浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

TechCrunchとengadgetの日本版が無くなってしまうらしい…

先日、驚きの情報を目にしてしまいました…

「TECHCRUNCH JAPAN」および「エンガジェット日本版」終了のお知らせ – boundless

エンガジェット日本版 終了について編集部より皆様へ – engadget 日本版

なんと著名なIT系WebメディアのTechCrunch Japan と ガジェット系Webメディアの engadget 日本版 が終了してしまうそうです…

運営元のboundlessの記事によると、今回の閉鎖理由と今後について、次のように書かれています。

2006年よりTechCrunch Japan、2005年よりエンガジェット日本版のサイトをスタートし、より良いニュースサイトの提供を目指し、運営を行ってまいりましたが、米国本社のグローバル戦略に伴い、この度の決定となりました。
なお、2022年5月1日をもちまして、両サイトを閉鎖し、以降は、米国版のTechCrunchとEngadgetにリダイレクトされることになります。

https://www.beboundless.jp/press/corporate-announcement-02-15-2022

終了のスケジュールとしては、3/31に各記事の更新を終了、5/1にサイトが削除される予定とのことです。

因みに、内部事情を推察した特集記事を、同じIT系メディアのITmediaが投稿しています。

エンガジェット、TechCrunch日本版の終了を惜しむ 海外メディアの運営って結構大変という話 – ITmedia NEWS

終了が発表されてもなお、両メディアからは頻繁に貴重な情報が多数公開されており、この情報源が無くなるのかと考えると、残念な気持ちと、今後の情報収集どうしたらええんや…の気持ちに苛まれるわけで。

特にTechCrunchはGAMAをはじめとする各会社の内部事情など、結構踏み込んだ記事もありましたし、engadgetはAppleの発表会の内容や製品に関する新情報など、これまた貴重で細かな情報を配信していました。

このあたりの情報が入りづらくなってしまうのもつらいところですね。

しかし、エンジニアである以上、情報収集は欠かせないところ。他のソースも幅広く開拓していくように意識していくしかなさそうです。

  • この記事いいね! (0)