ついにHUAWEIがGoogleにAndroid関連のサポート停止を言い渡される

takahashi 著者:takahashi

ついにHUAWEIがGoogleにAndroid関連のサポート停止を言い渡される

今朝、衝撃のニュースが飛び込んできました。

Google、Huawei端末へのサービス提供を一部停止 既存端末には影響なし – ITMedia

アメリカでHuaweiの締め出しが決まってから様々な動きがありましたが、とうとう今後発売されるHuawei製端末へのGoogleによるAndroid向けの基本サービス群(Google Playや開発者サービス、GmailなどのGoogle謹製サービス)の提供が停止されることになったようです。

よくよく考えてみれば、Googleはアメリカに本社のある企業なのでこういった規制もあり得る話ではあったのですが、プラットフォームの提供元による名指しでの提供停止というのはなかなか聞いたことがなかったので、とても驚きました。

ちなみにMicrosoftもアメリカに本社を置く企業ですが、万が一Microsoftもこの流れに追従することになった場合、Huaweiに対するWindows OSの提供が停止することも考えられるため、もしそうなった場合は事実上Huaweiが自社製のPCを製造できなくなることになります。(Linuxディストリや独自のOSを積むのであれば別ですが…)

もっともHuaweiは”自給自足”をして対抗するとのことで、今後どのような対策を打ってくるのかは非常に興味深いです。

Google公式サービスへのアクセスがブロックされたとはいえ、Android自体はオープンソースのOSであり、今回の規制に影響されることなく引き続きソースの入手は可能なので、Amazon KindleのようにAndroidベースの独自のエコシステムを構築する可能性も十分考えられます。

とりあえず、現在販売されている端末までは今まで通りGoogleの公式サービスを受けることができるようなので、既にHuawei製スマホを購入したユーザーは、心配する必要はなさそうです。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。