カテゴリーアーカイブ OS

takahashi 著者:takahashi

Windows ブルースクリーンの歴史

ブルースクリーンといえば、Windowsを使ったことがある方は知っているかと思います。
あのショッキングな青いエラー画面のことです。

この画面ですが、実はWindowsのバージョンが新しくなるごとに変わっていることはご存知でしょうか。

今回はそんなブルースクリーンの変遷を紹介していきたいと思います。

・Windows 9x系

※引用元:https://hdd-check.com/post-945.html

まずはWindows 9x系(95 98 ME)のブルースクリーン。
この世代のWindowsはブルースクリーンが発生しやすい仕組みだったとのことで、見かけている方も多いはず。
9x系のブルースクリーンでは、実はブルースクリーンから元のOSの画面にもどることができたんですね。(昔そういえばしょっちゅうブルースクリーンから復旧させて使っていたのを思い出しました。)
ただ、復帰後もうまく動作せず、結局は再起動が必要になってしまうことも結構ありました。

ちなみに、日本語対応は地味にちゃんとされていました。

・Windows 2000~7

一方こちらはWindows2000以降のNT系Windowsのブルースクリーン。
NT系ではちょっとやそっとのエラーではブルースクリーンが出なくなったので、9x系から乗り換えた方はその安定性の違いに驚いたはずです。
その分、ブルースクリーンが出た際のエラーの深刻度は比較的大きく、OSの動作の継続が困難なため必ず再起動が必要になりました。
基本的に原因はOSの破損、デバイスドライバの不具合、ハードウェア障害・故障が原因でエラーが発生した場合に表示されます。

なお、こちらは日本語版Windowsであっても英語表記のみです。

・Windows 8/8.1

※引用元:https://news.mynavi.jp/article/win81tips-129/ 

Windows 8からは再び日本語版ブルースクリーンが復活しました。
背景の青色も中間色になり、ユーザーフレンドリー感が増した気がします。

なおこちらも2000以降と同様に再起動が必要になりますが、デフォルトの設定であれば自動的に再起動してくれるはずです。

・Windows 10

※引用元:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news007.html

そしてこちらがWindows 10のブルースクリーン。
日本語化に加えて、QRコードが追加され、より簡単にマニュアルを参照できるようになりました。

再起動が必要なことには変わりはありませんが、かなりわかりやすくなりました。

Windowsの各バージョンのブルースクリーンを見ていくと、どんどん改良されているのがわかりますね。
昔は原因がよくわからなかったり、英語表記だけだったりと、初めて見たときはパニックになるような画面でしたが、最近はいろいろと工夫されていてかなり落ち着て対処できるような内容になってきました。

最近のWindowsであれば、ドライバやOSなど、エラーが発生する原因が限定されてくるので、自力でブルースクリーンに対応できる場合は増えた気がします。
また、最悪ハードウェアの故障だった場合、モバイルノートなどは修理に出すしかないですが、デスクトップや一部のノートPCでは自分で交換できる部品があったり(例えばメモリやHDD)しますので、それで対処もできます。

落ち着いて対処していくことがトラブル解決の近道になりますし、ブルースクリーン自体に原因が表示されることもあるので、ブルースクリーンが出てしまっても慌てず、うまく使いこなせるようになれば、PCのトラブルも怖くなくなるかもしれませんね。


参考サイト:
https://news.mynavi.jp/article/win81tips-129/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3
https://hdd-check.com/post-945.html
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news007.html
http://degiteku.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【気になるニュース】Android版のGoogleマップに乗り過ごし防止機能が追加!

気になるニュースを見つけたのでご紹介。
私はAndroidのスマホを愛用しているのですが、12月14日にGoogleがAndroid版のGoogleマップに乗り過ごし防止の機能を追加したとのことです。

ニュースの記事はこちらから。

Android版「Googleマップ」に乗り過ごし防止機能
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1712/18/news060.html

私は実家に帰省する際に、バスと電車を利用するのですが、特に電車は乗車時間が約1時間ほどと、そこそこ移動時間がかかります。
そのため、座れた時などは良く文庫本を読んでいるのですが、心配性なので、毎回駅に留まるたびに顔を上げて現在地点を確認して、と…これが少し面倒くさい。
夢中になると周りの音が聞こえなくなるタチなので、逆にあまり集中しすぎずに済むので良いのですが、せめて30分くらいは集中して読みたいところ。

 

その点、今回追加された機能を使えば、こまめに現在地を確認する必要もなくなって便利そう。

使い方は簡単で、まずGoogleマップで目的地を設定し、交通手段を選択。

複数のルートが表示される場合は、任意のルートを選択し、最後に右下の「開始」ボタンをタップします。

こうしておくと、目的の駅に着く数十秒前プッシュ通知が送信されてくるとのこと。
設定をすれば、端末の振動もするそうなので、もしも本に夢中になったとしてもきちんと気づいて下車できそうですね。

ずっとナビを起動しておくので、バッテリー消費が激しそうですが、一度試してみたいですね。
特に、一度眠りかけて乗り過ごしそうになったバスで使ってみたいです。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】セルに入力した数値を1千円単位で表示する方法

先日、社内で質問されて調べたので、覚え書きのメモとしてまとめ。

エクセルで、金額を表示するときに、1千円単位で表示されているのを見たことがあると思いますが、それをどうやっているのかについてです。
実際の数値を変えるわけにはいかないので、表示形式を修正します。

 

作業手順ですが、まず、1千円単位で表示したいセルを選択し、エクセル上部のホームのメニューから「表示形式」をクリックします。
実際の画面では、赤枠で囲ったエリアの、プルダウンメニューです。

「数値」とか「会計」などが選択肢として表示されますが、ここでは一番下の「その他の表示形式」を選択します。

こちらを選択すると、下記のようなダイアログが表示されるので、左メニューの「ユーザー定義」を選択し、「種類」の入力欄に、「#,##0,」と入力し、OKを押します。


作業としてはこれだけです。
一見すると、3桁ごとにカンマを入れるときの指定方法と同じに見えますが、末尾にカンマが入るのがポイントです。

なお、100万円単位で表示したいときは、「#,##0,,」というように、末尾にカンマを2つ追加すればOKです。

 

ちょっとした小ネタではありますが、知っていると便利ですね。
桁数の多い金額を扱うときには、是非ご活用ください。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android】setVisibilityを使ってボタンを表示・非表示にする方法

ちょっとボタンの表示・非表示を使うことがあったのでメモとして。

なお、今回ボタンはこのように定義しています。

// ボタンの定義
Button btn;
btn= (Button) findViewById(R.id.button);


で、ボタンを非表示にする場合、setVisibility() メソッドを利用します。

// ボタンを非表示にする
btn.setVisibility(View.INVISIBLE);
btn.setVisibility(View.GONE);

引数は、View.INVISIBLEView.GONE のどちらかを指定します。

 

そして今回迷ったのが、こちらの引数でどちらを使うのか、です。
どちらも非表示には変わりないのですが、微妙に挙動が違います。

まず、View.INVISIBLE
こちらは、単に見えなくなるだけで、ボタンの領域は確保されたままです。
CSSでいうところの、visibility:hidden の挙動と同じですね。

次に、View.GONE
こちらは、ボタンの領域を確保せず、非表示にしたボタンのエリアを詰めて表示します。
View.INVISIBLEが「隠す」というイメージに対して、View.GONE は「削除」というイメージですね。
CSSでは、display:none の挙動に近いです。

ちなみに、今回は View.INVISIBLE を使いました。

 

なお、ボタンを表示する場合はこちら。

// ボタンを表示する
btn.setVisibility(View.VISIBLE);

引数に View.VISIBLE を指定します。

 

こういう違いって、いざ使おうとするとどちらがどちらの挙動だったかをすぐ忘れてしまいます。
もしくは、引数をどう指定するかとかも忘れやすいので、今回、備忘録としてまとめてみました。
結構よく使うメソッドなので、少しでも参考になれば。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【未解決】Xcode 9.1 で ‘Cordova/CDVViewController.h’ file not found というエラーが発生

Cordova で開発中のアプリをビルドしようとしたところ、下記のようなエラーが発生しました。

MainViewController.h:28:9: ‘Cordova/CDVViewController.h’ file not found

エラー内容は書いてある通りで、MainViewController.h というファイルで、Cordova/CDVViewController.h が見つからないというものでした。
MainViewController.h を確認してみると、確かに #import <Cordova/CDVViewController.h> の行でエラーとなっていました。

 

解決方法を調べたところ、下記の画像のように、Build SettingsHeader Search Path の値に下記のような記述があるので、

"$(OBJROOT)/UninstalledProducts/include"

こちらを、

"$(OBJROOT)/UninstalledProducts/$(PLATFORM_NAME)/include"

上記に変更すれば、実行できますとの書き込みを見つけたので、早速試してみました。

が、今回のエラーはこちらでは解決できませんでした…!
以前も全く同じエラーに遭遇したことがあり、その時はこのやり方で解決できたのですが、今回は何故かダメでした。
他にも、iOSのプラットフォームを一度削除した後、再度追加するとビルドできるとの記載もあったのですが、こちらも効果なし…。
それ以外の解決方法も検索してはいるのですが、ほぼ Build Settings > Header Search Path の値を修正するという解決策しかヒットしないので、正直手詰まりです。

もし、上記以外の解決策をご存知の方は、是非ともご教授くださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

【現在は解決済】mac OS High Sierraに深刻な脆弱性が発覚 root権限への昇格がだれても可能に

高橋です。
先週、macOS High Sierraのバージョン10.13.1で、とんでもない脆弱性が発覚しました。

今回問題になったのは、macでアプリのインストールや設定変更の際にパスワードを求めるこの画面。
管理者権限へ昇格する際の認証の画面なのですが、ここでidをrootとし、パスワードを何も入力せずに”ログイン”を連打するとログインできてしまうという状態だったとのこと。

macOSはUNIX系のOSなので、rootでかんたんに不正ログインできてしまうというのはかなりまずい事態です。
幸いなことにログインできてしまうのはこの認証画面に限られるので、外部からrootアカウントで直接侵入される…という心配はなかったようですが、セキュリティに厳しいイメージのあるAppleの製品からこの不具合が出たことに、かなり驚いた方も多かったのではないでしょうか。

不具合発覚後、Appleは緊急でセキュリティアップデートを発行し、合わせて謝罪のコメントを出しています。

現在は自動アップデート機能により何もしなくても適用されている状態とのことですが、アップデート配信後にmacOSを10.13.1へアップグレードした方はセキュリティアップデートが適用されていない可能性があるので、アップグレード後に再起動を行ってほしいとのことです。

Apple公式サイトによると、アップデートが適用されているかどうかは下記の方法で確認できるとのことです。


お使いの Mac にセキュリティアップデート 2017-001 が適用されているか確認するには、以下の手順を実行してください。
1.ターミナル App を開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
2.「what /usr/libexec/opendirectoryd」と入力して「return」キーを押します。
3.セキュリティアップデート 2017-001 が正常にインストールされている場合は、以下のいずれかのプロジェクトバージョン番号が表示されます。
opendirectoryd-483.1.5 on macOS High Sierra 10.13
opendirectoryd-483.20.7 on macOS High Sierra 10.13.1
Mac でルートユーザアカウントが必要な場合は、このアップデートを適用した後で、ルートユーザを有効にし直して、ルートユーザのパスワードを変更する必要があります。


参考サイト:
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1711/30/news065.html
http://jp.techcrunch.com/2017/11/30/2017-11-29-apple-releases-a-macos-security-update-to-fix-huge-login-security-flaw/
https://support.apple.com/ja-jp/HT208315
  • この記事いいね! (0)
著者:aoki

弊社ではDeepLearningを用いた画像認識アプリの開発を進めています

現在弊社ではDeepLearningを用いた画像認識のアプリ開発を行っています。

今開発しているアプリは花を認識するサービスで「Floen」という名前でリリースを予定しております。


こちらはアプリのスクリーンショットです。
枠の中に花を入れて撮影することでサーバ側で何の花なのかを画像認識して結果を返します。
画像認識自体はTensorFlowとAlexNetを利用しておりいわゆる畳み込みニューラルネットワーク(CNN)ですね。

ただ課題はまだ学習が足りず認識精度が高くないという所でどれだけ効率よく学習させるかですね。
アプリを通して撮影された写真も学習データとなりますのでリリースできましたら是非皆様に使っていただきたいです。
アプリ自体はリリース準備を進めており現在審査待ちですのでもうしばらくお待ちください。

  • この記事いいね! (0)