浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Excel】指定した文字列を含むセルをカウントする方法

Excel 関数で部分一致での検索を思い出せなかったので、備忘録としてまとめ。
MySQL とかでも使うので、ワイルドカードが混ざってしまって…。
ちなみに、この方法はカウント関数以外でも使えるので、是非便利に使ってください。

今回参考にさせていただいた記事はこちらから。

【Excel】ワイルドカードで部分一致で検索【VLOOKUPなど】|すんすけブログ
https://sunsukeblog.com/excel-wildcard

 

Excel で部分一致をする際に使用されるワイルドカードは「*(アスタリスク)」です。
こちらを部分一致させたい単語の前後などに任意で追加します。

使用例は下記のとおり。
例では、○×商店というように、後ろに「商店」が付くものをカウントしています。

=COUNTIF([検索範囲], '*商店')

ちなみに文字数は問いません。

なお、上記の関数では「○×商店」は一致しますが、「商店○○」といったような、「商店」の後ろに文字が続く場合は一致しません。
もし前後どちらかに「商店」がつく文字列を一致させたい場合は下記のようにします。

=COUNTIF([検索範囲], '*商店*')

場合によって使い分けてください。

 

以上、Excelで部分一致したセルを検索する方法でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)