カテゴリーアーカイブ Mac

takahashi 著者:takahashi

昔のMac OS(System 7)やWindows 3.xがブラウザ上で動作するサイト

僕は昔からちょっとしたOSマニア(といってもとりあえず一通り触りたいだけ)で、Windowsは勿論、MacOSとLinuxディストリのいくつか、ChromeOS、iOS、Andoridと現代のいろいろなOSは一通り触れてきました。
現行のどのOSでも、設計思想は違えど非常に使いやすいUI/UXをもつGUIを供えており、どれか一つのOSに振れたことがある人であれば、他のOSをさわっても基本操作はだいたい一目でわかるぐらいに簡単に操作できるようになっています。

各OSの設計思想の違いを感じることができるのが”OS弄り”の楽しさであるのですが、触っているうちにふと、”じゃあこのOSの黎明期はどんなUIだったのだろう”という興味がわいて来ることがあります。

そんなわけでいつか機会があれば触ってみたいなーと思っていたのですが、古いOSのインストールディスクはなかなか入手できる代物ではないですし、入手できたとしても、現行の物理マシンや仮想マシン上で動くのか、といった問題があり、なかなか動く形で触る機会というのはありませんでした。

そんな中、先日ネットサーフィンをしていたらこんな記事を発見。

懐かしのMac OS System 7をブラウザ上でエミュレートして再現できる「PCE.js」- Gigazine

Internet Archive、System 7のアプリを利用できるコレクションを公開 – スラド

なんとブラウザ上で古いOSを動作させることができるサイトがあるらしい!
早速触ってみました。

サイトを閲覧するや否や、Machintosh Plusをモチーフをした絵が表示され、絵の画面部分に、本当に昔のMacOS(System 7)が起動しました。


シャットダウンもリブートも行うことができます。

最初に出てくる”Kidpix”は…

お絵かきソフトでした。

ちなみに、Mac以外にもWindowsの旧バージョンも見ることができます。

さわっていて気づいたことは、MacOSは白黒の時代に販売されたOSでも、デザインはほぼ似ており、簡単ながらエフェクトもすでについていたことには驚きました。
また、Windows3.0も思った以上にカラフルで、操作しやすさを考えていることがよくわかりました。

今のOSといろいろな部分を比べてみると、それぞれのOSの特徴や違いは再発見できてとても面白いと感じました。
興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

macの起動時にブートローダーメニューを追加する方法

自分のもっているmacは、BootCampを使ってWindowsとmacOSのデュアルブート環境を作ってあります。

OS切り替えの際、過去のバージョンは環境設定やWindowsのBootCampメニューから次に電源を入れたときに起動するOSをあらかじめ指定できたので困らなかったのですが、最近macOSのファイルシステムがAPFSになってから、Windows側で次回起動するOSでmacOSを選択することができなくなりました。

したがって、デフォルトになっているOSではない方のOSを起動する場合、起動時にoptionキーを押しながら電源を入れないとOS選択画面が出てきません。
毎回、OSを切り替えるたびにOptionキーを押さないといけないというのはちょっと煩わしいので、せめて起動時に毎回OSが選べる画面をb出せないかなとさがしていたところ、こんなアプリを発見しました。

rEFInd

です。
このアプリを導入しておくと、起動時に写真のOS選択画面が表示されるようになります。

インストール方法は、まずmacをリカバリモード(command+R)で起動し、上のプルダウンメニューから
ユーティリティ->ターミナルをひらきます。
下記のコマンドを入れます。

csrutil disable

そのあとプルダウンメニューの林檎マークから、macを再起動します。

再起動すると、通常のモードでmacが起動するので
The rEFInd Boot Manager: Getting rEFInd
でA binary zip fileをクリックしてrEFIndを入手し、解凍します

中に”refind-install”
というファイルがあるので、これをターミナルで実行すると、インストールされます。

その後、再起動すれば、起動時にブートローダーの画面が表示されるはずです。

動作したことを確認したら、再度command+rを押しながら起動し、リカバリモードから

csrutil enable

を実行しておきましょう。

とても快適に使えてますので、おすすめです。

参考:
MacBookProにOS X, Windows 10, Ubuntuをトリプルブート

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

mac対応のシンプルで美しいターミナル”Termius”

最近、macで動く高性能で使いやすいターミナルアプリを探しているのですが、なかなか自分に合うものが見つからず….
ネットで探して一番ヒットするのがiTerm2なのですが、このiTerm2、日本語に対応していないのでせっかく細かいオプションが用意されていても使いこなすのがきついなという印象でした。

Macで使えるターミナルエミュレーターアプリ達 - rcmdnk’s blog

他にもいろいろ探しては見たのですが、UIが日本語でなかったり、欲しい機能がなかったり、そもそも日本語が扱えなかったりと、いっがいといいのが無い。

困っていたところでふと、Mac App Storeでまださがしていなかったことを思い出しました。
早速App Storeで探してみたところ、ちょっと良さげなものを発見。


Termiusというアプリです。
このTerminalも飽くまで英語なのですが、UIが非常にシンプルで見やすく、英語でもどのような機能なのかがわかりやすくて、使いやすいです。


サーバー追加画面


ログイン後画面


SSHキー追加画面


ポートフォワーディング設定


その他メニュー

かなるユーザーフレンドリーで使いやす印象だったので、当分はMacではこのTermiusを使っていきたいと思います。

願わくばRloginやXShellのようなターミナルがMacでも出てほしいですね。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

NTFS-3G vs Paragon NTFS for Mac

最近、写真編集作業用にポータブルHDDを購入しました。

HDPH-UTシリーズ – IOData

このHDD、容量が1TBで、USBが3.0とかなりいい感じのスペックなのですが、容量が大きいということでデフォルトでNTFSでフォーマットされています。
このNTFSというファイルシステム(FS)ですが、Windows用のFSのため、基本的にWindowsでしか利用することができません。
例えばMacに接続した場合、一応認識するのですが、読み取り専用となり何かデータを書き込んだりすることができない形で認識されます。
FAT32あたりでフォーマットしてしまえば基本的にどのシステムでも扱えるようにはなるのですが、1ディレクトリ(フォルダ)におけるファイル数や1つのファイルの大きさに制限があります。
書類やテキストがメインであれば全く問題ないのですが、写真や動画を扱うと、そこそこ大きいファイルを大量に保存する場面が結構あります。そんな使い方でFAT32を使うのはちょっと不安です。またNTFSはジャーナリングファイルシステムなので、USBが抜けてしまった時や電源が落ちてしまった時は安全です。(と考えていました)。

実際によく使うのはMacなので、どうしようかなーとずっと思っていたのですが、なんと付属にツールにMacでNTFSへの書き込みを有効化するパッケージがありました。

NTFS-3G for Mac I-O DATA

LinuxでもNTFSの読み書きに対応させる際にもNTFS-3Gというパッケージをインストールするのですが、これのMac版をHDD購入者限定でI・OData社公式のツールとして提供されています。

Mac用の素のNTFS-3Gもあるのですが、かなり設定がめんどくさいので、パッケージインストールだけで利用できるようになるのはかなりありがたいです。

しばらくはIOData版のNTFS-3Gで快適に使えていたのですが、ある時点からアンマウントができなくなったり、すでに取り外されているのにOS上ではまだ接続中として認識されてしまっていたりという不具合が出るようになりました。

デスクトップPCならさほど気にならない問題かもしれませんが、MacBookだと持ち運ぶ際に差しっぱなしにしておくわけにもいかないのでちょっと困って対策方法を調べていたどころ、ある記事が目に留まりました。

MacでNTFSがマウント出来なくなった – Yahoo知恵袋

内部的には、雪豹に内蔵されたntfsprogs由来のNTFSドライバー等です。
ntfsprogsはMacOSXリリース前から存在するLinux NTFS Projectの成果物で
5年ほど前、この計画から分岐したのがntfs-3gです。

ntfs-3gがジャーナリングを一部しか対応していないことや
chkdskやfsckに相当する機能を備えていないことは有名です。
ntfsprogsも同様の状況にあると認識しています。

しょせんNTFSの信頼性は、正規のドライバーによるものであり
ntfsprogsにしろntfs-3gにしろ、Windowsで利用するNTFSに比べれば信頼性が低く
MacOSXでのUFSより優れるということがありえません。

雪豹でのNTFSは読み出ししかできないのではなく、書き込みの信頼性を保証できないから
通常の運用では、書き込みをできない設定で出荷されているにすぎません。
言い換えれば、安易に書き込みを可能にするツールのリリースは
Appleにとっては、よけいなものなのかもしれません。

つまり、NTFS-3Gは”Unix系OSでとにかくNTFSを使えるようにする”だけであり、自動修復やジャーナリング機能は一部しか含まれていないとのこと。
これは知りませんでした…

この時点でMacに接続したNTFSドライブを、何度も強制取り外しなども行っていたので、さすがにこれ以上NTFS-3Gを使い続けるのは危険と考え、思い切って有料のNTFSドライバを使うことにしました。

Paragon NTFS for Mac – PARAGON SOFTWARE

購入時点で2,160円という価格でしたが、ネット上の口コミでも有料であること以外は評判が良かったので思い切って導入。

操作は非常に分かりやすく、シンプルです。
OS起動と同時に起動してくれますし、NTFS-3G同様に、普通の外付けドライブとしてマウントしてくれます。
また、前回強制的に取り外したりした場合も自動でディスクチェックもしてくれるので、NTFS-3Gの抱える問題もクリアしているように見えます。

このドライバに変えてからはマウント解除ができなくなることもなくなりました。

有料版のドライバを使うことが必ずしも最適な選択肢ではないですが、頻繁にNTFSドライブを使っていて不具合に困っている方は試す価値はあると思います。

願わくば、NTFS-3Gも安全にNTFSが扱えるように機能改善されてほしいなと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

MacでWindowsの”Aeroスナップ”な操作ができるアプリ”Magnet”

仕事では普段Windowsをメインで使っているのですが、使っていて個人的に欠かせない機能があります。
AeroSnap(エアロスナップ)
という機能です。


画面の端へウインドウを持っていくと、画面の半分のサイズで自動的に整形してくれる機能です。
この状態で別のウインドウを右端に持っていくと、

2つ目のウインドウを余白部分に合うようにタイルしてくれます。
Windows 7から実装されたこの機能、Windows8からは画面の1/4のサイズでタイルしてくれる機能も追加されました。

この機能、シングルディスプレイ環境、特に画面があまり大きくないノートPCでは非常に重宝します。
最近よく使うようになったMacでもこの機能を使いたいなーと思っていたのですが、macOSには標準でこのような機能はありません。
唯一全画面表示にすれば2画面にすることもできますが、すべてのアプリが全画面表示に対応しているわけではないですし、全画面表示せずにタイルしたいときもあるので使い勝手はイマイチです。

Windowsの”Aeroスナップ”のようなことをmacOSで実現する方法がないか調べていたら、見つけました。

Magnetというアプリです。
有料のアプリではあるのですが、Windowsの”Aeroスナップ”の機能をいい感じにmac上で再現してくれます。

操作方法はWindowsと同じ。

ウインドウを画面の端に持っていくと


ちゃんと画面半分のサイズに調整してくれます。


さらに、別のウインドウを右端に持っていけば、


Windows同様、余白に合わせてタイルしてくれます。余白に合わせてくれるわけではなく、特定の大きさでタイルしてくれるのみでした…(ただし3分割や横のタイルに対応など、Windowsよりも選択肢は多いです。)


1/4サイズのタイルも対応してます。

自分が普段使っているmacは特に画面が小さいので、ウインドウのタイルができれば作業しやすくなるので、とてもありがたいですね。
しばらく愛用していきたいと思います♪

本当に便利ですし、LinuxでもCompizあたりで標準同等の機能に対応しているので、是非今後のmacOSのバージョンで公式に搭載されてほしいところです。

「Magnet マグネット」をMac App Storeで – iTunes – Apple

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Macのシステム環境設定にHostsの設定画面を追加するアプリ”Hosts”

Webサイト・Webサービスの開発をしていると何かとよく使うHostsの設定。
たまに変更するだけであれば直接ファイルを触ってしまえばいいのですが、頻繁に変更するときがあったりするとなかなか面倒です。

そんな時に便利なのがGUIのHosts書き換えツール。

普段使っているWindows機ではこんなツールを入れています。

Hosts File Manager

管理者権限が必要ですが、分かりやすいGUIからHostsの設定を簡単に書き換えることができるので、毎回CドライブからHostsファイルを探し出して管理者権限のエディタで開いて…なんて操作が必要なくなります。とても便利です。

さて、最近はサブ機・動作確認用としてMacも利用するようになったのですが、やはり毎回ファイルを直接編集するのはなかなか面倒くさい…
Macにも同じようなアプリないかなーと思っていたらありました!

名前もそのままHostsというアプリです。
pkg形式で入手できるので、クリックしてインストーラーを起動します。

特に設定項目はないので、画面に従ってインストールしていきます。

インストール完了後、Applicationフォルダを探しても見当たらず、「あれ?どこいった??」となり、調べたところ、

なんとシステム環境設定画面に追加されていました。
なるほど、システム全体にかかわる設定なのでちゃんとシステム設定として起動できるようにしてくれるのですね。
これは分かりやすくていいですね。

Hostsのアイコンをクリックすると設定画面に飛びます。

操作方法はWindowsのHosts File Managerとさほど変わりません。
むしろ起動すれば現在のHostsファイルの内容が出てくるのでよりシンプルで分かりやすいです。

鍵マークをクリックし、管理者のパスワードを入力するとロックが解除状態(管理者モード)になります。
後は変更したい項目をダブルクリックして値を入力し、確定すると反映されます。

Web開発などで頻繁にHostsを書き換える必要がある方は是非一度試してみてはいかがでしょう?

参考サイト:
https://delightmode.com/mac-hosts-prefpane/

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

【現在は解決済】mac OS High Sierraに深刻な脆弱性が発覚 root権限への昇格がだれても可能に

高橋です。
先週、macOS High Sierraのバージョン10.13.1で、とんでもない脆弱性が発覚しました。

今回問題になったのは、macでアプリのインストールや設定変更の際にパスワードを求めるこの画面。
管理者権限へ昇格する際の認証の画面なのですが、ここでidをrootとし、パスワードを何も入力せずに”ログイン”を連打するとログインできてしまうという状態だったとのこと。

macOSはUNIX系のOSなので、rootでかんたんに不正ログインできてしまうというのはかなりまずい事態です。
幸いなことにログインできてしまうのはこの認証画面に限られるので、外部からrootアカウントで直接侵入される…という心配はなかったようですが、セキュリティに厳しいイメージのあるAppleの製品からこの不具合が出たことに、かなり驚いた方も多かったのではないでしょうか。

不具合発覚後、Appleは緊急でセキュリティアップデートを発行し、合わせて謝罪のコメントを出しています。

現在は自動アップデート機能により何もしなくても適用されている状態とのことですが、アップデート配信後にmacOSを10.13.1へアップグレードした方はセキュリティアップデートが適用されていない可能性があるので、アップグレード後に再起動を行ってほしいとのことです。

Apple公式サイトによると、アップデートが適用されているかどうかは下記の方法で確認できるとのことです。


お使いの Mac にセキュリティアップデート 2017-001 が適用されているか確認するには、以下の手順を実行してください。
1.ターミナル App を開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
2.「what /usr/libexec/opendirectoryd」と入力して「return」キーを押します。
3.セキュリティアップデート 2017-001 が正常にインストールされている場合は、以下のいずれかのプロジェクトバージョン番号が表示されます。
opendirectoryd-483.1.5 on macOS High Sierra 10.13
opendirectoryd-483.20.7 on macOS High Sierra 10.13.1
Mac でルートユーザアカウントが必要な場合は、このアップデートを適用した後で、ルートユーザを有効にし直して、ルートユーザのパスワードを変更する必要があります。


参考サイト:
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1711/30/news065.html
http://jp.techcrunch.com/2017/11/30/2017-11-29-apple-releases-a-macos-security-update-to-fix-huge-login-security-flaw/
https://support.apple.com/ja-jp/HT208315
  • この記事いいね! (0)