浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

XCodeが必要。でも空き容量がない… そんなときに試したいCommandline Tool

iOS向けやMacのアプリ開発ツールとして必須なXCodeですが、実はmac上でソースからアプリをビルドしてインストールする場合も必要になるのはご存知でしょうか。

Macで動作するアプリ=Xcodeでビルド

なので、ソースコードなどからMac用のアプリをインストールする際にXcodeが必要になるのは、よくよく考えれば当たり前なのですが、最初はそこまで気づかないもので…

Xcode自体が非常に容量が大きいため、ある程度Macを使い込んで容量を消費してしまった後にそのことに気づいて、いざXCodeをインストールしようとしたら容量が足りない…なんてこともしばしばあったりします。

実はXcodeにはGUIの開発ツールが付属するフルバージョンのものと、コマンドラインツールだけの軽量版が存在します。

自分が試した限りでは、macOS上で使用できるパッケージマネージャである”Homebrew”ではXcodeのコマンドラインツールだけ入っていれば動作することは確認できたので、フルバージョンのXcodeが容量不足でインストールできない場合はコマンドラインツールをインストールするのがおすすめです。

まず、Appleのサイトのダウンロードページへ移動します。

More Downloads for Apple Developers – Apple

Appleアカウントでログインを求められるので、お持ちのAppleアカウントでログインします。

ログインすると下記のような画面が出てくるので、検索欄に”Xcode”と入力します。

検索結果として表示されるリストの中から最新のXcodeの Commad Line Toolsをクリックしてダウンロードします。

するとインストーラーが入ったdmgファイルを入手できるので、dmgファイルを開き、インストーラーを起動します。

あとは画面に従ってインストールを行えば完了です。

インストール後、XCodeのフルバージョンをインストールしたときと同様に、brewなどのツールから、Xcodeのビルドツールを呼び出せるようになっているはずです。

Xcodeの機能が必要なのに、空き容量で困っている…という方は試してみてください。

  • この記事いいね! (0)