Intel HD Graphics コントロールパネルが開かない時に確認したいこと

takahashi 著者:takahashi

Intel HD Graphics コントロールパネルが開かない時に確認したいこと

先日、Windows10 October 2018 Update(1809)を適用した後あたりから、グラフィックドライバの設定がおかしくなり(無効化していたはずのバッテリー駆動時のフレームレートを低下させる機能が再び有効になっていた)、唯一の設定手段であるIntel HD Graphics コントロールパネルを開こうとしたところ、

このスプラッシュ画面までは表示されるものの、何度試しても肝心のコントロールパネルは一向に表示されません。

Windows 10でのIntel HD Graphics問題の対処法(更新) – Windows 10 Solomonレビュー[redémarrage]

こちらの情報も参考にしていろいろ試したのですが、何度ドライバを入れなおしても一向に解決しませんでした…

困り果ててOSのバージョンのロールバックも考えたのですが、その前に「もしかしたら開かない原因がイベントビューア(システムログビュアー)に落ちているのでは」と思いダメ元で見てみました。

すると…

障害が発生しているアプリケーション名: Gfxv4_0.exe、バージョン: 8.15.100.6472、タイム スタンプ: 0x5c0ebadd
障害が発生しているモジュール名: amdvlk64.dll、バージョン: 1.0.39.0、タイム スタンプ: 0x5a4370eb
例外コード: 0xc000041d
障害オフセット: 0x000000000000ae51
障害が発生しているプロセス ID: 0x5a98
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d4f425b8b07ceb
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\WINDOWS\System32\DriverStore\FileRepository\igdlh64.inf_amd64_555cfc07a674ecdd\Gfxv4_0.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\WINDOWS\System32\amdvlk64.dll
レポート ID: ...
障害が発生しているパッケージの完全な名前: 
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID: 

このようなエラーを発見。

Gfxv4_0.exe はIntel HD Graphics コントロールパネルの一部であり、これが何らかのエラーで止まってしまったというまさにドンピシャのエラーが記録されていました。

原因となっている amdvlk64.dll ですが、名前の通り、AMD製グラフィックドライバー周りのファイルだと思われます。

実は問題が起きたPCには、外部GPUとしてAMD製のグラフィックカードであるRadeonが搭載されていて、そのチップ用のグラフィックドライバもインストールされているのですが、確認したところ、何故か古いバージョンのものに戻ってしまっていました。

そこで、AMD Radeon公式サイトから、自動アップデートツールを入手して、ドライバのアップデートを実行しました。

AMD公式のドライバ配布ページに行き、赤枠のアプリをダウンロードすれば、GPUのモデルがわからなくても自動で最適なドライバをインストールしてくれます。
アップデート完了後のドライバユーティリティの画面。旧バージョンにはなかった”アップデート”の文字が追加されました。

ドライバのインストール完了後、一度再起動を行い、再度HD Graphicsコントロールパネルを開いたところ…

無事表示されるようになっていました!!!
まさか、他社製のグラフィックドライバが足を引っ張っていたとは…

ということで、何かトラブルが起きたときはまずログを確認しましょう。

…というお話でした(汗

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。