カテゴリーアーカイブ Windows

takahashi 著者:takahashi

[Windows]コマンド上でサービスを操作する方法

LinuxなどのUnixライクなOSには”デーモン”と呼ばれる概念があります。
ユーザーが起動しなくてもOSの裏側で常に動作し、いろいろなことをしてくれる所謂”常駐アプリ”です。

一方、Windowsにも同様の仕組みがありますが、こちらは”サービス”と呼ばれます。
基本的に、内容はデーモンとさほど変わりません。

デーモンを操作する場合、例えばLinux系では

#サービスの停止(Systemd)
systemctl stop サービス名

#サービスの開始(Systemd)
systemctl start サービス名

#サービスの停止(sysvinit)
service サービス名 stop

#サービスの開始(sysvinit)
service サービス名 start

etc...

というように、コマンドで操作します。
また、サービスを自動開始させるかどうかは

#サービスの自動開始有効化/無効化(Systemd)
systemctl enable サービス名
systemctl disable サービス名

#サービスの自動開始有効化/無効化(sysvinit)
chkconfig サービス名 on
chkconfig サービス名 off

のようにします。

一方Windowsのサービスの場合は、Windows自体がGUIありきのOSなので、サービスの操作も、標準でGUIから行うことができます。


“サービス”アプリの画面

サービスの自動起動の有効/無効もGUI上から指定できます。

しかし、Windowsでも、処理のバッチ化などをするためにコマンドライン上から操作をしたい場面があります。
GUIの自動操作はなかなかやりづらいので、CUI上で操作できる方法を探したところ、見つけることができました。

バッチ で Windowsサービス を 起動、終了 する 方法 – galife

Windows上のコマンドラインででサービスを操作する場合は、

#サービスの停止
net stop サービス名

#サービスの開始
net start サービス名

これだけでいけます。
操作感はUnixライクなOSに結構似ていますね。

ちなみに、ちょっとわかりづらいですが、サービスの自動機能のon offは”sc”コマンドを使うことで操作できるようです。

sc.exe でサービスのスタートアップの種類を変更するAdd Star – 日々是笑心

WindowsのCUI環境はちょっと特殊で、難解感も感じることがありそうですが、覚えておくと非常に楽になるかもしれませんね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows 10に標準で付属しているMRツール “Mixed Reality ビューアー”がさらにパワーアップ。なんとアニメーションもとれるように。

知らないなんて勿体ない!!! 手軽にリアルなARを楽しめる Windows標準搭載のARアプリが面白い!

以前こちらの記事でご紹介したWindows標準ツール”Mixed Reality 3D”ですが、久々に開いてみたらさらにパワーアップしていました!!!

なんと3Dキャラクタにアニメーションがついて、さらにカメラで撮影した景色の中を自由に動かせるようになっていました!!!

また、左下にはアニメーション切り替えボタンがあり、オブジェクトによってアニメーションの種類の数は異なりますが、いろいろなモーションをキャラクターにさせることができます。

Mixed Realityモードでは、PCにカメラが備わっていれば実際に現実世界の映像と合成することができます。

これらのモーションをうまく使って、迫力のある映像を作ることが可能です。
ちなみに解像度もちゃんとカメラと同じ粗さに合わせてくれるので、違和感のない映像を撮影することができます。

折角OSに標準搭載されていますし、手軽にMRに触れることができる素敵な機能なので、是非遊んでみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows】Word保存時に「ディスクの空き容量が不足しているため保存できません」エラー

ちなみに未解決です。

Wordを編集・保存した時に遭遇したエラーで「ディスクの空き容量が不足しているため保存できません」とのこと。
ほかにももう1つファイルを開いていて、そちらは問題なかったのになぜこのファイルだけ…?

検索時にヒットしたページはこちら。

Word で文書を保存するとエラー メッセージが表示される、またはプログラムが応答を停止する
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/813997/you-receive-an-error-message-or-the-program-stops-responding-when-you

ですが、結局それらしい解決策は見つけられませんでした。

なお、サイトに掲載されていた解決方法・回避策はこちら。

この問題を解決するには、ディスク ドライブの増設やディスク圧縮ユーティリティの使用により、ディスクの空き領域を増やします。

注: ウイルス対策ソフトウェアが実行中の場合は、それを無効にしてみてください。 これで問題が解決される場合は、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に更新プログラムまたは回避策についてお問い合わせください。

・不要なプログラムを終了することによってディスク領域をある程度回復できる場合があります。
他のプログラムを終了してから Windows がページング ファイルのサイズを変更するまでに数分かかることがあります。
・必要のないファイルを削除してディスクの空き領域を増やします。
たとえば、ディスク クリーンアップを実行します。 これを行うには、次の手順を実行します。

 

で、結局一度ファイルを保存せず閉じて、再度開いて修正・保存をしたところ、何事もなかったかのように保存が完了しました。
…謎です。
ということで、原因はさっぱりわかりませんでしたが、なるべくファイルは一度にたくさん開かずに、必要最小限にしようとは思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】セルに入力した値を変えずに値に単位を付ける方法

タイトル通り、Excelでセルに入力した数値などを変えずに、「○○人」や「××円」などの単位を追加する方法です。
例えば下の画像のようにする方法。

表示しているのは「100人」ですが、データ自体は「100」となっています。
これは、単純にセルに単位を入力してしまうと文字列になってしまい、データが扱いにくくなってしまうので、その対策のためです。

以前書いた、日付に曜日を表示する方法とほぼ同じです。

【Excel】日付を曜日付きで表示する方法
https://cpoint-lab.co.jp/article/201804/【excel】日付を曜日付きで表示する方法/

というか、この曜日の表示がその応用かな。

 

方法ですが、まず単位を追加したいセルで右クリックし、メニューからセルの書式設定を選択。

すると下のようなウィンドウが表示されるので、左側のメニューから「ユーザー定義」を選びます。

あとは、画像のように、中央辺りにあるテキストエリアに表示したい形式を指定すればOKです。
私は今回、値の後ろに「人」を追加したかったので、選択肢から数値を表示している項目を選び、その後ろに「”人”」と追加しました。
あとは、OKボタンを押せば完了です。

 

作業としては以上です。
簡単ですね!
ですが、Excelを使い始めたばかりのときは、意外とこの方法を知らなかったりするので、ビギナーさん向けにまとめました。
Excelに苦手意識を持ってしまっている後輩もいるので、初心者の方に、「Excelって難しくないよ」というメッセージが伝わればいいなと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】複数のセルの文字数を数える方法

今回は、エクセルで複数セルの文字数をカウントする方法について。
ちょっと面倒だったのと、今後使いそうなので、自分用の備忘録としてまとめます。

今回参考にしたのはこちらのサイトです。

Excel2010: 複数セルの文字数を数える(LEN関数で複数セル)- 教えて!HELPDESK
http://office-qa.com/Excel/ex70.htm

 

使用する関数は、SUM関数とLEN関数です。
SUM関数は合計値を計算してくれる関数で、LEN関数は、文字列の文字数を返す関数です。

そして、この2つの関数にプラスして、「配列数式」というものを使います。
配列数式とは、複数のセルを対象に、1つの数式を作成する式のことを言います。
…が、私も理解はできてはいません。
例えば、複数の商品の値段とそれぞれの個数が入力された表があった場合、

=SUM([商品の列]*[それぞれの個数])

上記の式を書き、CTRL + SHIFT + Enterキーを押すと、合計金額が一気に求められる、というものだそうです。
使いこなせたらきっと便利なんでしょうね…。

 

で、今回の関数は下記のとおりです。

=SUM(LEN([文字数をカウントしたいセル範囲]))

これを入力し、CTRL + SHIFT + Enterキーを押すと、文字数が求められます。
関数自体は案外シンプルですね。

 

以上、複数セルの文字数をカウントする方法でした。
配列数式がネックですね…。
そこまで使う機会はないのですが、今回のように少し複雑な処理をしたいときは使うこともあるので、早く理解して使えるようになりたいと思います。
が、まず最初は丸コピでも大丈夫かと!
まずは、「そんなものもあるんだ」くらいで覚えておけばOKだと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】セルに入力されている文字列の結合方法

今回は、知っていると何かと便利な、Excelのセルの文字列を結合する方法について。

前置きは特にないので、早速結合方法について説明していきます。
セルの結合ですが、イメージとしては下の画像のように、A1~B8にバラバラに入力されている文字列を結合して、D2~D8 のような文字列を生成したいときに使います。

使うのは「&」です。
この文字を結合したいセルの間に置くと、セル通しを結合してくれます。
例えば、上の例で行くと、D2セルには、下記のように記入します。

=A2&"."&A1&B2

文頭に = を付けるのを忘れずに!

なお、この時「A1」を「$A$1」としておくと、D2セルを下にコピーすれば中区から浜北区まで一気に結合できます。
この絶対参照については、以前説明しているので、参考にしてください。

【Excel】今更聞けない参照セルの絶対参照と複合参照について

また、セルと文字列を結合したいときは、結合したい文字列を“”で囲みます。
セルの結合は以上です。

 

これを覚えておけば、いちいち文字を打ち直さなくて済むので、かなりExcelの操作が楽になります。
ただし、参照元のセルをコピーしたり移動したりすると、文字列を結合したセルにも影響がでてくるので、文字の結合が終わった後は、結合後のセルをコピーし、文字列として貼り付けという作業をしておけば安心です。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【フリーソフト】PDFファイルを分割・結合できる「CubePDF Page」

業務でそこそこの数のPDFファイルを結合する必要があり、Webのオンラインサービスではちょっと都合が悪い、ということで、PDFを操作できるフリーソフトをインストールしましたが、これがかなり使いやすいと思ったのでご紹介。
インストールしたソフトは「CubePDF Page」です。

公式サイトはこちらから。

無料PDF結合・分割ソフト CubePDF Page-CubeSoft
https://www.cube-soft.jp/cubepdfpage/index.php

ダウンロードもこちらから行えます。

 

使い方ですが、アプリを起動すると、下のようなウィンドウが表示されます。

このウィンドウに分割もしくは結合したいファイルをウィンドウにドラッグするか、右のメニューの一番上の「追加」ボタンからファイルを追加します。
あとは、結合か分割か、行いたい操作のボタンをクリックすれば完了です。
すると作成したファイルを保存するウィンドウが表示されるので、任意の場所と名前を指定します。
シンプルな機能しかないので、とても使いやすいです。

なお、私はまだ使用していませんが、PDFだけでなく、画像ファイルも一緒に追加して、PDFファイルと結合することができるとのことでした。
資料作りに役立ちますね。

 

以上、PDFファイルを結合・分割するフリーソフト「CubePDF Page」の紹介でした。
他にもいろいろフリーソフトはありましたが、機能と見た目がシンプルで使いやすそうだったのでこちらをチョイスしました。
オンラインサービスでもPDFの操作はできますが、使用の際に上限がある(例:一時間に操作できる回数の上限があるなど)ので、たくさんのファイルを操作するときは、フリーソフトの使用をおすすめします。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

[Windows 10 April Update] スタートメニューのアプリタイルのアイコンが消失

最近、Windows10 April 2018 Updateを適用した自分の使用しているPCで、スタートメニューのアイコンが消えてしまう症状が頻発してます。

いろいろな方法を試してみたり、再起動したりしたのですが、結局治らず、一度スタートメニューのピン止めを外して再度ピン止めしたところ、ほとんどのアプリは再びアイコンが表示されるようになりました。

ただ、”フォト”アプリのアイコンだけ何度やってもアイコンが出てきませんでした。

Windows 10は アップデートのたびに魅力的な機能が加わるので、毎回Windows10のアップデートとても楽しみにしているのですが、ちょくちょく今回のような不具合が入ってくることがあるので非常に惜しい気分になります。

早く修正されることを願います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

WIndowsでPCの指紋センサーがおかしくなった時の対処法

Windows10から Windows Hello が搭載され、指紋センサーとそのドライバさえPCに搭載されていれば専用ソフトなして指紋認証ログインができるようになりました。

毎回PCのロックを解除するたびに長いパスワードを入れないといけないことを考えると指紋認証が使えるだけでかなり楽になりますよね。

この指紋認証センサーですが、Windowsの場合まれに不具合が発生して利用できなくなることがあるようです。
そんな時の対応方法をご紹介したいと思います。

1.単純に再起動してみる。

Windows OSは非常に複雑で、裏ではたくさんの仕組みが協調動いています。起動してしばらくすると、何らかの原因でこれらの仕組みの一部が上手く動作しなくなることがあるようです。
指紋認証ができなくなった場合、まずその可能性が考えられます。

再起動する際に注意する点として、”シャットダウン”→”起動” ではなく、必ず”再起動”してください。
シャットダウンの場合、設定によってはシャットダウン前のOSの状態が残ってしまう場合があります。

Windows10 – 高速スタートアップを有効/無効にする方法 – PC設定のカルマ

2.デバイスをWindowsに”再認識”させる

1を試しても駄目な場合にこの方法を試すと解消される場合がありました。
まず、スタートボタン(Windowsのロゴのボタン)を右クリックして、”デバイスマネージャー”をクリック。

下のような画面が開くので、中から”生体認証デバイス”を選択して項目を展開します。

すると、今お使いの指紋認証デバイスが出てくるかと思います。
対象のデバイス名を右クリックすると”デバイスのアンインストール”という項目があります。

クリックするとダイアログが開きますので、“このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します”にチェックが入っていないことを必ず確認したうえでOKをクリックします。

デバイスマネージャーの一覧から消えたことを確認したうえで、PCを再起動させます。

単にデバイスを削除しただけであれば次回起動時やプラグアンドプレイの再認識を行った際にデバイスが自動的に認識され、再インストールされます。
ただし、”このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します”にチェックを入れてしまった場合はドライバが削除されてしまうため再認識されなくなってしまいます。
もしドライバを消してしまった場合はドライバーソフトウェアの再インストールが必要になるので注意してください。

再起動後に再度動作を確認してみて、元通りうまく動作すれば作業完了です。

3. 1、2の手順を試してみてもダメだった場合、ドライバーソフトウェアの再インストールが必要になるケースがあります。

ドライバーソフトウェアはメーカー製PCの場合はそのメーカーのサイト、外付けの指紋認証センサーであればそのセンサーを販売しているメーカーのサイトや付属のCDからインストーラーを起動して再インストールします。

また、ドライバによってはバグが発生しているバージョンが存在している可能性があり、そのバグが原因で正常に動作していないことも考えられます。
もしメーカーにもともとインストールされていたドライバよりも新しいものが公開されている場合は、必ず最新のものをインストールしてみてください。

ソフトウェア的な問題であれば、ここまでの手順で代替問題が解消されているかと思います。

* もしそれでも解消されない場合

上の手順を試しても問題が解消されない場合、OS本体の不具合であったり、ハードそのものに問題がある場合も考えられます。
取り外せるものの場合は、一度他のデバイスでは正常に使えるかなどを確認し、問題がありそうであれば修理に出すことをお勧めします。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

[Windows 10 April Update] 変更点をレビュー

先日リリースされたWindows 10のメジャーアップデート “April 2018 Update” ですが、先日、早速自分のPCにも適用してみました!
一見、特に変わったような印象は受けないのですが、よく見ると一部デザインが少し変わっていることに気づきます。


こちらマウスを電源ボタンの近くに近づけてみたときのギミックですが、各項目の間に、境界線が出現しているのがわかるかと思います。

また、設定画面はメニューが半透明になっているのがわかるかと思います。

これらの変更は、恐らくMicrosoftが提唱している”Fluent Design System”がさらに細かく適用された結果かと思われます。

そして今回の目玉機能である”TimeLine”画面。

マルチタスクボタンがTimelineボタンに置き換えられており、ここをクリックすると、TimeLine画面が表示されます。

一番上に現在開いているウインドウ一覧が今まで通り表示されますが、その下に過去に開いていたアプリケーションやファイル、ホームページの一覧が連なります。
アカウント連携を有効にしておけば、この一覧の保存件数が増え、さらに他のデバイスの履歴とも同期されるとのこと。

さらに面白い機能が追加された今回のAprilUpdate。まだ適用していない方は是非アップデートしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)