カテゴリーアーカイブ OS

takahashi 著者:takahashi

XperiaのBluetoothで音が途切れる・聞こえなくなる不具合を治す方法

自分はメインのスマートフォンとしてXperia Z5 を使用しています。
SONYが製造・販売するスマートフォン、Xperiaシリーズは当初からかなり人気があり、一時期自分の周りのほとんどの人が、iPhoneかXperiaのどちらかを持っている状態になりました。

そんなXperiaですが、使っていて気づいたのがBluetooth周りの不具合。
自分の使っているZ5では、Bluetoothで音楽を聴いていると頻繁に音途切れが発生する問題が起きていました。
見ている限り端末の高負荷時に起きているような印象だったので、きっとそれが原因だと考えていたのですが、Z5より前に使っていたAQUOS PHONE 303SHでは負荷がかかってもBluetoothが途切れることはかなりまれだったので、変だな、とは思っていました。

最近かなり途切れ具合が酷くなっていたので、ネットで対策方法を調べていたらこんな記事が。

Xperia Z5でBluetoothイヤフォンが音飛び、途切れる、音が出ない場合などの改善・対処方法 – スマホ評価・不具合ニュース

どうやらこれ、どうもバグだったようで…
Androidの標準機能からペアリングすると不具合が発生するので、SONY独自のファームウェアに含まれる”Throw”からペアリングすることで安定するようになるとのこと。

まず、ホーム画面内のドロワーから、”設定”を開きます。

中から”機器接続”を選択

“Throw” をタップします。

Throwについて をタップ

はじめにをタップします。

今セットアップをしようとしている機器の種類を選択

Bluetoothを選択します。

機器を追加 をタップ

この状態になったら、Bluetooth機器の方をペアリングモードにすると、Xperia側に機器が表示されるので、そこをタップすると設定完了です。

この方法でペアリングしなおしてから、音飛びや音が再生されない不具合は今のところ解消しています。
Xperiaは他のAndroid端末と比較して、かなり幅広い機器と接続できるのがとてもいいのですが、その反面Bluetooth周りに弱点が出てしまったような形です。

今後改善されることを願います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android Studio】Gradleのバージョンを確認&アップデートする方法

今日、Cordovaアプリにプラグインを追加しようとした際、Gradleのバージョンが低すぎる!と怒られました。
で、更新方法がわからず調べたので、まとめです。

最初はアプリの build.gradle のどこかを更新するのかと思いましたが、どうやら違うみたいです。

 

今回参考にさせていただいたサイトはこちらから。

AndroidStudioのGradleのアップデートについて – Pelikan Philosophy
http://www.peliphilo.net/archives/685

バージョンの確認&アップデート方法ですが、まず Android Studioのメニューバーにある File から Project Structure をクリックします。
そうすると、下の画像のようなウィンドウが表示されるので、左側のメニューから Project を選択します。

そうすると、ウィンドウ上部に、Gradle versionを入力する欄があるので、こちらに任意のバージョンを入力します。
入力出来たら、右下にある OK を押して、ウィンドウを閉じます。
あとは、Android Studio が入力されたバージョンを自動でインストールしてくれるので、それを待てば完了です!

 

もしかしたら、インストールに少し時間がかかるかもしれませんが、それ以外はとても簡単でした。
冒頭でも書きましたが、てっきり build.gradle に記述しているのではと思い込んでいたので、少し探してしまいました。
やはりわからないことは調べるに限りますね!

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

スマートフォン機種変

スマートフォンを機種変しました。

電池の持ちが悪くなって来てたのと。電池が 60 % 程度で突然電源が落ちる劣化電池の持病が頻発する様になったのがきっかけ。サーバ監視や、VPN、リモートSSH操作端末、SIPボタン電話、など非常に重要な端末化しているので、結構困るんですよね。

ちょうど HTC U11 の SIM フリー・Felica・NFC 対応の赤色限定モデルが予約発売開始されていたのですが、高くて手がでませんでした。

なので、ヤフオク。

IMEIだけ◯印のを確認して、8000 円で今と同じ機種の色違い中古を購入しました。

いままでは HTV31 の紺色使っていましたが、今度は HTV31 の赤です。

 

とどいたのは結局SIMロック状態品でした。こまったことに、先日から各キャリアが SIM フリー化対策で、自信の購入履歴が無いと SIM フリー化はしてくれなくなったのでね。どうにか root 化、SIM フリー化出来たので移行無事完了!

さて、古い機種側のバッテリー交換の為に、分解にはいります。

  • この記事いいね! (0)
著者:杉浦

screenとshutdown

 2018/4/16本日、screenからexitするつもりがscreen中でshutdownコマンドを実行してサーバを落とす事故を起こしてしまいました。そんなわけでlinuxのscreenコマンドとshutdownコマンドについて書くことにしました。screenについてはこちらの記事こちらの記事で詳しく話されています。
screen
 screenは端的に言えば別画面を作るコマンドです。ターミナルと同じ機能を持つ別のプロセスが走り出すような感じです。
参照:SCREEN Quick Reference
よく使う操作

新たにscreenを作る screen
名前を付けてscreenを作る screen -S <name>
現在存在しているscreenをリストアップ screen -ls
指定した<id|name>のscreenに移動 screen -rx <id|name>
screenを動作させたまま抜け出す screen中でCtrl-a d
screenを消して抜け出す screen中でexit

 
shutdown
 シャットダウンを行うコマンドです。ただ命令するだけでも問答無用でshutdownコマンドが実行され出しますがコンピュータのシャットダウンが行われるまで多少猶予があります。CentOS7.4.1708のデフォルト設定におけるオプションなしの猶予は1分でした。特に覚えておきたい大事な操作は’shutdown -c’で実行できるshutdown処理の中断命令です。shutdownはCtrl+zやCtrl+cを打ち込んでも走り続けるため、シャットダウンを中止するためにはshutdown -cを入力する必要があります。一応shutdownを実行した際に「use ‘shutdown -c’ to cancel」と文面がでますが、焦り出す上に英語に親しくない私みたいな人は読み取れないことがあると思います。気を付けましょう。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Xcode】実機でアプリを起動できない「Could not find Developer Disk Image」エラーの対処法

Xcodeでアプリを開発中に、実機でiOSアプリの動作確認をしようとしたときに遭遇した「Could not find Developer Disk Image」というエラーの対処法について。
こちらのエラーは、iOS端末をアップデートした際、そのバージョンに対応する Disk Image がXcodeになかったために発生するものです。
つまり、iOSのバージョンが新しく、かつXcodeのバージョンが古いときに発生します。

したがって、対処法としては、Xcodeをアップデートして、最新バージョンにするのが一番手っ取り早いです。

 

が、何らかの理由で、Xcodeを更新したくない場合の対処法についてはこちらから。
今回は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

【iOS】端末をアップデート後、Xcodeで実機に書き込めなくなった場合 – Qiita
https://qiita.com/Hakota/items/59b4247a203e2639f8c9

まず、下記のサイトから最新のXcodeをダウンロードしてきます。
https://developer.apple.com/downloads/index.action#
ここで注意することは、Beta版ではない最新バージョンのものをインストールすること。
なお、ダウンロード前に、既存のXcodeの名称を Xcode[バージョン] などに変更しておきましょう。
そうすると、既存のバージョンのXcodeを残したままで、最新のXcodeをインストールできます。

ダウンロードできたら、最新のXcode と、すでにインストール済みのXcode があるかと思うので、それぞれのアイコン上で右クリックして、 パッケージの内容を表示します。
開けたら、下記の場所まで移動します。

Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/

すると、下の画像のように、フォルダがずらっと並んでいるかと思います。

で、この一覧を確認すると、今まで使用していた Xcode のフォルダ一覧には、iOS端末のバージョン名のフォルダがないと思います。
なので、最新の Xcode の方から、不足しているフォルダをコピー&ペーストしましょう。

あとは、ファイルを閉じて、Xcodeを再起動すれば完了です!
端末を接続し、実機でアプリを起動すれば、無事実行されるかと思います。

 

ということで、OSのバージョンをアップデートした実機で、iOSアプリを起動できないときの対処法でした。
私の環境ではこれで動いたので、同じことでお悩みの方は是非試してみてください。

  • この記事いいね! (0)
著者:aoki

iPhoneでいきなり「SIMはメッセージを送信しました」と表示される件

車ではスマートフォンはカーナビになるようにエアコン吹き出し口の所に設置できるようにしています。
先日夜に車で走っている際にいきなりiPhoneの通知で「SIMはメッセージを送信しました」と表示されたのを目撃!
その後停車中に確認しようと思ったのですが通知は跡形もなく消え・・・何が起こったのかわかりませんでした。
はっきり言っていきなりSIMがスマートフォンのデータを送った!なんて通知が来たら怖すぎます。

Twitterで検索してみると同じ現象が起こっている人が多数いることも分かりました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

どうもdocomoユーザだけが発生しているようです。
更に調べると対処法を書いている方がいらっしゃいました。

【iPhone】「SIMはメッセージを送信しました」の意味と対処方法
http://sbapp.net/appnews/app/upinfo/ios11/sim-message-send-78595
こちらの記事によれば

SIMがキャリアアップデートのサーバーに接続をした際に、何らかの通信障害が生じると「SIMはメッセージを送信しました」と画面に表示されることがあるとのこと。

という事らしいです。
なのでスマートフォンがおかしくなったとかウィルスとかそういう危険なものではなさそうですね。
対処法も書かれていましたので同様の現象が起こる方は「キャリアアップデート」の確認をしてみてください。
ちなみに私は電源を1度OFFにしたらそれ以降は1度も出てこなくなりました。

今思うとスマートフォンを触ってるときに振動だけして何も通知が無いという事が何度もあり、「SIMはメッセージを送信しました」が原因だったのかもしれませんね。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Xcode】Type ‘UISlider’ does not conform to protocol ‘ValidatableInterfaceElement’エラーへの対処法

久しぶりに遭遇したXcodeでのエラーです。
特に内容を変更した記憶のないアプリを開いてみたら、いきなりビルドエラーが発生しました。
エラー分は下記のとおりです。

Type 'UISlider' does not conform to protocol 'ValidatableInterfaceElement'

どうやら、CocoaPodでインストールした「Validator」というライブラリ内部でエラーが発生していたことまでは突き止めたのですが、その原因がわからず…検索してもヒットしない状況でした。
なお、Validator についてはこちらから。

GitHub – adamwaite/Validator
https://github.com/adamwaite/Validator

が、会社にあるもう一台のMacbookでは問題なく動いていたので、そこが謎でした。

 

で、色々見てみた結果、どうやらXCodeのバージョンが影響していたことが判明!
先日、Xcode をアップデートして 9.3 にしたのですが、これを 9.2 に戻したら問題なく動き、ビルドも完了しました。
……Xcodeは不用意にアップデートしてはだめですね…。

なお、Xcodeの以前のバージョンをインストールする方法は、下記の記事を参考にしました。

Xcodeの旧バージョンをインストールする方法 – Qiita
https://qiita.com/TsukasaHasegawa/items/0d7d5c2cf3a2b8ce8993

ただ、ダウンロードに凄く時間がかかったので、何か別の作業をしながらのんびり待つことをおすすめします。
ダウンロード時間が「残り約60分」の表示を見た時は、正直ため息を付きそうになりました…。

 

ということで、ビルドエラーの解消方法でした。
同僚に聞いたところ、Xcode のバージョンの違いのせいで発生するバグってあるようなので、バグの原因が分からないときに確認するようにしましょう。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows版Gitで認証情報を消す方法

Windows版Gitで、http経由のbasic認証を用いた接続を行う際、初めてリポジトリを登録すると下記の画面が出てくるかと思います。

自分のIDとPWを入れログイン。一度入れてしまえば、次回以降は聞かれなくなるのでとても楽です。
ところがこれ、もし誤った情報を入力してしまうと、その誤った情報が保存されてしまい、なんども何度も試しても認証に失敗してしまう、なんて状態になってしまうことがあります。

この前、ちょうどそういう状況に出会ってしまい、Gitアプリの設定を探しまくったのですが、どこにも認証情報を削除できる場所がありませんでした。
Webで調べてもなかなか情報が出てこなくて困り果てていたのですが、運よく、同じ症状になってしまった場合の解決策がのったサイトを発見。

SourceTreeの認証情報を削除することができない – ATLASSIANコミュニティ

試してみました。
Windowsのコントロールパネルを開き

コントロール パネル\ユーザー アカウント\資格情報マネージャー

へ移動します。
或いは、スタートメニューの検索欄に
“資格情報”と検索し、

出てきた”資格情報マネージャー”をクリックします。


“Windows資格情報”をクリック
すると…

…あった!

矢印ボタンを押すと、資格情報の詳細が出てくるので

その中の”削除”をクリックすると、指定した資格情報を削除することができます!

この状態でGitに接続したところ、再度認証画面を出すことができました…!

資格情報マネージャーではGit以外のWindowsに保存されたBASIC認証の情報や、ファイル共有などのWindowsユーザーログイン情報なども保持されていました。
アカウントを切り替えたい、認証情報を削除したい、でも削除、変更す画面がない!というときはこちらの画面をまず参照するといいかもしれません。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android】ビルド時の「Error:Execution failed for task ‘:processDebugGoogleServices’.」の対処法

Cordova アプリで、新しくプラグインを追加したところ、Androidでエラーが発生したので、その対処法について。
ちなみに、追加したプラグインは「cordova-plugin-admob-free」で、アプリ内に広告を入れるためです。
が、このプラグインを追加してビルドしたところ、エラーが発生しました。

 

遭遇したエラーの全文はこちら。

Error:Execution failed for task ‘:processDebugGoogleServices’.
> Please fix the version conflict either by updating the version of the google-services plugin (information about the latest version is available at https://bintray.com/android/android-tools/com.google.gms.google-services/) or updating the version of com.google.android.gms to 9.0.0.

Google翻訳にかけてみたところ、どうやら processDebugGoogleServices の実行に失敗しているようです。
失敗する要因は、バージョンの競合とのこと。
そのため、対処法としては、build.gradle に記述されている com.google.android.gms のバージョンを 9.0.0 に更新するのが有効なようです。

具体的には下記のとおりです。

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    // SUB-PROJECT DEPENDENCIES START
    compile project(":CordovaLib")
    compile "com.google.android.gms:play-services-base:9.0.0"
    compile "com.google.android.gms:play-services-ads:9.0.0"
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:23.2.1'
    compile "com.facebook.android:facebook-android-sdk:4.+"
    compile "com.google.firebase:firebase-core:9.0.0"
    compile "com.google.firebase:firebase-messaging:9.0.2"
    // SUB-PROJECT DEPENDENCIES END
}

上記コードの、5、6行目の com.google.android.gms:play-services-basecom.google.android.gms:play-services-ads のバージョンを 9.0.0 に変更しました。
が、これだけだとまだエラーが発生するので、9、10行目の com.google.firebase:firebase-corecom.google.firebase:firebase-messaging のバージョンも 9.0.0 に変更します。

なお、10行目の com.google.firebase:firebase-messaging だけバージョンが 9.0.2 なのは、別のエラーが発生したためです。
ついでに、7行目の com.android.support は com.android.support:support-v4:24.1.1+” から com.android.support:appcompat-v7:23.2.1 変更しており、これも別のエラーの対策のためです。

上記のコードのように build.gradle を修正したところ、問題なく実行することができました。

 

以上、ビルドエラーの対処法でした!
ちなみに、2つ目のエラーの方が、ビルドが通ってしまう分、大変でした…。
ビルドは通るのに、いざ実機で実行するとアプリが落ちるという…。
何とか解決できたので良かったです。
Codova はやっぱり難しい!

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Cordova】アプリのアイコンの設定方法とAndroidのアイコンサイズまとめ

マージに失敗したのか、Cordovaアプリのアイコンの設定をしている記述が掻き消えたので、備忘録を兼ねてまとめ。
これでもしもう一度コードが吹っ飛んでも大丈夫!

 

アプリのアイコンは config.xml で指定します。
まず、iOSアプリのアイコンは、下記のように記述します。

<platform name="ios">
    <icon height="180" src="res/icon/ios/icon-60@3x.png" width="180" />
    <icon height="60" src="res/icon/ios/icon-60.png" width="60" />
    <icon height="120" src="res/icon/ios/icon-60@2x.png" width="120" />
    <icon height="76" src="res/icon/ios/icon-76.png" width="76" />
    <icon height="152" src="res/icon/ios/icon-76@2x.png" width="152" />
    <icon height="40" src="res/icon/ios/icon-40.png" width="40" />
    <icon height="80" src="res/icon/ios/icon-40@2x.png" width="80" />
    <icon height="57" src="res/icon/ios/icon.png" width="57" />
    <icon height="114" src="res/icon/ios/icon@2x.png" width="114" />
    <icon height="72" src="res/icon/ios/icon-72.png" width="72" />
    <icon height="144" src="res/icon/ios/icon-72@2x.png" width="144" />
    <icon height="29" src="res/icon/ios/icon-small.png" width="29" />
    <icon height="58" src="res/icon/ios/icon-small@2x.png" width="58" />
    <icon height="50" src="res/icon/ios/icon-50.png" width="50" />
    <icon height="100" src="res/icon/ios/icon-50@2x.png" width="100" />
    <icon height="1024" src="res/icon/ios/icon-1024.png" width="1024" />
</platform>

Androidのアイコンの設定はこちら。

<platform name="android">
    <icon density="ldpi" src="res/icon/android/icon-ldpi.png" />
    <icon density="mdpi" src="res/icon/android/icon-mdpi.png" />
    <icon density="hdpi" src="res/icon/android/icon-hdpi.png" />
    <icon density="xhdpi" src="res/icon/android/icon-xhdpi.png" />
    <icon density="xxhdpi" src="res/icon/android/icon-xxhdpi.png" />
</platform>

が、Androidのアイコンサイズがいまいちわからないので簡単にまとめ。
このアイコンサイズについて、毎回こういったアイコンを準備するたびに調べているので、今回まとめました。

解像度 アイコンサイズ
ldpi 36×36px
mdpi 48×48px
hdpi 72×72px
xhdpi 96×96px
xxhdpi 144×144px
xxxhdpi 192×192px

あとは、Android・iOS 共に、上の表などを参考に、それぞれの画像を用意すれば設定完了です。
(上記コードだと、res/icon ディレクトリにそれぞれ android、ios フォルダを用意し、アイコンを保存しています)
いつも通りにビルドした後、実機で実行すればアイコンが設定されています。

 

以上、Cordovaアプリ開発時に、アプリアイコンを設定する方法でした。

  • この記事いいね! (0)