カテゴリーアーカイブ Windows

著者:ym

Windows 10 April 2018 Update 完了して集中モード

自宅のPCも完了しましたが、会社のPCも Windows 10 April 2018 Update になりました。

昼飯時間にダウンロードして、あとでアップグレードしようと思っていたら、会議中にいつの間にかアップグレード開始していたという状況ですが、その間に食事すませて、無事完了です。どうだろ、ダウンロードに1時間、SSDではなくHDDですが、アップグレードに1時間といった感じですかね。

タイムライン機能。そもそも仮想デスクトップ機能を無効化しているし、必要ありません。アイコンすら出てきません。w

Android や iOS との連携。これは便利なのかも。まだ使っていませんが。

そして使えそうなこの「集中モード」。通知って超うざいですよね。画面からちらちら出てきたり、なので可能な限り画面に出てこない様に消し去っています。唯一の通知は、タスクトレイのアイコン変化のみです。それで十分。

最後に Edge 。 Microsoft も Edge が chrome や firefox より速いと言い張るので、使ってみたりしますが、Androidと連携とかしだすと必要に迫られそうだけど、現時点では業務では必要ないかな( *´艸`) 。確かに起動スピードは速そうだけど、実際使うとじわじわ遅さ感じます。

今のところ、新機能は実感できていませんが、じわじわ感じたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows】PDFのデータをAdobeソフトなしで2in1で印刷する方法

今日困ったことを備忘録としてまとめ。
やりたいことは、Excelから変換したPDFを2 in 1で印刷する方法についてです。
Excelでの印刷なら、やり方は分かるのですが、そのExcelデータはページが複数に分かれており、以前複数ページにまたがって選択・印刷をしたところ、変な空ページができたのでなるべく避けたいところ。
そしてPDFで印刷する方法を調べても「Adobe ○○」を使って~という方法ばかりがヒットし…。
で、やっとたどり着いた方法がこちら。

 

まず、印刷したいPDFを Google Chromeで開きます。
そして、下の画像のような印刷メニューを開きます。
なお、印刷ボタンは、画面の右上辺りにあります。

そうしたら、一番下の方にある「システムダイアログを使用して印刷」をクリックします。

そうすると、見慣れたウィンドウが表示されるので、「詳細設定」をクリック。

そして、ページレイアウトから「2 in 1」を選択し、それ以外の設定もあれば適宜変更して、エンターキーを押せば設定完了です!

ウィンドウが大きすぎるようで下の方が隠れてしまったのですが、何故かサイズを変更できず…。
まあ、設定できたから良しとします。
あとは、通常通り印刷ボタンを押すだけでOKです。

 

ただPDFを印刷するだけなのに、2面付になった途端に難易度が若干上がりました。
今後も使う機会がありそうなので、これは覚えておきたいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

ついにTimeLine機能が実装!Redstone 4 ことWindows10 April 2018 Update 配信開始!

以前から”Redstone 4″という名前で予告されていたWindows10のメジャーアップデート “Windows10 April 2018 Update”がついにが配信開始になりました。

「Windows 10」の「April 2018 Update」、提供開始 - CNET Japan

今回のアップデートでは、前回正式版への実装が見送られたTimeLine機能がついに実装されたようです!

動画を見ていただければどんな機能か大体わかるかと思いますが、WindowsPCやスマートフォンなどで前に行っていた操作履歴を、時間を遡って確認し、任意の操作を復元してそのまま継続できるという機能です。

他にも、UIの改良や、コントロールパネルの一部項目の”設定アプリ”への統合など、一部改良されている部分もあるということなので、メジャーアップデートを適用可能な環境を使用している方はぜひ適用してみてはいかがでしょうか。

なお、適用方法は下記サイトで解説されています。

「Windows 10 更新アシスタント」を使用して「Windows 10 April 2018 Update」にアップグレードする方法 - ネットセキュリティブログ

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows】「圧縮(zip形式)フォルダーは無効であるか、または壊れています」の対処法

PowerPointファイルを圧縮しようとしたときに遭遇したエラーです。
1.1MB ほどのファイルを、「右クリック → 送る → 圧縮(zip形式)フォルダー」の方法で圧縮しようとしたら発生しました。
マイクロソフトのサイトによると、圧縮フォルダが 2GB を超えると、ファイルが破損するそうなのですが、今回はこの状況には合致せず…。

ちなみに、このエラーを検索した時に、一番最初にヒットした記事がこちら。

圧縮(zip形式)フォルダーは無効であるか、または壊れています – マイクロソフト コミュニティ
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-files/%E5%9C%A7%E7%B8%AEzip%E5%BD%A2%E5%BC%8F%E3%83%95/9e4393df-4f05-42bb-bb89-c1ae3a564096

で、回答の中に、「ドライブの空き容量は十分にありますか?」とあるので、どうやら容量不足が原因のようです。
対処法としては、ディスクのクリーンアップで、一時ファイルの削除と、ディスクのチェック・システムファイルのチェックを行った方が良いとのことでした。

 

が、私のPCでは、圧縮したいファイルを別の場所、私の場合は一つ上の階層にコピーし、同じ方法で再度圧縮を試したところ、問題なく圧縮できました。
理由は分からないし、いまいち釈然としませんが…できたので良しとします!

 

もし、同じ現象にお悩みの方は、ファイルを別の場所にコピー&ペーストして、再度圧縮をお試しください。
もしかしたら、圧縮できるかもしれません。

ファイルの場所を変えても圧縮に失敗する場合は、ディスクのクリーンアップを行ってください。
なお、ディスクのチェックは、ディスクの破損の状態によってはかえって傷を広げ、まれに OS が起動できなくなることもありますとのこと。
実行は自己責任でお願いします。

  • この記事いいね! (1)
村上 著者:村上

【Excel】日付を曜日付きで表示する方法

Excelを使っていて、例えば下の画像のように、「4月1日(日)」と、曜日まで表示したいときの作業です。

要は、データとしては「2018/04/01」と入力されているものを、「4月1日(日)」の形式で表示するということです。
日付の表示形式は案外簡単に変えられるのですが、曜日の表示はひと手間必要です。

今回は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

Excelで日付から自動的に曜日を入力する – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1708/02/news014.html

 

まず、表示形式を変えたいセルで右クリックし、メニューから「セルの書式設定」をクリックします。

すると、ウィンドウが表示されるので、「表示形式」タブの左のメニューから「ユーザー定義」をクリックします。

そして、「種類」の欄で、曜日を表示したいところに「aaa」を入力します。
私の場合だと、「“(“aaa”)”と入力したため、実際の表示では「(日)」となります。

なお、表示形式は他にもあるので、お好きなものをチョイスしてください。

表示形式コード 曜日の表示形式
aaa 月、火、水、木、金、土、日
aaaa 月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日
ddd Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、Sat、Sun
dddd Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturday、Sunday

作業としては以上です!

 

なお、今回紹介したサイトに、別のセルに関数を使って曜日のみを表示する方法も載っているので、場合によって使い分けてください。
曜日を表示したいセルに、次の式を入力すればOKです。

=TEXT([曜日を表示したい日付が入力されたセル],"aaaa")

どちらも、入力した日付で自動的に曜日が算出されるので、凄く便利です。
また、入力間違いもなくなるので、曜日を表示したいときは積極的に使いたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows】空き容量があるUSBメモリにファイルをコピーできない時の対処法

タイトル通り、Windowsのパソコンで、空き容量は十分あるはずのUSBメモリに何故かファイルをコピーできない時の対処法です。
なお、エラーメッセージは、「ファイルが大きすぎます。ファイル’[ファイル名]’は大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません。」というものでした。

こちらの対処法について、参考にさせていただいたサイトはこちら。

USBメモリや外付けHDDに空き容量があるのにファイルコピーできない時の解決法|データ復旧のパソコンサポートやまもと
https://datarescue.yamafd.com/howto_solve_unable_copy/

 

なお、データがコピーできない原因ですが、USBメモリのフォーマット形式により、1ファイルの最大サイズが 4GB までという制限があるからとのことでした。
コピーしようとしていたファイルが 4GB 以上の動画データだったので、まさにこの制限に引っかかっていました。
で、こちらの問題は USBメモリのフォーマット形式を変更すれば、大きいファイルでもコピーをすることができます。

さて、USBメモリのフォーマット形式の変更方法ですが、こちらを行う前に、まずメモリ内に保存されているファイルを別の場所に移動させて保存します。
フォーマットをするとすべてのデータが消えてしまうので、この作業は忘れずに!

データが保存出来たら、まずエクスプローラーから、フォーマット形式を変更したい USBメモリを右クリックします。
そしてメニューから、「フォーマット」を選択します。

すると、下のようなウィンドウが表示されるので、その中の「ファイル システム」を「ExFAT」に変更します。

あとは、「クイックフォーマット」にチェックが入っていることを確認して、「開始」をクリックします。

作業はこれで終了!
あとは、コピーしたいファイルを通常通りにコピー&ペーストすれば、今度は問題なくコピーができるはずです。
ただし、ExFAT 形式はデータが壊れやすいという欠点があるとのことだっため、重要なファイルを入れないほうが良いかもしれません。
そのあたりは、記事冒頭で紹介した参考サイトをご確認の上、自分の環境にあった形式を選択してください。

 

以上、USBメモリにファイルがコピーできない時の対処法でした。
なかなか 4GB 以上のファイルを扱う機会がないもので、空き容量はあるのにコピーできない!という状況には少し焦りましたね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows版Gitで認証情報を消す方法

Windows版Gitで、http経由のbasic認証を用いた接続を行う際、初めてリポジトリを登録すると下記の画面が出てくるかと思います。

自分のIDとPWを入れログイン。一度入れてしまえば、次回以降は聞かれなくなるのでとても楽です。
ところがこれ、もし誤った情報を入力してしまうと、その誤った情報が保存されてしまい、なんども何度も試しても認証に失敗してしまう、なんて状態になってしまうことがあります。

この前、ちょうどそういう状況に出会ってしまい、Gitアプリの設定を探しまくったのですが、どこにも認証情報を削除できる場所がありませんでした。
Webで調べてもなかなか情報が出てこなくて困り果てていたのですが、運よく、同じ症状になってしまった場合の解決策がのったサイトを発見。

SourceTreeの認証情報を削除することができない – ATLASSIANコミュニティ

試してみました。
Windowsのコントロールパネルを開き

コントロール パネル\ユーザー アカウント\資格情報マネージャー

へ移動します。
或いは、スタートメニューの検索欄に
“資格情報”と検索し、

出てきた”資格情報マネージャー”をクリックします。


“Windows資格情報”をクリック
すると…

…あった!

矢印ボタンを押すと、資格情報の詳細が出てくるので

その中の”削除”をクリックすると、指定した資格情報を削除することができます!

この状態でGitに接続したところ、再度認証画面を出すことができました…!

資格情報マネージャーではGit以外のWindowsに保存されたBASIC認証の情報や、ファイル共有などのWindowsユーザーログイン情報なども保持されていました。
アカウントを切り替えたい、認証情報を削除したい、でも削除、変更す画面がない!というときはこちらの画面をまず参照するといいかもしれません。

  • この記事いいね! (8)
takahashi 著者:takahashi

Gitバンドルのbashを使ってWindowsのcmdをUnixっぽくしてみる

クライアントマシンのOSはもっぱらWindowsを使うことがほとんどなのですが、サーバーはLinux/Unix系OSを使用することが多いです。
現行Windowsでは、OSに必要な操作はほぼGUIで完結するので、CUIで触るのはLinux系OSがほとんどでした。

ところが、開発やサーバー管理などをしているとWindowsを使っていてもCUIに頼らないといけない場面というのがでてきます。
普段使い慣れているLinuxとかなり使い勝手の違うWindowsのシェルは、いざ触ってみると戸惑うことが多いです。
また、Linuxは未だにCUIで使われる機会がおおいためか、CUIベースのツールはかなり充実しています。これらのツールは、さくっとサーバーの状態を確認したいときに非常に便利なのですが、Windowsでは標準で搭載されておらず、インストールもちょっと手間がかかるものも多いです。

かといって、何か操作する度にLinuxが動いているマシンにログインするのはちょっと面倒です。
そこで、Unix/Linux系で使えるポピュラーな機能の一部をWindowsに導入できないかなーと考えていろいろ調べていました。

VMで動かすとファイルのやりとりとかいろいろ不便。
かといってCygwinやWSLみたいにガッツリUnixライクな環境までは必要ない。

という方向けの、Windows上でネイティブに動く、簡単に”UNIXっぽい操作環境”を作る方法を紹介します。

実は、あるツールを入れていると、簡単にWindowsのコマンドプロンプトをUnixっぽくできます。
バージョン管理ツールのGitです。

実はGitをインストールすると、Unix/Linuxで非常によく使われるシェル”bash”のWindows版がついてきます。

今回はこれを利用します。
Gitのインストールが完了していれば

C:\Program Files\Git\bin

あたりのフォルダの中に、
“bash.exe”
というファイル名でインストールされているかと思います。
これをコマンドプロンプト上で開けるように、環境変数内の”Path”に、C:\Program Files\Git\binを追加しておきます。


スタートから”環境変数”と検索して”環境変数を編集”をクリックします。


“ユーザー環境変数”内のPathを選択し、”編集”をクリック


“新規”をクリックして、

C:\Program Files\Git\bin

を追加します。

これで準備完了。
コマンドプロントで

bash

と入力すると、なんとWindows上のcmdでbashが使えてしまいます。(※WSLとコマンド名がかぶってしまったため、別の名前で起動するように書き換えています。)


lsやcat tail grep mv cp などの基本的なコマンドはこのbash.exeを起動するだけで使うことができます。

ちなみに、Windowsにインストールされているコマンドもbash上から実行が可能です。

それ以外の基本的なコマンドは、以前紹介したchocolateryでインストールすれば、そのままbash上でも使えます。
なお、bash起動時のaliasの設定などは、LinuxやUnixと同様に、自分のユーザーフォルダに”.bashrc”ファイルを作成して記述すれば読み込んでくれます。

cmdやPowerShellがちょっと使いづらいなーと感じたときに、bashに切り替えるだけで、操作がかなりしやすくなって便利です。
LinuxerやUnixerなWindowsユーザーの皆さんは是非試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【コマンド】フォルダ構造をファイル名まで含めてツリー階層で表示する方法

使用頻度が少ないとすぐに忘れてしまうので、覚え書きとしてまとめ。
今回は、フォルダ構造をツリー階層で表示してくれるコマンドプロンプトのコマンド「tree」についてです。

 

コマンドプロンプト上で「tree」コマンドを実行すると、下の画像のように、現在のディレクトリ以下のフォルダをツリー階層で表示します。

※なお、一部のディレクトリ名等は、念のため伏せさせていただきました。
が、これだけだと、ディレクトリ名までしか表示されません。

で、ディレクトリ内にあるフォルダの名前まで表示するためには、コマンドのオプションを使用します。
使うのは「/F」というオプションで、tree コマンドの後ろに付けて実行します。
実行結果は下記のとおりです。

ちゃんとファイル名まで表示されました。

オプションはこれ以外にも、「/A」という ASCII文字で表示するものもあります。
こちらを指定すると、下のように表示されます。

そこまで大きく変化はしていませんが…線の表現の仕方で何となく見やすい気がしますね。
今回はあまり変化がよく分かりませんでした。

 

以上、フォルダ構造をツリー階層で表示する方法でした。
linux でもコマンドがインストールしてあれば使えるので、Windows・Macの両方で使えます。
資料作成の時に便利そうなので、機会があったらどんどん活用してきたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

昔のMac OS(System 7)やWindows 3.xがブラウザ上で動作するサイト

僕は昔からちょっとしたOSマニア(といってもとりあえず一通り触りたいだけ)で、Windowsは勿論、MacOSとLinuxディストリのいくつか、ChromeOS、iOS、Andoridと現代のいろいろなOSは一通り触れてきました。
現行のどのOSでも、設計思想は違えど非常に使いやすいUI/UXをもつGUIを供えており、どれか一つのOSに振れたことがある人であれば、他のOSをさわっても基本操作はだいたい一目でわかるぐらいに簡単に操作できるようになっています。

各OSの設計思想の違いを感じることができるのが”OS弄り”の楽しさであるのですが、触っているうちにふと、”じゃあこのOSの黎明期はどんなUIだったのだろう”という興味がわいて来ることがあります。

そんなわけでいつか機会があれば触ってみたいなーと思っていたのですが、古いOSのインストールディスクはなかなか入手できる代物ではないですし、入手できたとしても、現行の物理マシンや仮想マシン上で動くのか、といった問題があり、なかなか動く形で触る機会というのはありませんでした。

そんな中、先日ネットサーフィンをしていたらこんな記事を発見。

懐かしのMac OS System 7をブラウザ上でエミュレートして再現できる「PCE.js」- Gigazine

Internet Archive、System 7のアプリを利用できるコレクションを公開 – スラド

なんとブラウザ上で古いOSを動作させることができるサイトがあるらしい!
早速触ってみました。

サイトを閲覧するや否や、Machintosh Plusをモチーフをした絵が表示され、絵の画面部分に、本当に昔のMacOS(System 7)が起動しました。


シャットダウンもリブートも行うことができます。

最初に出てくる”Kidpix”は…

お絵かきソフトでした。

ちなみに、Mac以外にもWindowsの旧バージョンも見ることができます。

さわっていて気づいたことは、MacOSは白黒の時代に販売されたOSでも、デザインはほぼ似ており、簡単ながらエフェクトもすでについていたことには驚きました。
また、Windows3.0も思った以上にカラフルで、操作しやすさを考えていることがよくわかりました。

今のOSといろいろな部分を比べてみると、それぞれのOSの特徴や違いは再発見できてとても面白いと感じました。
興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)