カテゴリーアーカイブ Mac

takahashi 著者:takahashi

MacでWindowsの”Aeroスナップ”な操作ができるアプリ”Magnet”

仕事では普段Windowsをメインで使っているのですが、使っていて個人的に欠かせない機能があります。
AeroSnap(エアロスナップ)
という機能です。


画面の端へウインドウを持っていくと、画面の半分のサイズで自動的に整形してくれる機能です。
この状態で別のウインドウを右端に持っていくと、

2つ目のウインドウを余白部分に合うようにタイルしてくれます。
Windows 7から実装されたこの機能、Windows8からは画面の1/4のサイズでタイルしてくれる機能も追加されました。

この機能、シングルディスプレイ環境、特に画面があまり大きくないノートPCでは非常に重宝します。
最近よく使うようになったMacでもこの機能を使いたいなーと思っていたのですが、macOSには標準でこのような機能はありません。
唯一全画面表示にすれば2画面にすることもできますが、すべてのアプリが全画面表示に対応しているわけではないですし、全画面表示せずにタイルしたいときもあるので使い勝手はイマイチです。

Windowsの”Aeroスナップ”のようなことをmacOSで実現する方法がないか調べていたら、見つけました。

Magnetというアプリです。
有料のアプリではあるのですが、Windowsの”Aeroスナップ”の機能をいい感じにmac上で再現してくれます。

操作方法はWindowsと同じ。

ウインドウを画面の端に持っていくと


ちゃんと画面半分のサイズに調整してくれます。


さらに、別のウインドウを右端に持っていけば、


Windows同様、余白に合わせてタイルしてくれます。余白に合わせてくれるわけではなく、特定の大きさでタイルしてくれるのみでした…(ただし3分割や横のタイルに対応など、Windowsよりも選択肢は多いです。)


1/4サイズのタイルも対応してます。

自分が普段使っているmacは特に画面が小さいので、ウインドウのタイルができれば作業しやすくなるので、とてもありがたいですね。
しばらく愛用していきたいと思います♪

本当に便利ですし、LinuxでもCompizあたりで標準同等の機能に対応しているので、是非今後のmacOSのバージョンで公式に搭載されてほしいところです。

「Magnet マグネット」をMac App Storeで – iTunes – Apple

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Macのシステム環境設定にHostsの設定画面を追加するアプリ”Hosts”

Webサイト・Webサービスの開発をしていると何かとよく使うHostsの設定。
たまに変更するだけであれば直接ファイルを触ってしまえばいいのですが、頻繁に変更するときがあったりするとなかなか面倒です。

そんな時に便利なのがGUIのHosts書き換えツール。

普段使っているWindows機ではこんなツールを入れています。

Hosts File Manager

管理者権限が必要ですが、分かりやすいGUIからHostsの設定を簡単に書き換えることができるので、毎回CドライブからHostsファイルを探し出して管理者権限のエディタで開いて…なんて操作が必要なくなります。とても便利です。

さて、最近はサブ機・動作確認用としてMacも利用するようになったのですが、やはり毎回ファイルを直接編集するのはなかなか面倒くさい…
Macにも同じようなアプリないかなーと思っていたらありました!

名前もそのままHostsというアプリです。
pkg形式で入手できるので、クリックしてインストーラーを起動します。

特に設定項目はないので、画面に従ってインストールしていきます。

インストール完了後、Applicationフォルダを探しても見当たらず、「あれ?どこいった??」となり、調べたところ、

なんとシステム環境設定画面に追加されていました。
なるほど、システム全体にかかわる設定なのでちゃんとシステム設定として起動できるようにしてくれるのですね。
これは分かりやすくていいですね。

Hostsのアイコンをクリックすると設定画面に飛びます。

操作方法はWindowsのHosts File Managerとさほど変わりません。
むしろ起動すれば現在のHostsファイルの内容が出てくるのでよりシンプルで分かりやすいです。

鍵マークをクリックし、管理者のパスワードを入力するとロックが解除状態(管理者モード)になります。
後は変更したい項目をダブルクリックして値を入力し、確定すると反映されます。

Web開発などで頻繁にHostsを書き換える必要がある方は是非一度試してみてはいかがでしょう?

参考サイト:
https://delightmode.com/mac-hosts-prefpane/

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

【現在は解決済】mac OS High Sierraに深刻な脆弱性が発覚 root権限への昇格がだれても可能に

高橋です。
先週、macOS High Sierraのバージョン10.13.1で、とんでもない脆弱性が発覚しました。

今回問題になったのは、macでアプリのインストールや設定変更の際にパスワードを求めるこの画面。
管理者権限へ昇格する際の認証の画面なのですが、ここでidをrootとし、パスワードを何も入力せずに”ログイン”を連打するとログインできてしまうという状態だったとのこと。

macOSはUNIX系のOSなので、rootでかんたんに不正ログインできてしまうというのはかなりまずい事態です。
幸いなことにログインできてしまうのはこの認証画面に限られるので、外部からrootアカウントで直接侵入される…という心配はなかったようですが、セキュリティに厳しいイメージのあるAppleの製品からこの不具合が出たことに、かなり驚いた方も多かったのではないでしょうか。

不具合発覚後、Appleは緊急でセキュリティアップデートを発行し、合わせて謝罪のコメントを出しています。

現在は自動アップデート機能により何もしなくても適用されている状態とのことですが、アップデート配信後にmacOSを10.13.1へアップグレードした方はセキュリティアップデートが適用されていない可能性があるので、アップグレード後に再起動を行ってほしいとのことです。

Apple公式サイトによると、アップデートが適用されているかどうかは下記の方法で確認できるとのことです。


お使いの Mac にセキュリティアップデート 2017-001 が適用されているか確認するには、以下の手順を実行してください。
1.ターミナル App を開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
2.「what /usr/libexec/opendirectoryd」と入力して「return」キーを押します。
3.セキュリティアップデート 2017-001 が正常にインストールされている場合は、以下のいずれかのプロジェクトバージョン番号が表示されます。
opendirectoryd-483.1.5 on macOS High Sierra 10.13
opendirectoryd-483.20.7 on macOS High Sierra 10.13.1
Mac でルートユーザアカウントが必要な場合は、このアップデートを適用した後で、ルートユーザを有効にし直して、ルートユーザのパスワードを変更する必要があります。


参考サイト:
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1711/30/news065.html
http://jp.techcrunch.com/2017/11/30/2017-11-29-apple-releases-a-macos-security-update-to-fix-huge-login-security-flaw/
https://support.apple.com/ja-jp/HT208315
  • この記事いいね! (0)