浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

旧Microsoft EdgeとChromiumベースのMicrosoft Edgeを共存させる方法

今年1月16日に、満を持してChromiumベースのMicrosoft Edgeが公開されました。

Chromiumベースになった新「Microsoft Edge」が配信開始 – PC Watch

この新しいEdgeは、旧来のEdgeHTMLエンジン搭載のブラウザと置きかえられる形でインストールされる為、通常では併用することができません。

しかし、新しいバージョンのEdgeのインストールを行う前に、グループポリシーエディタなどで設定を行っておくことで、共存させた状態にしておくことができるようになります。

(なお、今回ご紹介するのはWindows 10 Pro以上のエディションを使用している方向けの方法です。Homeエディションを使用中の場合は、レジストリの値を直接書き換えるか、グループポリシーエディタを導入する必要があります。)

まず、こちらの手順に従って、グループポリシーエディタにEdgeの設定に必要な管理用テンプレートを追加します。

Access Microsoft Edge Legacy after installing the new version of Microsoft Edge – Microsoft Docs

追加したら、スタートメニューを開き

gpedit.msc

と検索します。

すると、グループポリシーエディタが開くので

コンピュータの構成->管理用テンプレート->Microsoft Edgeの更新->アプリケーション->Microsoft Edgeでのブラウザの同時実行エクスペリエンスを許可する

を開き、未定義から有効に変更してOKします。

後は通常通り、Chromium版Microsoft Edgeをダウンロードしてインストールすると…

2バージョンとも利用できる状態になります…!

ばっちり、同時に起動することも可能です。

どちらのEdgeもデバックなどで利用したい!という場合は試してみてください。

  • この記事いいね! (0)