カテゴリーアーカイブ ガジェット

takahashi 著者:takahashi

Raspberry Pi 4 Model B 発売!! ついにギガビットLANやUSB3が搭載されるが、一方で不具合も…

ついに Raspberry Pi 4(Model B)が 2019年6月24日に発売されました!!!

Raspberry Piは5000円弱で購入できる、シングルボードコンピューターです。

低価格でありながら、現行のスマートフォンに迫る性能を搭載し、PC用のOSをインストールすることが可能で、学習用や電子工作、実験などで使用される大人気のガジェットとなっています。

Raspberry Pi公式サイト

今回発売されたのはそんなRaspberry Piの4回目のメジャーアップデートの機種となっています。

具体的にどの部分がアップデートされたかというと、まずは待望のUSB 3.0ポート、そしてついに本物のギガビットイーサネットが搭載されました…!!!

ラズパイは価格と性能のバランスが取れたいい端末だなーとは思っていたものの、唯一、ギガビットイーサネットが搭載されていないのが残念なポイントでした。

今回のラズパイ4でその欠点が無くなり、より実用的になりました。

ここまでのスペックがあれば、ファイルサーバーやWebサーバーとして使ってもよいレベルかもしれません。(HDDを繋げる場合は、電力の関係で外部電源供給に対応した機種の方がよさそうではありますが…)

また、USB 3.0もラズパイとしては初めて、2ポート搭載されました。

USBハブとUSB3.0対応のLANアダプタを使用すればルーターとしても使用できるかもしれませんね。

また、ラズパイ4からフルサイズのHDMI端子は廃止され、代わりにmicro HDMIが2ポート搭載されました。

アダプタや対応ケーブルを使用しないと主流のフルサイズHDMIと接続できないのは不便ですが、2ポート搭載されているので、なんとラズパイ1つでデュアルディスプレイ環境が実現できてしまうようです。すげぇ…

こんな感じで、大きく進化したRaspberry Pi 4ですが、一方で現時点ですでにいくつか不具合も報告されています。

「Raspberry Pi 4」は発熱が懸念されるも新ファームウェアで改善可能だとのレビュー結果 – Gigazine

どうやらかなり発熱があったらしく、それが原因で動作のパフォーマンスが低下してしまうことがあったようです。

また、

Raspberry Pi 4、USB-C実装に不備。一部のケーブルで給電できない不具合 – engadget

Raspberry Pi 4から宮殿部分もmicroUSBからUSB Type-Cに変更されているのですが、仕様上の問題でeMakerを搭載したUSB Type-Cケーブルを使用した電源供給ができないとのことです。

eMakerを搭載しないケーブルであれば問題なく電源供給できるとのことで、ACアダプタやケーブルを購入する場合は注意が必要そうです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Pixel 3aをセットアップしてみた。

前回の記事で、Pixel 3aの開封の様子をご紹介しました。

Pixel 3a を買ってみた!

今回は続きの初期設定をご紹介します。

Pixel 3aを初めて起動すると、こんな画面が表示されます。

デフォルトは英語ですが、Englishの部分をタップすると言語を日本語に変更することができます。

開始をタップして初期設定を開始します。

設定項目としてはWi-Fiの設定をしたのち、次のような画面が出てきます。

次へをタップすると

データを移行するために、今まで使用していたスマートフォンとUSBケーブルを接続するように求められます。
USBケーブル同士を接続して認識されると、なんと旧端末のXperia Z5側の画面が自動で切り替わりました …!

Xperia Z5はPixel 3aが発売されるはるか前に発売された端末のはずです。
いつの間にこんな機能が付加されていたのでしょうか…?(多分PlayStoreで更新可能なGoogleのサービス周りにくっついてるのだと思いますw)

暫くすると、Pixel側で旧スマホの画面を確認するように表示され、旧端末側でロックを解除するように求められます。

旧端末側で画面ロックに使用していた認証情報(画像の場合はPINコード)を入力します。(打ち間違いでエラーが出てますね…すみません💦)

認証に成功すると、旧端末側の画面が画像のようになりますので”コピー”をタップします。

まずはログイン中のGoogleアカウントがすべて引き継がれます。

Googleアカウントのセキュリティの設定によってはPixel側でパスワードを求められるので入力します。

アカウントのコピーが完了するとPixel側に引き継がれたアカウントのメールアドレスがすべて表示されるので、旧端末でログインしていたGoogleアカウントがすべて表示されているかどうかを確認します。

全てリストされているのを確認して次へをタップ。

Googleアカウント以外のデータのコピーが開始されます。

自分の環境の場合、30~40分ほどかかったと思います。

データをコピーしている間、Pixel側では引き続き設定をつづけることができます。
次へをタップします。

スマートフォンのデータを随時バックアップしておくかの設定です

この設定をonにしておくと、端末の設定などのデータや、データバックアップに対応したアプリのデータ、インストール済みアプリのリストなどを自動でバックアップしてくれるので、例えば端末の初期化や次回乗り換える際に再セットアップの時間を短縮することができます。

プライバシーに気を使ってるなどの理由がない限り、onにしておいて損はないと思います。

次は指紋認証の設定。

万が一指紋認証できなくなった際の、代わりのPINコードを設定します。

裏面のセンサーに数回触れて指紋を登録します。

完了すると上の画像のような画面になります。

次はGoogleアシスタントの設定。

”OK Google”と呼びかけただけで反応してもらえるようになります。

次はPixel 3aの特徴でもあるActive Edgeの設定。
Pixel 3シリーズの端末は、本体側面をぎゅっと握るだけでGoogleアシスタントを起動することができるようになっています。

ここでは、どれだけ強く握ったら起動するかの設定を行います。

次はスリープ状態のときに情報を表示し続けるかの設定です。

有効にしておくと、こんな感じで常時表示されます。(タップ操作は受け付けないので、この状態のまましまっても大丈夫です。)

そのほか追加設定も行えます。

こちらについては、僕は今回はスキップしました。
設定としてはこれでだいたい全部です。

あとは先ほどから実行している旧端末からのデータコピーの完了を待ちます。

コピーが完了するとこのような画面になります。

機種によって異なるのかもしれませんが、自分が使用しているXperia Z5からのコピーでは、上の写真のようになりました。
本体だけでなく、SDカードに入っていた写真類もコピーされるようです。

アプリはここですべてコピーされるわけではなく、旧端末にインストール済みになっていたアプリと同じアプリをPlayStoreから自動で取得してインストールする仕組みになっていて、設定完了後にインストールが開始されるようになっていました。

アプリのインストールが完了すれば、晴れて使用できる状態になります。

記事として説明すると結構長い量に見えますが、実際はとてもシンプルな設定項目もなく、SIMの設定も含め、可能な限り自動で行ってくれる点は好印象でした。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Pixel 3aを買ってみた!

以前ちょっと紹介しましたが…

Pixel 3a買ってしまいましたw(∩´∀`)∩ワーイ

Pixel 3aは、色は3色から選べるのですが、僕は今回Purple-ishというカラーを選びました。

一見白っぽく見えますが、”いわれてみれば…”って感じでうっすらと紫ががった、不思議な色です。

ちなみに電源ボタン部分だけ緑色になっています。お洒落。

表側のディスプレイ部分は黒色になっています。

裏側にシールをはがすためのタブがあるのでこれを引っ張ると、チーズの包み紙のようにはがせるようになっています。

はがすとこんな感じ。
ピカピカです。

付属品も全部取り出してみました。

本体以外に取扱説明書、SIMトレー取り出しピン、USB Type-C ⇔ USB Type-C のケーブル、ACアダプタ、USB Type-A → USB Type-C 変換アダプタ、そしてGoogleのロゴシールが入っていました。

それではドキドキしながら、いよいよ本体の電源を入れてみます!

Googleのロゴが表示されました!!!
キャリアの表示なども一切出ない、Googleの純正Androidの証が見て取れますね。

数秒程で起動が完了し、初期設定画面が表示されました。

ここからPixelの初期設定をしていく形になります。
初期設定の内容は、次回ご紹介したいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

新世代のiPod Touchが突如発表!中身は実質iPhoneなので開発者も要チェック!!

 先日、突然Appleが新しいiPod Touchをリリースしました!

iPod Touch – Apple

“iPod”と銘打たれてますが、iPhoneと同じiOSが使われており、実質”Wi-Fi版iPhone”となっています。
なので、iPod TouchをそのままiPhoneアプリやWebのテスト用端末として使用することも可能です。

また、iPhone 5やiPhoneSEとほぼ同じサイズということで、現行iOS端末内での最小サイズの画面で表示確認ができるというのもアドバンテージかもしれません。

ただし、カメラの性能はiPhoneと比べると低めとなっており、セルラーモデルのiPadとWi-FiのみのiPadとの違いと同様に、GPSが搭載されていないなどの違いがありますので、注意は必要です。
また、今回のiPod TouchにもTouchID/FaceIDは搭載されていないので、生体認証を用いた機能を使用することはできません。

iOSアプリの開発のハード面のハードルとして、必須ではないとはいえ高額な実機を購入しないと実機でデバッグできないというのはなかなか痛いところだったので、そこを従来よりも安く抑えられる選択肢が出てきたことはとてもありがたいですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

GoogleがPixel3aをついに発表!無印の半額で入手できる端末の性能が気になる。

先日開かれたGoogleのイベントで、以前から”Pixel3 Lite”として噂されていたPixel3シリーズの廉価版スマートフォン、Pixel 3a/3aXLが発表されました!!!

Google Pixel 3a – Google Store

無印のPixel 3/3XL は高精細かつ夜にも強いカメラ搭載、SoCもハイエンドのSnapdragon 845が搭載され、さらにOSには改造なしの純正のAndroid 9 pie が利用できるというものでした。

一方今回発表されたPixel 3a/3aXLは、カメラの性能はほぼそのままで、廉価版のSoC(Snapdragon 670)への変更や耐水性を落とす(その代わりにイヤホンジャックが追加)などの変更をする代わりに無印の約半額という価格で販売されるようです。

ただし、Pixel Visual Core™は非搭載になっているようなので、この差がどのように響いてくるのかがちょっと気になるポイントです。

Pixelシリーズのスペック比較ページ – Google Store

僕は前回発表された無印のPixel3が出たら必ず買おうと思っていたのですが、想像以上に高額で手が出ませんでした。
今回の3aシリーズの方は元値が5万円を切っているので、予算的にも十分購入可能な、現実的なお値段です。

そんなこともあり、今回はかなり購入を悩んでいます。

とりあえず、実機が出てきてから、触って動作をチェックしてから決めたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

スマホとボケ

私のスマホのカメラがボケるようになってしまいました。

インカメラは問題無し。はじめカメラアプリが壊れたと思ってたのですが、どうやらハードウェア自体が故障した様です。

まあカメラだけであれば、別のカメラでどうにかなると思っていたけど、問題はQRコードリーダ。結構厄介です。なにか情報ないでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

AppleがiPadラインナップを”サイレント”アップデート!iPad Air&iPad miniが復活!!

昨日、Appleに動きが。

ガジェットのニュースをメインに紹介されているギズモード・ジャパンさんのTwitterアカウントがApple公式サイトの異変を伝えました。

突如として始まったApple Storeメンテナンス。
一体何が…と思ったら、

なんとiPadの新製品が追加されました!!!

しかも最近まったく新世代の音沙汰がなかったiPad miniとiPad Air !!!

iPad mini 第5世代 – Apple

iPad Air 第3世代 仕様 – Apple

新しいiPad miniは SoCにA12 Bionicチップ、 True Tone採用の7.9インチRetinaディスプレイ搭載、
そして新しいiPad Airも同じく A12 Bionicチップ、True Tone採用の10.5インチRetinaディスプレイ搭載となっています。

両機種ともにストレージ容量は64GB/256GBのいずれかを選択可能なようです。

そして一番嬉しいのがいずれもApple Pencilに対応したこと。
今回の発表でついに全iPadの最新版でApple Pencilに対応したことになります。

ただ、個人的に残念なのが、この前発表された新型iPad Proの後に発表されたのに、Apple Pencil第二世代とUSB-Cに対応しなかった点。
iPad Proに優位性をつけたかったのだと思いますが、一世代前感を少し感じてしまうのがちょっと微妙なところです。

とはいえ、用途に合ったiPadを選択できる幅が再び広がったことは購入する側からするととてもありがたいですし、iPad miniやAirの後継機種を待っていたユーザーにとっては嬉しいニュースになったのではないかなと思います。

一方で、今月3/25にAppleが発表会イベントを行うと予告しているようです。

Appleが3月25日にスペシャルイベント開催 新iPad発表か – ITMedia Mobile

上記の記事にもあるように”iPadが発表されるのでは”、という噂もあったようですが、その伏線は発表会前に回収されてしまいました。

では一体このイベントではいったい何が発表されるのか…続報が楽しみですね。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Amazon DashButtonの販売が終了するらしい

以前一度話題になったAmazon DashButtonですが、どうやら販売が終了されることが決まったらしいです。

押すだけで買い物ができるAmazonの「Dash Button」販売終了へ – Gigazine

記事によると、Alexaなどのスマートデバイスが代わりの役目を果たすようになたことによって、お役御免となりつつあるのがその理由だそうです。

ただ、個人的には手軽さとしては声でコマンドを与えて注文するよりも、ボタンを押すだけの方が簡単なように思えますし、なにより注文をするためだけにAlexaを購入するのはちょっと高すぎます。

スマートデバイスが代替えになる、というのはちょっと違うような気がしますし、販売終了は残念ですね…

Amazon、Dash Buttonの販売を終了。バーチャルダッシュなどは継続 – engadget

なお、現在まだダッシュボタンを使っている人や、Amazon サイトの画面上に表示されるバーチャルダッシュボタンは引き続き利用できるようです。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

microSDに新規格が登場。その名も「microSD Express」

デジカメなどでよくお世話になる”microSD”カードですが、最近アップデートが活発なUSB規格のように、microSDにも従来より高速な規格が登場しました。

その名も”microSD Express”

最大985MB/sを実現する高速SDカード規格「SD Express」 – PC Watch

NVMe 1.3およびPCIe 3.1をベースとしていて、理論値転送速度はなんと最大で985Mbpsにも及ぶそうです。
これだけの速度があれば、普通にSSDの代わりとして使うこともできそうですね。

SD Express/microSD Express の速度高速化は、端子の数を増やすことによって実現しているようです。

なので、SD Express規格の性能をフルに引き出すには、SD Expressに対応したリーダ/ライタが必要になります。

一方で、下位互換性も担保されているようなので、従来の速度に落ちてしまいますが、今までのリーダ/ライタを使ってデータを読み書きすることも可能です。

今までに販売されたカメラでは残念ながらこの新しい規格のSDカードのスペックを生かすことはできませんが、今後このSD Expressシリーズに対応し、一般向けに高精細な映像が撮影機器が発売されれば、個人てもテレビ局並みの4K、8K映像が手軽に撮影できたり…なんてことになったら素敵ですよね。

今後の展開が楽しみです。

SD Express 公式アナウンス動画
microSD Express 公式アナウンス動画

SD Association

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

HoloLens2、ついに発表!!より実用的なガジェットに進化している模様。

2016年に初代HoloLensが発売されて以降、暫く音沙汰がなかったHoloLensですが、ここ最近、HoloLensの後継機、HoloLens2 についてのうわさがネットのニュースサイトなどで多数出回っていました。

そしてその噂通り、先日マイクロソフトが開催した発表会で、HoloLens2が発表されたようです!

Microsoft HoloLens 2発表、3500ドル。視野角から画素密度、視線+ハンドトラッキングまで徹底改良 – engadget

詳細は上記engadgetさんの記事などを参照いただければわかりやすいと思います。

個人的に気になった点をご紹介します。

1.本体がよりコンパクトに。

初代機と比較して、見た目がかなりコンパクトになりました。

公式サイト より

発表会の映像では、HoloLensの父と呼ばれているアレックス・キップマンさんが実際に HoloLens2を装着している映像を見ることができますが、初代気に合ったゴツさが消え、よりスマートになった印象があります。

より”ARメガネ”に近づいてきた感じがしてワクワクしますね!

2. 指のトラッキングが可能に

HoloLens2では、装着車の指の一本一本が詳細にトラッキングすることが可能になり、指を使ったUIの操作は勿論、なんとホログラフィックのピアノを演奏することも可能なレベルだというから驚きです。

今頃指のトラッキング…?と思われる方もいるかもしれませんが、最近はやり始めたVRでも、指のトラッキングは一応できるとはいえちょっと難しい部分もあるようなので、ピアノが弾けるレベルで高精細トラッキングができるようになったというのは凄いと思います。

3. 虹彩認証を搭載。瞬時にユーザーを識別可能に。

これだけでも凄すぎる要素が満載ですが、MR以外でもすごい点があります。

その点の一つが、なんとHoloLens2にはWindows Hello の虹彩認証機能が搭載されている点。

HoloLensを装着した際にユーザーの光彩をスキャンし、瞬時にサインインが可能だそうです。

個人的に主に気になったのは上記3点ですが、他にも注目したい点が満載の内容になっています。
ここまで来ると、SF映画の中で登場するデバイスをそのまま現実の世界に持ってきたかのように感じてしまいますね。

“電脳コイル”のような世界がもうすぐそこに迫っているように感じられて、とても夢が広がる内容だと思います。

今回は企業向けの内容がメインで、HoloLens本体も初代より安価になったとは言えまだまだ高額なのが惜しいですが、今まででも既にたくさんのコンシューマー向けガジェットを販売してきたMicrosoftなので、将来的にコンシューマー向けのHoloLensが発売されることを期待したいです。

  • この記事いいね! (0)