カテゴリーアーカイブ OS

村上 著者:村上

【Android】「Only the original thread that created a view hierarchy can touch its views.」の対処法

今日の記事は、Androidアプリ開発中に遭遇したエラーについてです。
修正はそこまで大変ではなかったのですが、使用頻度が低く、忘れそうだったので備忘録としてまとめます。

エラーは「Only the original thread that created a view hierarchy can touch its views.」というもので、こちらはメインスレッド以外で、TextView などの UI を変更しようとすると発生するエラーです。
シンタックスエラーとは違い、ビルドは通ってしまうので要注意ですね。

 

では、早速対処法についてご紹介。
今回参考にさせていただいたサイトはこちらです。

メインスレッド以外でUIを変更する方法 – Accele Biz IT開発技術 調査報告書
http://accelebiz.hatenablog.com/entry/2016/09/01/061934

エラーが発生したコードはこちら。

TextView textView;

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.activity_main);

    textView = findViewById(R.id.[ID名]);
    showMessage();
}

private void showMessage(){
    try {
        /* 処理 */
        textView.setText("[表示したい文字列]");
    } catch (JSONException e) {
        e.printStackTrace();
    }
}

一部改変していますが、だいたいこんな感じ。
で、問題は、showMessage() 内の try/catch で指定した、setText() です。
やった事がなかったので知らなかったのですが、このようにメインスレッド以外で UI を操作することはできないようでした。

ですが、対処法もちゃんと用意されていました。
参考サイトそのままですが、Handler を使用して、別スレッドからメインスレッドに処理を依頼する方法です。
具体的には下記のとおりです。

private void showMessage(){
    final Handler mainHandler = new Handler(Looper.getMainLooper());
    try {
        /* 処理 */
        mainHandler.post(() -> {
            textView.setText("[表示したい文字列]");
        });
    } catch (JSONException e) {
        e.printStackTrace();
    }
}

2行目に Handler を宣言し、TextView の操作の記述を mainHandler.post() で囲うだけです。
これを追加したところ、問題なく TextView の操作を行うことができました。

 

以上、TextView などの UI の操作をメインスレッド以外から行う方法でした。
今回の解決策は、例えば何らかの処理を別スレッド&非同期で行っていて、結果が返ってきたタイミングで UI を変更したい、等の場合にも使えるかと思います。
もし、同じエラーでお困りの場合は、是非参考にしていただければと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Cordova】プラグイン「cordova-plugin-fcm」のgetTokenでnullが返ってくるときの対処法

現在進行形で格闘中のアプリの修正の中で、解決したものがあったのでそれをご紹介。
タイトル通り、「cordova-plugin-fcm」で端末の一意のトークンを取得する getToken() で、なぜか取得した値が null になる時の対処法です。
他にも同じエラーに悩んでいる人はいたようだったので、ある程度簡単に情報はヒットしました。
で、今回参考にしたサイトはこちら。

getToken() returns ‘null’ only after install・Issues #104・fechanique/cordova-plugin-fcm・GitHub
https://github.com/fechanique/cordova-plugin-fcm/issues/104

 

解決策としましては、もしトークンが取得できなかった場合は、onTokenRefresh() を使って、トークンを再取得しなおす方法が良いとのこと。
実際のコードはこちら。

FCMPlugin.getToken(
    (token) => {
        if(token == null){
            FCMPlugin.onTokenRefresh(function(token){
                // onTokenRefresh() でトークンを取得時の処理
            });
        } else {
            // getToken() でトークンを取得した時の処理
        }
    },
    (err) => {
        // エラー時の処理
    }
);

こんな感じです。
もし、getToken() で取得したトークンが null だったら、onTokenRefresh() でトークンを再取得しています。
現時点では、問題なくトークンが取得できました!
取得できたトークンはデータベースに保存なりして、プッシュ通知の送付に使います。

…が、なぜか今度はプッシュ通知が送れず…。
Androidだと、上記のトークンが取得できない問題もなく、あっさりとプッシュ通知送付まで実装できたのですが、まさかiOSでつまづくとは…。
一難去ってまた一難という感じですが…引き続き頑張ります。

 

ということで、cordova-plugin-fcm プラグインでトークンが取得できない時の対処法でした。
同じことにお困りの方は、是非お試しください。

  • この記事いいね! (0)
asaba 著者:asaba

【cordova-react】プラグインについての豆情報(二つあります)

今日はお題は二つの小ネタです。一つ目はcameraプラグインについてです。

 

cordova-camera-pluginとphonegap-camera-pluginはコルドバでカメラを使うことができるプラグインです。

自分のファイルの中にこの両方が入っており、どちらか消しても問題ないだろうと思いcordova-camera-pluginを削除したのですが

動かなくなりました。慌てて入れ直すとあっさりと元通り。なんでニコイチやねんと思いました。

米国のサイトまでいって調べたのですが、原因は分からずじまいです。

 

二つ目はプラグインを入れるタイミングの話です。

cordova platform rm androidした後にプラグインを入れてadd platformすると下記の画像のように怒られます。

原因は確信ではないのですが、直前に入れたプラグインを記憶できないためだと思われます。

なので必ず新しいplatformを入れてからプラグインを導入してくださいね、という感じです。赤文字は怖いですが大抵グレイドルか

プラグイン関係なので恐れることはないと思います。

以上小ネタでした。

 

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

ついにPixel 3/Pixel 3 XL の日本発売が正式に発表!

ついに…

ついに!!!

Pixel 3/3 XL 正式発表キタ――――――――――――――――――――――(゚∀゚)――――――――――――――――――――――!!

Google Pixel 3 公式ティザーサイト

いやぁ来ましたね。

Pixel 3はAndroid開発元のGoogle自身が開発したAndroid端末の最新機種です。
見た目はGoogleのロゴが入っていること以外普通のスマートフォンなのですが、実は他のAndroidスマートフォンにはない特徴があります。

1.”Android OS開発元”のGoogleが直接ビルドした”純正のAndroid”が使える。

以前販売されていた”Nexus”シリーズ同様に開発元のGoogleが混ざりけなしのAndroidをインストールしているため、メーカーやキャリア製端末によくある”消せないアプリ”が最小限になっています。
また、メーカーによるAndroidの改造プロセスがない分Android最新版が出た時点でGoogleから直接アップデートを受け取れるため、ほかのAndroidスマホよりも早く新しいOSのバージョンが試せるのも魅力です。

2.Googleの最新機能がいち早く使える

Googleが作ったソフトウェアがそのまま入っているので、Googleが提供する新機能もいち早く試せます。
過去に、先代のPixel2に優先的に搭載された機能として、Googleアシスタント、GoogleLensなどがあります。
また、今回のPixel 3発売とともに、Googleアシスタントがユーザーの代わりに電話に応答し、迷惑電話を撃退してくれる機能も発表されました。

今後新たな機能の発表があった際も、(HWが対応していれば)Pixel 3にも優先的に提供されるとみられます。

3.カメラ性能
背面カメラは12.2 メガピクセルとSonyのXPeriaシリーズよりは劣りますが、光学ズームを搭載しており、Googleの得意分野であるAIを使用した強力な画像補正技術により、非常に綺麗な写真を撮ることができるとのこと。

また、暗いところでも綺麗に撮れるNight Sight機能、
シャッターチャンスを逃してしまっても、シャッターの前後の写真から一番良いものを後から選べる機能など、アマ以上のカメラマンも垂涎の機能がたくさん盛り込まれています。

今回の発表が特に盛り上がった理由として、こういった機能面だけではなく、日本発売が絶望視されてきたPixelシリーズの端末の日本国内発売がされた点があります。
以前の記事でも説明しましたが、日本ではNexusシリーズを最後に、Google純正の端末がしばらく発売されてきませんでした。

その分、久々の純正端末の発売決定は反響が特に大きかったようです。

最近発売されたiPhone XS/XR と単純に比較すると微妙なところではありますが、Google・Androidファンにとってはかなり魅力的な一台なのではないかなと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android】Mapboxで表示した地図の中心を変更する方法

昨日の予告通り、今回はMapboxの地図の中心位置を変更する方法についてです。
前回の記事については、下記から確認頂けます。

【Android】Mapboxを使って地図上にピンを立てる方法
https://cpoint-lab.co.jp/article/201810/【android】mapboxを使って地図上にピンを立てる方法/

 

では早速実装方法について。
なお、今回のコードは Mapbox が導入済みであることを前提に進めています。

まず onCreate() 内に、下記のコードを追加します。

mapView.getMapAsync(this);

ちなみに、この時、Android Studioでは、this の部分がエラーになり、赤い波下線が引かれますので、そこにカーソルを合わせて Alt + Enter を押します。
表示される対処法の項目中に、OnMapReadyCallbackimplements するというような内容の候補があるので、こちらを選択します。
すると、onMapReady() という関数がオーバーライドされるので、その中に下記のコードを追加します。

@Override
public void onMapReady(MapboxMap mapboxMap) {
    CameraPosition position = new CameraPosition.Builder()
            .target(new LatLng(lat, lng)) // Sets the new camera position
            .zoom(11) // Sets the zoom to level 10
            .tilt(0) // Set the camera tilt to 0 degrees
            .build(); // Builds the CameraPosition object from the builder

    mapboxMap.animateCamera(CameraUpdateFactory.newCameraPosition(position), 1000);
}

ズームレベルや、傾きなどは適宜変更してください。
こちらを実行すると、起動後、カメラの位置が上記で指定した位置が中心になるように移動します。
処理としては以上で完了です。

 

意外と回りくどい方法だな…と思うのは私だけでしょうか…?
レイアウトファイルのXMLでは、地図の初期位置を簡単に指定できるので、コード上でも簡単にできてほしいですね。
ですが、意図していたことは実現できたので問題なし!
もし、同じことに取り組んでいる方は、参考にしていただければと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android】Mapboxを使って地図上にピンを立てる方法

今回は、Mapboxを使って、Androidアプリで地図を表示する方法について。
導入は簡単でしたので、今回はそれプラス、地図にマップピンを立てたいと思います。

導入は本家サイトをご参考ください。
なお、マップの表示にはアクセストークンが必要なため、ユーザー登録を行ってください。

Install Maps SDK for android|Mapbox
https://www.mapbox.com/install/android/

上記で紹介している手順通りにSDKの導入やPermissionの設定、MapViewの指定を行えば、問題なく地図が表示できるはずです。
で、地図が表示されたら、いよいよマップピン表示!

コードは下記のとおりです。
重複している箇所があるので、必要なところのみコピー&ペーストしてください。

private MapView mapView;
private MapboxMap mapboxMap;

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);

    Mapbox.getInstance(this, "[access_token]");
    setContentView(R.layout.activity_map);

    mapView = findViewById(R.id.mapView);
    mapView.onCreate(savedInstanceState);
    mapView.getMapAsync(this);

    Double lng = [緯度];
    Double lat = [経度];
    mapView.getMapAsync(mapboxMap -> mapboxMap.addMarker(new MarkerOptions()
            .position(new LatLng(lat, lng))
            .title("写真を撮影した場所")));
}

こちらを実行すると、下の写真のようにマップピンが地図上に表示されます。

会社で撮影した写真の位置情報を使用したので、若干の誤差はあれど、ほぼあっていますね!

 

以上、地図上にピンを立てる方法でした。
しかしこれだけだと、マップの中心位置≠マップピンが立っている場所、なので、マップの中心位置やピンの場所によっては、地図をかなりスワイプしたりドラッグする必要がある場合があります。
次回は、こちらを解消すべく、地図の中心位置をコード上で操作する方法についてご紹介できればと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windowsの”付箋”機能が進化! ついにWindows端末間での同期が可能に

最近PCを使っていてふと気づいたのですが、

いつの間にかWindowsの付箋機能がパワーアップしていました。

起動直後は特に今までと変わりはないのですが、
タスクバーの付箋を右クリックして出てくるメニューの”すべてのメモ”をクリックすると…

付箋を一覧にして表示、さらには検索もできます。
使い勝手がGoogle Keepに似た形になりました。

さらに、

自動同期機能も搭載されました!
これは便利ですね。

アップデートしてもデータは引き継がれるようですので、普段から付箋機能を愛用している方は是非アップデートして使ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android】「Configuration on demand is not supported by the current version of the Android Gradle plugin since you are using Gradle version 4.6 or above.」の対処法

今回も、Android Studioでアプリを開発中に遭遇したエラーについてです。
最近、何だかエラー遭遇率が妙に高い気が…。
特に、変なところをいじってはいないはずなので、気のせいだと良いのですが。

さて、今回のエラーはこちら。

Configuration on demand is not supported by the current version of the Android Gradle plugin since you are using Gradle version 4.6 or above.

先日まで動いていはずなのですが、今日起動してビルドしようとしたところ、上記のようなエラーが出ました。
こちらをGoogle翻訳に掛けた結果は、「Gradleバージョン4.6以上を使用しているため、Android Gradleプラグインの現在のバージョンではオンデマンドでの設定はサポートされていません。」とのこと。
どうやらサポートされてない設定を使っているようでした。
…なぜ急に?

 

で、調べたところ下記の記事がヒットしました。

Configuration on demand is not supported by the current version of the Android Gradle plugin – Stack Overflow
https://stackoverflow.com/questions/49990933/configuration-on-demand-is-not-supported-by-the-current-version-of-the-android-g

この記事によると、まず、gradle.properties で指定している「org.gradle.configureondemand」という記述を削除します。
が、上記に該当する記述は見つからず…一旦、置いておくことに。

そして次に、Setting から、Build, Execution, Deployment > Compiler を開きます。

そうすると、下の方に「Configure on Demand」という箇所があるので、ここのチェックを外します。
上の画像だと、赤枠で囲っている場所です。
あとは、Apply を押してから、OKを押せば設定は完了です。
その後、いつも通りビルドを行ったところ、問題なくビルドが成功し、無事にアプリも実行できました。

 

以上、「Configuration on demand is not supported by the current version of the Android Gradle plugin since you are using Gradle version 4.6 or above.」エラーの対処法でした。
エラー文だけでは意味が分からなかったのですが、案外あっさりと解決できたので良かったです。
自分が書いたコード以外のところでエラーが出ると若干ヒヤッとしますね…。
もし同じエラーでお困りの方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければと思います。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Android】「error: resource android:attr/fontVariationSettings not found.」の対処法

今回もAndroidをビルドした際のエラーについて。
最初、ログには「AAPT2 error」としか表示されなかったので、全く意味が分からなかったのですが、詳細を表示したところ、「error: resource android:attr/fontVariationSettings not found.」とのエラーだということが分かりました。
こちらのエラー文によると、「android:attr/fontVariationSettings」というリソースが見つからないという事でしたが、そもそもそんな場所を触った記憶もなく…。

 

で、エラー文で検索をかけたところ、こちらの記事が参考になりました。

android studio 3.0.1 で AAPT2 error が出た時の対応 – Qiita
https://qiita.com/kako351/items/7775157358aaf00da6f9

こちらの記事によると、アプリの build.gradle に、下記を追加して再ビルドすれば良いとのことでした。

configurations.all {
    resolutionStrategy {
        force 'com.android.support:support-v4:27.0.2'
    }
}

試したところ、私の環境でも問題なくビルドが成功しました!

他にも、gradle.properties ファイルに、下記を追加するという方法もあるようでしたが、投稿者の環境ではこの方法では解決しなかったとのことです。

android.enableAapt2=false

たしか、私の環境でも、こちらは意味がなかったような記憶があります。

なので、まずは build.gradle への記述をお試しすることをおすすめします。

 

以上、Android Studio のエラー「error: resource android:attr/fontVariationSettings not found.」の対処法でした。
なお、エラーログに具体的なエラー内容を表示させる方法については、こちらの記事を参考にしてください。

【Android Studio】「Compilation failed to complete」エラーの対処法
https://cpoint-lab.co.jp/article/201809/【android-studio】「compilation-failed-to-complete」エラーの対処法/

Android Studioのエラーって、たまに良く分からないものとかがあったりするので、こうして詳細を表示するように設定しておくと、エラーの種類よっては原因が分かったりすることもあります。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

mac OSの回復USBディスクを作成する方法

最近、会社のiMacのmac OSが立ち上がらなくなってしまっため、OSの上書きを試みましたが、内臓のリカバリーモードではうまく行きませんでした。
そこで、外部メディアにインストーラーイメージを入れて、外部からリカバリしてみることにしました。

今回の操作を行うには、メディア作成時に正常に起動するMacintoshと約12GB以上の容量を持つ空のUSBメモリが必要になります。
データが入ったUSBメモリも使用できますが、今回の手順を試すとUSBメモリ内の全データが削除されてしまうので注意してください。

手元に正常に稼働するMacintoshが1台しかない方は、緊急時に備えてあらかじめ1本作っておくことをお勧めします。
なお、OSの再インストールに使う際はバージョンをアップグレードするごとに作成する必要があります。

まずはmacOSを起動して、AppStoreから現行のmacOSを探します。
リカバリディスクが作れるのは、AppStoreからダウンロードできるバージョンに限られますので注意してください。

写真は既に入手した後の画面のため、”開く”になっていますが、ダウンロード前に開くと”ダウンロード”というボタンになっているので、クリックします。
ダウンロードが終了すると、アプリケーションフォルダに”macOS Mojaveインストール”が追加されます。

この状態になっていることを確認したらアプリケーションからTerminal.appを開き、次のようにコマンドを入力します。(※この手順を実行するとUSBメモリ内のデータがすべて削除されます)

sudo /Applications/Install\ macOS\ バージョン名(例:mojave).app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/インストールメディアにするUSBメモリのデバイス名

コマンドを実行すると、USBへのインストーラーイメージの書き込みが開始されます。
コマンドライン上に進行状況が表示されるので、完了するまで待ちます。

Ready to start.
To continue we need to erase the volume at /Volumes/Install macOS (バージョン名)/.
If you wish to continue type (Y) then press return: Y
Erasing disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%
Copying to disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 40%... 50%... 60%... 70%... 80%... 90%... 100%
Making disk bootable...
Copying boot files...
Install media now available at "/Volumes/Install macOS (バージョン名)"

完了したら、”Install macOS (バージョン名)を取り出す”をクリックしてUSBを取り外し、保管しておきます。

作成したUSBインストールメディアを使用する際は、まずmacOSが起動している場合は一度シャットダウンします。
そのあと、USBを本体に差し込み、

キーボード左下あたりにある”option(alt)キー”を押したまま電源ボタンを押します。

すると、どのディスクからOSを起動するか選択する画面が出てきますので

“Install macOS (バージョン名)”
を選択します。

あとは言語を選べば…

内臓のリカバリーモードと同等の画面が表示されました。
内容もそのままリカバリーモードと同じなので、OSのインストール以外にもディスクチェックやTerminalの起動も行うことができます。

困ったときは是非参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)