浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

mac OSのFinderでWebP画像をプレビューできるようにする方法

mac OSに搭載されているファイラー”Finder”では、デフォルトでWebP画像をプレビューすることができません。

しかし、プレビュー機能であるQuickLookのプラグイン(qlgenerator)を追加することで、デフォルトで未対応の形式も表示できるようになります。

公式ではありませんが、有志の方がWebP対応のqlgeneratorを公開されているので、こちらをインストールして、macでWebP画像が表示できるようになるかテストしてみました。

まず、ここから WebP対応のqlgeneratorファイルを入手します。

dchest/webp-quicklook – GitHub

zipファイルをダウンロードし、解凍すると、
WebP.qlgenerator
というファイルが出現するはずです。

解凍したら、次のコマンドを入力し、WebP.qlgeneratorファイルをmacのLibraryフォルダへ移動します。

#下記のどちらかを実行。

#ユーザーのみに適用
mv WebP.qlgeneratorを解凍したディレクトリ/WebP.qlgenerator ~/Library/QuickLook/

#macOS全体に適用(要管理者権限)
sudo mv WebP.qlgeneratorを解凍したディレクトリ/WebP.qlgenerator /Library/QuickLook/

#どちらの場合も必ず実行(プラグイン再読み込み)
qlmanage -r

これでプラグインが適用されたはずなので、実際に表示できるようになったか試してみます。

適当なWebP画像をワンクリックで選択して、スペースキーを押します。

こんな感じで画像がプレビューされれば成功です。

尚、QuickLookでプレビューさせることには成功しましたが、今回の方法ではデフォルトの”プレビュー”アプリでは開くことができませんでした。

どうせならプレビューアプリでも開けるようにしたかった…

もしプレビューアプリでも開く方法が見つかりましたら、またご紹介したいと思います。

参考:
https://github.com/dchest/webp-quicklook#webp-quicklook-plugin
https://project-p.jp/halt/2014/05/07/075036/

  • この記事いいね! (0)