浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

[WWDC 2019]iOS13発表! ダークモードなどが追加!! 一方iPhone 6以前は非対応に…

前回に引き続き、Appleが開催したWWDC 2019の内容を取り上げたいと思います。

今回のWWDCで、iPhoneなどに搭載されるiOSの新バージョン、iOS 13 が発表されました!

Apple、iOS 13をプレビュー – Apple

主な新機能としては下記の通り。

・ARCore 3 搭載
・ダークモード搭載
・Sign In with Apple
etc…

ダークモードはmacOSやWindows、あとはSNSのTwitterなどを使っている方にとってはかなり馴染みのある機能なのではないかなと思います。
つまるところ、iOSの白基調のデザインのUIを、黒基調のものに切り替えられる機能です。

黒基調にすることで、白基調にあるギラギラした感じが抑えられ、目が痛くならないという点や、有機ELディスプレイの特徴として、黒色の方が表示の際の電池消費が抑えられるといったメリットがあります。

もともと、iOS11からアクセシビティ設定の中に”色を反転”という、単純に色を反転させるだけの機能はできたようですが、今回のiOS13で正式に”ダークモード”として実装されることになったようです。

特にスマートフォンの画面は一日の中でも特に長い時間見るものだと思いますので、iOSにダークモードが来るのはとてもうれしいですね。
#はやくAndroidにもダークモードが搭載されてほしいですw

また、新機能として”Sign in with Apple”が新たに追加されました。

所謂、Appleが提供するSSO(シングルサインオン)サービスで、Appleアカウントを使って、外部の対応サービスにログインすることができるようになります。

Twitterログインなどの仕組みと比較した特徴として、 Sign in with Apple では可能な限りログインしたユーザーにつながる情報を連携先のサービスに提供しないような設計になっている点があります。

Sign in with Apple を使ってサービスにログインした場合、サービス側はランダムな一意の識別情報のみしか受け取ることができず、また、メールアドレスなどを必須とするサービスに対しては、Apple側でランダムな代替えアドレスを生成してサービスに渡すことで、ユーザーの本来のメールアドレスを通知しなくても済むようなシステムとなっています。

また、FaceIDやTouchIDを使用したログインも可能となっていて、Apple外のサービスでも、Appleの認証機構を利用できるようになった点はおもしろいポイントかもしれません。

こんな感じで、今回は少しおとなしめなアップデートとなったiOS13ですが、iPhone 6/6 Plusの世代以前のデバイスを使っている方にとっては悲しいお知らせが。

こちらは英語版のプレスリリースに掲載されている対応機種一覧ですが、iPhone 6/6 PlusやiPhone 5sなどといった機種がサポートから外されており、残念ながらiOS13へアップデートすることができないようです。

これらの非対応機種を利用している方が新しいiOS13を利用するためには、iOSデバイスの買い替えが必要となるので注意が必要です。

一方、iPhone 6s/6s PlusやiPhone SEについてはiOS13も利用できるようなので、少なくとももう1シーズンは現役で使うことができそうです。

  • この記事いいね! (0)