浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

[WWDC 2019]iPadのOSが専用の”iPadOS”に変更!よりiPadに合ったシステムになる。

昨夜、Appleの開発者向け発表会”WWDC 2019″が開催されました!!!

実質Appleの新製品などを発表する機会となっているので、毎年、WWDCではビッグな発表が行われますが、今回のWWDCでも、なかなか大きな発表がいくつか行われました。

その中でも一番気になったのがこちら。

なんと、iPadのOSがiOSから独立し、専用の”iPadOS”に変更されるそうです!!!

具体的に何が変わるのかというと、主に画面の大きいiPad用にUIが最適化された形になるようです。

流石にmacOSのようなウインドウの概念はありませんが、全画面と縦画面?をうまく使い分けたような、よりマルチタスクに最適化されたUIになるようです。

他にも、USBメモリ、SDカードなどの外部ストレージにも対応し、ファイルアプリから参照可能になるなど、mac(PC)と同じことができる度合いが増えています。

これはiPadユーザーにとってはなかなかうれしい変更ではないでしょうか。

一方で気になるのはiOS向けアプリやWebページの開発について。

画面サイズの違いがあったとはいえ、今までは”iOS”というひとくくりのものになっていましたが、今後は”別OS”ということになってくるので、どれだけiOSと違いが出てくるのか気になるところです。

Apple、iPad用のOS「iPadOS」を今秋リリース – ねとらぼ

こちらの記事によれば、基本的にはiOSベースであることに変わりはないとのことなので、画面の大きさとiPadOSのみに搭載されている機能あたりにさえ気を付けて置けば、さほど大きな違いは出ないのかもしれません。

ただ、

iPadOSのSafariでブラウジングすると、Webサイトが自動的にデスクトップ版として表示されます。かつiPadの画面サイズに合わせてスケーリングされ、最適化されるため、Mac用Safariとは異なり、「タッチ」にも適切に対応しています。

Apple、iPadに特化したiPadOSを発表 – iPhone Mania

とあるので、iPadOSのsafariはレンダリング時に独特な解釈を行う可能性が出てきそうな気がします。

Webページの動作をデバッグする際は、iOS端末に加えて、iPadOSでも表示を確認するようにした方が無難かもしれませんね。

iPadOSは今秋リリース予定となっています。

  • この記事いいね! (0)