次のmacOSの名は “Catalina(カタリナ)” iOSアプリの流用やiPadのサブディスプレイ化が可能に。一方で注意点も。

takahashi 著者:takahashi

次のmacOSの名は “Catalina(カタリナ)” iOSアプリの流用やiPadのサブディスプレイ化が可能に。一方で注意点も。

前回に引き続き、Appleが開催したWWDC 2019の内容を取り上げたいと思います。

今回の発表では、新しいApple製のOSが沢山発表されました。

その中で今回紹介するのは、mac(PC)用OSであるmacOSの最新版、その名もCatalina(カタリナ)です。

macOS Catalina – Apple

macOS Catalinaの特徴として下記の点があります。

・iPadをmacのサブディスプレイとして利用可能
・iOS用アプリのソースを使って、そのままmacOS用のアプリをビルド可能
・iTunesが廃止。複数のアプリに機能が分割
etc…

まず、iPadをサブディスプレイ代わりに使用することができる機能、”Sidecar”が追加されました!

iPadをモバイルサブディスプレイ化させて利用する需要は以前からあり、PCのサブディスプレイとして利用できるようにするアプリは以前から多く存在していました。

Catalinaでは、この機能を公式として実装し、macOS限定のようではありますが、iPadをサブディスプレイとして利用できるようになるようです。

無線で接続するとのことなので、気になるのはやはり遅延の程度ですが、

ペンタブとして使用してApplePencilで描画できるとのことなので、かなり遅延が抑えられているのかもしれません。

また、iOS向けアプリのソースコードをそのままmacOS用アプリとしてビルドできる機能も注目です。
今後、macOS用のアプリが爆発的に増えるかもしれませんね。

ただ、今回のmacOS Catalinaから、予告されていたiTunesの解体が行われ、複数のアプリに分割されるようです。

iTunesは3つのアプリに分割される #WWDC19 – GIZMODO

いままで長らく愛用されてきたiTunesアプリが廃止・分割されるということで、戸惑う方も出てくるかもしれませんね。

そんな今回発表されたmacOS Catalinaですが、もう一点、注意すべき大きな変更点があります。

それは、macOSアプリのうち、32bit版のアプリケーションが完全に動作不能となった点です。

「Cydia Impactor」がv0.9.52へアップデート、macOS Catalinaでの動作に対応 – Tools 4 Hack

これは現行のmacOS Mojaveがリリースされた際に既に予告されていた点です。
Mojaveでは警告が表示されるだけでまだ実行することはできましたが、Catalinaからは完全に実行することができなくなるので注意が必要です。

そんな感じの新しいmacOSであるCatalina。
新機能が盛りだくさんなのでリリースが楽しみですね。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。