カテゴリーアーカイブ Mac

takahashi 著者:takahashi

GoogleChrome 70 がリリース HTTPページの警告の厳格化やPWAの正式対応などが追加

いつの間にかGoogleChrome Ver.70がリリースされていたようですね。

New in Chrome 70 – Google Developers

米国現地時間の10月16日にリリースされたVer.70では、幾つか大きな変更がされているようです。

・非SSLサイトで文字入力を行うと、アドレスバーに赤文字の”保護されていない通信”が表示されるように変更

ついに、SSL通信(アドレスがhttps://から始まるもの)に対応していないサイトで、フォームなどのテキストボックスに文字を入力すると、無効なSSLが設定されたサイトと同様にアドレスバーの”保護されていない通信”の表示が赤文字に変化するように変更されました。

これは以前から予告されていた変更で、Chromeの”常時SSLが基本”という考え方を反映した物にするために、段階的に変更されてきたものです。

Moving towards a more secure web – Google Security Blog

入力フォームのない非SSLサイトでは、黒文字の”保護されていない通信”が表示されるだけですが、入力フォームの存在する非SSLサイトの場合は入力フォームに一文字でも何か文字を入力した時点で、アドレスバーの”保護されていない通信”が無効なSSL証明書を搭載したサイトと同様に赤文字に変わります。

事情を知っているユーザーならまだしも、こういった事情を知らない一般ユーザーからすると、セキュリティ的に問題のあるサイトとして見られてしまう可能性があります。

そもそもChromeがこういった対応をする前から、ユーザーになにか情報を入力させる機能を提供する場合はSSLに対応するのが常識でしたし、最近はLet’s Encryptのような無料のSSL証明書もでていますので、まだSSLに対応されていないサイトをお持ちの方はすぐにSSL対応化していただくことをお勧めします。

・Windows版ChromeがPWAに正式に対応

いままで実験的機能として実装されていたPWA(プログレッシブウェブアプリ)ですが、ついにWindows版Chromeで正式に有効化されたようです。
PWAとはWebアプリとして提供されているインターネット上のWebサイトを、あたかもネイティブ(OSにインストールしたような)アプリとして動いているかのように動作させるできることができる機能です。

通常、Webサイトとして作られたWebアプリは、インターネットにつないでいないと起動できないうえ、ユーザーがWebサイトを開かないと何もできない受動的な仕組みでした。
PWAが有効になることで、こういったWebサイトをPWAに対応させることで、対応ブラウザを通してOSのアプリの一つとしてインストールできたり、インターネットに接続していなくても起動できたり、Webサイトを閉じていても通知が受け取れたり、といった恩恵が受けられるようになります。
またPWAの本質はWebサイトなので、各OS用にプログラムを書き直したり、ビルドし直したり、といった作業をほとんどすることなくクロスプラットフォームアプリを作れるのも大きな利点です。

有名どころでは、現時点でTwitter LiteGoogle PhotoなどのサービスがPWAに対応していますので、早速体験してみたい!という方は是非試してみてはいかがでしょうか。

Twitterにアクセスできなくなった「Twitter for Mac」の代わりはChromeのPWAで「Twitter Lite」を使うのが最適? – AAPL.Ch

なお、公式ブログによると、macOS版ChromeではVer.72で正式対応予定とのことですが、早く試したいという方は従来通り実験機能を有効にすることで現時点でも利用できるようになります。(有効化の方法は上記記事をご覧ください。)

・WebWorkerで実装した各処理に名前を付けることが可能に。

WebWorkerとは、javascriptの処理をバックグラウンドで行わせることができる仕組みです。

Javascriptは少し特殊で、基本的にすべての処理をメインスレッド(メインのプロセス)だけで行います。
そのため、Javascriptで書いたプログラムのどこかで重い処理を行ってしまうと、その処理が終わるまでほかの処理を行うことができないため、結果的にWebアプリがフリーズしたような状態になってしまうことがありました。

こういった処理にWebWorkerを使用することで、その部分の処理はメインスレッドとは別のスレッド(プロセス)で行わせることができるため、重い処理を行わせてもWebアプリがフリーズしにくくなり、快適な動作をさせることができます。

今回のアップデートで、WebWorkerで書かれた各処理ごとに名前が付けられるようになったようで、これにより複数のWebWorkerを使用した場合のデバッグがしやすくなるようです。

ほかにも多くの修正が行われたChrome Ver.70。
今回は魅力的な機能もいくつか正式実装されているようですので、Chrome使いの皆さんは変更点を是非チェックしてみてください。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

[要注意]3TB ストレージを搭載したiMac (27-inch, Late 2012)モデルではmac OS MojaveでBootcampを使用できない。

自分はMacBookAirを使用しているのですが、先日リリースされたmacOS MojaveでもBootcampを利用できるのか一応確認しておこうと思っていろいろ調べていたところ、ある事実が判明しました。

「Boot Camp が設定されているため、インストールを続けられません」という警告が表示される場合 – Apple

3 TB のハードウェアを搭載した iMac (27-inch, Late 2012) をお使いの場合は、「Boot Camp」パーティションを削除してからでないと、macOS Mojave 10.14 をインストールできません。macOS Mojave にアップグレードした後、その Mac に Boot Camp を使って Windows をインストールすることはできなくなります。

という表記が…

さらに下の方にはしっかりと枠で囲んだうえで

このような iMac に macOS Mojave をインストールした場合、Boot Camp を使って Windows をインストールすることはできません。

とはっきりと書かれています。

説明書きにもある通り、Mojaveにアップグレード後すべての機種でできなくなるというわけではなく、”3 TB のハードウェアを搭載した iMac (27-inch, Late 2012) “が対象になるとのこと。

さらに調べていくと、Appleのコミュニティに下記のような記述がありました。

MojaveでBootcamp(Windows10)のインストールは可能? – Appleコミュニティ

内蔵hddが3TBあると、2.2GB直前の領域に連続した領域をWindows用に用意しようとするようです(こうしないとbootcampではWindowsを起動できないため)。このため、macOSの領域はhddの前半と、後半に分割されます。ユーザには、これらを連続した領域として使えるように見せます。このため、かなり複雑な動作をします。fusion driveはやっとmojaveからapfs対応になりました。まだバグもあるのかもしれません。

という記述があり、どうやら3TB以上のストレージを積んだPCでは、Mojave上でBootcampを動かすのが難しいようです。
ただ、今後のアップデートによっては改善される可能性もあるかとは思いますので、該当機種をお使いの方でbootcampを使用する予定のある方はしばらくの間、Mojaveへアップグレードするのは待った方がよさそうです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Appleが突如10/30に発表会をスケジュール!何が発表されるのか気になる…

突如としてAppleがイベントの開催を告知しました。

Apple Special Event – Apple
速報:Apple、前代未聞の招待状で10/30イベント開催を告知 NYで何が発表されるか徹底予想 – engadget日本版

今度こそベゼルレスのiPad Proや新型macbookAirが発表されるのでは、という予想もたてられているようですね。

この前のGoogleのイベントで、Pixel3を”iPhone Xsよりも優れた製品”として大々的にアピールしたので、
こちとら黙ってはいられない…!
というところもあるかもしれませんね。

こちらの発表会イベントは日本時間で10/30(火)23:00から行われるとのことなので、この前のGoogleのイベントよりは見やすい時間帯となっています。

新製品発表の瞬間をリアルタイムで見られるチャンスですので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

mac OSの回復USBディスクを作成する方法

最近、会社のiMacのmac OSが立ち上がらなくなってしまっため、OSの上書きを試みましたが、内臓のリカバリーモードではうまく行きませんでした。
そこで、外部メディアにインストーラーイメージを入れて、外部からリカバリしてみることにしました。

今回の操作を行うには、メディア作成時に正常に起動するMacintoshと約12GB以上の容量を持つ空のUSBメモリが必要になります。
データが入ったUSBメモリも使用できますが、今回の手順を試すとUSBメモリ内の全データが削除されてしまうので注意してください。

手元に正常に稼働するMacintoshが1台しかない方は、緊急時に備えてあらかじめ1本作っておくことをお勧めします。
なお、OSの再インストールに使う際はバージョンをアップグレードするごとに作成する必要があります。

まずはmacOSを起動して、AppStoreから現行のmacOSを探します。
リカバリディスクが作れるのは、AppStoreからダウンロードできるバージョンに限られますので注意してください。

写真は既に入手した後の画面のため、”開く”になっていますが、ダウンロード前に開くと”ダウンロード”というボタンになっているので、クリックします。
ダウンロードが終了すると、アプリケーションフォルダに”macOS Mojaveインストール”が追加されます。

この状態になっていることを確認したらアプリケーションからTerminal.appを開き、次のようにコマンドを入力します。(※この手順を実行するとUSBメモリ内のデータがすべて削除されます)

sudo /Applications/Install\ macOS\ バージョン名(例:mojave).app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/インストールメディアにするUSBメモリのデバイス名

コマンドを実行すると、USBへのインストーラーイメージの書き込みが開始されます。
コマンドライン上に進行状況が表示されるので、完了するまで待ちます。

Ready to start.
To continue we need to erase the volume at /Volumes/Install macOS (バージョン名)/.
If you wish to continue type (Y) then press return: Y
Erasing disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%
Copying to disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 40%... 50%... 60%... 70%... 80%... 90%... 100%
Making disk bootable...
Copying boot files...
Install media now available at "/Volumes/Install macOS (バージョン名)"

完了したら、”Install macOS (バージョン名)を取り出す”をクリックしてUSBを取り外し、保管しておきます。

作成したUSBインストールメディアを使用する際は、まずmacOSが起動している場合は一度シャットダウンします。
そのあと、USBを本体に差し込み、

キーボード左下あたりにある”option(alt)キー”を押したまま電源ボタンを押します。

すると、どのディスクからOSを起動するか選択する画面が出てきますので

“Install macOS (バージョン名)”
を選択します。

あとは言語を選べば…

内臓のリカバリーモードと同等の画面が表示されました。
内容もそのままリカバリーモードと同じなので、OSのインストール以外にもディスクチェックやTerminalの起動も行うことができます。

困ったときは是非参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Xcode】アプリを実機で起動した時の「iPhone is busy: Processing symbol files」エラーの対処法

Xcodeでたまに見る実機での実行エラーについて。
今回遭遇したのは、「iPhone is busy: Processing symbol files」というエラーでした。

エラー全文は、以下の通りです。

iPhone is busy: Processing symbol files(iPhoneがビジー状態:シンボルファイルの処理)
Xcode will continue when iPhone is finished.(iPhoneが終了するとXcodeが続行されます)

 

原因としては、シンボルファイルの処理に時間がかかっていることだったので、待っていればいつか終わるらしいです。
なお、参考にさせていただいた記事はこちらから。

iPhoneアプリを実機で動作させようとしたらエラー|房総ITサービス
http://boso-it.com/xcode/iphoneアプリを実機で動作させようとしたらエラー/

が、Macのスペックにもよりますが、だいたい処理の終了まで10分程度かかるとのこと。
私含め、そんなに待てない!という方は、別の方法として、iPhoneの再起動をお試しください。

再起動は、一度アプリの実行を停止し、念のため、Macと繋がるケーブルを抜いてから行ってください。
私の環境ではこれで上手くいきました。
こちらの方法については、下記の記事を参考にしました。

実機デバッグで、busyエラーが出た時の対処 – ramkaの朝ごはんはピーナッツパン
http://ramka.hateblo.jp/entry/2018/02/14/013549

 

以上、Xcodeでアプリを実機で動かそうとしたときのエラーについてでした。
もし、同じエラーに遭遇した場合は、参考にしていただければと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Mac】MacBookのトラックパットがクリックできない時の対処法

職場の後輩さんのSOSで知った方法です。
なんでも、トラックパットの挙動がおかしくなり、クリックした時のあの「押した感」がなく、右クリックも出来ない!ということでした。
しかも、再起動しても直らなかったとのこと。

で、調べたところ、次の記事にヒットしました。

MacBookの感圧タッチトラックパッドが反応しない!場合の対処法
http://www.deers-of-jp.net/2016/07/14/macbookの感圧タッチトラックパッドが反応しない!場/

まさしくこの状況!ということで、書かれていた対処法を試してみました。

 

その対処法とは、「SMC(システム管理コントローラ)のリセット」です。
電源ボタンやバックライトなど、Macのハードウェアの一部をしているコントローラらしいです。
なので、今回のようにトラックパットが押せなくなった時や、マイクやスピーカーの動作がおかしくなった場合にも、このリセット方法は使えるとのこと。

リセットの方法は下記のとおりです。

  1. 「システム終了」でMacBookの電源を切る
  2. キーボード左側のshiftキーとcontrolキーとoptionキーを3つ同時に押しながら、右上隅の電源ボタンを押す
  3. キーを離したら改めて電源ボタンを押してMacBookを起動する

以上で終了!
起動後、何事もなかったかのように、トラックパットのクリック感が復活しました!

 

以上、SMCのリセット方法でした。
リセットといっても、パソコンが初期化されるわけではないので、何かおかしいな?と思った場合には、まずはこちらを行ってみるのをおすすめします。
幸い、私のMacBookはまだ素直に動いてくれていますが、万一の時のために、覚えておきたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

macOSの調子が悪い… そんな時は”macOSを再インストール”を試してみよう

macOSとWindows、どちらが優れているのか?なんて議論がしばしば起こることがあります。

個人的には一長一短だと考えていて、なかなか甲乙を付けるのが難しいのですが、今回はmacのWindowsよりも優れていそうな点を紹介します。

どのOSをとっても、最近のOSは昔のものと比べて、OS本体が破損して起動不能になることはほとんどなくなりました。
が、ふとした拍子(例えばOSのメジャーアップデートに失敗してしまったり、ドライバが不具合になったりなど…)でOSが起動しなくなることはいまだにあります。

こういった場合もまた、最近のOSであれば復旧させるための手段を数種類、標準で用意しており、OSを初期化することなくトラブルの復旧をすることも可能になってきました。

さて、いろいろ試しても復旧せず、いよいよOSの初期化も考えないといけなくなってしまった時、最後の手段としてWindowsにはこんなオプションが用意されています。

“すべて削除する”はOSの初期化とほぼ同義なのですが、”個人用ファイルを保持する”を選択すると、自分がPCに保存したファイルはそのままの状態で、OSの初期化を行なってくれます。
ただし、いままでインストールしたアプリはすべて削除されてしまいます。(それによって治る不具合もありますが…)

一方、macOSはというと、オプション自体は少ないのですが、Windowsの”個人用ファイルを保持する”に似た選択肢として、”macOSを再インストール”という手段が用意されています。
こちらはmacOS本体からではなく、command + Rキーを押しながら起動したときに起動するリカバリモードで選択することができます。

macOSでのこのオプション、Windowsの”個人用ファイルを保持する”との違いは、”すべてのデータを残したまま”OSだけごっそりと再インストールしてくれる点。

ユーザーの保存したファイルの他に、ほぼすべてのアプリケーションも、設定を維持した状態で残ります。
Windowsと比較すると、アプリケーションの再インストールをしない分、再インストール後にすぐに使用を再開できるので非常にありがたいです。

先日、丁度自分のMacBookがmacOSが起動しなくなる不具合に見舞われてしまったのですが、この再インストールで、アプリやデータを保持しながら復旧することができました。
ただし、アプリケーションやその設定ファイル、残骸などによって引き起こされる不具合は、この再インストールオプションでは復旧しない可能性があるので、そういった場合は別の修復オプションを試す必要が出てきそうです。

最近どうもmacOSの動作がおかしい…と感じている方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

macOS を再インストールする – Apple

  • この記事いいね! (1)
村上 著者:村上

【Chrome拡張機能】表示されている画像のEXIF情報を手軽に確認できる「EXIF Viewer」

最近は使わないのですが、以前インストールしてそのままになっていた拡張機能をご紹介。
EXIF Viewer」という、Google Chrome で表示している画像のEXIF情報を表示できる拡張機能です。

インストールはこちらから行えます。

EXIF Viewer – Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/exif-viewer/nafpfdcmppffipmhcpkbplhkoiekndck?hl=ja

 

実際の使用イメージはこんな感じ。

「EXIF Viewer」を有効にした状態で、画像の上にカーソルを合わせると、画像の左上に青い枠が現れて、そこに撮影したカメラの機種や焦点距離などのEXIF情報が表示されます。
また、緯度経度が保存されている場合は、青枠の中に赤く「GPS」という表示がされるので、そのにマウスカーソルを合わせることで、手軽にマップを表示させることもできます。

なお、こちら私の以前のブログなのですが、写真のEXIFは削除しているので、この様に変な情報が表示されています…。
ご了承ください。

 

以上、画像のEXIF情報を手軽に確認する方法でした。
自分のアップした画像に位置情報など、公開したくない情報が含まれていないかの確認が簡単に確認できますね。
もしくは、お店の料理の写真に位置情報が含まれている場合、このお店がどのあたりにあるのかをマップに表示する、という使い方もできそうです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

INGRESSと伊藤園がコラボした”売らない自販機”XMProfilerで遊んでみた!

前から伊藤園は位置情報ゲームのINGRESSとのコラボレーション企画にかなり力をいれていますが、勢いのあまり、”状態が可視化されて確認できるポータル”マシンを作ってしまっています。
“XMProfiler”っていうんだけど…

ITOEN × INGRESS XM-Profiler – 面白法人カヤック
面白法人カヤックさんが作られていたんですね…!
知りませんでしたw

このXMProfiler、全国に3台(今度4台目が設置されるらしい?)しかなく、しかも首都圏に集中しているのでなかなか見る機会はなかったのですが、今回はそのうちの一台、XM Profiler OSAKA を先日たまたま機会があって実物を見ることができました!

思ってたよりも質感が凄い…
上部画面はエリアランキングやインストール済みMODなどのXMProfilerに内蔵(?)されているポータルの情報などが表示されています。


そして下部にはポータル本体とそこに刺さっているレゾネーターとその所有者の情報が。
自分のレゾネーターが刺さっているのを見ると、普段以上にしてやったぜ感が倍増しますw


現地でスクショを取り損ねてしまったので、代替えのスクショで申し訳ないですが、XMPでこうやって攻撃した際やレゾネータ等を破壊したときに、連動してXMProfilerから被攻撃音が鳴ります。普通のポータルを攻撃したときに比べて結構臨場感がありました。
これは面白いですw

単純に位置情報単体で考えるとナビのような便利ツールに流れがちですが、工夫次第でこんな面白いことができるんだなぁと考えると、ちょっと刺激になりますよね。

ちなみに…


XMProfilerはmacOSで動いているようです…w

組み込み機器でmacを使用するってなかなか珍しい気がします。
いろいろな意味でレアなXMProfilerでした。

  • この記事いいね! (1)
村上 著者:村上

【Xcode】ビルド時の「[プロジェクト名] has conflicting provisioning settings.」エラーの対処法 その2

Xcodeで証明書を設定した際のエラーの対処法について、以前紹介した方法では解決しなかったので、その2の対処法をまとめました。
ちなみに、以前の記事はこちらから。

【Xcode】ビルド時の「[プロジェクト名] has conflicting provisioning settings.」エラーの対処法
https://cpoint-lab.co.jp/article/201805/【xcode】ビルド時の「プロジェクト名-has-conflicting-provisioning-settings-」エ

 

今回参考にさせていただいたサイトはこちらから。
iOSアプリをリリースする際のプロビジョニングの設定
http://chinotsubo.com/ios-provisioning-config/

で、対処法ですが、アプリの Build SettingsCode Signing Identity に設定されている項目を、下記のように変更するだけです。

なお、記事の投稿者いわく、「イマイチなぜこの設定が正しいのかは理解していない」とのこと。
ちなみに、こちらの記事の下には参考にした記事のリンクもあるので、気になる方はぜひ御覧ください。

 

以上、Xcodeの証明書の設定方法その2でした。
前ご紹介した方法でビルドができなかった方は、この方法もお試しください。
なお、私の環境では、実機を接続してのビルド時に失敗するようでした。
…実機の接続・未接続で、設定等が違う箇所があるんでしょうね。

  • この記事いいね! (0)