浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Android】「Configuration ‘compile’ is obsolete and has been replaced with ‘implementation’ and ‘api’.」エラーの対処法

今回は久しぶりに Android Studioで遭遇したエラーの対処法のご紹介。
Android Studio を 3 にアップデートしたところ、こちらのエラーが発生しました。

Configuration ‘compile’ is obsolete and has been replaced with ‘implementation’ and ‘api’.

Googleで翻訳したところ、「‘compile’は廃止され、’implementation’と ‘api’に置き換えられました。」とのこと。
つまり、build.gradlecompile を使用しない様にとのことでした。

なお、参考にしたサイトはこちらから。

gradle3でcompile警告 – 組み込みエンジニアのアプリ日誌
http://shekeenlab.hatenablog.com/entry/2018/04/28/223442

 

さて、こちらのエラーへの対処法ですが、build.gradle で使用されている compile を implementation に置き換えるだけ。

dependencies {
    implementation fileTree(dir: 'libs', include: '*.jar')
    implementation project(":CordovaLib")
     ︙
}

なお、修正前はこちら

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: '*.jar')
    compile project(":CordovaLib")
     ︙
}

あとは、普通にビルドとランしてください。

 

以上、Android Studio のでエラーの対処法でした。
が、まだ compile の記述が残っているようでこの警告が未だ消えていません…。
警告なので、アプリは問題なく起動・動作するのですが、やはり少し気になります。
できれば、警告になっているファイルまで教えてくれるとありがたいですね。

  • この記事いいね! (2)