【Android】現在の位置情報を偽装できるアプリ「Fake GPS location」

村上 著者:村上

【Android】現在の位置情報を偽装できるアプリ「Fake GPS location」

アプリ開発の際に、位置情報を偽装したいことがあると思います。
そんな時におすすめの Android アプリが「Fake GPS location」です。
言語は英語なのですが、直感的な操作で使えるので、特に支障はありません。

インストールはこちらから。

Fake GPS location – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lexa.fakegps&hl=ja

 

使い方ですが、アプリを起動すると画面に地図とマップピンのアイコンが表示されるので、まずは画面をスワイプして偽装したい場所にアイコンが来るように調整します。

上の画像では、浜松駅をマップピンに合わせています。
あとは、右下にある三角アイコンの緑ボタンを押せば、設定は完了です!
位置情報を取得してみると、このアプリで設定した場所にいるように表示されるかと思います。
なお、このアプリを起動中は、端末の通知バーに常にアイコンが表示されています。
うっかり消し忘れることもなくて便利です。
また、一時停止は通知バーからも操作できます。

端末によっては、設定から「仮の現在地情報アプリを選択」や「疑似ロケーションアプリ」という項目で Fake GPS アプリを選択する必要がある場合もありますが、その際はきちんと通知してくれるので、それに従って設定しましょう。
なお、上記の設定は、設定 > 開発者向けオプション > 仮の現在地情報アプリを選択(または疑似ロケーションアプリ) という場所にあります。

 

以上、Android 端末で現在の位置情報を偽装する方法でした。
位置情報で、機能の ON/OFF を判断していたりすると、動作検証がなかなか難しかったりしますが、こちらを利用すればかなり簡単に動作を確かめられますね!
くれぐれも悪用せず、便利にお使いください。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator