浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

Macの独自プロセッサ化がついに正式発表。BootCampは当面サポート外に。

Appleが販売するPCである”Mac”シリーズですが、かねてより噂されていたIntel系CPUから独自プロセッサ”Apple Silicon”への切り替えがついに正式発表されました。

Apple、MacのAppleシリコンへの移行を発表 – Apple

このApple Siliconはスマートフォンなどで多く採用されているARM系のSoC(CPUやGPUなどをまとめたもの)をベースとしてAppleが独自に作成したSoCとなっています。

CPUやGPUなどのプロセッサ部分を独自開発することで、Apple側から見ればより自由度の高いハードウェアの開発を行うことができたり、IntelCPUを採用する際に必要なコスト分がなくなったり、消費電力が少なくなったりなどの利点があります。

また、従来のIntel向けにリリースされているアプリケーションについてもJITでバイナリ変換を行うRosetta 2 や、Xcodeの最新バージョンでクロスコンパイル機能を搭載するなどの対策によって、開発者の負担が少なくなるように工夫されている上、同じCPUが採用されたことでiOS/iPad OSのアプリをMac上でより動かしやすくなるようです。

一方、いままでWindowsとのデュアルブート環境を構築する機能BootCampが、Apple Silicon版のMacでは現状サポート外となることが発表されています。

Apple独自開発のプロセッサ「Apple Silicon」ではBoot CampでのWindowsサポートはなし – Gigazine

MacがApple Siliconへ移行することによってMacの進化がより加速する可能性を考えると非常に楽しみですが、Mac とWindows両方を外出先で使おうと思った際に、今まで1台のPCで済んでいたものが2台のPCを持ち運ばないといけなくなるのはちょっと不便ですね…

ただし、当面はIntel版Macもサポートが継続され、新しいIntel版Macも発売される予定もあるとのことなので、当面はMicrosoftのSurface Pro Xのように平行して販売される予定なのかもしれません。

アップルの「脱インテル版Mac年内発売」がもたらす衝撃…新macOSは19年ぶりにバージョン11へ – Business Insider

  • この記事いいね! (0)