浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

[CentOS] MySQLをアップデート時にGPG鍵エラーが出た時の対処法

CentOSのMySQLをyumでアップデートしようとしたところ、次のようなエラーが発生。

warning: /var/cache/yum/x86_64/7/mysql80-community/packages/mysql-community-icu-data-files-8.0.28-1.el7.x86_64.rpm: Header V4 RSA/SHA256 Signature, key ID 3a79bd29: NOKEY
file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql から鍵を取得中です。


The GPG keys listed for the "MySQL 8.0 Community Server" repository are already installed but they are not correct for this package.
Check that the correct key URLs are configured for this repository.


 Failing package is: mysql-community-icu-data-files-8.0.28-1.el7.x86_64
 GPG Keys are configured as: file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

確認したところ、次のコマンドを実行するだけで解決できました。

sudo rpm --import https://repo.mysql.com/RPM-GPG-KEY-mysql-2022

どうやら、パッケージの改ざんを防ぐために必要なGPG鍵が最近変更されたのが原因のようです。
上記のコマンドを実行することで、新しい、正しいGPG 鍵を登録することができるため、エラーを解消することができたようです。

参考:

[2022-01] mysql80-communityリポジトリの yum update が失敗するときの対処方法 – Qiita

[MySQL] アップデート時にGPGキーのエラーで停止してしまう場合 – ねこの足跡R

  • この記事いいね! (0)