浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

Handlerクラスtips

今日は処理を遅延させるコードを紹介します。

 

アプリのデザインに合わせて決められたタイミングで

処理をしたいなって思う時があると思います。

そんな時はhandlerクラスのpostDelayedメソッドを呼びましょう。

 

 

上の画像のようにHandlerインスタンスを生成した後に

run関数のスコープ内に遅延させたい処理を書きます。

これだけ。

{}外の700は、0.7秒後にrun内の処理をしますよという意味になります。

複雑な計算の処理は時間がかかりがちなので

このHandlerクラスを使って処理をさせましょう。

非同期通信の際にも応用されている非常にメジャーな技法なので

これからandroidアプリを開発をする!という人はぜひとも抑えておきたいですね。

 

  • この記事いいね! (0)