浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Xcode】古いMacからアプリ署名証明書をエクスポートして新しいMacにインポートする

今回は、Xcode のアプリ証明書のインポート・エクスポートについてです。
開発用の MacBook が2台あるのですが、以前までは証明書を発行した Mac にしかアプリ証明書が保存されておらず、もう一方の Mac ではアプリの署名が出来ず、若干不便な状態でした。
で、いい加減どうにかしなければ!ということで、何とかすることにしました。

参考にしたサイトはこちら。
Apple の公式ヘルプにありました。

Create, export, and delete signing certificates – Xcode Help
https://help.apple.com/xcode/mac/current/#/dev154b28f09

 

まず、Xcode を開き、Preferences… を開きます。

すると、下記のウィンドウが表示されるので、Accounts タブを選択し、右下の Manage Certificates… ボタンをクリックします。

証明書一覧が表示されるので、エクスポートしたいものを確認します。

あとは、エクスポートしたい証明書の上で右クリックし、「Export Certificate」をクリックします。
そうすると、.p12 ファイルとしてアプリ証明書がエクスポートできます。
証明書のエクスポート作業は以上です!

証明書をインポートする場合は、先程の .p12 ファイルを、証明書をインポートしたい Mac に入れ、ファイルを開いてキーチェーンに追加します。

アプリ証明書のエクスポートはキーチェーンアクセスからもできるようでしたが、個人的には Xcode からエクスポートしたほうが分かりやすかったです。

 

以上、古い Mac からアプリ証明書をエクスポートして、新しい Mac にインストールする方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)