふとRadikoを立ち上げたところ、NHK系列のAM/FM局が選局リストに追加されていました。

NHKはもともと、独自のサイマル放送サイト”らじるらじる“で配信していて、例えば、スマホで今いる地域のラジオ局を可能な限り網羅しようとする場合は、Radikoアプリとらじるらじるアプリの両方を入れる必要がありました。

そんなNHKとRadikoですが、NHKと民放連との共同ラジオキャンペーンの一環として、2018年4月12日から2019年3月末まで、全国47都道府県でradiko.jpからNHKラジオが聞ける実験配信を開始したとのこと。

radikoでNHKラジオの実験配信、4月から全国で 無料でライブ聴取可能 – くらテク

ということで、当分の間は多くの地域でRadikoアプリ一つでNHKも含めた各局のラジオを高音質で聞くことができます。

折角なので、普段ラジオをあまり聞かないよ~という方もこの機会にラジオの魅力を再発見してみてはいかがでしょうか?

Radiko.jp