AccessからDBにアクセスできなくなった場合の対処法

takahashi 著者:takahashi

AccessからDBにアクセスできなくなった場合の対処法

先日配信されたWindows Updateによって、AccessからODBCを経由したDBへの接続ができなくなってしまっているようです。

Access で、”クエリが破損しています” というエラー が表示される – パソコンのツボ ~Office のTIP

今回原因といわれているWindows UpdateのIDは下記のとおりです。

  • Office 2016 を使用している場合
    • KB4484113
    • KB4484148
  • Office 2013 を使用している場合
    • KB4484119
    • KB4484152
  • Office 2010 を使用している場合
    • KB4484127
    • KB4484160

Microsoftのサイトの記事によると、すでに修正版パッチはできているようですが、リリースは2019/12/10になってしまうようです。(なぜ一カ月後…)

それまでの間Accessが動かない状態で放置…というのは無理な場合も多いと思います。 一時的な 回避策として、下記の作業を行うことでAccessが使える状態に戻すことができます。

まずは問題を引き起こしている更新をアンインストールします。

Windowsの設定アプリから項目”アプリ” を開きます。

アプリの画面が表示されたら、”アプリと機能”内(右側もしくは最下部)にある”プログラムと機能”をクリックします。

開いたコントロールパネル内の”インストールされた更新プログラムを表示”をクリックします。

検索欄から対象となる更新プログラムを検索します。

見つかった対象の更新プログラムをひとつづつ選択し、”アンインストール”をクリックします。(※Accessを開いていた場合は終了させられる場合があるので、先にAccessを終了させてください。)

以降画面に従ってアンインストールを完了させます。

これを対象の更新をすべてアンインストールするまで続けます。

この時点で再びAccessからDBへ接続できるようになっているかと思いますが、このままにしておくと再び同じ更新が自動でインストールされてしまい、不具合が再発するため、問題の更新そのものを無効化して再発を防ぎます。

まず、 MicrosoftのWebページから、Windows Update更新除外ツールを入手します。

赤線で囲ったところから入手できます。

次に、ダウンロードしてきた wushowhide.diagcab を起動します。

するとトラブルシューティングの画面が起動します。

次へをクリックします。

Windows Updateのスキャンが始まるので待ちます。

“更新を隠す”と”隠した更新を表示する”の2項目が表示されます。上の”Hide updates(更新を隠す)”をクリックします。

まだ適用されていない更新の一覧が表示されるので、中から先程アンインストールした更新にすべてチェックを入れます。

チェックしたら”次へ”をクリックします。

更新の除外が行われます。完了するまで待ちます。

以上で問題の更新は自動でインストールされなくなります。

なお、先程書いた通り2019/12/10に今回の更新の修正版がリリースされる予定になっていますので、12/10を過ぎたら下記の手順で今回除外した更新を再度表示させて、インストールを実行する必要があります。

今回問題が起きたのがセキュリティに関するアップデートのため、更新をインストールせずに放置するとセキュリティ上の脆弱性に繋がる場合がありますので注意してください。

非表示にした更新は、次の手順で再表示できます。

先程の手順で入手した” wushowhide.diagcab”を再度起動します。

トラブルシューティングが起動します。”次へ”をクリックします。

Windows Updateのスキャンが始まるので待ちます。

再び “更新を隠す”と”隠した更新を表示する”の2項目が表示されます。今度は下の”Show hidden updates(隠した更新を表示する)”をクリックします。

現在隠しているアップデートの一覧が表示されます。対象のアップデートにチェックを入れて、”次へ”をクリックします。

以降は画面の指示に従って操作を行えば再表示化は完了です。

あとは通常通りWindows Updateを実行します。

しかし…今まで使えていたものが突然使えなくなるのは焦りますよね。

原因を調べて公開してくれる方がいなかったら、きっとパニックになっていたことでしょう…(;´∀`)

参考URL:

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。