カテゴリーアーカイブ Windows

村上 著者:村上

【Windows】空き容量があるUSBメモリにファイルをコピーできない時の対処法

タイトル通り、Windowsのパソコンで、空き容量は十分あるはずのUSBメモリに何故かファイルをコピーできない時の対処法です。
なお、エラーメッセージは、「ファイルが大きすぎます。ファイル’[ファイル名]’は大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません。」というものでした。

こちらの対処法について、参考にさせていただいたサイトはこちら。

USBメモリや外付けHDDに空き容量があるのにファイルコピーできない時の解決法|データ復旧のパソコンサポートやまもと
https://datarescue.yamafd.com/howto_solve_unable_copy/

 

なお、データがコピーできない原因ですが、USBメモリのフォーマット形式により、1ファイルの最大サイズが 4GB までという制限があるからとのことでした。
コピーしようとしていたファイルが 4GB 以上の動画データだったので、まさにこの制限に引っかかっていました。
で、こちらの問題は USBメモリのフォーマット形式を変更すれば、大きいファイルでもコピーをすることができます。

さて、USBメモリのフォーマット形式の変更方法ですが、こちらを行う前に、まずメモリ内に保存されているファイルを別の場所に移動させて保存します。
フォーマットをするとすべてのデータが消えてしまうので、この作業は忘れずに!

データが保存出来たら、まずエクスプローラーから、フォーマット形式を変更したい USBメモリを右クリックします。
そしてメニューから、「フォーマット」を選択します。

すると、下のようなウィンドウが表示されるので、その中の「ファイル システム」を「ExFAT」に変更します。

あとは、「クイックフォーマット」にチェックが入っていることを確認して、「開始」をクリックします。

作業はこれで終了!
あとは、コピーしたいファイルを通常通りにコピー&ペーストすれば、今度は問題なくコピーができるはずです。
ただし、ExFAT 形式はデータが壊れやすいという欠点があるとのことだっため、重要なファイルを入れないほうが良いかもしれません。
そのあたりは、記事冒頭で紹介した参考サイトをご確認の上、自分の環境にあった形式を選択してください。

 

以上、USBメモリにファイルがコピーできない時の対処法でした。
なかなか 4GB 以上のファイルを扱う機会がないもので、空き容量はあるのにコピーできない!という状況には少し焦りましたね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows版Gitで認証情報を消す方法

Windows版Gitで、http経由のbasic認証を用いた接続を行う際、初めてリポジトリを登録すると下記の画面が出てくるかと思います。

自分のIDとPWを入れログイン。一度入れてしまえば、次回以降は聞かれなくなるのでとても楽です。
ところがこれ、もし誤った情報を入力してしまうと、その誤った情報が保存されてしまい、なんども何度も試しても認証に失敗してしまう、なんて状態になってしまうことがあります。

この前、ちょうどそういう状況に出会ってしまい、Gitアプリの設定を探しまくったのですが、どこにも認証情報を削除できる場所がありませんでした。
Webで調べてもなかなか情報が出てこなくて困り果てていたのですが、運よく、同じ症状になってしまった場合の解決策がのったサイトを発見。

SourceTreeの認証情報を削除することができない – ATLASSIANコミュニティ

試してみました。
Windowsのコントロールパネルを開き

コントロール パネル\ユーザー アカウント\資格情報マネージャー

へ移動します。
或いは、スタートメニューの検索欄に
“資格情報”と検索し、

出てきた”資格情報マネージャー”をクリックします。


“Windows資格情報”をクリック
すると…

…あった!

矢印ボタンを押すと、資格情報の詳細が出てくるので

その中の”削除”をクリックすると、指定した資格情報を削除することができます!

この状態でGitに接続したところ、再度認証画面を出すことができました…!

資格情報マネージャーではGit以外のWindowsに保存されたBASIC認証の情報や、ファイル共有などのWindowsユーザーログイン情報なども保持されていました。
アカウントを切り替えたい、認証情報を削除したい、でも削除、変更す画面がない!というときはこちらの画面をまず参照するといいかもしれません。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

Gitバンドルのbashを使ってWindowsのcmdをUnixっぽくしてみる

クライアントマシンのOSはもっぱらWindowsを使うことがほとんどなのですが、サーバーはLinux/Unix系OSを使用することが多いです。
現行Windowsでは、OSに必要な操作はほぼGUIで完結するので、CUIで触るのはLinux系OSがほとんどでした。

ところが、開発やサーバー管理などをしているとWindowsを使っていてもCUIに頼らないといけない場面というのがでてきます。
普段使い慣れているLinuxとかなり使い勝手の違うWindowsのシェルは、いざ触ってみると戸惑うことが多いです。
また、Linuxは未だにCUIで使われる機会がおおいためか、CUIベースのツールはかなり充実しています。これらのツールは、さくっとサーバーの状態を確認したいときに非常に便利なのですが、Windowsでは標準で搭載されておらず、インストールもちょっと手間がかかるものも多いです。

かといって、何か操作する度にLinuxが動いているマシンにログインするのはちょっと面倒です。
そこで、Unix/Linux系で使えるポピュラーな機能の一部をWindowsに導入できないかなーと考えていろいろ調べていました。

VMで動かすとファイルのやりとりとかいろいろ不便。
かといってCygwinやWSLみたいにガッツリUnixライクな環境までは必要ない。

という方向けの、Windows上でネイティブに動く、簡単に”UNIXっぽい操作環境”を作る方法を紹介します。

実は、あるツールを入れていると、簡単にWindowsのコマンドプロンプトをUnixっぽくできます。
バージョン管理ツールのGitです。

実はGitをインストールすると、Unix/Linuxで非常によく使われるシェル”bash”のWindows版がついてきます。

今回はこれを利用します。
Gitのインストールが完了していれば

C:\Program Files\Git\bin

あたりのフォルダの中に、
“bash.exe”
というファイル名でインストールされているかと思います。
これをコマンドプロンプト上で開けるように、環境変数内の”Path”に、C:\Program Files\Git\binを追加しておきます。


スタートから”環境変数”と検索して”環境変数を編集”をクリックします。


“ユーザー環境変数”内のPathを選択し、”編集”をクリック


“新規”をクリックして、

C:\Program Files\Git\bin

を追加します。

これで準備完了。
コマンドプロントで

bash

と入力すると、なんとWindows上のcmdでbashが使えてしまいます。(※WSLとコマンド名がかぶってしまったため、別の名前で起動するように書き換えています。)


lsやcat tail grep mv cp などの基本的なコマンドはこのbash.exeを起動するだけで使うことができます。

ちなみに、Windowsにインストールされているコマンドもbash上から実行が可能です。

それ以外の基本的なコマンドは、以前紹介したchocolateryでインストールすれば、そのままbash上でも使えます。
なお、bash起動時のaliasの設定などは、LinuxやUnixと同様に、自分のユーザーフォルダに”.bashrc”ファイルを作成して記述すれば読み込んでくれます。

cmdやPowerShellがちょっと使いづらいなーと感じたときに、bashに切り替えるだけで、操作がかなりしやすくなって便利です。
LinuxerやUnixerなWindowsユーザーの皆さんは是非試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【コマンド】フォルダ構造をファイル名まで含めてツリー階層で表示する方法

使用頻度が少ないとすぐに忘れてしまうので、覚え書きとしてまとめ。
今回は、フォルダ構造をツリー階層で表示してくれるコマンドプロンプトのコマンド「tree」についてです。

 

コマンドプロンプト上で「tree」コマンドを実行すると、下の画像のように、現在のディレクトリ以下のフォルダをツリー階層で表示します。

※なお、一部のディレクトリ名等は、念のため伏せさせていただきました。
が、これだけだと、ディレクトリ名までしか表示されません。

で、ディレクトリ内にあるフォルダの名前まで表示するためには、コマンドのオプションを使用します。
使うのは「/F」というオプションで、tree コマンドの後ろに付けて実行します。
実行結果は下記のとおりです。

ちゃんとファイル名まで表示されました。

オプションはこれ以外にも、「/A」という ASCII文字で表示するものもあります。
こちらを指定すると、下のように表示されます。

そこまで大きく変化はしていませんが…線の表現の仕方で何となく見やすい気がしますね。
今回はあまり変化がよく分かりませんでした。

 

以上、フォルダ構造をツリー階層で表示する方法でした。
linux でもコマンドがインストールしてあれば使えるので、Windows・Macの両方で使えます。
資料作成の時に便利そうなので、機会があったらどんどん活用してきたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

昔のMac OS(System 7)やWindows 3.xがブラウザ上で動作するサイト

僕は昔からちょっとしたOSマニア(といってもとりあえず一通り触りたいだけ)で、Windowsは勿論、MacOSとLinuxディストリのいくつか、ChromeOS、iOS、Andoridと現代のいろいろなOSは一通り触れてきました。
現行のどのOSでも、設計思想は違えど非常に使いやすいUI/UXをもつGUIを供えており、どれか一つのOSに振れたことがある人であれば、他のOSをさわっても基本操作はだいたい一目でわかるぐらいに簡単に操作できるようになっています。

各OSの設計思想の違いを感じることができるのが”OS弄り”の楽しさであるのですが、触っているうちにふと、”じゃあこのOSの黎明期はどんなUIだったのだろう”という興味がわいて来ることがあります。

そんなわけでいつか機会があれば触ってみたいなーと思っていたのですが、古いOSのインストールディスクはなかなか入手できる代物ではないですし、入手できたとしても、現行の物理マシンや仮想マシン上で動くのか、といった問題があり、なかなか動く形で触る機会というのはありませんでした。

そんな中、先日ネットサーフィンをしていたらこんな記事を発見。

懐かしのMac OS System 7をブラウザ上でエミュレートして再現できる「PCE.js」- Gigazine

Internet Archive、System 7のアプリを利用できるコレクションを公開 – スラド

なんとブラウザ上で古いOSを動作させることができるサイトがあるらしい!
早速触ってみました。

サイトを閲覧するや否や、Machintosh Plusをモチーフをした絵が表示され、絵の画面部分に、本当に昔のMacOS(System 7)が起動しました。


シャットダウンもリブートも行うことができます。

最初に出てくる”Kidpix”は…

お絵かきソフトでした。

ちなみに、Mac以外にもWindowsの旧バージョンも見ることができます。

さわっていて気づいたことは、MacOSは白黒の時代に販売されたOSでも、デザインはほぼ似ており、簡単ながらエフェクトもすでについていたことには驚きました。
また、Windows3.0も思った以上にカラフルで、操作しやすさを考えていることがよくわかりました。

今のOSといろいろな部分を比べてみると、それぞれのOSの特徴や違いは再発見できてとても面白いと感じました。
興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

知らないなんて勿体ない!!! 手軽にリアルなARを楽しめる Windows標準搭載のARアプリが面白い!

一時期なんとなーく鎮静化ムードだったAR(MR)周りですが、最近になってAppleがiOSで”AR Kit”というARライブラリを公開してから、Pockemon GOなどでリアルなARとして使われるようになるなど、にわかに活気がつき始めている印象があります。

そんな中、MicrosoftはWindows10発表と同時にMicrosoft Hololensなどを発表し、他の企業がなかなか進められなかったARに、かなり力を入れて来ていました。
現在もMicrosoftはWIndowsのAR機能に力を入れ続けているようで、一つ前のメジャーアップデート “Creators Update”で3Dオブジェクトの簡易作成機能を搭載した”3Dペイント”を搭載し、現在の”Fall Creators Update”ではさらにいろいろな3D関連の機能が追加されました。

今回はその中で簡単にリアルなARが楽しめるWindows 標準アプリ  “Mixed Realityビューア”を紹介したいと思います。

遊び方は超簡単。

まず起動すると上のような謎のアヒルのキャラクターが現れます。
ドラックしてぐりぐり動かすことで、3Dオブジェクトをいろんな角度から眺めることができます。

ここまでであればただの3Dビューア―アプリなのですが、面白いのはここから。

ウインドウ上部のメニューから”Mixed Reality”アイコンを選択します。

するとカメラが起動し、手が出てきてカメラに写っている平面をクリックするように促されるので、実際にクリックしてみます。

するとカメラで写っている平面に乗るような形で、先程のキャラクターが現れます!

すごいのは、カメラを動かすと、キャラクターもちゃんとその動きに追従して動く点。
マーカーもないのにここまで綺麗に追従してくれるのは、なかなか面白いです。

好みのアングルが決まったら、右側の白丸をクリックまたはタップすると、撮影もすることができます。

このキャラクターですが、デフォルト以外にもいろんなキャラクターやオブジェクトが用意されています。

飛行船や

建物。

恐竜や

なんとペガサスまで!!!
これらはすべて画面上部にある”Remix 3D”から入手できます。

これらのオブジェクトを使ってちょっと遊んでみました。

こちらは先ほどのデフォルトのアヒルのキャラクター。

腕に乗せられてますがなんだか不満そうです(笑

ふくろうのキャラクターをペン先に止まらせてみたり…

ペガサスを手に泊まらせてみたり!

極めつけは…

手乗りドラゴン!!!
ファンタジー好きなら一度はあこがれるシーンが、簡単に撮れちゃいます!!!

Remix 3Dですが、自分がつくったオブジェクトもアップロードができるようで、この仕組みが活性化していってオブジェクトの数が増えていったらもっと面白いことができそうな気がします!

残念なのは公式でこれらの機能の宣伝がまだあまりされていない点。

マイナーな機能になってしまうのは本当にもったいないぐらい面白い機能なので、興味を持った方は是非一度試してみてはいかがでしょうか…!

Windows Mixed Reality Viewer – Microsoftストア

 

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

macの起動時にブートローダーメニューを追加する方法

自分のもっているmacは、BootCampを使ってWindowsとmacOSのデュアルブート環境を作ってあります。

OS切り替えの際、過去のバージョンは環境設定やWindowsのBootCampメニューから次に電源を入れたときに起動するOSをあらかじめ指定できたので困らなかったのですが、最近macOSのファイルシステムがAPFSになってから、Windows側で次回起動するOSでmacOSを選択することができなくなりました。

したがって、デフォルトになっているOSではない方のOSを起動する場合、起動時にoptionキーを押しながら電源を入れないとOS選択画面が出てきません。
毎回、OSを切り替えるたびにOptionキーを押さないといけないというのはちょっと煩わしいので、せめて起動時に毎回OSが選べる画面をb出せないかなとさがしていたところ、こんなアプリを発見しました。

rEFInd

です。
このアプリを導入しておくと、起動時に写真のOS選択画面が表示されるようになります。

インストール方法は、まずmacをリカバリモード(command+R)で起動し、上のプルダウンメニューから
ユーティリティ->ターミナルをひらきます。
下記のコマンドを入れます。

csrutil disable

そのあとプルダウンメニューの林檎マークから、macを再起動します。

再起動すると、通常のモードでmacが起動するので
The rEFInd Boot Manager: Getting rEFInd
でA binary zip fileをクリックしてrEFIndを入手し、解凍します

中に”refind-install”
というファイルがあるので、これをターミナルで実行すると、インストールされます。

その後、再起動すれば、起動時にブートローダーの画面が表示されるはずです。

動作したことを確認したら、再度command+rを押しながら起動し、リカバリモードから

csrutil enable

を実行しておきましょう。

とても快適に使えてますので、おすすめです。

参考:
MacBookProにOS X, Windows 10, Ubuntuをトリプルブート

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows用パッケージマネージャー Chocolatey でコマンドプロンプトをパワーアップさせてみた!

通常、WindowsではLinuxのようにコマンドラインから必要なコマンドのパッケージ追加して…ということができませんが、それを可能にするアプリがあります。

その名も、

Chocolatey です。

まずはインストールしてみます。
PowerShellを使ってインストールします。


これでChocolateyがインストールされました。
一度コマンドプロンプトを閉じ、再度開きます。

実際にパッケージをインストールしてみます。
今回は例として、サーバーのポートチェックで使用するnmapコマンドをインストールしてみます。

これだけでコマンドプロンプト上からNmapが直接使用できるようになりました。

他にもsshコマンドを利用可能にする”openssh”パッケージやnode.js用のパッケージマネージャー”npm”もインストールできます。

Windows用のネイティブバイナリが作れるものに限られますが、Unix系OSで使用しているコマンドをWindowsのネイティブ上で簡単に動かすことができるというのは非常にありがたいですね。

Windows上でもLinuxのCUIと同じようなことをさせたいけど、コマンドがない、インストールがめんどくさい、なんていう方には是非お勧めです。
是非一度試してみてはいかがでしょうか。

————————————————-
Chocolatey
https://chocolatey.org/

参考サイト:
Chocolateyを使った環境構築の時のメモ – Qiita
http://qiita.com/konta220/items/95b40b4647a737cb51aa

パッケージマネージャ[Chocolatey] – Qiita
http://qiita.com/hirohiro77/items/6f3f464fe1251fd615b1

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

Macのシステム環境設定にHostsの設定画面を追加するアプリ”Hosts”

Webサイト・Webサービスの開発をしていると何かとよく使うHostsの設定。
たまに変更するだけであれば直接ファイルを触ってしまえばいいのですが、頻繁に変更するときがあったりするとなかなか面倒です。

そんな時に便利なのがGUIのHosts書き換えツール。

普段使っているWindows機ではこんなツールを入れています。

Hosts File Manager

管理者権限が必要ですが、分かりやすいGUIからHostsの設定を簡単に書き換えることができるので、毎回CドライブからHostsファイルを探し出して管理者権限のエディタで開いて…なんて操作が必要なくなります。とても便利です。

さて、最近はサブ機・動作確認用としてMacも利用するようになったのですが、やはり毎回ファイルを直接編集するのはなかなか面倒くさい…
Macにも同じようなアプリないかなーと思っていたらありました!

名前もそのままHostsというアプリです。
pkg形式で入手できるので、クリックしてインストーラーを起動します。

特に設定項目はないので、画面に従ってインストールしていきます。

インストール完了後、Applicationフォルダを探しても見当たらず、「あれ?どこいった??」となり、調べたところ、

なんとシステム環境設定画面に追加されていました。
なるほど、システム全体にかかわる設定なのでちゃんとシステム設定として起動できるようにしてくれるのですね。
これは分かりやすくていいですね。

Hostsのアイコンをクリックすると設定画面に飛びます。

操作方法はWindowsのHosts File Managerとさほど変わりません。
むしろ起動すれば現在のHostsファイルの内容が出てくるのでよりシンプルで分かりやすいです。

鍵マークをクリックし、管理者のパスワードを入力するとロックが解除状態(管理者モード)になります。
後は変更したい項目をダブルクリックして値を入力し、確定すると反映されます。

Web開発などで頻繁にHostsを書き換える必要がある方は是非一度試してみてはいかがでしょう?

参考サイト:
https://delightmode.com/mac-hosts-prefpane/

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

気になる端末:GPD Pocket

持ち運びに特化したノートPC:ネットブックが一時期大流行しましたが、最近はその数をかなり減らし、タブレット型PCやキーボードと画面が分離するコンバーチブルPCが目立ってきています。

持ち運びに重点を置くのなら確かにタブレット型で、キーボードは必要な時に着ける形の方が理にかなっている気はします。ただ、個人的にはキーボードとタブレットを別々で持ち運ぶというのにもちょっとわずらわしいのでは…と思うときがあります。

やっぱり、ノートPCにはハードウェアキーボードがついていてほしい…でもかさばってほしくない….

そんなわがままを叶えてくれるのがネットブックだったので、少なくなってしまったのはちょっと残念に思っていました。

そんな中、彗星のごとく現れたのが、

中国・深センのデバイス製造メーカーGPDが発売した「GPD Pocket」という機種です。
大きさはなんと7インチという極小サイズ。電子書籍と見間違うほどの小ささなのですが、スペックはIntel Atom x7-Z8750、ストレージ128GB、RAMも8GBあります。
CPUを除けばMacBookAirとさほど変わらないスペックです。

ポートもUSB3.0、イヤホンジャック、USB Type-Cなど、主要なものは一通りそろえています。
OSもWindows 10 Home入りですが、Ubuntuも公式にサポートしている点はガジェット通な人の心をつかみそうです。

使用感はこちらのかたのブログでよくまとめられています。

7インチの極小ノートパソコン「GPD Pocket」と過ごした1ヵ月まとめ – goodegg.jp

昔は2番煎じ、3番煎じ間の強かった中華製ガジェットですが、最近は国内や主要メーカーよりもより痒いところに手が届く”一番手”なハードが増えてきた気がします。
是非今後も注目していきたいですね。

参考:
UMPCを忘れられないあなたへ 超小型パソコン『GPD Pocket』を日本でも – Makuake

7インチの極小ノートパソコン「GPD Pocket」と過ごした1ヵ月まとめ – goodegg.jp

  • この記事いいね! (0)