浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Android】アプリ内にデータを保存できる「SharedPreferences」

Androidでアプリを開発する際、ちょっとしたデータを保存したいときがあるかと思います。
Webであれば、Cookie や LocalStorage が使えますが、Android の場合でもよく似た仕組みがあります。
それがこちらの「SharedPreferences」です。

参考にさせていただいたサイトはこちら。

[Android] データを保存し Android Studio で確認 SharedPreferences
https://akira-watson.com/android/sharedpreferences.html

 

早速使い方はこちら。

SharedPreferences dataStore = getSharedPreferences("DataStore", MODE_PRIVATE);
Editor editor = dataStore.edit();
// 保存するデータを追加
editor.putString("input", "abcdefg");
editor.apply();

なお、getSharedPreferences() の第2引数で指定している MODE_PRIVATE とは「このアプリからのみ読み書き可能」という意味になります。
基本的には、これでOKだと思います。

また、データはほかにも下記の型を保存できます。

editor.putInt("DataInt", 123);
editor.putBoolean("DataBoolean", true);
editor.putLong("DataLong", 12345678909876L);
editor.putFloat("DataFloat", 12.345f);

そして、読み出しは下記のようになります。

String dataString = dataStore.getString("input", null);

読み出しについてはいたってシンプルですね。
なお、第二引数には、データを取得できなかった場合の代用値を指定します。

他の型の取得については下記のとおりです。

int dataInt = dataStore.getInt("DataInt", 0);
boolean dataBoolean = dataStore.getBoolean("DataBoolean", false);
long dataLong = dataStore.getLong("DataLong", 0);
float dataFloat = dataStore.getFloat("DataFloat", 0);

 

以上、アプリ内にデータを保存できる SharedPreferences の使い方でした。
データベースに保存するまでもないような、小さなデータなどでしたらこれで事足りるかと思います。
是非、便利に使ってください。

  • この記事いいね! (0)