カテゴリーアーカイブ Webサービス

村上 著者:村上

【便利サイト】PNGやJPG画像を綺麗に圧縮してくれる「TinyPNG」

画像を圧縮したい、けど画質が粗くなるのはNG!というときにおすすめしたいサイトが、今回紹介する「TinyPNG」です。
Webサイトを作成する際、画像のサイズを小さくすることが重要になってきますが、このサイトを使えば、画像を圧縮しつつ、画質をほぼそのまま維持することができます。
ちなみに、私には圧縮前と圧縮後の写真の違いが全く分かりません。

TinyPNGへのリンクはこちら。

TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency
https://tinypng.com/

 

使い方はとっても簡単で、画面上部中央にある、「Drag your .png or .jpg file here!」と書かれた枠の中に、圧縮したい画像をドラッグするだけ!
もしくは、枠の中をクリックして、画像を選んでもOKです。
あとは、自動的に画像が圧縮されます。

圧縮後は画面が下記のように変わるため、「Download」をクリックして、圧縮した画像をダウンロードします。

今回の画像は、1.0MB から 246.2KB に圧縮できました。
実に 76% のサイズダウンです。

で、実際に圧縮した画像がこちら。
上がオリジナルで、下が圧縮後の写真です。

▼オリジナル

▼圧縮後

目が良い人にはわかるかもしれませんが、70% も圧縮したとは思えない画質です!
これならば、問題なくWebサイトにも利用できますね。

Webサイトの高速化にお悩みの方は、是非こちらのサイトで画像の圧縮をお試しになってはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

NginxでBASIC認証をプロキシするときの注意点

今回。hamamatsu-gnss.orgのサーバー切り替えを行ったのですが、移行先サーバでサービスの再起動後何故かBASIC認証が通らなくなる問題が発生。
80番ポートはWebページとポートを共有しているので、webサーバーとntripサーバーの前にNginxを置いて、ドメインで通信を振り分けています。
旧サーバーでは問題なく動いていたのですが、まったく同じ設定をコピーした新サーバーでは、RTKLIBからntripへ401ステータスで接続できなくなってしまいました。

ちなみに直で新サーバー側のntripへ接続すると、認証も問題なく通り、ログにも異常は見られなかったので、原因がNginxなのは間違いなさそうです。

認証の要らないsourcetableはNginx経由でも問題なく表示できたため、恐らくBASIC認証の際に必要なヘッダ情報が渡せていないのだろうと推測しました。
そこでいろいろ調べてみると、参考になりそうなサイトを発見。

Nginx を認証プロキシとして使う – Docker-docs-ja

正常にプロキシするには

      proxy_pass                          http://example.com;
      proxy_set_header  Host              \$http_host;   
      proxy_set_header  X-Real-IP         \$remote_addr; 
      proxy_set_header  X-Forwarded-For   \$proxy_add_x_forwarded_for;
      proxy_set_header  X-Forwarded-Proto \$scheme;

の記述が必要だったのですが、新サーバーの設定ファイルと見比べたところ

proxy_set_header  X-Forwarded-Proto \$scheme;

の記述が抜けていることがわかりました。
この一行を追記し、Nginxをリロード、もう一度試してみると…

無事接続できました!

Nginxはプロキシする際、バックエンドへ渡すヘッダー情報を自由に指定・編集することができるので、抜けがあると今回のようなことが起きます。
Nginxでシステムを構築した際は、こういう部分も気を付けてチェックしたいですね。

いやーしかし、今回は症状がちょっと奇妙だったのでちょっとだけ焦りました…(笑

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Twitterに新機能”スレッド”が追加! 連投が公式にサポート

高橋です。
先日、Twitterに新機能が実装されました。

Twitterに新機能「スレッド」が追加される 同じテーマの連続投稿が見やすく – HUFFPOST

Twitter上では以前から140文字を超える情報をどうしてもTL上で伝えないと行けないとき、1回目のツイートに返信する形で連投する、ということがよく行われていました。

今回のアップデートで、Twitterがこの”連投”をシステムとして実装。公式WebとAndroid/iOS版公式クライアントで利用できるようになりました。

いままで、返信でつなげて登録した際、うまく返信にならずにやり直したり、見る人によっては連投ツイートを見落とされたりする可能性がありましたが、今回のアップデートでより見てもらいやすくなりそうですね。

  • この記事いいね! (0)