浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【備忘録】MacのFinderで隠しファイル・フォルダを表示する方法

タイトル通り、通常だと Mac の Finder で表示されない隠しファイル・隠しフォルダを表示させるように設定する方法についてです。

今日、Mac でとあるファイルにアクセスしようとしたとき、そのファイルが隠しファイルだったために、アクセスできない!という状況に陥りました。
で、隠しファイルを表示する方法を調べたので、今後のための備忘録としてメモ。

今回参考にしたサイトは下記からご確認ください。

Mac – Finderで隠しファイル・フォルダを表示する方法 – PC設定のカルマ
https://pc-karuma.net/mac-finder-show-all-files/

 

さて、隠しファイル及びフォルダを非表示から表示に変更する方法ですが、まずターミナルアプリを起動します。
で、下記のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

上記を実行すると、隠しファイルを含むすべてのファイル・フォルダが Finder で表示されるようになります。

あとは、この設定を反映するために、Finder プロセスを下記のコマンドで終了します。

killall Finder

作業としては以上で終了です!
Finderを確認したところ、無事に隠しファイルが表示されており、操作することができました。

なお、もしFinderでの隠しファイルの表示設定を非表示に戻したい場合は、下記を実行すればOKとのことでした。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
killall Finder

 

以上、MacのFinderでの隠しファイル表示・非表示設定の変更方法でした。
Windows だと、エクスプローラーの表示タブからサクッと変えられるのですが…Macは少しだけ面倒ですね。

  • この記事いいね! (0)