カテゴリーアーカイブ Windows

takahashi 著者:takahashi

[Windows 10 April Update] スタートメニューのアプリタイルのアイコンが消失

最近、Windows10 April 2018 Updateを適用した自分の使用しているPCで、スタートメニューのアイコンが消えてしまう症状が頻発してます。

いろいろな方法を試してみたり、再起動したりしたのですが、結局治らず、一度スタートメニューのピン止めを外して再度ピン止めしたところ、ほとんどのアプリは再びアイコンが表示されるようになりました。

ただ、”フォト”アプリのアイコンだけ何度やってもアイコンが出てきませんでした。

Windows 10は アップデートのたびに魅力的な機能が加わるので、毎回Windows10のアップデートとても楽しみにしているのですが、ちょくちょく今回のような不具合が入ってくることがあるので非常に惜しい気分になります。

早く修正されることを願います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

WIndowsでPCの指紋センサーがおかしくなった時の対処法

Windows10から Windows Hello が搭載され、指紋センサーとそのドライバさえPCに搭載されていれば専用ソフトなして指紋認証ログインができるようになりました。

毎回PCのロックを解除するたびに長いパスワードを入れないといけないことを考えると指紋認証が使えるだけでかなり楽になりますよね。

この指紋認証センサーですが、Windowsの場合まれに不具合が発生して利用できなくなることがあるようです。
そんな時の対応方法をご紹介したいと思います。

1.単純に再起動してみる。

Windows OSは非常に複雑で、裏ではたくさんの仕組みが協調動いています。起動してしばらくすると、何らかの原因でこれらの仕組みの一部が上手く動作しなくなることがあるようです。
指紋認証ができなくなった場合、まずその可能性が考えられます。

再起動する際に注意する点として、”シャットダウン”→”起動” ではなく、必ず”再起動”してください。
シャットダウンの場合、設定によってはシャットダウン前のOSの状態が残ってしまう場合があります。

Windows10 – 高速スタートアップを有効/無効にする方法 – PC設定のカルマ

2.デバイスをWindowsに”再認識”させる

1を試しても駄目な場合にこの方法を試すと解消される場合がありました。
まず、スタートボタン(Windowsのロゴのボタン)を右クリックして、”デバイスマネージャー”をクリック。

下のような画面が開くので、中から”生体認証デバイス”を選択して項目を展開します。

すると、今お使いの指紋認証デバイスが出てくるかと思います。
対象のデバイス名を右クリックすると”デバイスのアンインストール”という項目があります。

クリックするとダイアログが開きますので、“このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します”にチェックが入っていないことを必ず確認したうえでOKをクリックします。

デバイスマネージャーの一覧から消えたことを確認したうえで、PCを再起動させます。

単にデバイスを削除しただけであれば次回起動時やプラグアンドプレイの再認識を行った際にデバイスが自動的に認識され、再インストールされます。
ただし、”このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します”にチェックを入れてしまった場合はドライバが削除されてしまうため再認識されなくなってしまいます。
もしドライバを消してしまった場合はドライバーソフトウェアの再インストールが必要になるので注意してください。

再起動後に再度動作を確認してみて、元通りうまく動作すれば作業完了です。

3. 1、2の手順を試してみてもダメだった場合、ドライバーソフトウェアの再インストールが必要になるケースがあります。

ドライバーソフトウェアはメーカー製PCの場合はそのメーカーのサイト、外付けの指紋認証センサーであればそのセンサーを販売しているメーカーのサイトや付属のCDからインストーラーを起動して再インストールします。

また、ドライバによってはバグが発生しているバージョンが存在している可能性があり、そのバグが原因で正常に動作していないことも考えられます。
もしメーカーにもともとインストールされていたドライバよりも新しいものが公開されている場合は、必ず最新のものをインストールしてみてください。

ソフトウェア的な問題であれば、ここまでの手順で代替問題が解消されているかと思います。

* もしそれでも解消されない場合

上の手順を試しても問題が解消されない場合、OS本体の不具合であったり、ハードそのものに問題がある場合も考えられます。
取り外せるものの場合は、一度他のデバイスでは正常に使えるかなどを確認し、問題がありそうであれば修理に出すことをお勧めします。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

[Windows 10 April Update] 変更点をレビュー

先日リリースされたWindows 10のメジャーアップデート “April 2018 Update” ですが、先日、早速自分のPCにも適用してみました!
一見、特に変わったような印象は受けないのですが、よく見ると一部デザインが少し変わっていることに気づきます。


こちらマウスを電源ボタンの近くに近づけてみたときのギミックですが、各項目の間に、境界線が出現しているのがわかるかと思います。

また、設定画面はメニューが半透明になっているのがわかるかと思います。

これらの変更は、恐らくMicrosoftが提唱している”Fluent Design System”がさらに細かく適用された結果かと思われます。

そして今回の目玉機能である”TimeLine”画面。

マルチタスクボタンがTimelineボタンに置き換えられており、ここをクリックすると、TimeLine画面が表示されます。

一番上に現在開いているウインドウ一覧が今まで通り表示されますが、その下に過去に開いていたアプリケーションやファイル、ホームページの一覧が連なります。
アカウント連携を有効にしておけば、この一覧の保存件数が増え、さらに他のデバイスの履歴とも同期されるとのこと。

さらに面白い機能が追加された今回のAprilUpdate。まだ適用していない方は是非アップデートしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

[Windows 10]モバイル回線利用時に”従量課金モード”にしておくと不要な通信が防げる

僕はよく出かけ先でスマートフォンのテザリングを用いてPCをインターネットに接続することがよくあります。
スマートフォンを使っているため従量課金接続(~GBを超えると低速化or追加料金が必要なプラン)になるので、大量に通信してしまい、上限に達してしまうとスマートフォンのパケット通信が実質使用不能になってしまいます。

特にPCの場合、何がどれだけ通信しているかはスマートフォンよりも分かりづらいので、気づかないうちにかなり通信してしまっていた…なんてこともあります。
自分の場合は容量が多めのプラン(14GB)に加入しているので、滅多に上限に行くことはないのですが、それでも余分な大量通信は押さえておきたいところ。

実は、Windows 10には、従量課金接続に接続した際、リッチな通信を行う機能やアプリケーションへ通信の制限を要求する機能が搭載されています。

有効にするにはタスクトレイ(通知領域)からWi-FIのアイコンを選択。

プロパティをクリックするとこの画面が表示されますので、”従量課金接続として使用する”のスライドスイッチをonにします。

この状態にした時点で、このネットワークにPCが接続された場合、対応アプリの通信が自動で制限されるようになります。

また、Windowsアップデートでも、重要な更新以外は適用外となり、次に固定回線のWi-Fiやネットワークにに接続するまで待機してくれます。

また、サードパーティー製のアプリであっても、対応していれば自分で通信量を抑制してくれます。

自ら通信量を抑えてくれるサードパーティーアプリはまだ少ないですが、少なくともMicrosoftが出しているか、Windowsにバンドルされている機能については(特にWindows Update)通信量を抑えてくれるようなので、設定しておいて損はないかと思います。

今まではすべてのアプリや機能の通信量を自分で調整しないといけなかったので少し大変でしたが、現在はかなり簡単に設定できるようになったのでありがたいですね。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows】SourceTreeが頻繁に固まるときの対処法

ソースコードの管理でSourceTreeを使用しているのですが、これがよくに固まって「応答なし」を頻発することがあります。
で、先日あまりに固まり過ぎたので、ようやく対処法がないか調べてみました。

見つかった対処法はこちら。

Windows版SourceTreeが遅いときのチェックポイント – foohogehoge’s blog
http://foohogehoge.hatenablog.com/entry/2016/04/23/125909

投稿によると、表示しているブックマーク数を減らすといいのだとか。
なんでも、自動でリモートの更新を取得しない設定にしておいても、ブックマークの更新はチェックしているのだそうです。
そのため、現在操作しないブックマークは消しておきましょう。

 

私の場合は、やけに遅かったのがその日のみで、その後は特に問題もなく動いています。
が、他の対処法として、以下のようなものもあるそうです。

Windows10 64bit でgitBashやSourceTreeがやたら遅い 重い – Qiita
https://qiita.com/sin_w/items/9ffbc30a39155f52cc54

こちらはデバイスマネージャーから特定のドライバーを無効にしています。
投稿者によると、「サクサク動くようになりました」とのことだったので、上の方法で解決しなかった人はこちらを試してみるのもいいかもしれませんね。
私も今度SourceTreeが極端に重くなったら、こちらの方法を実行してみたいと思います。

 

が、個人的にはそろそろgitコマンドでの操作を覚えるべきかな…とも考えています。
ついついGUIの方が楽なのでこちらを使ってしまいますが、以前少し使ったときに、コマンドの方が早く感じたので、スピードを重視するならコマンドを使うべきですね。
…すぐには無理かもしれませんが、ボチボチ頑張りたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

空き容量8GBあってもWindows 10 April 2018 Update が出来ない

別のPC側も Windows 10 April 2018 Update を実施してみました!が、しかし。

0xc190020e エラーでアップグレード出来ず。残念。

8 GB ギリギリ空いているけど、ギリギリではアップグレード出来なかった。
クリーンアッププログラムも当然実行しているし、インストールしたソフトを消さないと、これ以上空き容量を作る事はできそうに無いな。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Microsoft edgeはループバックアドレス(localhostなど)へのアクセスを制限する

これは非常に困る…

PC内に仮想マシンを建て、仮想NATでホストOSからアクセスできるようにセットアップしてあるのですが、他のブラウザでは問題なくアクセスできているこのアドレスに対して、何故かMicrosoft edgeからアクセスできません。

いろいろ調べたところ、どうやらedgeはデフォルトでループバックアドレスへのアクセスをブロックしているらしいです。
アクセスを有効化するためにはedgeの開発者オプションからアクセスを有効にする必要があるとのこと。

アドレスバーに
about:flags
と入力すると、開発者向けの隠しオプションが表示されます。

赤枠内の項目にチェックを入れ、一度すべてのedgeのウインドウを閉じた後再度起動します。

この状態でループバックアドレスにアクセスできないのであれば、インターネットオプションからループバックアドレスを”信頼済みサイト”や”イントラネットネット”へ追加します。

これで閲覧できるようになるはずとのことだったのですが、自分の環境ではここまでしてもダメでした。

正直なところ、localhostへのアクセスによってマルウェアに感染したなんて話は聞いたことないですし、セキュリティにかなり厳しいChromeでさえ標準でlocalhostやループバックアドレスへのアクセスはデフォルトで許可されています。

にもかかわらずなぜmicrosoftはedgeでそんな制限をかけるのか…まったくもって理解できません。
少なくとも、現状のままである限り、普段使いとしても開発環境としてもedgeを使メインで使うようになる日はやってこないでしょう。

  • この記事いいね! (1)
著者:ym

Windows 10 April 2018 Update 完了して集中モード

自宅のPCも完了しましたが、会社のPCも Windows 10 April 2018 Update になりました。

昼飯時間にダウンロードして、あとでアップグレードしようと思っていたら、会議中にいつの間にかアップグレード開始していたという状況ですが、その間に食事すませて、無事完了です。どうだろ、ダウンロードに1時間、SSDではなくHDDですが、アップグレードに1時間といった感じですかね。

タイムライン機能。そもそも仮想デスクトップ機能を無効化しているし、必要ありません。アイコンすら出てきません。w

Android や iOS との連携。これは便利なのかも。まだ使っていませんが。

そして使えそうなこの「集中モード」。通知って超うざいですよね。画面からちらちら出てきたり、なので可能な限り画面に出てこない様に消し去っています。唯一の通知は、タスクトレイのアイコン変化のみです。それで十分。

最後に Edge 。 Microsoft も Edge が chrome や firefox より速いと言い張るので、使ってみたりしますが、Androidと連携とかしだすと必要に迫られそうだけど、現時点では業務では必要ないかな( *´艸`) 。確かに起動スピードは速そうだけど、実際使うとじわじわ遅さ感じます。

今のところ、新機能は実感できていませんが、じわじわ感じたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows】PDFのデータをAdobeソフトなしで2in1で印刷する方法

今日困ったことを備忘録としてまとめ。
やりたいことは、Excelから変換したPDFを2 in 1で印刷する方法についてです。
Excelでの印刷なら、やり方は分かるのですが、そのExcelデータはページが複数に分かれており、以前複数ページにまたがって選択・印刷をしたところ、変な空ページができたのでなるべく避けたいところ。
そしてPDFで印刷する方法を調べても「Adobe ○○」を使って~という方法ばかりがヒットし…。
で、やっとたどり着いた方法がこちら。

 

まず、印刷したいPDFを Google Chromeで開きます。
そして、下の画像のような印刷メニューを開きます。
なお、印刷ボタンは、画面の右上辺りにあります。

そうしたら、一番下の方にある「システムダイアログを使用して印刷」をクリックします。

そうすると、見慣れたウィンドウが表示されるので、「詳細設定」をクリック。

そして、ページレイアウトから「2 in 1」を選択し、それ以外の設定もあれば適宜変更して、エンターキーを押せば設定完了です!

ウィンドウが大きすぎるようで下の方が隠れてしまったのですが、何故かサイズを変更できず…。
まあ、設定できたから良しとします。
あとは、通常通り印刷ボタンを押すだけでOKです。

 

ただPDFを印刷するだけなのに、2面付になった途端に難易度が若干上がりました。
今後も使う機会がありそうなので、これは覚えておきたいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

ついにTimeLine機能が実装!Redstone 4 ことWindows10 April 2018 Update 配信開始!

以前から”Redstone 4″という名前で予告されていたWindows10のメジャーアップデート “Windows10 April 2018 Update”がついにが配信開始になりました。

「Windows 10」の「April 2018 Update」、提供開始 - CNET Japan

今回のアップデートでは、前回正式版への実装が見送られたTimeLine機能がついに実装されたようです!

動画を見ていただければどんな機能か大体わかるかと思いますが、WindowsPCやスマートフォンなどで前に行っていた操作履歴を、時間を遡って確認し、任意の操作を復元してそのまま継続できるという機能です。

他にも、UIの改良や、コントロールパネルの一部項目の”設定アプリ”への統合など、一部改良されている部分もあるということなので、メジャーアップデートを適用可能な環境を使用している方はぜひ適用してみてはいかがでしょうか。

なお、適用方法は下記サイトで解説されています。

「Windows 10 更新アシスタント」を使用して「Windows 10 April 2018 Update」にアップグレードする方法 - ネットセキュリティブログ

  • この記事いいね! (0)