【Android】アプリが64ビット対応しているかを確認する方法

村上 著者:村上

【Android】アプリが64ビット対応しているかを確認する方法

2019年 8月 1日以降に Google Play で公開するアプリは 64ビットアーキテクチャをサポートする必要があります。
そのため、つい先日まで開発していたアプリが 64ビットに対応しているかどうかを調べてみました。

確認する方法は、Android Developer のページに記載がありました。

アプリが 64 ビットデバイスをサポートしていることを確認する|Android Developers
https://developer.android.com/distribute/best-practices/develop/64-bit?hl=JA

または、Qiita にも記事がありましたので、こちらも参考になります。

Androidのapkが64bit対応しているか調べる方法 – Qiita
https://qiita.com/b_a_a_d_o/items/4cf698fe0f33ad5c75b3

 

さて、確認方法ですが、まず Android Studio のメニューバーの「Build」から「Analyze APK…」を選択します。

処理が完了したら、下記のようなタブが開くので、ここから「.so」という拡張子のファイルがあるかどうかを確認します。

もし、.so 拡張子のファイルが見つからない場合、既にアプリは 64ビットに対応しているため、特にやる事はありません。
今回確認したアプリでは、.so 拡張子のファイルは見つからなかったため、64ビット対応はできているようです。

で、もしファイルが見つかった場合で、armeabi-v7a または x86 というディレクトリに該当ファイルがある場合、それは 32ビット用とのこと。
それに対するファイルが arm64-v8a または x86_64 というディレクトリにファイルが無い場合は、64ビットへの対応はできていないとのことでした。

こちらの方法が一番分かりやすいのではと思います。
もしくは、APKファイルを作成し、拡張子を .apk から .zip に変換後、解凍するという方法で、APK ファイルの内容を確認できるので、こちらで探してもいいかもしれません。

どちらもそこまで難しい方法ではないので、お好きな方法でお確かめ下さい。

 

以上、Android アプリが 64ビットに対応しているかどうかを確認する方法でした。
ただ、このアプリは Cordova で開発したアプリで、ネイティブアプリではないため、この確認方法でいいのかは若干不安が残るところ…。
Cordova アプリの確認方法がないかどうか、引き続き調べたいと思います。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator