著者アーカイブ takahashi

takahashi 著者:takahashi

Appleがマック向けに独自のチップを開発中との噂

最近、ネット上の記事でこんな情報が流れてきました。

AppleがMacのCPUをIntelから自社製へ変更の動き、ハード・ソフトの完全なエコシステム構築へ – Gigazine

どうやら、AppleがIntel製CPUの代替えとなる、自社製CPUを開発中である可能性が出ているようです。
多くの記事では、Intelが大口顧客を失う可能性が、というところが取り上げられていますが、個人的には別の点が気になっています。

AppleがCPUを自社開発するとしてそのCPUアーキテクチャはどうなるのか、という点です。
AMDのように、Intel製ではないが、IntelのCPUと互換性のあるアーキテクチャで開発されていれば、今までのバイナリコードをそのまま使うことができますし、(Appleが認可さえしていれば)WindowsをMacにインストールできる「BootCamp」も使い続けられる可能性が出てきます。

しかし、もし搭載されるCPUがApple独自のアーキテクチャになった場合…Windowsはほぼ全く使えなくなる可能性が出てきます。
そればかりか、Linuxなども、場合によっては動作不能となり、”Mac”で使えるOSは”Mac OSのみ”という状況になってしまうかもしれません。

折角、intelMacになってから互換性という面で他のシステムに対して開かれた状態になりつつあったのに、またPowerPC時代のように”閉じた”Macが出てきてしまうのではないかと個人的には危惧しています。

僕は日常的にいろいろなOSを使いわけていますが、どのOSも要求を完全に満たしているものはなく、それぞれのOSに一長一短があるように思えます。
勿論、MacOSも例外ではないです。
MachintoshでWindowsが動くことは、非常に大きなアドバンテージです。複数台のPCを持ち歩くことなく、MacOSとWindowsを併用できるのですから。
しかも、MacOSとのデュアルブートを実現できるハードはMacしかありません。

自分が今Macを使っているのはまさにBootCampがあったからであり、MacOSしか使えなかったのであれば恐らくMacは買わなかったでしょう。

どうか独自チップになった以降も互換性が維持された形のシステムになることを祈ります。

takahashi 著者:takahashi

Googleが認証していない端末でGoogle公式アプリやPlayストアの利用が不能に

ネット上の情報を探索していたらこんな記事を発見。

Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定 – Gigazine

どうやら、端末に搭載されているAndroid OSがGoogleに認証されていないものである場合、Google公式アプリが使用できなくなるようです。
Androidはもともとオープンソース化されたOSであり、だれでも自由に使用、および改変を行うことができます。
ただし、上記記事によると、GMailやPlayストアなどどいったアプリはGoogleの”プロプライエタリ”ソフトウェアであり、利用するにはGoogleが出す条件に従わなければなりません。

粗悪な改変Android OSが一般利用者の間に出回らないようにする、という意味では、非常に理にかなっているのかとは思いますが、現状で未認証のAndroidが入った端末をもったユーザーにとっては、端末を変える必要が出てくるので、かなりありがたくない話になるかもしれません。

なお、カスタムROMのAndroidについてはAndroid IDと自分のアカウントを結び付けることで、例外的に利用することができるようになるとのこと。
申請は下記サイトから行えます。

端末の登録 – Google

Android OSのテストとして使いたいのであれば、申請を行えばOKというスタンスのようなので、開発者として使うのであれは特に問題はなさそうですが、申請が必要になった、という部分については気を付ける必要がありそうですね。

takahashi 著者:takahashi

Windows版Gitで認証情報を消す方法

Windows版Gitで、http経由のbasic認証を用いた接続を行う際、初めてリポジトリを登録すると下記の画面が出てくるかと思います。

自分のIDとPWを入れログイン。一度入れてしまえば、次回以降は聞かれなくなるのでとても楽です。
ところがこれ、もし誤った情報を入力してしまうと、その誤った情報が保存されてしまい、なんども何度も試しても認証に失敗してしまう、なんて状態になってしまうことがあります。

この前、ちょうどそういう状況に出会ってしまい、Gitアプリの設定を探しまくったのですが、どこにも認証情報を削除できる場所がありませんでした。
Webで調べてもなかなか情報が出てこなくて困り果てていたのですが、運よく、同じ症状になってしまった場合の解決策がのったサイトを発見。

SourceTreeの認証情報を削除することができない – ATLASSIANコミュニティ

試してみました。
Windowsのコントロールパネルを開き

コントロール パネル\ユーザー アカウント\資格情報マネージャー

へ移動します。
或いは、スタートメニューの検索欄に
“資格情報”と検索し、

出てきた”資格情報マネージャー”をクリックします。


“Windows資格情報”をクリック
すると…

…あった!

矢印ボタンを押すと、資格情報の詳細が出てくるので

その中の”削除”をクリックすると、指定した資格情報を削除することができます!

この状態でGitに接続したところ、再度認証画面を出すことができました…!

資格情報マネージャーではGit以外のWindowsに保存されたBASIC認証の情報や、ファイル共有などのWindowsユーザーログイン情報なども保持されていました。
アカウントを切り替えたい、認証情報を削除したい、でも削除、変更す画面がない!というときはこちらの画面をまず参照するといいかもしれません。

takahashi 著者:takahashi

企業のエイプリルフール合戦 in 2018

どうも、最近彼女ができましたtakahashiです。

…というのはウソです。

先日は4/1、そうエイプリルフールでしたね!
ここ数年、4/1になると毎年いろんな企業がジョークをネット上などで飛ばしあうという、謎の風習が出来上がっています。
しかも、企業がつくウソなだけに、なかなかのクオリティがあり、面白すぎて笑ってしまうものや、「おおおおすげー」ってなるものまで、さまざまです。

エイプリルフールはもう過ぎてしまっていますので、現在は一部のネタしか見ることができなくなっているかと思いますが、どんな雰囲気だったか知りたい…!という方はこちらのサイトを見てみると雰囲気を味わうことができるかもしれません。

エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2018年版 -Gigazine

さて、このエイプリルフール期間にここ最近毎年必ずボケをかましている常連企業があります。
Googleです。

Googleはもともとイースターエッグが大好きな企業のようで、Androidのバージョンをタップしまくるとミニゲームが起動したりとか、Google Mapで特定の経路を検索するとドラゴンに乗った場合の所要時間が出てきたりとか、かなり遊び心あるジョークをいろんなサービスに仕込んでいます。

そんなGoogleで毎年エイプリルフールでネタを出しているのが

・Google Map
・Google日本語入力

の2部門。
まずはGoogleMap

・ウォーリーをさがせ!
今年は”ウォーリーをさがせ!”との夢のコラボ!!
Googleマップ上でウォーリーを見つけるゲームができます。


Lv.1はアンデス山 チリ


なんだか、一人だけ服装の違う方がいますが気のせいですかn
「ぶぁっかも~ん!そいつがウォーリーだ!追ええええ!!」
ということで真ん中あたりにいました。
皆さんは見つけられましたか?


ウォーリーを見つけると、この画面が出てきて、次のレベルに進むことができます。


この勢いで2問目もクリア。


何やら通知が。

実績が解放されたようです。


PC版でもプレイできるようですよ。

エイプリルフールは過ぎていますが、数日間は遊ぶことができるようです。
やってみたい方はお早めにチャレンジしてみてください。

・Gboard 物理手書きバージョン

Google日本語入力チームはキーボードを使った、今までとは違う全く新しい文字入力の方法を生み出しました。
その名も、

Gboard 物理手書きバージョン

キーに書かれている文字を反映するのではなく、キーの上で文字を書くように入力すると、GoogleのAIが解析して、文字として出力してくれるというもの。
なかなか斜め上な発想ですが、これを形にしてしまうのがGoogleの凄いところで、

なんと本当にWeb上で”物理手書き入力”を試すことができます。
おまけに、

Githubにソフトウェアとハードの設計図まで載せているという、力の入れ具合が謎すぎる内容となっています。

これはウソといっていいのかもはやわからなくなってきました…

ただし、

Q:濁点や半濁点は入力できないのですか?
A:ぐぬぬ

とあるので、残念ながら現時点では濁点・半濁点は入力できない模様。
今後のアップデートに期待(?)ですね。

4/1に多くの企業がネタ合戦をしていることに、中には微妙な表情をする方もいるようですが、個人的には今までにない一面が見れたり、企業にしかできない規模の大きいネタ、めちゃくちゃユーモラスなネタが沢山出たりするので、個人的には結構好きで、毎年楽しみにしています。

また来年、どんなネタが飛び交うのか、楽しみにしたいですね。

takahashi 著者:takahashi

意外と分からないインターネットの仕組み…DNSのキャッシュ時間(TTL)とは

今回は、ホームページなどをWeb上に公開している方向けです。
自分のサイトを持っている方の多くは、”独自ドメイン”をもっている方が多いと思います。

インターネット上で接続先のサーバーを指定する際、本来は192.0.2.1のようなIPアドレスで指定する必要があります。
しかし、数字だけのアドレスは人間からすると非常に覚えづらいですよね。そこで出てきたのが”ドメイン”という仕組みです。

ドメインの詳しい仕組みについては、こちらのサイトにおまかせし、今回は割愛します。
ドメインとは?をわかりやすく解説します – カゴヤのサーバー研究室

このドメインなのですが、IPアドレスとドメインを紐づける”対応表”を公開しているサーバーがあり、このサーバーをDNSと呼びます。
例として、DNSの仕組みをexample.comというドメインのIPアドレスを調べるときの流れをおって説明します。

まず、ユーザーから一番近いDNS(たとえば、自分の所属する組織が管理しているDNS、プロバイダが管理するDNSなど)へ問い合わせが行われます。このDNSをリゾルバと呼びます。最初に問い合わせを受けたDNSは自身が管理するドメインとIPアドレスの対応表にexample.comが存在していないか確認をします。

もし、自身の管理する対応表にドメインが存在していない場合は、最上位のDNSへ問い合わせを行います。このDNSを”ルートDNS”と呼びます。
ルートDNSでは各TLDのついたドメインはどのDNSへ問い合わせれば情報が引き出せるか、という情報のみを持っています。例えば、example.comであれば”.com”のドメインはどこのDNSへ問い合わせればいいのかをルートDNSが教えてくれます。
次にリゾルバは.comを管理するDNSへ問い合わせを行います。ここで、”example.com”とIPアドレスを紐づけているDNSのIPアドレスを教えてくれます。リゾルバはさらにそのDNSサーバーへ問い合わせを行うことで、初めてexample.comのipアドレスを入手することができる仕組みになっています。

このexample.comのIPアドレスを持っているサーバーのことを”権威DNS”と呼びます。
権威DNSでは、具体的に下記のような情報を持っています。

・管理しているドメインのIPアドレス・ホスト名
・Aレコード(ドメインに対応するIPアドレス)
・MXレコード(ドメインに対してメールを送付された際に担当するメールサーバーのホスト名)
・TXTレコード など

これらの情報をひっくるめてレコードと呼びます。
先程のリゾルバにキャッシュ機能がある場合、これらの情報を権威DNSから取得すると、自身の対応表にこの情報をコピーし、再度自身に対して同じドメインの問い合わせが来た場合、自身の対応表の情報を直に渡すことで、問い合わせの時間を短縮しています。
この仕組みをもつDNSを”キャッシュDNS”と呼びます。

例にしているドメインは違いますが、仕組みはこんな感じです。

引用元:cman

今回ご説明するTTLとは、キャッシュDNSが権威DNSからコピーした情報の”有効期限”です。この情報は権威DNSか各レコード情報と一緒に持っています。
有効期限が過ぎた情報は、キャッシュDNS内の対応表にあったとしても無視され、再度ルートDNSへの問い合わせが行われます。

いろいろと説明してしまいましたが、簡単にまとめると
・DNSには元のデータを持つ権威DNSと、データのコピーを持つキャッシュDNSがある。
・DNSがもつIPとドメインの対応情報(レコード)にはTTLという有効期限がある。
・キャッシュDNSは権威サーバーの値をコピーし、有効期限が切れるまでキャッシュDNS内の対応表に保持する。

となっています。
逆に言うと、自分の持っているDNSの情報を書き換えても、このTTLが過ぎるまでは古い情報がキャッシュDNSに保持されている可能性があるということ。

例えば自分のサイトを別のサーバーへ移動する場合を考えた時、IPアドレスをDNSに設定しなおすことになりますが、設定変更した時間から前に指定していたTTL時間が経過するまでは、古いサーバーにもアクセスが来る可能性を考慮しなければいけません。

もし頻繁にIPアドレスが変わる可能性があれば、権威DNSのTTL時間を短くしておくのがおすすめです。
ただし、TTLを短くすると権威DNSや上位のDNSに対してかかる負荷が大きくなるので、注意が必要です。まだ、この理由でTTLの変更を禁止しているホスティング業者もあります。

DNSの仕組みは一見複雑ですが、知っておくと自分のサイトの運営の際、役に立つこともあると思います。
頭の片隅にも入れていただければ幸いです。

takahashi 著者:takahashi

長野 諏訪市のフリーWi-Fi”すわなび”


先日、長野に旅行に行ってきました。
一泊二日の旅行だったのですが、諏訪湖周辺をめぐっていて気づいたことが。
引用元:諏訪市
いたるところの施設や、諏訪湖周辺で、”すわなびSPOT”というフリーWi-Fiが飛んでいました。
このフリーWi-Fiは誰でも無料で利用ができる点に加え、接続直後の初回の画面で、諏訪市周辺の観光スポットを案内するページ、”諏訪をあいく“が表示されるとのこと。
引用元:諏訪市

また、諏訪市は観光案内アプリも公開しています。

すわなび – App Store

すわなび – Play Store

と、観光案内にかなり力が入っています。
観光地の多い諏訪市ならではの工夫ですね。

自分も今回初めて諏訪市へ行ったのですが、”景色がきれいな場所がある”という情報しか知らなくて、それ以外の見どころがわかりやすくまとめられている場所があるのはとても助かりました。

諏訪市、本当にいいところなので是非行ってみてください!

ちなみに、宣伝になりますが、浜松市も”HAMAMATSU Free Wi-Fi”という、フリーWi-Fiを市内に多数展開しています。

HAMAMATSU FREE Wi-Fi

こちらも登録不要でどなたでも無料で使えますので、浜松市にいらっしゃった方、浜松市にお住まいの方は是非じゃんじゃん使ってみてください!

takahashi 著者:takahashi

Appleが異例の発表会で新型iPadを発表!話題の”あの”アクセサリにも対応!!

昨日の夜、Appleは定例のWWDCとは別の、異例の発表会(Let’s take a field trip.)を行いました。
その中で発表されたのはなんと新型のiPad(第6世代)!

そしてついにiPad Pro以外では初となる、ApplePencil対応となりました!!

Apple Pencil は筆圧検知に対応しており、精度も非常に高いと話題になりました。(一部の絵描きの方の間では、いままでデファクトスタンダードだったWacom社製タブレットよりも性能がいいと言っている方もでてきています。)

Apple Pencilの唯一の難点は、iPadの最上位モデル”iPad Pro”にしか対応していなくて、Apple Pencil(10,800円(税抜き))も合わせるとかなり高額になってしまっていたのですが、今回発表されたiPadは Wi-Fi 32GBモデルで37,800円(税別)という、比較的お手頃な価格になっていて、手が届きやすくなった印象です。

ApplePencilを使うためにiPad Proを買おうかと悩んでいた自分にはかなりの朗報でした。
これは欲しい…

今回の発表会で、ハードについてはメインはiPadのみだったようです。イベント内では他にもアプリケーションのアップデートの発表なども行われたようです。
発表の全体的な内容については、GIZMODOさんの記事でまとめられています。

【Apple Pencil対応、299ドルのiPadが登場!】Appleの発表イベント「Let’s take a field trip.」のキーノート実況 – GIZMODO

なお、かねてより噂されていた廉価版macbook Airと、新型iPhone SEについては残念ながら発表はなかったようです。
次回の発表会に期待ですね。

takahashi 著者:takahashi

Mac版Twitterクライアント、突然の終了

先日、SNSサ―ビス”Twitter”を運営するTwiitter社がMac版公式クライアントのサポートを突然終了するという通知を行いました。

Mac版公式Twitterアプリ、突然の提供終了 – ITMedia News

記事にもある通り、現在AppStoreからも削除されています。
更に、自分の環境では、インストール済みのMac版Twitterクライアントもエラーが表示されTwitterに接続できなくなっていました。
恐らく、コンシューマーキーも削除されたものと思われます。

Mac版Twitterクライアントは、Twitterが2010年に買収した米AtebitsのMacおよびiPhone向けTwitterクライアント「Tweetie」ベースのアプリ(ITMedia News)で、ユーザーストリーミングに対応した数少ない公式アプリでした。
使い勝手も非常によく、愛用していたのですが、終了してしまったのは残念です。

ただ、UserStreamAPI自体が今年の6月末で終了予定であったり、AppleがMac版アプリとiOS版アプリの統一を行う予定であったり、という状況もあり、その準備のために消した可能性も考えられるようです。

とはいえ、サポート終了後にいきなりコンシューマーキーも削除してしまうという対応はちょっと乱暴にも思えますし、ユーザーの不信感を煽っていないか気になるところです。
Twitterは同社の身売りに失敗してから、かなりいろいろな動きをしていてそのたびに騒ぎになりましたが、どれをとっても実際の思惑はどこにあるのか、以前として不透明な状況です。

takahashi 著者:takahashi

WindowsのGUI上で簡単にシンボリックリンクを作成できるツール’Link Shell Extension’

シンボリックリンク。Windowsではかなりマイナーな存在なので、馴染みのない方も多いかと思います。
基本的に、ショートカットのようなものであることには変わりがないのですが、役割の面で大きく異なってきます。

通常のショートカットは、ファイルをダブルクリックすることで、あらかじめ設定されていたパスのアプリやフォルダを直接開かなくてもいい、という利点があります。
ただし、アプリから見るとただの”ファイル”であり、ショートカットをどのように扱うかはアプリに依存します。また、ショートカット経由のアクセスでも、実体ファイルの場所は元ファイルがある場所にある、という認識となります。(ショートカットを開くと、元ファイルのパスが開きます。)

一方のシンボリックリンクは、ファイルシステムベースでの”リンク”でアプリ側が特別に対応していなくても認識してくれます。
加えて、シンボリックリンクを開くと元ファイルの場所へジャンプするのではなく、シンボリックリンクのある場所に、元ファイルと同じファイルがあるように扱われ、シンボリックリンクに対して内容の変更を行うと、元ファイルに対しても同じ変更が行われます。

例えば、別々の場所に同じファイルを置き、内容も完全に同期しておきたい、時があります。
こういった時にシンボリックリンクは便利です。

このシンボリックリンクですが、Windowsでは標準でコマンドプロンプトからでしか作成することができません。
ほんのたまに使う分なら問題はないのですが、使いたい頻度が高いと、毎回コマンドプロンプトを開いてコマンドを打つのはちょっと面倒です。

LinuxなどではGUIからシンボリックリンクを作ることができるようになっていることが多いので、Windowsでも同じようなことができないかなーと調べて見つけたのが
‘Link Shell Extension’です。

Link Shell Extension公式サイト
Link Shell Extension – k本的に無料ソフト

インストール後、ファイル/フォルダを右クリックするとコンテキストメニューの中に”リンク元として選択”というメニューが出てきます。

そのあと、何もないところを右クリックすると”リンクの作成”が出現し、ポイントするといろんな種類のリンクが表示されます。
この中から”シンボリックリンク”を選択すると

こんな感じでシンボリックリンクが作成されます(要管理者権限)

なお、右ドラック&ドロップでも同様の操作ができます。

なお、シンボリックリンクは、リンク自体は削除しても元ファイルは消えませんが、シンボリックリンクの中にあるファイルを削除すると、元ファイルも削除されてしまうので注意が必要です。
また、種類によってはリンクを消した時点で元ファイルも消えてしまうものがあるので、こちらも要注意です。

それぞれのリンクの特性を理解して、適材適所に使っていけば、ファイル管理がかなり楽になりますよ。

takahashi 著者:takahashi

Gitバンドルのbashを使ってWindowsのcmdをUnixっぽくしてみる

クライアントマシンのOSはもっぱらWindowsを使うことがほとんどなのですが、サーバーはLinux/Unix系OSを使用することが多いです。
現行Windowsでは、OSに必要な操作はほぼGUIで完結するので、CUIで触るのはLinux系OSがほとんどでした。

ところが、開発やサーバー管理などをしているとWindowsを使っていてもCUIに頼らないといけない場面というのがでてきます。
普段使い慣れているLinuxとかなり使い勝手の違うWindowsのシェルは、いざ触ってみると戸惑うことが多いです。
また、Linuxは未だにCUIで使われる機会がおおいためか、CUIベースのツールはかなり充実しています。これらのツールは、さくっとサーバーの状態を確認したいときに非常に便利なのですが、Windowsでは標準で搭載されておらず、インストールもちょっと手間がかかるものも多いです。

かといって、何か操作する度にLinuxが動いているマシンにログインするのはちょっと面倒です。
そこで、Unix/Linux系で使えるポピュラーな機能の一部をWindowsに導入できないかなーと考えていろいろ調べていました。

VMで動かすとファイルのやりとりとかいろいろ不便。
かといってCygwinやWSLみたいにガッツリUnixライクな環境までは必要ない。

という方向けの、Windows上でネイティブに動く、簡単に”UNIXっぽい操作環境”を作る方法を紹介します。

実は、あるツールを入れていると、簡単にWindowsのコマンドプロンプトをUnixっぽくできます。
バージョン管理ツールのGitです。

実はGitをインストールすると、Unix/Linuxで非常によく使われるシェル”bash”のWindows版がついてきます。

今回はこれを利用します。
Gitのインストールが完了していれば

C:\Program Files\Git\bin

あたりのフォルダの中に、
“bash.exe”
というファイル名でインストールされているかと思います。
これをコマンドプロンプト上で開けるように、環境変数内の”Path”に、C:\Program Files\Git\binを追加しておきます。


スタートから”環境変数”と検索して”環境変数を編集”をクリックします。


“ユーザー環境変数”内のPathを選択し、”編集”をクリック


“新規”をクリックして、

C:\Program Files\Git\bin

を追加します。

これで準備完了。
コマンドプロントで

bash

と入力すると、なんとWindows上のcmdでbashが使えてしまいます。(※WSLとコマンド名がかぶってしまったため、別の名前で起動するように書き換えています。)


lsやcat tail grep mv cp などの基本的なコマンドはこのbash.exeを起動するだけで使うことができます。

ちなみに、Windowsにインストールされているコマンドもbash上から実行が可能です。

それ以外の基本的なコマンドは、以前紹介したchocolateryでインストールすれば、そのままbash上でも使えます。
なお、bash起動時のaliasの設定などは、LinuxやUnixと同様に、自分のユーザーフォルダに”.bashrc”ファイルを作成して記述すれば読み込んでくれます。

cmdやPowerShellがちょっと使いづらいなーと感じたときに、bashに切り替えるだけで、操作がかなりしやすくなって便利です。
LinuxerやUnixerなWindowsユーザーの皆さんは是非試してみてはいかがでしょうか?