浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【未解決】Xcodeの「This app could not be installed at this time.」エラーの対処法

今回は、タイトルにもある通り、Xcode の Simulator で iOS アプリを実行した際に、「This app could not be installed at this time.」というエラーが発生し、アプリが起動できない時の対処法です。
暫定措置として、一旦アプリをアンインストールすれば、再実行は可能です。
が、根本的には解決できていないので「未解決」とさせていただきました。

 

具体的な状況としては、Simulator でアプリを初回起動(インストール)したあと、一旦終了し、再度実行すると下記のようなダイアログが表示され、アプリが実行できないという感じです。

プロジェクト名やディレクトリ名が表示されていたので、写真では全部伏せさせていただいていますが、こちらに表示されているエラー内容を見ても意味がよくわからず…。

 

で、エラーメッセージで検索したところ、下記の記事がヒットしました。

Swiftビルドエラー解決】This app could not be installed at this time. – Qiita
https://qiita.com/koshishirai/items/6cfed26f05c1516f8d01

こちらの記事によると、ハードリンクがコピーできないことが原因なので、Simulator のすべてのコンテンツとセッティングを消去すると良いとのことでした。

手順は、まず Xcode を完全に終了します。
次に、Simulator のメニューの「Hardware」から、「Erase All Content and Setteings…」を option ボタンを押しながらクリックします。

ダイアログが表示されるので、「Erase」を選択します。
ちょっと時間がかかるので、終わるまで放置します。
こちらの処理が終わったら、Simulator を完全終了します。

そして再度 Xcode を起動し、アプリをビルド・実行します。
これで無事解決!
…と思いきや、この状態でアプリを終了し、再実行したら、また同じエラーが発生してしまいました…。

アプリをアンインストールすれば、アプリの再実行はできるので、そこまで深刻なエラーではないのですが…若干不便ですね。
そこまで切羽詰まったエラーではないので、時間を見つけて対応したいと思います。

 

以上、Xcode の Simulator でアプリ実行時に「This app could not be installed at this time.」というエラーが発生する時の対処法でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)