カテゴリーアーカイブ Windows

takahashi 著者:takahashi

WindowsにVirtIOドライバをインストールする方法

サーバー準仮想化の仕組みの一つに、”VirtIO”というものがあります。
例えば仮想マシンでNIC(ネットワークアダプタ)やディスクドライブをソフトウェアで完全に仮想化してしまうと、物理ハードで動かした場合と比較して必要な処理が多くなり、オーバーヘッド、つまり余分な負荷が増えてしまいます。
余分な負荷が増えることで、結果として可能マシンの動作が遅くなってしまうのです。

仮想マシンの仕組み上からこのオーバーヘッドを少しでも減らす方法の一つとして、一部の処理を物理的なハードウェアに直接行わせてしまう”準仮想化”という方法が用いられます。完全な仮想化ではないので”準”仮想化です。

VirtIOも、ディスクへのアクセスやネットワークへのアクセスを”準仮想化”する仕組みの一つで、最近の主要な仮想マシンやクラウドサービスなどでよく使われています。
VirtIOを使用することで、完全仮想化されたハードウェアを使用する場合と比較してより高速に仮想マシンを動作させることができます。

Linuxディストリビューションには標準でVirtIOドライバが含まれている場合が多いのですが、Windowsの場合、初期状態ではVirtIOドライバがインストールされていないのでドライバのインストールが必要になります。

今回は、セットアップ済みのWindowsにVirtIO-NETドライバをインストールする方法をご紹介します。

VirtIOのドライバはfedoraプロジェクトのサイトで配布されています。

Creating Windows virtual machines using virtIO drivers – fedoraDOCS

この中の
Stable virtio-win iso
を選択し、isoファイルをダウンロードします。

isoファイルを入手したら、各仮想マシンに光学ドライブとしてマウントします。
マウントする方法は仮想マシンソフトによって操作方法が異なるため、各ソフトのマニュアルを参照してください。

OSからは光学ディスクドライブ(CD/DVDなど)として認識されていればOKです。
マウントが完了したら、デバイスマネージャーを開いてください。

デバイスマネージャーはコントロールパネル(コントロール パネル\システムとセキュリティ\システム)、またはWindowsロゴ(スタートメニュー)を右クリック->デバイスマネージャーから開くことができます。

デバイスマネージャーを開くと、いくつかの黄色い”!”が表示されているかと思います。

“!”マークが表示されているデバイスを右クリックし、”ドライバーソフトウェアの更新”をクリックします。


するとこちらのダイアログが表示されるので
“コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します”
をクリック。

下記画面が出てくるので…


先程VirtIOのISOイメージをマウントしたドライブを選択します。
すぐ下の”サブフォルダーも検索する”もかならずチェックを入れてください。


適合するドライバの検索が始まります。

途中、許可を求められた場合は”インストール”をクリックしてください。

下記の画面になればインストールは成功です。

デバイスマネージャーで”Red Hat VirtIO Ethernet Adapter”が追加されていれば、正常に動作しています。

なお、ディスク側のVirtIOのインストールは、先にOSがインストールされたディスクをVirtIOに切り替えてしまうと正常に起動しなくなる可能性があります。
ストレージを完全仮想化状態のままにしてOSを起動し、外付けのVirtIOディスクを追加したうえでドライバーをインストール、作業が終わったらシステムディスクをVirtIOに変更すればOKのようです。

詳細はこちらの方の記事を参照してください。

KVM上のWindowsでVirtIOを利用する – 出力を入力へ

VirtIOはセットアップはめんどくさいですが、動作速度の改善が測れますし、やっておいて損はないかと思います。
仮想マシンを利用されている方は是非試してみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windowsの”付箋”機能が進化! ついにWindows端末間での同期が可能に

最近PCを使っていてふと気づいたのですが、

いつの間にかWindowsの付箋機能がパワーアップしていました。

起動直後は特に今までと変わりはないのですが、
タスクバーの付箋を右クリックして出てくるメニューの”すべてのメモ”をクリックすると…

付箋を一覧にして表示、さらには検索もできます。
使い勝手がGoogle Keepに似た形になりました。

さらに、

自動同期機能も搭載されました!
これは便利ですね。

アップデートしてもデータは引き継がれるようですので、普段から付箋機能を愛用している方は是非アップデートして使ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows10で回復ディスクを作る方法

最近のWindowsは、Windowsが起動していない状態で起動オプションを呼び出すのがデフォルトでできなくなっており、折角回復パーティションをインストールしてあってもWindowsそのものが立ち上がらなくなってしまうと回復オプションにすらアクセスできなくなってしまう可能性があります。

そんなときのために、回復オプションを呼び出すための専用のWindows、Windows RE(Recovery Enviroment)があります。
Windows REを使えば、スタートアップ修復やWindows外からのシステムの修復、初期化の操作などを行うことが可能です。

今回は、Windows上からWindows REが起動できる光学ディスクの作り方を説明します。

まず、スタートメニューを開き、検索欄に”コントロールパネル”と入力します。

コントロールパネルの項目が出てくるので、クリックして開きます。

コントロールパネルを開いたら、右上の検索欄に

バックアップと復元

と入力してエンター。

“バックアップと復元(Windows7)”または”バックアップと復元”の項目をクリックします。


左側の”システム修復ディスクの作成”をクリックします。

するとウィザードが開きます。

ディスクドライブにディスクを入れ、”作成”を押せばWindows REの入った回復ディスクが作られます。

起動するときは、作成したディスクをドライブに入れ、起動オプションでドライブから起動するように指定すれば、Windowsの回復オプションを表示させることができます。

基本的に同じOSのバージョン間であれば使いまわし可能なはずですので、あらかじめ作っておくと便利かもしれません。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Corodva】Android端末で実行した時に変更内容が反映されない時の対処法

昨日投稿した 【Android】Create React AppとCorodvaで作成したAndroidアプリにプラグインが追加できない時の対処法 の内容とも少し関わってくるのですが、Create React AppとCorodvaで作成したアプリが、何故かAndroidでだけ変更内容が反映されないという状況に陥ったので、その対処法についてです。
この現状が起こるのはAndroidだけで、BrowserとiOSについては何の問題もなく、変更内容が反映されていて…。
原因が分からず、かなり苦しめられました。

 

さて、解決方法ですが、何てことはなく、単にパッケージもしくはプラットフォームのバージョンが新しすぎたせいでした。
今回、アプリの環境をつくるにあたり、Cordovaのバージョンを 7.1.0 から 8.0.0 にアップデートしたのですが、それが原因のようです。
もしくは、Android自体のバージョンが高すぎたのかもしれませんが…とにかく、バージョンが新しすぎて、Androidのファイルが正しく作られていませんでした。
そのため、cordova buildなどの Cordovaのコマンドが正常に働いていなかったのかもしれませんが…エラーが表示されなかったので、発見がかなり遅くなりました。
バージョンに思い至ったのも偶然だったので、もしかしたらこれ以上に解決まで時間が可能性もあり…ぞっとしませんね。

ということで、Cordovaのバージョンを、以前と同じ 7.1.0 に戻したところ、あっけなく変更箇所がアプリに反映されました。
さらに、昨日紹介したプラグインが正常にインストールされない問題についても、バージョンを下げてプラットフォームを再インストールしたところ、必要なファイルが正常に作成されたため、特に修正する必要もなくインストールに成功しました。
…容易にバージョンを上げないようにしなければ…!

 

以上、Cordovaで変更した内容が反映されないときの対処法でした。
とりあえずは、パッケージのバージョンは容易に上げないようにすべきですね…。
古すぎるのもまずいとは思いますが、新しすぎでも問題のようですので、最新より1つ下のバージョンくらいがちょうどいいのかもしれません。
皆様もバージョンによる不具合には十分お気を付けください。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】特定の列や行を固定しスクロールできる範囲を制限する方法

超初心者向けではありますが、便利なのでご紹介。
横もしくは縦スクロールが発生するような長いシートを扱うとき、シートの先頭辺りに配置した、日付や項目名が書かれているセルはスクロールしたくない!というときがあるかと思います。
そういったときは、「ウィンドウ枠の固定」という操作を行い、指定したセルのスクロールをできないようにし、スクロールできる範囲を指定しましょう。

 

指定方法はいたって簡単で、まずスクロールをしたい範囲の一番左上のセルを選択します。
例えば、下記のようなシートがあり、列Aと、行1~2をスクロールできないようにしたい場合、セルB3を選択します。

そうしたら、上のリボンメニューから「表示」を選択し、「ウィンドウ」から「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。
するとメニューが表示されるので、一番上の選択肢の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。
なお、上の画像は既にウィンドウ枠の固定を指定済みなので、解除の項目が選べるようになっています。

ちなみに、スクロールを固定したい範囲が列Aのみの場合は「先頭列の固定」を、行1のみの場合は「先頭行の固定」を選んでも同じことができます。

 

以上、Excelシートで、特定のセルを固定し、スクロール範囲を指定する方法でした。
かなり初歩的なことではありますが、これを行うと、横や縦に長いグラフをスクロールしたときに項目名が隠れてしまう!ということが無くなるので、かなり便利です。
ちょっとしたことではありますが、こういった操作をして便利に使ってください。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows10】拡張子が「.rar」のファイルを解凍するソフト「RAR Opener」

今日メールで受け取ったファイルが「.rar」というあまり見慣れない拡張子だったので、備忘録もかねてこのファイルの開き方についてです。

まず、rar拡張子について簡単にまとめ。
この「rar」は圧縮ファイル形式の一つで、Windowsでよく使われる「zip」よりも高い圧縮率をほこるとのこと。
圧縮・解凍が高難度であるため、海外では使われることもあるそうですが、日本ではまず使われていないようです。

 

さて、肝心のファイルの解凍方法ですが、私はこちらの「RAR Opener」というソフトを使用しました。
こちらは下記の Microsoft の公式サイトからインストールすることができます。

RAR Opener を入手 – Microsoft Store ja-JP
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/rar-opener/9wzdncrdhktr

使い方はとても簡単で、まずソフトを起動すると、下記のようなウィンドウが表示されます。

4つボタンがありますが、主に使うのは上の2つ、「Open RAR」と「RAR → ZIP」くらいだと思います。

Open RAR:RARファイルを解凍する
RAR → ZIP:RARファイルをZIPファイルに変換する

私は今回はファイルの解凍を行いました。
「Open RAR」を押すと、エクスプローラが起動するので、解凍したいRARファイルを選択します。
あとは、解凍が終わるのを待つだけです。
が、ちょっと広告が紛らわしかったりするので、うっかりキャンセルを行わないようにご注意ください。

 

以上、RARファイルの開き方・解凍方法でした。
とりあえず、見慣れないファイル拡張子は調べれば確実に判明するので、遭遇したら調べるくせをつけましょう。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

有線LANはあるけど無線LANがない…! そんな時に役に立つWIndowsで逆テザリング(Hotspot化)する方法

最近はビジネスホテルなどでも無線LANが標準で提供されるところも増えてきました。
しかし一部のホテルや施設などでは未だに有線LANだけの提供だけ、というところがある場合もありますし、どこかの場面で急に無線LANが必要になる場合もあるかもしれません。

特に、スマートフォンなタブレットなどの端末は有線LAN接続が困難な機種が多いので、いざというときに有線LANしか使えない環境だと不安です。

そんな状況下のとき、もし無線・有線LAN搭載のWindows 10 PC一台さえあれば簡単に解決することができます。

通知エリアの無線LANアイコンを押すと、

”モバイルホットスポット”というアイコンがあるのがわかるかるかと思います。
実はこれが今回の目的の機能になります。

モバイルホットスポットって何だろう? – テザリング機能の使い方 – マイナビニュース パソコン

モバイル回線をスマホなどを通じてPCに提供することを”テザリング”と呼ぶのに対し、ホットスポット機能はPCが接続するネットワークをスマホなどのWi-Fi端末へ流す使われ方が多い為、しばしば”逆テザリング”と呼ばれます。(やってることはテザリングとほぼ変わりません。)

実は他のOS(macOS、Linux)でも”逆テザリング”する機能はありますが、Windowsには標準で、他OSにはない仕組みを持っています。
それは1つのWi-Fiアダプタを仮想的に分割し、Wi-FiからWi-Fiへネットワークを中継することができる機能です。

基本的に他OSでは、別のネットワークアダプタのネットワークを”逆テザリング”することしかできません。
つまり、共有する元のネットワークにつながるネットワークアダプタとWi-Fiの電波を端末に発信するネットワークアダプタはハード的に別でないといけません。
一般的にノートPCではWi-Fiアダプタと有線LANポートをひとつづつ備えている構成が多いかと思いますので、この場合は有線LANでつないでいるネットワークをWi-Fiから飛ばす、というような使い方に限られます。

しかしWindowsでは、Wi-Fiアダプタでネットワークにつないだまま、同じWi-Fiアダプタから他の端末に対してWi-Fiのアクセスポイントを提供することができます。
この機能はVirtual Wi-Fiと呼ばれています。

また、Windows 10ではBluetoothを搭載していればBluetoothのPANプロファイルを使って逆テザリングすることもできます。

 

Bluetoothを除く上記の機能は、正式なGUIが実装されたのはWindows 10からですが、機能自体はWindows 7から利用することができます。

Windows 7をお使いで、GUIでホットスポットのON/OFFを行いたいのであれば、

Virtual Router

を使うと実現できます。

いざというときにWi-Fiルーターが必要になった際に役に立ちそうですね。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Windows10】PC起動時にアプリを自動的に起動する方法

今日の記事は、タイトル通り、WindowsのPCを起動した時に、メールソフトなどの特定のアプリを自動的に起動する方法についてです。
Macだとアプリのアイコンを右クリック → メニューから簡単に設定できるのですが、Windowsだと少々面倒だったので、備忘録もかねてメモ。

なお、参考にさせていただいたサイトはこちらから。

Windows10 起動時にアプリを自動起動 – スタートアップに登録 – PC設定のカルマ
https://pc-karuma.net/windows-10-app-startup/

 

作業ですが、まず事前準備として、デスクトップなどのアクセスしやすい場所に、PC起動時に自動起動したいアプリのショートカットを作成しておきます。
次に、画面左下のWindowsスタートボタン(四角形が4つ組み合わさったボタン)を右クリックします。
で、メニューから「ファイル名を指定して実行」をクリック。
そうすると、下のようなウィンドウが表示されるので、そこに「shell:startup」と入力してOKをクリック。

すると「スタートアップ」フォルダーが表示されるので、ここに先程準備しておいたアプリのショートカットを移動させます。
作業としては以上で完了です。

 

PC起動と同時に、自動的に必須アプリが立ち上がるのは便利ですね。
パソコンを使うときに毎回必ず起動させているアプリがある人は、この方法を使って自動起動の設定をしておいてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
asaba 著者:asaba

【office】office365が使えなくなるというメールが・・・

最近になってoffice365の利用期間が終了しましたというメールが来ました。買ったときはそのような契約はした覚えはないし途中でソフトを買ってインストールしたことはなかったです。

ExcelとかWordが使えなくなるの?買ったばかりなのに・・・と一瞬困惑しましたが、一旦落ち着かせて調べてみることに

すると、officeのソフトとoffice365は全く別物ということが分かりました。こいつはソフトではなく、クラウドサービスのようです。

・最新のofficeをどのデバイスでも使うことが出来る。

・どのバージョンのofficeソフトも互換性を気にせずに使える。いちいちアンインストールしてまたインストールしなくてもいい

・セキュリティ更新が自動

というメリットがあるみたいです。https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/business/vp/user/office365.aspx

色々便利ですが、自分用パソコンではそもそもofficeのソフトをあまり使わないし使ったとしても大人数で管理するなんてことはないので当然スルーしました。

こういうのびっくりするから買ったときに説明してほしかったです。(若しくは自分が聞き逃したか)

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows10ではWi-Fiの優先度設定が削除されていた… GUIから再び設定できるようにする方法

現在はWindows 10に乗り換えていますが、以前はWindows 7を使っていました。
Windows 7の時は、記憶済みのWi-Fiアクセスポイントが電波が届く範囲で同時に複数あった場合、どのWi-Fiに優先して接続するかを設定することができました。

接続先優先順位変更方法(Windows 7の場合) – Y!Mobile

ところがWindows 10では、優先度を確認することはできますが、優先度を変更する機能は何故か削除されてしまいました。

優先度を変更できないと結構いろいろな場面で困ったことになります。
でも標準ではWindows 10ではコマンドラインによる設定方法しかなく、ちょっと面倒なうえ、頻繁に変更する可能性があるので正直ちょっとやりたくない。
なんとかGUIで変更する方法はないだろうか…と探していたところ、見つかりました…!

W10:ネットワークと共有センターからワイヤレスネットワークの管理機能が削除されていた – Scrap 2nd.

Wifinianというアプリを使うと、GUIから設定が可能らしいとのこと!!

Wifinian – Microsoft Store

しかもWindows 10 Anniversary Update以降であればMSストアからアプリとしてダウンロード可能です!
超ありがたい><

ということで早速インストール!

起動すると、タスクバーに扇型が3つ並んだようなアイコンが常駐し、クリックすると現在登録済みのアクセスポイント一覧が表示され、それぞれのアクセスポイントの状態などが表示されます。

右上の”Reorder”ボタンをクリックすると”Up””Down”ボタンが出現し、クリックすることで優先順位を変更することができます!
ちなみに、自分の環境で試したところ、ちゃんと優先順位が変更されていました!

WindowsはGUIで設定変更を行うのがメインな分、削除されてしまった時のダメージもなかなか痛いです(汗)
機能削除する際は慎重に行ってほしいなぁと感じた次第です。

  • この記事いいね! (2)