カテゴリーアーカイブ Windows

村上 著者:村上

【Excel】オートフィル機能を使って連続データを簡単に入力する

知ってるよ!という人の方が多いと思いますが…Excelのオートフィル機能についてまとめ。
というのも、奇数や偶数、10飛びなどの連続データを作ることもできるという記事を見つけ、そちらのご紹介をしたいがために、この記事を書いています。

 

まず、一般的な連続データの入力方法について。
連続データを入力したいエリアの最初のセルに、連続データの最小値を入力します。
下の画像では、A1セルに1を入力しています。

で、数値入力後、A1のセルを選択し、その時に選択セルの右下に表示される四角形をドラックします。
画像だと下方向にドラックしています。
しかし、これだけだと単に1がコピーされるだけなので、ドラック後に現れるオートフィルのメニューアイコンから「連続データ」を選択します。


すると、上の画像のように、連続データに変更されます。
通常の連続データの入力方法は以上です。

なお、ドラックの際に「Ctrl」を押していると、最初から連続データが入力されます。
ちなみに、連続データは数字だけでなく、日付にも対応しています。
また、日付の場合は、日の連続データか月の連続データかを選ぶこともできます。

 

ここからは、奇数・偶数などの若干特殊な連続データの入力方法について。
参考に…というか、紹介させていただきたい記事はこちらから。

オートフィル機能で連続データを入力するいろいろなテクニック | すぐに活かせる!Excel使いかたレッスン | 活用ガイド | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー
https://www.sony.jp/support/vaio/guide/excel/002.html

といってもそんなに複雑なことをしているわけではなく、例えば奇数の場合は、下のように 1 と 3 をセルに入力し、この両方のセルを選択した状態で、右下の四角形をドラックしてセルをコピーするだけです。

一応、説明のためのスクリーン画像を追加しましたが…こちらが不要なくらい簡単です。

なお、偶数を入力する場合は 2 と 4 をセルに入力し、あとは上の手順同様にこの両方のセルを選択・コピーするだけです。

 

以上、Excel で連続データを入力する方法でした。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】棒グラフの目盛りを0始まりにする方法

横棒グラフを扱っているとき、たまに 横軸の目盛りが0から始まらないグラフがあったのでその対処法について。
ちなみに、Excel のバージョンは Excel 2013 です。
というか、そもそもなぜこの現象が発生するのか…それについては現在調査中です。
Excelさんのありがた迷惑な自動補正だったりするのでしょうか…?

 

さて、目盛りの修正方法ですが、まずメモリを修正したいグラフを選択します。
そうすると、下の画像のようにプラスのメニューボタンが現れると思うので、そこから 軸 > その他のオプション を選択します。

オプションを選択すると、下の画像のようなメニューが画面右に現れると思います。

そうしたら、このオプションの「境界値」から「最小値」を 0 に変更します。
作業としては以上で終了です。
グラフにもこの変更が反映され、正しいパーセンテージでグラフが表示されているかと思います。

 

以上、Excelで作成したグラフの軸の目盛りが0始まりでない時の対処法でした。
グラフの割合がおかしい!というときには、まずこちらの方法で目盛りの最小値を確認してみることをおすすめします。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows 10のデフォルトブラウザがEdgeからChromeベースの新ブラウザに変更されるという噂

最近Winodws 10のフィードバックHubから
“Google Chromeを友達に勧める可能性はどれぐらいありますか”
というような質問が提示されて、
(あんなにEdgeを推してたのに、急にどうしたんだろう…)
と思ってました。

関係があるかわかりませんが、ネットのニュース記事でこんな話題が流れてきました。

Microsoftが「Chromium」ベースの新ブラウザ「アナハイム」を開発中か – Gigazine

なんとMSは、現行のEdgeの推進をあきらめ、ChromeのベースとなっているChromiumをベースにカスタマイズした新ブラウザをWindows 10の標準ブラウザとして組み込んでしまおうとしている、というのです。

なるほど確かに、Windows標準ブラウザの最大のライバルであるChromeの特徴を取り入れたブラウザを作ってしまえば、より標準ブラウザを使ってくれる人も増えるかもしれませんね。

現在よく使われるブラウザとして、Edge、InternetExplorer、Safari、Firefox、そしてGoogle Chromeと種類があります。
IEを除いてHTML5に準拠しているとはいえ、同じコードを動かしても微妙に異なった動作をすることがあり、Webプログラムを作る際はその差異を埋めるのが結構大変だったりします。

今後、もし記事のようにWindows 10の標準ブラウザがChrome系になれば、少なくともWinodws10の標準ブラウザとGoogleChromeの動作の差異を気にすることなく開発ができることになるので、開発者としてはとてもありがたい話になりそうな気がします。

今後の動きに注目したいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

ペアリング済みの端末がPCから離れたときに自動でWindowsをロックする標準機能「動的ロック」

Windows10にはアップデートで知らないうちにとても便利な機能が追加されていることがよくあります。

今回ご紹介する標準機能「動的ロック」もその一つです。

設定は下記手順で行います。(※あらかじめスマートフォンやタブレットをPCとBluetoothでペアリングしておく必要があります。)
まず、スタートメニュー(Windowsアイコン)から歯車アイコンをクリックします。

開いた設定画面から
アカウント->サインインオプション
と辿っていくと、画面の中に”動的ロック”
という項目が見えるかと思います。

項目内の
“その場にいないときにWindowsでデバイスを自動的にロックすることを許可する”
にチェックを入れます。

“ペアリングしたデバイスを探しています”
と出てくるので消えるまで待ちます。

文字が消えれば設定完了です。

この状態で、PCとペアリングしたスマホやタブレットをもってPCから離れると、一定以上の距離に離れてから約1分で自動的にロックされます。
なお、スマートフォンを再び近づけてもロックは解除されませんので注意してください。。

第三者に触られると困るPCを使用していて、いつもついついロックを忘れてしまう方、ロック操作を毎回するのはめんどくさい…という方は是非一度試してみてください。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

【要注意】WIndows に iCloud をインストールしているユーザーはWindowsUpdate経由でOctober Updateを適用できない可能性

WindowsにiCloud for Windows 7.7をインストールしていると、互換性の問題でWindows Update経由のOctober Updateの適用がブロックされるようです。

iCloud for Windows7.7はOctober updateとの互換性がなく、アップグレードツールを用いて手動で行った場合は、October Update適用後にiCloud for Windows 7.7が起動できなくなります。

「iCloud for Windows 7.8.1」を公開 ~「Windows 10 October 2018 Update」に対応 – 窓の社

上記記事によると、リリースノートに修正履歴はないものの、修正が確認されている iCloud for Windows7.8.1 がAppleから公開されており、更新することで問題を回避できるそうです。

iCloud for Windowsを使用されている方で、WindowsにOctober Updateを適用する予定の方は、先にiCloud for Windowsの更新を必ず行ってからWindowsをアップグレードした方がよさそうです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows10で起動直後にも関わらず勝手にサインインされる問題の対策法

複数アカウントがあるWindows10で、起動直後でサインイン操作をしていないにも関わらず、サインイン済みになってしまっていることがあります。

この挙動は、起動後から各ユーザーアカウントに設定されている処理などをバックグラウンドで行わせたいときに有効ですが、シャットダウンの際はそれぞれのアカウントをひとつづつサインアウトさせてからでないと正常なシャットダウンができないため面倒です。

今回はこの機能を無効化する方法をご紹介します。

左下のスタートメニュー(Windowsマーク)をクリックしてメニューを表示し、中から歯車アイコンを選択します。
開いたウインドウから
アカウント->サインインオプション
を開きます。

中の”プライバシー”という項目中に”サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします。”のチェックをオフにします。

これで以降は自動でログインされなくなります。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windowsのインターネット接続が頻繁にリセットされる時に確認したいこと

今朝PCを立ち上げたところ、Google Chromeで”接続が中断されました”というエラーが頻発し、どのページも正常に表示できない状態になってしまってい、またSlackなどの他のアプリでも接続が不安定になる症状が発生しました。

いろいろ調べたところ、原因が判明しました。

スタートメニュー(Windowsロゴ)を右クリック->ネットワーク接続->アダプターのオプションを変更する
からネットワークアダプタの一覧を確認したところ、Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterが現れたり消えたりを繰り返していました。

Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterとは、ノートPCなどに搭載されている無線LANモジュールを仮想的に分割することで、ノートPCを無線LANのホストとして使うことができるようにする仕組みが有効になっている際に現れる仮想アダプタのようです。

公式ドキュメントが探し出せなかったので、挙動からみた独自の解釈になってしまいますが、このMicrosoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterが有効になっていることで、接続中のWi-Fiアクセスポイントから切断することなくMiracastやWi-Fi Directが利用できるようになっているようです。

また、Windows10に搭載されている”ホットスポット”機能(所謂逆テザリング)を有効にした時も、このMicrosoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterの働きによって、他のWi-Fiデバイスから無線LANアクセスポイントとして認識されるようになります。

このMicrosoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterですが、何らかの原因で動作がおかしくなってしまい、現れたり消えたりを繰り返したり、メトリック(複数ネットワークカードがある際のネットワークカードごとの優先度)の優先度が高く設定されてしまい、他のネットワークのトラフィックを奪ってしまうことでネットにつながらなくなってしまう、ということがしばしば起こります。

今回も症状的にそれが疑われたので、対策をしてみました。

まず、スタートメニュー(Windowsマーク)をクリックし、中から”デバイスマネージャー”を選択します(※要管理者権限)
開いた画面の中のメニューの

表示->非表示のデバイスの表示

をクリックし、接続されていないデバイスも含めた全デバイスを表示します。

次に、”ネットワークアダプター”の左にある “>”マークをクリックして項目を開きます。

その中にある

“Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adaptor #数字”
となっているものを右クリックし

”デバイスのアンインストール”をクリックします。

ウインドウが表示されるので”アンインストール”をクリックします。

この手順を”Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adaptor”がすべてなくなるまで行います。

※最悪の場合OSの再インストールが必要になる場合のものもありますので、今回の操作では”Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adaptor #数字” 以外のアダプターは絶対に削除しないように注意してください。

削除が完了したらOSを再起動します。

再起動後、再度
スタートメニュー(Windowsロゴ)を右クリック->ネットワーク接続->アダプターのオプションを変更する
を開き

画像の
“Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adaptor” が追加されていれば成功です。

自分の環境ではこの操作で冒頭の症状は解消しました。

お困りの際は是非参考にして頂ければ幸いです。

なお、一応システム周りの変更になりますので、操作には十分注意して自己責任でお試しください。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【アプリ】テキストエディタ「Sublime Text」の改行コードの確認と変更方法

仕事では、「Sublime Text」というテキストエディタを愛用しているのですが、改行コードの確認方法と、デフォルトの CR+LF から LF に変更する方法が分からなかったので備忘録としてまとめます。

今回参考にさせていただいた記事はこちら。

【Sublime Text】 デフォルトで使用する改行コードを指定する – Qiita
https://qiita.com/rico/items/15f423a4ea261766b774

 

まず、変更方法ですが、メニューバーの Preferences(基本設定)から Settings – Default(基本設定 – 標準)を開きます。
そうすると、この中に default_line_ending という記述があるはずなので、こちらを探します。
見つかったら、ここの値を system から unix に変更するだけ!
あとはファイルを保存したら、以上で改行コードの変更は完了です。
なお私の環境では、こちらの記述は Settings – Default に記載してあったのですが、参考記事では Settings – User に書かれているようです。
このあたりは、お使いの環境によって適宜変更してください。

次に、改行コードの確認方法ですが、上の方法で基本設定を確認する方法以外に、アプリ下部のステータスバーに常に改行コードを表示させる方法があります。
もしくは、メニューバーの表示 > 改行コードでも確認もできます。
こちらが一番お手軽ですね。
さて、ステータスバーへの表示方法は、Preferences > Settings – User を開き、このファイル内に "show_line_endings": true を追加(もしくは変更)するだけです。
こちらを保存すると、ステータスバーに変更が反映され、改行コードが常に表示されるようになります。
表示形式は windows(CRLF) / unix(LF) / Mac OS 9(CR)のように、OS の名前で表示されます。
LF の場合は、unix と表示されます。

 

以上、Sublime Text で改行コードの確認及び変更方法でした。
こういう設定系って、私の場合はかなりの高確率で忘却するので、むしろ私のための覚え書きの記事でした。
もし、同じことを知りたい人のご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

WinSCPを使うと、多段接続のSSHサーバーでも直接SFTP接続ができる!

先日、とあるきっかけでymさんに教えていただいたWinSCPというアプリを使用してみたのですが、想像していたよりもかなり多機能で便利だったのでご紹介したいと思います。

WinSCP

WinSCPって名前からしてSSH経由の通信しかできないものだと思ってたのですが、ちゃんとFTPなどの通信もできたんですね。

WinSCPの一番の特徴は踏み台サーバー経由のSSH接続が可能な点。

SFTPやSCPをサポートしているクライアントはそこそこありますが、踏み台経由でのアクセス機能はなかなか実装しているものはありません。
とくにフリーの…となると、探した限りではWinSCP以外は見つかりませんでした。

他にも自動同機能を供えていたりなど、他の機能もかなり充実していてとても便利です。

唯一の欠点はWindoes盤のみという点。
自分はmacOSもよく使ってますし、macOS向けのクライアントに、WinSCPほどの機能を持ったクライアントがないので、せめてmacOS版だけでも出てほしいですね…w

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

他のデバイスのWindowsのサブディスプレイ化が簡単にできるアプリ”spacedesk”

Windows 10 から、Windowsには標準機能で”このPCへのプロジェクション”機能がついています。
この機能を使うと、Miracast対応デバイスをWindows PCのサブディスプレイとして使うことができます。
標準機能なので手間もかからず、安心して使えるのはとてもいいところなのですが、まだ粗削りな部分が多く、解像度の相性が悪かったりすると画面のサイズが合わなかったり、うまく動作しなかったりという部分がまだあります。
また、Miracast対応デバイスでないと接続できないため、mac OS/iOSやLinux等では通常利用できません。

そんなこともあって代替えになりそうなアプリをいろいろ探していたところ、こちらのアプリを見つけました。

spacedeskというアプリです。

サーバー(仮想ディスプレイを使う側)はWindowsのみ対応になっていますが、クライアント側(仮想ディスプレイになる側)はWindowsの外に、iOSとAndroidのデバイスも使うことができ、さらにHTML5版も用意されているので、macOSやLinux、ChromeOSなどでも利用することができます。

自分の手元のPCで試したところ、アプリ版よりもHTML5版の方がより高速に動作している印象でした。

大きなメニューアイコンが出てくるのが玉に瑕ですが、使っている分にはあまり気になりませんでした。

操作も簡単で使いやすいので、暫く使ってみたいと思います。

  • この記事いいね! (0)