カテゴリーアーカイブ OS

村上 著者:村上

【Windows10】PC起動時にアプリを自動的に起動する方法

今日の記事は、タイトル通り、WindowsのPCを起動した時に、メールソフトなどの特定のアプリを自動的に起動する方法についてです。
Macだとアプリのアイコンを右クリック → メニューから簡単に設定できるのですが、Windowsだと少々面倒だったので、備忘録もかねてメモ。

なお、参考にさせていただいたサイトはこちらから。

Windows10 起動時にアプリを自動起動 – スタートアップに登録 – PC設定のカルマ
https://pc-karuma.net/windows-10-app-startup/

 

作業ですが、まず事前準備として、デスクトップなどのアクセスしやすい場所に、PC起動時に自動起動したいアプリのショートカットを作成しておきます。
次に、画面左下のWindowsスタートボタン(四角形が4つ組み合わさったボタン)を右クリックします。
で、メニューから「ファイル名を指定して実行」をクリック。
そうすると、下のようなウィンドウが表示されるので、そこに「shell:startup」と入力してOKをクリック。

すると「スタートアップ」フォルダーが表示されるので、ここに先程準備しておいたアプリのショートカットを移動させます。
作業としては以上で完了です。

 

PC起動と同時に、自動的に必須アプリが立ち上がるのは便利ですね。
パソコンを使うときに毎回必ず起動させているアプリがある人は、この方法を使って自動起動の設定をしておいてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
asabakento 著者:asabakento

【office】office365が使えなくなるというメールが・・・

最近になってoffice365の利用期間が終了しましたというメールが来ました。買ったときはそのような契約はした覚えはないし途中でソフトを買ってインストールしたことはなかったです。

ExcelとかWordが使えなくなるの?買ったばかりなのに・・・と一瞬困惑しましたが、一旦落ち着かせて調べてみることに

すると、officeのソフトとoffice365は全く別物ということが分かりました。こいつはソフトではなく、クラウドサービスのようです。

・最新のofficeをどのデバイスでも使うことが出来る。

・どのバージョンのofficeソフトも互換性を気にせずに使える。いちいちアンインストールしてまたインストールしなくてもいい

・セキュリティ更新が自動

というメリットがあるみたいです。https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/business/vp/user/office365.aspx

色々便利ですが、自分用パソコンではそもそもofficeのソフトをあまり使わないし使ったとしても大人数で管理するなんてことはないので当然スルーしました。

こういうのびっくりするから買ったときに説明してほしかったです。(若しくは自分が聞き逃したか)

  • この記事いいね! (0)
asabakento 著者:asabakento

プログラミング初心者にすごく優しいアプリを発見!【アルゴリズム図鑑】

アルゴリズムって説明だけじゃ分からないって人もいますよね。筆者は自分に合った参考書を探すのが下手だったので、アプリやネットのツールをよく漁っていました。

例えば、この「アルゴリズム図鑑」というアプリは、プログラミングにおいて応用することのできるアルゴリズムを網羅しており、図を使った視覚的な学習をすることで何をしているかを確かめながら勉強することができます。

青いボタンSTEPを押すと、アルゴリズムの工程をテキストに合わせてみることが出来ます。もちろん戻ることもできます。

この動きに沿ってプログラムを作るとプログラム全体の構図だけでなく、変数の正しい使用法や関数の作り方なども一緒に学ぶことができます。

実験ボタンを押すと、値をシャッフルして実際に動かすことができます。制限は無いので納得いくまで実験してみてください。

 

鍵のかかっているアルゴリズムは、全てのアルゴリズムを購入すると見れるようになっています。お金は少々かかりますが、元のアルゴリズムを発展させた更なるアルゴリズムを見ることが出来ます。

再帰の原理などもしっかり収録されているので、中級者上級者も一見の価値があるかも・・・!?

 

ドットインストールやcordzineでも無料で学ぶことが出来ますが、前者は説明が早く、後者は静止画なのでゆっくり見ながら勉強したいという人向けだと思いました。また文字がそこまで多くないので初心者プログラマーの育成研修とも相性良さげですね。

プログラミングのスキルの幅を広げたい、基礎を振り返りたいという人は試してみてください、それでは!

 

 

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows10ではWi-Fiの優先度設定が削除されていた… GUIから再び設定できるようにする方法

現在はWindows 10に乗り換えていますが、以前はWindows 7を使っていました。
Windows 7の時は、記憶済みのWi-Fiアクセスポイントが電波が届く範囲で同時に複数あった場合、どのWi-Fiに優先して接続するかを設定することができました。

接続先優先順位変更方法(Windows 7の場合) – Y!Mobile

ところがWindows 10では、優先度を確認することはできますが、優先度を変更する機能は何故か削除されてしまいました。

優先度を変更できないと結構いろいろな場面で困ったことになります。
でも標準ではWindows 10ではコマンドラインによる設定方法しかなく、ちょっと面倒なうえ、頻繁に変更する可能性があるので正直ちょっとやりたくない。
なんとかGUIで変更する方法はないだろうか…と探していたところ、見つかりました…!

W10:ネットワークと共有センターからワイヤレスネットワークの管理機能が削除されていた – Scrap 2nd.

Wifinianというアプリを使うと、GUIから設定が可能らしいとのこと!!

Wifinian – Microsoft Store

しかもWindows 10 Anniversary Update以降であればMSストアからアプリとしてダウンロード可能です!
超ありがたい><

ということで早速インストール!

起動すると、タスクバーに扇型が3つ並んだようなアイコンが常駐し、クリックすると現在登録済みのアクセスポイント一覧が表示され、それぞれのアクセスポイントの状態などが表示されます。

右上の”Reorder”ボタンをクリックすると”Up””Down”ボタンが出現し、クリックすることで優先順位を変更することができます!
ちなみに、自分の環境で試したところ、ちゃんと優先順位が変更されていました!

WindowsはGUIで設定変更を行うのがメインな分、削除されてしまった時のダメージもなかなか痛いです(汗)
機能削除する際は慎重に行ってほしいなぁと感じた次第です。

  • この記事いいね! (0)
asabakento 著者:asabakento

雨雲の行方と降水量を視覚的に見ることが出来るアプリ【アメミル】

季節の変わり目は、ゲリラ豪雨や台風が発生しやすくなります。

夏休みに遠出したものの突然の雨で計画は台無しに・・・といったかたも多いのではないでしょうか。

自分はその失敗を活かして「アメミル」というアプリを使って晴れの日に合わせてスケジュールを調整しています。

この「アメミル」は、日本全国の降水情報をレーダーで見ることができ、さらに更新すればいつでもお天気の最新情報を手に入れることができます。

上の例ですが、赤くなるほど降水量が多く、集中的に降っている地域になります。静岡県では、遠州北部にやや激しい雨が降っているのが分かります。

appStoreに機能の詳細が列挙して書いてありますが、ここでは自分がこれ良いなって感じた機能を紹介しますね。

例えば、よく前方を見渡すと曇り空が広がっていますが、アメミルに内蔵している3D機能を使えばどの範囲まで雨が降っているかを視覚的に見ることが出来ます。もし、雨雲が広がっている方向に出かけたいと思ったときにこれで確認すれば、やむタイミングに合わせてスケジュールを無理なく組みなおすことができます。無謀にも突っ込んでびしょ濡れって事態を回避できるようになるのです!

他にも、雨雲の進路や気温の変化を、気象予報士から学習したAIが予測して伝えてくれる機能も備わっています。

無料でも多くの機能を使うことが出来ますが、有料にすると一時間以内の降水予測とGPS追従を使うことが出来るので、心配かつお金に余裕のある方はつけてみてもいいかもしれません。

8月などの季節の変わり目は特にゲリラ豪雨が多発するので、キャンプなどの屋外で遊ぶ計画のあるかたは持っているとかなり安心できるのではと思います。

 

  • この記事いいね! (0)
asabakento 著者:asabakento

隠れた有能アプリ「iphoneを探す」

題名に隠れたアプリと書いてありますが、隠れていなくて知らないのは自分だけだったという場合も考えられるので気にしないでください。

iphoneのアプリを断捨離をしていたら、「iphoneを探す」というアプリが気になったので使ってみました。

なんだろなと思ってiphoneを紛失した時に、appleIDを使って他の人のihoneやPCを経由して自分のiphoneの場所を検知することができるみたいです。

下の欄の青い点が、探したいiphoneの一覧になります。探したいihpne若しくはすべてのiphoneを対象に探すことができます。

appleIDさえ分かれば盗難などのトラブルに対応して警察に資料として届けることができるのでIDだけは絶対に覚えておきましょう、もしくはどこかに書置きしておいてください。

このiphoneを探すを使って不審なパートナーの動向や迷子の可能性のある子供や年配者の位置も確認できるので、心配性の方は事前にappleIDを教えてもらいましょう。

前者で使う場合は許可が無いとプライバシー侵害として訴えられてしまう可能性があるので必ず理由を説明してくださいね(汗)

 

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Android 9 Pie が遂にリリース! 早速触ってみた!

今年の5月に開催されたGoogleI/Oなどで発表されていたAndroid P。 その正式版であるAndroid 9 Pieがついに正式リリースされました!

Android 9正式リリース、愛称は「Pie(パイ)」に – Gigazine

今回はかなりいろいろな仕様変更があるということで、GoogleI/O発表時からずっと気になっていました。
Google公式のエミュレーターでは既にAndroid 9が利用可能になっていたので、早速試してみました!
(※自分が持っている端末はAndroid 6なので、 一部Android 6 ユーザー目線で見ていきます。)

早速起動してみると真っ先に表示されたのがGoogleのロゴ。

NexusやPixelシリーズのみ(本当の意味でのAndrioid標準の表示ではない)かもしれませんが、Google謹製な感じが出てていいですね。

Boot後の起動中の表示もシンプルかつお洒落に。

こちらがホーム画面。
検索バーが画面底に移動しました。

エミュレーターでは何故かナビゲーションボタンが旧来のものになってしまっています。
一番体験したかった点なのでちょっと残念です。

サイドボタンを押したときの表示は、画面トップからボタンに近い右端へと移動しました。


電源ボタン長押しメニュー


音量ボタンメニュー


マナーモード切替のボタンが分離され、タップしてモード切替できることが視覚的に分かりやすくなりました。


マルチタスク画面は横並びに変更されました。
下側に表示されているアプリ一覧は、AIによっておススメのアプリが表示されるようです。

ホーム画面を下から上に引き上げるようにスワイプすると


ドロワー(アプリ一覧)が出現します。


設定画面。
画面上部には”App Actions”の機能と思われるアプリ設定の紹介が表示されています。

Google、「Android P」のシステムナビゲーションなど新機能を紹介 – ITMediaNews


端末情報


Androidバージョンはちゃんと9になっています。

バージョン情報をタップしまくると出てくる、Android毎バージョン恒例のイースターエッグ。


目が回りそうwww

タップするごとに色が変わります。

更に長押しすると…


なんとお絵かきアプリが起動!
タッチパネルを使って”お絵かき”を楽しむことができますw

電話アプリ


ダイアルパッドは特に変更はなさそうです。


通話画面


通話履歴画面。
以前のAndroidと違い、タップしてもすぐに発信されることはなくなっていました。

シャットダウン


こちらもかなりシンプルな表示になりました。

全体的に見て、いろいろなところでかなり改良されている印象を受けました。
UIやUXの部分も結構変わっていてとても面白いです。

早く実機でも動作を確認したいですね。

ちなみに、今回使用したGoogle公式エミュレーターですが、最近では一部機種イメージにおいてGoogle Playストアがプリインストールされているものが出ています。
今回使用したマシンイメージもGoogle Playストアインストール済みイメージとなっていて、より実際の実機に近い形で動作を確認することができます。

アプリ開発者にとっては、現在公開中の製品版アプリをPlayストアから直接インストールしてAndroid 9 上での動作を確認することができます。
これはとても楽でいいですね…!

エミュレーターであればPC一台あれば試すことができるので、Android 9 に興味を持った方は是非一度触れてみてはいかがでしょうか?

Android 9 Pie – Google

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Cordova】AndroidのSDKバージョン数の記述場所まとめ

AndroidアプリをCordovaで開発中なのですが、Android StudioでSDKバージョンを記述している箇所が多く、ちょっと苦労したのでまとめ。
現在、Androidアプリのリリースを行う際、アプリのSDKのバージョンを26以上にするようにとの変更があったのですが、このバージョンが何故か上げられず…。
原因は、複数あるSDKバージョンを記述している箇所の一か所を更新し忘れていたことが原因だったのですが、そもそもその記述箇所多くない?と。
ということで、ほぼ自分の備忘録のために、SDKバージョンを記述している箇所をまとめてみました。

 

まず、Android Studioのメニューバーの「File」から「Project Structure」を選択します。

すると、下のようなウィンドウが表示されるので、サイドバーのメニューの Modules グループから、それぞれのSDKのバージョンを確認します。

なお、ここで指定しているバージョンについては、build.gradle からも確認できます。

で、あとは忘れがちな AndroidManifest.xml
ちなみに、私はここの記述を見逃していました。
このファイルの中に、「uses-sdk」というタグがあり、そこでSDKのバージョンを指定しています。
なので、こちらの値を build.gradle でも指定しているSDKのバージョンと揃えます。

作業としては、以上で完了です。

 

以上、Corodvaで開発中のAndroidアプリのSDKバージョンを確認する方法でした。

ちなみにAndroidアプリをリリースする際のSDKバージョンですが、2018年の8月(つまり今月)に新しいアプリを公開する場合、アプリのターゲットAPIレベルは26(Android 8.0)以降が必須になります。
そして、2018年11月には、既に公開済みの既存のアプリのアップデートで、ターゲットAPI レベルは26以降が必須になります。
なお、この変更はアップデートを行っていない既存のアプリには影響しないとのこと。

上記について、参考にさせていただいた記事はこちらから確認できます。

Google Developers Japan: 今後の Google Play でのアプリのセキュリティおよびパフォーマンスの改善について
https://developers-jp.googleblog.com/2017/12/improving-app-security-and-performance.html

こちらはアプリを公開する際に、条件を満たしていない場合は警告として表示されるので、もし警告が表示されてしまった場合は修正するようにしましょう。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows 10 版Google Chrome Ver.68 でついにネイティブ通知が実装! 50%のユーザーでテスト中らしい!!

ある日、ふとPCを起動したところ…

…!?

!?!?

なんと!普段から見ているGoogle Chromeからの通知が、Windows10標準の通知センターから行われるようになっていました!!!

Google Chromeは、Windows 10のネイティブ通知に対応 – AMW
以前からGoogle Chrome 68についてはいろいろと記事にしていますが、まさかネイティブ通知が実装されていたとは…

実はこの機能、ずっと前から個人的に切望してしていた機能でもあります。
本来のデフォルトのGoogle Chromeの通知はこんな感じでした。

見た目の部分は見やすくて全く問題なかったのですが、以前実装されていたGoogleChromeの通知センターが廃止されて以降、Chrome通知で見逃した物を再確認する手段が無くなってしまっていました。
また、マルチディスプレイ環境であったり、解像度の変更を行ったりした際に、しばしば表示崩れを起こすことも…

また、Windows10で実装された通知ミュート機能(プレゼン中などにはとても役に立つ機能です)も、Chrome通知に対しては効かなかったりと、なかなか不便な一面がありました。

ちなみにmacOS版Google Chromeでは、 Ver.32からすでにネイティブ通知に対応しており、macOSの通知センターと連携させることができました。

Google ChromeがMac OS Xでネイティブ・プッシュ通知に対応 – Gigazine

Windows10がリリースされ、macOSのような通知センターがWindowsでも利用できるようになったため、Windows版Chromeでもネイティブ通知が実装されてほしいなぁとずっと思っていたので、今回のネイティブ通知実装はかなり嬉しいニュースです。

なお、現在はテスト段階のようで、デフォルトでは全Google Chromeユーザーの50%に対してのみ有効(所謂A/Bテスト)にしているようです。そのため、”えー自分のChromeもバージョン68なのに昔の通知が出てくる”という方も多いかと思います。

正式実装を待つ、という方法もありますが、「そんなの待ってられねぇよ!!!」という方は例によって”chrome://flags”から有効化できます。
URL欄に

chrome://flags/#enable-native-notifications

と入力してエンターキーを押すと

“Enable native notifications.”

という項目が出てくるかと思いますので、この項目のプルダウンメニューを
“Default”
から
“Enabled”
に変更し、再起動します。

これで、Google Chrome経由の通知がすべてWindowsの通知センター経由で表示されるようになっているはずです。

Var.67ではPWAのサポートも実装されましたし、今後ブラウザ経由で通知を受け取る機会はどんどん増えていくかと思います。
GoogleChrome経由で多くの通知を受け取っている方は、設定して損はないかと思いますので、是非試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

再起動しなくてもUbuntu OSアップデートが自動適用できる! “Canonical LivePatch”

今までOSのアップデートを適用する際、とくにカーネルのアップデートなどは必ず再起動が必要となっていました。
しかし、Linuxカーネル4.0からライブパッチ機能が正式に実装され、再起動を行うことなく更新が取り込めるようになりました。

Linux 4.0リリース候補版にライブパッチ機能が導入 – ZDNet Japan

しかし、この機能は飽くまで”カーネルに機能として存在している”形で、ユーザーが簡単に利用できるようになるかどうかはディストリビュージョン次第、となっています。

そんな中、UbuntuのCanonicalがUbuntu向けに”Canonical LivePatch”の提供を開始しました。

この機能はUbuntu16.04から利用可能となり、18.04からGUIインターフェースが用意され、インストール時やインストール後に、ユーザーが簡単に設定できるようになりました。(※Ubuntu Oneへの登録が必要。無料ユーザーは3マシンまで)
有効化方法などは下記のサイトを見ていただければ分かりやすいかと思います。

【Ubuntu18.04】新機能 LivePatchについて – ガジェット好きの日記

自分も自宅で仮想でサーバーマシンを動かしており、そのホストOSとしてUbuntuを利用しています。
ホストOSを再起動するためには、複数台動作している仮想OSをすべて停止しないといけないためかなり大変でした。

今回のLivePatchサービスのリリースで、再起動することなくセキュリティパッチの修正を受けられるのは非常にありがたいです。
ちなみに、適用するとSSHなどでログインした際に

このように表示され、正常に動作していることが確認できます。

  • この記事いいね! (0)