カテゴリーアーカイブ Windows

takahashi 著者:takahashi

WindowsへのMeltdown対策によるCPUベンチマークの変化をMSが公表。旧CPUでは著しい速度低下も。

先日、Microsoftが気になるデータを公表しました。

プロセッサの脆弱性、Microsoftの対策パッチでパフォーマンス大幅低下も – IT Media エンタープライズ

先日発覚したCPUの脆弱性 Meltdown/Spectre の脆弱性対策としてMicrosoftが公開したWindowsへの対策パッチを適用した際のベンチマークを比較したところ、IntelCPUの 第6世代にあたるSkylake以降は特に目立った速度低下はないものの、第4世代にあたる Haswell以前のIntelCPUは相当な減速が確認された、という内容です。
特にHaswellを含むそれよりも古いCPUを搭載したWindows Server機はかなりのスペックダウンが発生する可能性があるようです。

Skylakeが初めてIntelから発売されたのが2015年8月ごろになる(Wikipedia)ので、少なくともこれより前に発売されたIntelCPU、およびそのCPUを搭載したPCはすべてこのスペックダウンの影響を大きく受ける可能性があるということになります。

比較的新しいCPUでもスペックダウンの対象になってしまっているという点で、なかなかショッキングな内容です。
ちなみに、僕が現在所有しているマシンは一番新しいもので第5世代のbroadwellのマシンなので、全滅でした。

なお、LinuxOSにおいても影響が出ているようです。
CPU脆弱性Meltdownのパッチ適用でベンチマークスコアが25%低下した – Qiita

ここまで影響が大きいと、ゲーム用のマシンや企業向けサーバーなどののスペックダウンに各方面からの悲鳴も聞こえてきそうですね。
現にAWSでかなり影響が出ているという報告もあるようです。
チップ脆弱性の修正パッチが招いた、サーヴァーの性能低下という「二次災害」の深刻度 – WIRED

引き続き、Intelや各OSベンダーがさらなる対策を行ってくれることを祈ります。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windowsが起動しなくなった時にPCからデータを取り出す方法

以前
Windowsがおかしくなった時に試したいコマンド “sfc /scannow”
という記事を書きましたが、今回はその後の話、つまりWindowsが復旧できなくなってしまった場合の対策を紹介したいと思います。
実際はsfc以外にも回復する方法があるのですが、それらもろもろを試してもダメだった場合、初期化が必要になってきます。

幸いなことに、Windows8以降のOSではなるべくファイルを残した状態でOSを再インストールするオプションがあるので、通常はこれでほとんど治ります。

Windowsのリフレッシュ(一部初期化)とリセット(完全な初期化)は下記を参照ください。
第8回 Windows 8によるPCの「リフレッシュ」と「リセット」 – @IT
Windows10 「PCのリフレッシュ」「PCの初期化 (リカバリー)」をする方法! – Mecha log

そもそもリカバリすらできない、あるいはリカバリする前に念のためデータをバックアップしておきたい、といった場合は、HDDを取り出して正常に起動するPCに繋げるか、外部からOSを直接起動することができれば可能になります。

実は世の中にはCDやDVDから直接起動することができるOSが複数種類存在します。

もしDVDを作成する機能のあるPCを使っている場合は、Ubuntuがおすすめです。

Ubuntu Japanese Team – Ubuntu

Ubuntu 14.04 インストールDVDの作成 – 根気だけでパソコンを征服しようとする隊長の備忘録

そもそもディスクドライブがない!という方はUSBメモリへインストールすることもできます。

さまざまなOSのインストール“USBメモリ”を手軽に作成できる「UNetbootin」- 窓の社

一度OSが起動すればあとはWindowsと操作は同じです。
PCに内蔵されているHDDを開き、必要なファイルを別のUSBメモリやHDDへコピペすることができます。

詳しい操作方法はこの辺りを見ていただければわかりやすいかと思います。

Ubuntu ウブントゥでデータ救出

GUIのわかりやすい画面でファイル操作ができると、かなり安心感がありますね。
困った際は是非試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows7】「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません」の対処法

普段使用しているパソコンは、Windows 10なのですが、たまにWindows7 のパソコンを使うことがあります。
で、こちらのパソコン、大体月1くらいでしか使わないので、毎回起動時に Windows Updateを確認するのですが、急に Windows Update が正常に動作しないという不具合が発生しました。

更新プログラムの確認」ボタンを押すと、「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピュータの再起動が必要な可能性があります」というアラートが表示されるようになりました…。
エラーコードも表示されないので、どうしたものかと思いましたが…案外すんなり解決策が掲載されたサイトがヒットしたので、対処法を試してみました。

 

今回参考にしたサイトはこちら。

対処法その1:
現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません
http://pasofaq.jp/windows/update/disablewuauserv.htm

対処法その2:
「現在サービスが実行されていないため、Windows Update – マイクロソフト コミュニティ
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-update/%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93/6366117b-aa44-47d8-bb82-cbf2b777fd6b?auth=1

ちなみに、私は1個目の対処法では解決できませんでした。

まず、対処方法その1。
スタートボタンをクリックし、検索ボックスから「サービス」を検索します。
そして、検索にヒットした歯車アイコンの「サービス」をクリックします。
サービスが起動したら、「Windows Update」を探し、ダブルクリックします。
すると ウィンドウが開くので、その中から「スタートアップの種類」で「自動(遅延開始)」を選択します。
そうしたら、「適用」ボタンをクリックし、「開始」ボタンをクリックします。
作業はこれで完了です。
その後、このウィンドウを閉じ、再度 Windows Update を開くと、正常に動作しているとのこと。
…でしたが、私の環境では、こちらの方法ではダメでした。
そもそも、Windows Updateのサービス自体は停止していなかったんですよね。

次に対処方法その2。
「メモ帳」を起動し、下記のコード10行をコピー&ペーストします。

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

こちらをデスクトップに、適当な名前を付けて保存します。
「abc.txt」などでOKです。
そうしたら、保存したファイルを右クリックし、「名前の変更」を選択します。
「abc.txt」を「abc.bat」に変更します。
なおこの時、拡張子が表示されない設定になっている場合は、表示する設定に変更してください。

拡張子を変更すると、名前変更の警告が出るかと思いますが、「はい」を押してください。
名前が変更出来たら、ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
コマンドプロンプトが起動し、処理が実行されるので、処理が終わったらパソコンを再起動します。
再起動後、Windows Update を実行すると、正常に動作します。

 

私の場合は、対処法その2で Windows Update が動作するようになりましたが、実はそれもすんなりとはいかず…一度再起動しただけでは、エラーコードありのエラーが発生しました。
が、後日再度パソコンを起動して Windows Updateを実行したところ…今度は正常に動作しました。
一度目のエラーは謎ですが…解決したので良しとします。

もし、同じエラーでお困りの方は、是非こちらの方法を試してみてください。

  • この記事いいね! (11)
takahashi 著者:takahashi

Windows ブルースクリーンの歴史

ブルースクリーンといえば、Windowsを使ったことがある方は知っているかと思います。
あのショッキングな青いエラー画面のことです。

この画面ですが、実はWindowsのバージョンが新しくなるごとに変わっていることはご存知でしょうか。

今回はそんなブルースクリーンの変遷を紹介していきたいと思います。

・Windows 9x系

※引用元:https://hdd-check.com/post-945.html

まずはWindows 9x系(95 98 ME)のブルースクリーン。
この世代のWindowsはブルースクリーンが発生しやすい仕組みだったとのことで、見かけている方も多いはず。
9x系のブルースクリーンでは、実はブルースクリーンから元のOSの画面にもどることができたんですね。(昔そういえばしょっちゅうブルースクリーンから復旧させて使っていたのを思い出しました。)
ただ、復帰後もうまく動作せず、結局は再起動が必要になってしまうことも結構ありました。

ちなみに、日本語対応は地味にちゃんとされていました。

・Windows 2000~7

一方こちらはWindows2000以降のNT系Windowsのブルースクリーン。
NT系ではちょっとやそっとのエラーではブルースクリーンが出なくなったので、9x系から乗り換えた方はその安定性の違いに驚いたはずです。
その分、ブルースクリーンが出た際のエラーの深刻度は比較的大きく、OSの動作の継続が困難なため必ず再起動が必要になりました。
基本的に原因はOSの破損、デバイスドライバの不具合、ハードウェア障害・故障が原因でエラーが発生した場合に表示されます。

なお、こちらは日本語版Windowsであっても英語表記のみです。

・Windows 8/8.1

※引用元:https://news.mynavi.jp/article/win81tips-129/ 

Windows 8からは再び日本語版ブルースクリーンが復活しました。
背景の青色も中間色になり、ユーザーフレンドリー感が増した気がします。

なおこちらも2000以降と同様に再起動が必要になりますが、デフォルトの設定であれば自動的に再起動してくれるはずです。

・Windows 10

※引用元:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news007.html

そしてこちらがWindows 10のブルースクリーン。
日本語化に加えて、QRコードが追加され、より簡単にマニュアルを参照できるようになりました。

再起動が必要なことには変わりはありませんが、かなりわかりやすくなりました。

Windowsの各バージョンのブルースクリーンを見ていくと、どんどん改良されているのがわかりますね。
昔は原因がよくわからなかったり、英語表記だけだったりと、初めて見たときはパニックになるような画面でしたが、最近はいろいろと工夫されていてかなり落ち着て対処できるような内容になってきました。

最近のWindowsであれば、ドライバやOSなど、エラーが発生する原因が限定されてくるので、自力でブルースクリーンに対応できる場合は増えた気がします。
また、最悪ハードウェアの故障だった場合、モバイルノートなどは修理に出すしかないですが、デスクトップや一部のノートPCでは自分で交換できる部品があったり(例えばメモリやHDD)しますので、それで対処もできます。

落ち着いて対処していくことがトラブル解決の近道になりますし、ブルースクリーン自体に原因が表示されることもあるので、ブルースクリーンが出てしまっても慌てず、うまく使いこなせるようになれば、PCのトラブルも怖くなくなるかもしれませんね。


参考サイト:
https://news.mynavi.jp/article/win81tips-129/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3
https://hdd-check.com/post-945.html
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news007.html
http://degiteku.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】セルに入力した数値を1千円単位で表示する方法

先日、社内で質問されて調べたので、覚え書きのメモとしてまとめ。

エクセルで、金額を表示するときに、1千円単位で表示されているのを見たことがあると思いますが、それをどうやっているのかについてです。
実際の数値を変えるわけにはいかないので、表示形式を修正します。

 

作業手順ですが、まず、1千円単位で表示したいセルを選択し、エクセル上部のホームのメニューから「表示形式」をクリックします。
実際の画面では、赤枠で囲ったエリアの、プルダウンメニューです。

「数値」とか「会計」などが選択肢として表示されますが、ここでは一番下の「その他の表示形式」を選択します。

こちらを選択すると、下記のようなダイアログが表示されるので、左メニューの「ユーザー定義」を選択し、「種類」の入力欄に、「#,##0,」と入力し、OKを押します。


作業としてはこれだけです。
一見すると、3桁ごとにカンマを入れるときの指定方法と同じに見えますが、末尾にカンマが入るのがポイントです。

なお、100万円単位で表示したいときは、「#,##0,,」というように、末尾にカンマを2つ追加すればOKです。

 

ちょっとした小ネタではありますが、知っていると便利ですね。
桁数の多い金額を扱うときには、是非ご活用ください。

  • この記事いいね! (0)