Linux系OSでタイムゾーンを変更する方法

takahashi 著者:takahashi

Linux系OSでタイムゾーンを変更する方法

OSに設定されているタイムゾーンが自分の使用したいものと異なっている場合、数時間時刻がずれてしまうことになるので、いろいろ困ることがあります。

そういった場合はタイムゾーンを設定しなおさないといけません。

Linuxでのタイムゾーンの変更方法をご紹介します。

/usr/share/zoneinfo

を見ると

$ ls /usr/share/zoneinfo
Africa      CET      Egypt    GMT+0      Iran       MST7MDT  Pacific    UCT          leap-seconds.list
America     CST6CDT  Eire     GMT-0      Israel     Mexico   Poland     US           localtime
Antarctica  Canada   Etc      GMT0       Jamaica    Msft     Portugal   UTC          posix
Arctic      Chile    Europe   Greenwich  Japan      NZ       ROC        Universal    posixrules
Asia        Cuba     Factory  HST        Kwajalein  NZ-CHAT  ROK        W-SU         right
Atlantic    EET      GB       Hongkong   Libya      Navajo   Singapore  WET          zone.tab
Australia   EST      GB-Eire  Iceland    MET        PRC      SystemV    Zulu         zone1970.tab
Brazil      EST5EDT  GMT      Indian     MST        PST8PDT  Turkey     iso3166.tab

あらゆるタイムゾーンの設定が書かれたファイルが置かれています。

これらは名前のタイムゾーンの設定がそれぞれ入っているので、設定したいタイムゾーンファイルのリンクを/etc/localtimeとして張ります。

ln -sf  /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

(日本語時間に設定する場合)

ただ、この設定では再起動時に変更する前のタイムゾーンに戻されてしまうようなので、永続化させるためには
/etc/sysconfig/clock
下記のように変更します。

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

これで設定完了です。

【Linux】タイムゾーン(Timezone)の変更 – Qiita

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。