カテゴリーアーカイブ Mac

村上 著者:村上

【Mac】MacBookのトラックパットがクリックできない時の対処法

職場の後輩さんのSOSで知った方法です。
なんでも、トラックパットの挙動がおかしくなり、クリックした時のあの「押した感」がなく、右クリックも出来ない!ということでした。
しかも、再起動しても直らなかったとのこと。

で、調べたところ、次の記事にヒットしました。

MacBookの感圧タッチトラックパッドが反応しない!場合の対処法
http://www.deers-of-jp.net/2016/07/14/macbookの感圧タッチトラックパッドが反応しない!場/

まさしくこの状況!ということで、書かれていた対処法を試してみました。

 

その対処法とは、「SMC(システム管理コントローラ)のリセット」です。
電源ボタンやバックライトなど、Macのハードウェアの一部をしているコントローラらしいです。
なので、今回のようにトラックパットが押せなくなった時や、マイクやスピーカーの動作がおかしくなった場合にも、このリセット方法は使えるとのこと。

リセットの方法は下記のとおりです。

  1. 「システム終了」でMacBookの電源を切る
  2. キーボード左側のshiftキーとcontrolキーとoptionキーを3つ同時に押しながら、右上隅の電源ボタンを押す
  3. キーを離したら改めて電源ボタンを押してMacBookを起動する

以上で終了!
起動後、何事もなかったかのように、トラックパットのクリック感が復活しました!

 

以上、SMCのリセット方法でした。
リセットといっても、パソコンが初期化されるわけではないので、何かおかしいな?と思った場合には、まずはこちらを行ってみるのをおすすめします。
幸い、私のMacBookはまだ素直に動いてくれていますが、万一の時のために、覚えておきたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

macOSの調子が悪い… そんな時は”macOSを再インストール”を試してみよう

macOSとWindows、どちらが優れているのか?なんて議論がしばしば起こることがあります。

個人的には一長一短だと考えていて、なかなか甲乙を付けるのが難しいのですが、今回はmacのWindowsよりも優れていそうな点を紹介します。

どのOSをとっても、最近のOSは昔のものと比べて、OS本体が破損して起動不能になることはほとんどなくなりました。
が、ふとした拍子(例えばOSのメジャーアップデートに失敗してしまったり、ドライバが不具合になったりなど…)でOSが起動しなくなることはいまだにあります。

こういった場合もまた、最近のOSであれば復旧させるための手段を数種類、標準で用意しており、OSを初期化することなくトラブルの復旧をすることも可能になってきました。

さて、いろいろ試しても復旧せず、いよいよOSの初期化も考えないといけなくなってしまった時、最後の手段としてWindowsにはこんなオプションが用意されています。

“すべて削除する”はOSの初期化とほぼ同義なのですが、”個人用ファイルを保持する”を選択すると、自分がPCに保存したファイルはそのままの状態で、OSの初期化を行なってくれます。
ただし、いままでインストールしたアプリはすべて削除されてしまいます。(それによって治る不具合もありますが…)

一方、macOSはというと、オプション自体は少ないのですが、Windowsの”個人用ファイルを保持する”に似た選択肢として、”macOSを再インストール”という手段が用意されています。
こちらはmacOS本体からではなく、command + Rキーを押しながら起動したときに起動するリカバリモードで選択することができます。

macOSでのこのオプション、Windowsの”個人用ファイルを保持する”との違いは、”すべてのデータを残したまま”OSだけごっそりと再インストールしてくれる点。

ユーザーの保存したファイルの他に、ほぼすべてのアプリケーションも、設定を維持した状態で残ります。
Windowsと比較すると、アプリケーションの再インストールをしない分、再インストール後にすぐに使用を再開できるので非常にありがたいです。

先日、丁度自分のMacBookがmacOSが起動しなくなる不具合に見舞われてしまったのですが、この再インストールで、アプリやデータを保持しながら復旧することができました。
ただし、アプリケーションやその設定ファイル、残骸などによって引き起こされる不具合は、この再インストールオプションでは復旧しない可能性があるので、そういった場合は別の修復オプションを試す必要が出てきそうです。

最近どうもmacOSの動作がおかしい…と感じている方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

macOS を再インストールする – Apple

  • この記事いいね! (1)
村上 著者:村上

【Chrome拡張機能】表示されている画像のEXIF情報を手軽に確認できる「EXIF Viewer」

最近は使わないのですが、以前インストールしてそのままになっていた拡張機能をご紹介。
EXIF Viewer」という、Google Chrome で表示している画像のEXIF情報を表示できる拡張機能です。

インストールはこちらから行えます。

EXIF Viewer – Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/exif-viewer/nafpfdcmppffipmhcpkbplhkoiekndck?hl=ja

 

実際の使用イメージはこんな感じ。

「EXIF Viewer」を有効にした状態で、画像の上にカーソルを合わせると、画像の左上に青い枠が現れて、そこに撮影したカメラの機種や焦点距離などのEXIF情報が表示されます。
また、緯度経度が保存されている場合は、青枠の中に赤く「GPS」という表示がされるので、そのにマウスカーソルを合わせることで、手軽にマップを表示させることもできます。

なお、こちら私の以前のブログなのですが、写真のEXIFは削除しているので、この様に変な情報が表示されています…。
ご了承ください。

 

以上、画像のEXIF情報を手軽に確認する方法でした。
自分のアップした画像に位置情報など、公開したくない情報が含まれていないかの確認が簡単に確認できますね。
もしくは、お店の料理の写真に位置情報が含まれている場合、このお店がどのあたりにあるのかをマップに表示する、という使い方もできそうです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

INGRESSと伊藤園がコラボした”売らない自販機”XMProfilerで遊んでみた!

前から伊藤園は位置情報ゲームのINGRESSとのコラボレーション企画にかなり力をいれていますが、勢いのあまり、”状態が可視化されて確認できるポータル”マシンを作ってしまっています。
“XMProfiler”っていうんだけど…

ITOEN × INGRESS XM-Profiler – 面白法人カヤック
面白法人カヤックさんが作られていたんですね…!
知りませんでしたw

このXMProfiler、全国に3台(今度4台目が設置されるらしい?)しかなく、しかも首都圏に集中しているのでなかなか見る機会はなかったのですが、今回はそのうちの一台、XM Profiler OSAKA を先日たまたま機会があって実物を見ることができました!

思ってたよりも質感が凄い…
上部画面はエリアランキングやインストール済みMODなどのXMProfilerに内蔵(?)されているポータルの情報などが表示されています。


そして下部にはポータル本体とそこに刺さっているレゾネーターとその所有者の情報が。
自分のレゾネーターが刺さっているのを見ると、普段以上にしてやったぜ感が倍増しますw


現地でスクショを取り損ねてしまったので、代替えのスクショで申し訳ないですが、XMPでこうやって攻撃した際やレゾネータ等を破壊したときに、連動してXMProfilerから被攻撃音が鳴ります。普通のポータルを攻撃したときに比べて結構臨場感がありました。
これは面白いですw

単純に位置情報単体で考えるとナビのような便利ツールに流れがちですが、工夫次第でこんな面白いことができるんだなぁと考えると、ちょっと刺激になりますよね。

ちなみに…


XMProfilerはmacOSで動いているようです…w

組み込み機器でmacを使用するってなかなか珍しい気がします。
いろいろな意味でレアなXMProfilerでした。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Xcode】ビルド時の「[プロジェクト名] has conflicting provisioning settings.」エラーの対処法 その2

Xcodeで証明書を設定した際のエラーの対処法について、以前紹介した方法では解決しなかったので、その2の対処法をまとめました。
ちなみに、以前の記事はこちらから。

【Xcode】ビルド時の「[プロジェクト名] has conflicting provisioning settings.」エラーの対処法
https://cpoint-lab.co.jp/article/201805/【xcode】ビルド時の「プロジェクト名-has-conflicting-provisioning-settings-」エ

 

今回参考にさせていただいたサイトはこちらから。
iOSアプリをリリースする際のプロビジョニングの設定
http://chinotsubo.com/ios-provisioning-config/

で、対処法ですが、アプリの Build SettingsCode Signing Identity に設定されている項目を、下記のように変更するだけです。

なお、記事の投稿者いわく、「イマイチなぜこの設定が正しいのかは理解していない」とのこと。
ちなみに、こちらの記事の下には参考にした記事のリンクもあるので、気になる方はぜひ御覧ください。

 

以上、Xcodeの証明書の設定方法その2でした。
前ご紹介した方法でビルドができなかった方は、この方法もお試しください。
なお、私の環境では、実機を接続してのビルド時に失敗するようでした。
…実機の接続・未接続で、設定等が違う箇所があるんでしょうね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

[macOS] alt + tabでWindowsのようなアプリケーション一覧を表示する方法

macOSでウインドウ切り替えをする際、Windowsのウインドウ切り替えの感覚で command + tabキーを押すとこんな表示が出てきます。

これ実は、同じアプリケーションのウインドウを複数開いていても、一つのアプリとしてしか表示されません。

Windowsはこんな感じ
Windowsのマルチタスク機能の感覚で操作するとエッってなりますね…w

実は、macには標準でキーボートショートカットを編集する機能があります。

アップルメニュー -> システム環境設定
から
“キーボードを選択”

コレです。
command + tab
は書き換えることができませんでしたが、

alt + tab

は書き換えることができたので、これをmission controlに割り当ててみます。
画面の”mission control”の項目をダブルクリックすると、入力待機状態になるので、
実際に設定したいショートカットキーを押します。

これでalt + tabを押すとmission controlが呼び出せるようになりました。

OSごとにキーボードショートカットがかなり違うと、かなり覚えるのが大変(癖で別OSのショートカットキーをつい押してしまう)なので、似た操作にそろえておくだけで大分楽になりますね。

ご参考までに。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Mac】画面のスクリーンショットを撮影する方法

知っているよ!という人が大半だとは思いますが、自分でも訳がわからないくらいコマンドが覚えられないので、こうして記事にまとめて覚えることにします。
なんだろう…キーが3つだからかな?

参考にさせていただいた…というか、Appleの公式サイトはこちらから。

Mac でスクリーンショットを撮る方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT201361

 

まず、画面全体のスクリーンショットを撮影するときには、

command + Shift + 3

上記の3つのキーを押します。
すると、デスクトップに自動的にスクリーンショットの画像が保存されます。
なお、撮影できた画像は下のような感じです。

次に、選択した一部分のみのスクリーンショットを撮影するときは、

command + Shift + 4

上記のキーを押します。
すると、マウスカーソルが十字に変わるので、スクショを取りたい範囲を選択します。
これはあまり使ったことがないですね。

最後に、ある特定のウィンドウのスクリーンショットを取りたいとき。
この場合は、まず下記のキーを押します。

command + Shift + 4

で、マウスカーソルが変わったのを確認後、スペースキーを押します。
すると、マウスカーソルがカメラアイコンに変わり、そのマウスカーソルの下にあるウィンドウが青く選択されます。
なので、スクリーンショットを取りたいウィンドウの上でクリックします。
あとは、自動的にデスクトップに画像が保存されます。
なお、撮影できたスクリーンショットは下のような感じです。

ウィンドウの縁に影がついています。
ちょっとした装飾ですが、単なる切り取りよりもおしゃれな感じがしますね。

 

ということで、Macでスクリーンショットを撮る方法でした。
Shiftキー なのか Controlキーなのか、毎回わからなくなってしまうのですが、こうして書くと、なんとか覚えられそうな気がします…!
…忘れませんように!

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

WWDCでmacOSの新バージョン、macOS Mojave 発表!

先日行われたAppleの発表会”WWDC 2018″で、Macの新バージョン “macOS Mojave(モハベ/モハーヴェ)”が発表されました!

Apple、ダークモードをサポートした「macOS Mojave」を発表 ~開発者プレビューを開始

正式版リリース自体は秋ごろになりそうとのことですが、現時点でいくつかの新機能が発表されました。

・ダークモード
今まで、macOSの基本色は白がメインでしたが、これを黒メインのUIに変更し、目への負担を抑える機能が追加されたようです。

新しいmacOS「Mojave」のダークモード、壁紙の色も変わって良い感じです #WWDC18 – GIZMODO

感覚としては1Twitterの”夜間モード”に似ています。普通にかっこいい。

・Dynamic Stacks
散らばったデスクトップを自動で整理してくれるファイル整理支援機能も追加されたようです。

macOS Mojave 新機能まとめ:ダークモードやファイル整理機能追加 #WWDC18 – GIZMODO

自分もよくデスクトップを散らかしてしまうので、この機能はありがたいかもですね。

他にもいろいろ改良がくわえられているmacOS Mojave。登場が楽しみですが、アップグレードする際に注意しなければいけない変更点も出てきました。

・OpenGL/OpenCLが非推奨に

なんとMojaveからOpenGLが非推奨に。自社謹製のMetalを使えという方針にするようです。
OpenGLは現在でも普通にバリバリ使われている技術だけに、さすがに非推奨にするのは早すぎる気がするのですが…いかがでしょう。

ちなみに、macOS High Sierraで打ち切られるかもといわれていたmacOS用 32bit版アプリの対応ですが、今回のバージョンまでは非推奨ながら動作するようです。
Apple、macOS 10.14 Mojaveが32-bitアプリをサポートする最後のmacOSになると発表。QuickTimeやJava 1.6フレームワークも廃止へ。 – AAPL Ch.
いろんな点で今後の動きが気になりますね。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Xcode】アプリをアップロードできないときの対処法

最近は遭遇率がほぼゼロなのですが、一時期、正規の方法でXcodeからApp Storeにアプリをアップデートできない時がありました。
で、その時の対処法についてまとめ。
ちなみに、主な原因はネットワーク接続エラーでした。
そのため、接続先を変更すれば改善されることもありましたが、どうしようもないときにこちらの方法を使いました。

なお、今回参考にさせていただいた記事はこちらから。

Xcodeからアップロードできないときは、Application Loaderを使おう – Qiita
https://qiita.com/_natsu_no_yuki_/items/68140e7c0e96afbb2e4b

 

さて、そのアップロード方法ですが、まず Archive を実行すると自動的に表示される下の画面から、アプリをエクスポートします。

なお、この画面は、Xcodeのメニューから Window > Organizer からも開くことができます。

エクスポートが完了したら、Xcode の メニューから Xcode > Open Developer Tool > Application Loader を選択します。

すると、下記のような画面が表示されるので、下の選択から、先程エクスポートしたアプリの iOS App ファイル(拡張子が .ipa)を選択します。

ファイルを選択後、アプリの情報が表示されたら、次へを押せば完了です。
これでアップロードできたので、あとは、アプリ情報が反映されるのを待つだけです。

 

以上、アプリがアップロードできないときの対処法でした。
当時、ひどいときは 2〜3回試しても失敗したので、そのときはこの方法を使っていました。
最近では、全くと言っていいほど遭遇しなくなり、ありがたいですが…いざというときのために覚えておきたいです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Google Chromeがv67からPWAに対応。Twitterなどの対応サイトで利用可能に。

最近、Windows10 AprilUpdateでMicrosoft EdgeベースのPWAに対応したニュースがありましたが、Google Chromeも、Chrome67からPWAに対応したようです。

Google Chrome 67安定版リリース、「サイト分離」機能やセンサー用API「Generic Sensor API」を搭載 – Gigazine

Twitter LiteなどのPWA対応サイトをChromeブラウザ経由でも、アプリとしてインストールしておくことが可能となりました。

ただ、現在はまだデフォルトで無効になっているようですので、
chrome://flags
から有効にする必要があります。
chrome://flagsにアクセスしたら、検索バーに”PWA”と入れます。

Desktop PWAs をDefautからEnableに変更します。

再起動を求められるので、Chromeを再起動を行えば、PWAが有効になります。

Twitterの公式アプリが自分の環境で動かない、アプリがない、という方は是非試してみてはいががでしょうか。

  • この記事いいね! (0)