カテゴリーアーカイブ ガジェット

takahashi 著者:takahashi

USBメモリ 容量表記の罠

USBメモリやポータブルHDDなどを買う際に、そのストレージの容量を確認してから買っている方がほとんどだと思います。

今回はこのUSBメモリの容量についてのネタです。

USBストレージを刺すと、パッケージに書かれている容量と、PCに刺した時に表示される容量が異なって見えることがよくあります。

USBストレージに不可視の容量が設定されていて少なく表示されている場合もありますが、例えば64GBのストレージを買ったのにPCにつないだら58GBぐらいの容量で表示され、”えっ、6GBも少ないじゃん…”となってしまう場合もあります。

この違いの一番の原因は、実はストレージの総容量を出すときの計算方法の違いにあるようです。

容量を表すByteという単位ですが、実はこの単位は特殊な部分があり、2つの計算方法が存在しています。

1000バイト=1KB、1000KB=1MB…

のように、1000単位で次の位に上がる”SI接頭辞”と、

1024バイト=1KB、1024KB=1MB…

のように、1024単位で位が上がっていく”二進数接頭辞”

の2種類です。

つまり、同じ100GBというデータ量でも、

100GB = 100 × 1000 × 1000 × 1000 (B)

の場合と

100GB = 100 × 1024 × 1024 × 1024 (B)

の場合があるということです。

(※11/27修正:計算式が間違っていました。申し訳ありません…)

ややこしいですよね…(;´∀`)

そして、USBストレージのパッケージに書かれている容量にはよくSI接頭辞が用いられていて、PC内での容量計算には二進数接頭辞が使われているので、実際は少なく表示されるようになっているわけです。

(PC上でSI接頭辞なんて普段ほとんど使う機会がないのになんでこればっかり使われるんでしょうね(;´∀`))

なので、例えば合計60GBのデータをバックアップしようとして、64GBのUSBメモリを購入したら、実際は58GBしかなかった…なんてことが起きたりもしますので、データの保存に必要な容量に合わせてストレージを購入する場合は、かなり余裕をもった容量のものを購入されることをお勧めします。

参考:
USBメモリについて(2)バイト単位について補足 – 【IT運用保守】サポーターズBlog

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

新型MacBook Proでシザーキーボードが復権するらしい

新しいMacBook Proが発表されたようです。

16インチMacBook Pro – Apple

Apple、16インチの新型MacBook Proを発表。Escキー復活! そして、さらばバタフライキーボード – Gizmodo

このMacの特徴として、上記のGizmodoさんの記事にもあるようにキーボードが今までAppleが推していた”バタフライキーボード”から、従来型の”シザーキーボード”に変更されている点です。

ただし、ただシザーキーボードを復権させるだけでなく、ちゃんと改良も施しているということで、そこはAppleらしいこだわりを感じさせます。

またTouch BarからEscキーが分離されたり、十字キーのデザインも見直されたりされているとのことで、”天板の林檎マークが光らなくなったMac”に変更されて以来の大幅な見直しとなりそうです。

僕はMacBook Air Late 2015 11インチを使用していて、まだ旧シザーキーボードが搭載されていたのですが、キーストロークがちゃんとあり、しっかりとした打鍵感もあってノートPCとしてはとても使いやすく気に入っていました。一方、それ以降に発売されたMacBookのバタフライキーボードは打鍵感が少なく、キーストロークも浅かったため個人的には使いづらいという印象でした。

個人的にはノートPCでキーボードが使いづらいのは致命的な欠点なので、”MacBook買うのはこれで最初で最後かなぁ、とすら思っていました。

今回シザーキーボードのMacBook Proが発表されたので、 今後ほかのMacBookにもシザーキーボードが採用されたものが出てくるかもしれません。

もし買い替えが必要になった時にMacBook Airにもシザーキーボードが採用された機種が出ていたら、是非購入したいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

SONY Xperia 1 のアップグレード・SIMフリー版がSONYストアで発売!

少し前に発表された新型のSONY製スマートフォン、”Xperia 1″ですが、動画のプロが使用する、正確な色が出力できるディスプレイと同等の色表示ができる機能を持っていたり、細かい操作が可能な専用のビデオカメラアプリが入っていたりと、かなり本格的な機能が入っていて一部で話題になっていました。

そんなXperia 1 ですが、先日、機能がアップグレードされ、SIMフリー端末となった後継(?)機種のXperia 1 Professional Editionが発売されました。

ソニー、プロ映像制作/写真家/ゲーマー向けスマホ「Xperia 1 Professional Edition」-PC Watch

このProfessional Editionと無印の違いとして、

・工場出荷時のディスプレイの個体差補正

・ デジタル一眼カメラ「α」シリーズとの連携機能をもつ「Imaging Edge Mobile」、プロが撮影画像を即時に納品できる「Transfer & Tagging add-on」のプリインストール

USB Type-C経由での有線LAN接続への対応

が追加された点で、よりプロが実用できるようなチューニングが施されたような形です。

SIMフリー版として販売されたことの代償として、グローバルモデルベースとなっているためにFelicaやワンセグなどの日本独自機能は省かれているとのことですが、日本ではXperiaシリーズ自体がほとんどキャリアを通してでしか入手できないことがほとんどだったので、XperiaのフラグシップモデルがSIMフリー版として単独で入手できるのは非常にうれしいポイントだと思います。

ただ、とことん性能が追及されている分、お値段が一般的なノートPCと同じぐらいの設定になっているのがかなりつらいところです。

最近動画専用カメラがちょっとほしいなーと思っていたので、Xperia 1はまさに選択肢になりうる端末ではあるのですが…これは悩ましいですね(;´∀`)

Xperia 1 Professional Edition – SONY

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Androidナビを買ってみた

最近、車用のナビ端末を購入しました。

DATAWESTのConnectNaviという機種です。

いままでAndroidタブレットを可能な限り設定でナビさながらに動作するように工夫をしていたのですが、起動が遅かったり、途中で案内が止まってしまったり、万が一電池がなくなってしまった場合はある程度充電されるまで起動ができなかったり…などの問題がありました。

運転中に動作が止まってしまうのはかなり危険なので、思い切って”ナビ化したAndroid端末”から”Android搭載ナビ”に買い換えました。

こちらは車で使用することが前提になっているため、充電が0%でも起動できたり、電源を入れたら自動で起動、OFF時は連動でスリープモードになったり、などナビ用として始めから最適化されてるのはかなりありがたいポイントです。

また、512MB RAMという低スペックではあるのですが、(たまにつっかかることはあるものの)想像していたよりも動作も早いです。

なぜAndroid搭載という特殊なものを選んだのかというと、Androidであれば標準のナビアプリだけでなく、自分の好きなナビアプリと差し替えることが可能だからです。

たとえば、標準のナビアプリは地図更新が無料なのは良いのですが、VICSを受信することができません。

そこで、NAVITIMEなどの有料カーナビアプリをインストールして使うことで、VICS情報も受信することができるようになります。

そういった柔軟性もAndroid搭載のメリットですね。

ただし、なぜかストレージは8GBあるのに、アプリ用の領域には1GBしか割り当てられていないので注意が必要です。(地図完全インストール型のカーナビタイムはインストールできませんでした…)

こういったAndroid搭載ナビもきっと需要も高いと思うので、是非もう少しハイスペック版のものも出してほしいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

大手MNO3社で中古端末もSIMロック解除が可能に

携帯回線を提供するMNOのドコモ、ソフトバンク(Y!Mobile含む)ともに、中古のSIMロック解除対応端末についても、SIMロックの解除が可能になりました。

ドコモからのお知らせ : SIMロック解除の受付条件を一部変更 – docomo

ソフトバンクが「SIMロック解除」要件を緩和 中古端末でも来店すれば原則ロック解除可能に – ITMedia Mobile

なお、残るauについても、2019年9月1日までには対応したい考えのようです。

中古スマホのSIMロック解除、auも「9月1日までに」対応予定〜ソフトバンクに続き – engadget 日本版

従来では各社で端末をSIMフリー化したい場合は、端末を最初に購入したユーザーが解約後90日以内までにSIMロック解除の手続きを行う必要があり、この機会を逃してしまうと該当の端末は永久にSIMロック解除できなくなってしまう状態でした。

しかし、今回の変更で、そういった期限切れや中古販売されている端末もSIMロックの解除ができるようになりそうです。
(※SIMロック解除機能が搭載されていない古い端末は解除できません。)

ただし、解除するためには、各端末の提供元キャリアの実店舗へ行き、手続き料3000円を支払ったうえで手続きを行う必要があります。

自分はたまに中古販売店に行ってよさそうな端末がないか探しに行くのですが、前に中古販売店で見た限りではSIMロック未解除の端末は、SIMロック済み端末よりも若干安い価格で販売されている印象でした。(現にSIMロック解除済み端末の場合は、解除していない場合と比較して買い取り額を高く設定している業者も存在しています。)

そのままの価格であればSIMロック未解除の端末のほうが安く手に入ってお得な感じになりそうですが、個人的には中古端末もSIMロック解除できるようになったことで、今後値上がりもありえそうな気がしています。

そのあたりの動向が実際にどうなっていくのかも今後チェックしたいところですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Raspberry Pi 4 Model B 発売!! ついにギガビットLANやUSB3が搭載されるが、一方で不具合も…

ついに Raspberry Pi 4(Model B)が 2019年6月24日に発売されました!!!

Raspberry Piは5000円弱で購入できる、シングルボードコンピューターです。

低価格でありながら、現行のスマートフォンに迫る性能を搭載し、PC用のOSをインストールすることが可能で、学習用や電子工作、実験などで使用される大人気のガジェットとなっています。

Raspberry Pi公式サイト

今回発売されたのはそんなRaspberry Piの4回目のメジャーアップデートの機種となっています。

具体的にどの部分がアップデートされたかというと、まずは待望のUSB 3.0ポート、そしてついに本物のギガビットイーサネットが搭載されました…!!!

ラズパイは価格と性能のバランスが取れたいい端末だなーとは思っていたものの、唯一、ギガビットイーサネットが搭載されていないのが残念なポイントでした。

今回のラズパイ4でその欠点が無くなり、より実用的になりました。

ここまでのスペックがあれば、ファイルサーバーやWebサーバーとして使ってもよいレベルかもしれません。(HDDを繋げる場合は、電力の関係で外部電源供給に対応した機種の方がよさそうではありますが…)

また、USB 3.0もラズパイとしては初めて、2ポート搭載されました。

USBハブとUSB3.0対応のLANアダプタを使用すればルーターとしても使用できるかもしれませんね。

また、ラズパイ4からフルサイズのHDMI端子は廃止され、代わりにmicro HDMIが2ポート搭載されました。

アダプタや対応ケーブルを使用しないと主流のフルサイズHDMIと接続できないのは不便ですが、2ポート搭載されているので、なんとラズパイ1つでデュアルディスプレイ環境が実現できてしまうようです。すげぇ…

こんな感じで、大きく進化したRaspberry Pi 4ですが、一方で現時点ですでにいくつか不具合も報告されています。

「Raspberry Pi 4」は発熱が懸念されるも新ファームウェアで改善可能だとのレビュー結果 – Gigazine

どうやらかなり発熱があったらしく、それが原因で動作のパフォーマンスが低下してしまうことがあったようです。

また、

Raspberry Pi 4、USB-C実装に不備。一部のケーブルで給電できない不具合 – engadget

Raspberry Pi 4から宮殿部分もmicroUSBからUSB Type-Cに変更されているのですが、仕様上の問題でeMakerを搭載したUSB Type-Cケーブルを使用した電源供給ができないとのことです。

eMakerを搭載しないケーブルであれば問題なく電源供給できるとのことで、ACアダプタやケーブルを購入する場合は注意が必要そうです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Pixel 3aをセットアップしてみた。

前回の記事で、Pixel 3aの開封の様子をご紹介しました。

Pixel 3a を買ってみた!

今回は続きの初期設定をご紹介します。

Pixel 3aを初めて起動すると、こんな画面が表示されます。

デフォルトは英語ですが、Englishの部分をタップすると言語を日本語に変更することができます。

開始をタップして初期設定を開始します。

設定項目としてはWi-Fiの設定をしたのち、次のような画面が出てきます。

次へをタップすると

データを移行するために、今まで使用していたスマートフォンとUSBケーブルを接続するように求められます。
USBケーブル同士を接続して認識されると、なんと旧端末のXperia Z5側の画面が自動で切り替わりました …!

Xperia Z5はPixel 3aが発売されるはるか前に発売された端末のはずです。
いつの間にこんな機能が付加されていたのでしょうか…?(多分PlayStoreで更新可能なGoogleのサービス周りにくっついてるのだと思いますw)

暫くすると、Pixel側で旧スマホの画面を確認するように表示され、旧端末側でロックを解除するように求められます。

旧端末側で画面ロックに使用していた認証情報(画像の場合はPINコード)を入力します。(打ち間違いでエラーが出てますね…すみません💦)

認証に成功すると、旧端末側の画面が画像のようになりますので”コピー”をタップします。

まずはログイン中のGoogleアカウントがすべて引き継がれます。

Googleアカウントのセキュリティの設定によってはPixel側でパスワードを求められるので入力します。

アカウントのコピーが完了するとPixel側に引き継がれたアカウントのメールアドレスがすべて表示されるので、旧端末でログインしていたGoogleアカウントがすべて表示されているかどうかを確認します。

全てリストされているのを確認して次へをタップ。

Googleアカウント以外のデータのコピーが開始されます。

自分の環境の場合、30~40分ほどかかったと思います。

データをコピーしている間、Pixel側では引き続き設定をつづけることができます。
次へをタップします。

スマートフォンのデータを随時バックアップしておくかの設定です

この設定をonにしておくと、端末の設定などのデータや、データバックアップに対応したアプリのデータ、インストール済みアプリのリストなどを自動でバックアップしてくれるので、例えば端末の初期化や次回乗り換える際に再セットアップの時間を短縮することができます。

プライバシーに気を使ってるなどの理由がない限り、onにしておいて損はないと思います。

次は指紋認証の設定。

万が一指紋認証できなくなった際の、代わりのPINコードを設定します。

裏面のセンサーに数回触れて指紋を登録します。

完了すると上の画像のような画面になります。

次はGoogleアシスタントの設定。

”OK Google”と呼びかけただけで反応してもらえるようになります。

次はPixel 3aの特徴でもあるActive Edgeの設定。
Pixel 3シリーズの端末は、本体側面をぎゅっと握るだけでGoogleアシスタントを起動することができるようになっています。

ここでは、どれだけ強く握ったら起動するかの設定を行います。

次はスリープ状態のときに情報を表示し続けるかの設定です。

有効にしておくと、こんな感じで常時表示されます。(タップ操作は受け付けないので、この状態のまましまっても大丈夫です。)

そのほか追加設定も行えます。

こちらについては、僕は今回はスキップしました。
設定としてはこれでだいたい全部です。

あとは先ほどから実行している旧端末からのデータコピーの完了を待ちます。

コピーが完了するとこのような画面になります。

機種によって異なるのかもしれませんが、自分が使用しているXperia Z5からのコピーでは、上の写真のようになりました。
本体だけでなく、SDカードに入っていた写真類もコピーされるようです。

アプリはここですべてコピーされるわけではなく、旧端末にインストール済みになっていたアプリと同じアプリをPlayStoreから自動で取得してインストールする仕組みになっていて、設定完了後にインストールが開始されるようになっていました。

アプリのインストールが完了すれば、晴れて使用できる状態になります。

記事として説明すると結構長い量に見えますが、実際はとてもシンプルな設定項目もなく、SIMの設定も含め、可能な限り自動で行ってくれる点は好印象でした。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Pixel 3aを買ってみた!

以前ちょっと紹介しましたが…

Pixel 3a買ってしまいましたw(∩´∀`)∩ワーイ

Pixel 3aは、色は3色から選べるのですが、僕は今回Purple-ishというカラーを選びました。

一見白っぽく見えますが、”いわれてみれば…”って感じでうっすらと紫ががった、不思議な色です。

ちなみに電源ボタン部分だけ緑色になっています。お洒落。

表側のディスプレイ部分は黒色になっています。

裏側にシールをはがすためのタブがあるのでこれを引っ張ると、チーズの包み紙のようにはがせるようになっています。

はがすとこんな感じ。
ピカピカです。

付属品も全部取り出してみました。

本体以外に取扱説明書、SIMトレー取り出しピン、USB Type-C ⇔ USB Type-C のケーブル、ACアダプタ、USB Type-A → USB Type-C 変換アダプタ、そしてGoogleのロゴシールが入っていました。

それではドキドキしながら、いよいよ本体の電源を入れてみます!

Googleのロゴが表示されました!!!
キャリアの表示なども一切出ない、Googleの純正Androidの証が見て取れますね。

数秒程で起動が完了し、初期設定画面が表示されました。

ここからPixelの初期設定をしていく形になります。
初期設定の内容は、次回ご紹介したいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

新世代のiPod Touchが突如発表!中身は実質iPhoneなので開発者も要チェック!!

 先日、突然Appleが新しいiPod Touchをリリースしました!

iPod Touch – Apple

“iPod”と銘打たれてますが、iPhoneと同じiOSが使われており、実質”Wi-Fi版iPhone”となっています。
なので、iPod TouchをそのままiPhoneアプリやWebのテスト用端末として使用することも可能です。

また、iPhone 5やiPhoneSEとほぼ同じサイズということで、現行iOS端末内での最小サイズの画面で表示確認ができるというのもアドバンテージかもしれません。

ただし、カメラの性能はiPhoneと比べると低めとなっており、セルラーモデルのiPadとWi-FiのみのiPadとの違いと同様に、GPSが搭載されていないなどの違いがありますので、注意は必要です。
また、今回のiPod TouchにもTouchID/FaceIDは搭載されていないので、生体認証を用いた機能を使用することはできません。

iOSアプリの開発のハード面のハードルとして、必須ではないとはいえ高額な実機を購入しないと実機でデバッグできないというのはなかなか痛いところだったので、そこを従来よりも安く抑えられる選択肢が出てきたことはとてもありがたいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

GoogleがPixel3aをついに発表!無印の半額で入手できる端末の性能が気になる。

先日開かれたGoogleのイベントで、以前から”Pixel3 Lite”として噂されていたPixel3シリーズの廉価版スマートフォン、Pixel 3a/3aXLが発表されました!!!

Google Pixel 3a – Google Store

無印のPixel 3/3XL は高精細かつ夜にも強いカメラ搭載、SoCもハイエンドのSnapdragon 845が搭載され、さらにOSには改造なしの純正のAndroid 9 pie が利用できるというものでした。

一方今回発表されたPixel 3a/3aXLは、カメラの性能はほぼそのままで、廉価版のSoC(Snapdragon 670)への変更や耐水性を落とす(その代わりにイヤホンジャックが追加)などの変更をする代わりに無印の約半額という価格で販売されるようです。

ただし、Pixel Visual Core™は非搭載になっているようなので、この差がどのように響いてくるのかがちょっと気になるポイントです。

Pixelシリーズのスペック比較ページ – Google Store

僕は前回発表された無印のPixel3が出たら必ず買おうと思っていたのですが、想像以上に高額で手が出ませんでした。
今回の3aシリーズの方は元値が5万円を切っているので、予算的にも十分購入可能な、現実的なお値段です。

そんなこともあり、今回はかなり購入を悩んでいます。

とりあえず、実機が出てきてから、触って動作をチェックしてから決めたいと思います。

  • この記事いいね! (0)