浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

macOSにデバイスを接続すると勝手に作られる.DS_Storeファイルの生成を止める方法

macでネットワークドライブやUSBドライブを開いたりした際、

macOS側ではフォルダに何も入っていなければ表示されませんが…

Windows側で見ると”.DS_Store”という謎のファイルが出来上がっています。

このファイル、macOS側のFinderでフォルダを開いた際、フォルダの表示設定や項目のキャッシュなどをFinderが保存する際に使われるファイルで、開かれた時点でがってに生成されます。

気にならなければほおっておいても何ら問題はないのですが、mac側でフォルダを開くたびに生成されてしまうため、うっとおしいと感じている方もいらっしゃるかと思います。

この.DS_Storeの自動生成ですが、実はコマンドで有効・無効を切り替えることができます。

defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores True

上記のコマンドを実行すると、外部ストレージに対して.DS_Storeが生成されなくなるようです。

ただし、生成を止めてしまうと、ソートなどの表示設定が保存されなくなってしまうので注意が必要です

お困りの方は一度試してみてください。

  • この記事いいね! (0)