カテゴリーアーカイブ OS

asaba 著者:asaba

2ファクタ認証についてざっくり説明してみる

最近自分のiPhoneに以下の通知が来た。

 

「2ファクタ認証が設定されていません。」

 

 

設定画面からパスワードとセキュリティをタップして2ファクタ認証の設定ができるみたいです。

 

 

 

なにこれ?普通のパスワードだけじゃダメなのかと思い調べてみました。

 

探ってみると次のメリットがあるようです。

 

例えば、新しいiphoneやipadを購入したときにicloudを使用すると

 

パスワードを二段階要求されるようになります。

 

これは、限られたパスワードを知っていて信頼できるユーザーかどうか確かめるためです。

 

万が一appleIDが流出しても、自分の持っている認証パスは他で知りうることができないので

 

IDだけ流出しても第三者の不審なアクセスを防ぐことができます。

 

このように従来のセキュリティをより堅牢にすることで安心してicloudを使うことができます。

 

ちなみにFacebookやlineでもこのシステムが導入されているみたいです。

 

使えるのはios9以降みたいですね。

 

最近は企業の情報流出のニュースが流れていて

 

自分の知人も個人情報漏洩の憂き目にあい

 

こちらも他人事じゃなくなってきました。

 

もし、この通知を無視している場合は速やかに二段認証にしておきましょう。

 

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Mac】MacBookのトラックパットがクリックできない時の対処法

職場の後輩さんのSOSで知った方法です。
なんでも、トラックパットの挙動がおかしくなり、クリックした時のあの「押した感」がなく、右クリックも出来ない!ということでした。
しかも、再起動しても直らなかったとのこと。

で、調べたところ、次の記事にヒットしました。

MacBookの感圧タッチトラックパッドが反応しない!場合の対処法
http://www.deers-of-jp.net/2016/07/14/macbookの感圧タッチトラックパッドが反応しない!場/

まさしくこの状況!ということで、書かれていた対処法を試してみました。

 

その対処法とは、「SMC(システム管理コントローラ)のリセット」です。
電源ボタンやバックライトなど、Macのハードウェアの一部をしているコントローラらしいです。
なので、今回のようにトラックパットが押せなくなった時や、マイクやスピーカーの動作がおかしくなった場合にも、このリセット方法は使えるとのこと。

リセットの方法は下記のとおりです。

  1. 「システム終了」でMacBookの電源を切る
  2. キーボード左側のshiftキーとcontrolキーとoptionキーを3つ同時に押しながら、右上隅の電源ボタンを押す
  3. キーを離したら改めて電源ボタンを押してMacBookを起動する

以上で終了!
起動後、何事もなかったかのように、トラックパットのクリック感が復活しました!

 

以上、SMCのリセット方法でした。
リセットといっても、パソコンが初期化されるわけではないので、何かおかしいな?と思った場合には、まずはこちらを行ってみるのをおすすめします。
幸い、私のMacBookはまだ素直に動いてくれていますが、万一の時のために、覚えておきたいと思います。

  • この記事いいね! (3)
asaba 著者:asaba

予定をまとめて管理できるwanderlistを使ってみた

今日は、最近使った便利なアプリについて書き綴ります。

 

自分は、旅行したい場所やある時はメールやメモ帳などのファイルでまとめていました。

 

ですがこれだといちいちファイルを開いて手動でぽちぽち消したりしなければいけないので正直めんどくさいです。

 

というかやっている人は自分だけだと思います。

 

そんなずさんな管理をしていた自分もこのアプリ、wanderlistでおさらばしました。

 

 

このアプリは、自分のするべきこと(例えば旅行リストだったり地域の行事だったり)をリスト別で整理できます。

 

シェア機能も備わっており、共通の予定を持っている友達や会社の人ともスケジュールを共有できるので、自分と相手の予定が合わないというミスマッチを防ぐことができます。

 

スケジュールがいっぱいで整理できないなって時の強い味方ってことで、管理が苦手だなという人には合っているアプリだと思います。

 

 

 

  • この記事いいね! (0)
asaba 著者:asaba

循環参照をつぶしてみる

今日は、Excelで表処理するときに循環参照をしてしまうことがあったのでその解決法を備忘録として残します。

 

循環参照とは、関数式の書いてあるセルを含む計算式を定義してしまい

永遠にその式を繰り返してしまい演算結果がかえってこない参照のことを指します。

 

これを放置していると、式としてはエラーはないものの

このような警告が頻繁にダイアログとして表示されるので

作業効率がぐっと落ちてしまいます。

 

 

規模の大きいファイルを作る場合

間違いのセルを見つけることは一見難しそうに感じますが

簡単に探してつぶせます。

 

まずは、数式タグを開いてワークシート分析内の

エラーチェックという項目の右矢印をクリックします。

すると、循環参照という項目があるので、矢印に従ってカーソルを合わせると

下のスクショにように、循環参照の対象セルを特定することができます。

 

あとは対象のセルを修正すればエラーチェック完了です!

 

ちなみに自分はExcel2010を使っているのでそれ以外のバージョン

だともしかしたら方法が異なるかもしれないです。

 

これ以外にも厄介なエラーがあるのですが、その解決法はまたの機会に紹介させていただきます。

 

 

 

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Apacheをどう設定しても403になる時はSELinuxを疑え!

ここ最近、サーバーを構築する機会が何度かあったのですが、Apacheの構築中しばしば同じところでハマることがあったので備忘録。

Apacheでは通常、公開するディレクトリ(ドキュメントルートとするディレクトリ)のアクセス権限を下記のように与えてやれば、Webブラウザからのアクセスが可能になります。
例えば、

#2.2系
<Directory /var/www/html>
Order Deny,Allow
Deny from All
</Directory>
または
#2.4系
<Directory /var/www/html>
Require all granted
</Directory>

とすれば
/var/www/html
配下がアクセス可能になるはずです。
勿論、OS側のアクセス権限も調整する必要がありますが、Directoryディレクティブを設定し、なおかつOS側のファイルアクセス権限も問題ないはずなのに、ブラウザで開くと何故かステータスコード403(Forbidden)が返され、コンテンツが見えない、といった事情が起こりました。

ドキュメントルートのディレクトリよりもさらに上のディレクトリに、実行権限がついてるかどうかを確認したり、権限を一括で書き換えたりなど行いましたが、一向にアクセスできず。

いろいろ調べたところようやく原因に多とりつきました。

SELinuxです。

SELinuxはアクセス制御を行うモジュールで、米国NSAがオープンソースで提供しています。

非常に強力なのですが、サーバーのように一般的によくアクセスされる場合は障害になることも多いので、基本的には無効にします。
ただ最近は、インストール時に既に無効になっているものも多いのですが、今回使ったCentOSの場合はデフォルトで有効になっていたようで、SELinuxが動いていることに気づかずにそのまま作業してしまっていました。

SELinuxの設定の確認は

getenfotce

とすると確認ができます。

無効化すは

setenfotce 0

でできますが、これだけだとOSを再起動した際に復活してしまうので、

/etc/selinux/conf

SELINUX=enforcing

の記述を

SELINUX=permissive

に変更しておきます。
これで、再起動時もSELinuxが無効のままにしておくことができます。

なんど設定しなおしてもうまくいかない…!という方は一度SELinuxの設定を確認してみてください。

  • この記事いいね! (0)
asaba 著者:asaba

家族アルバムをアプリで共有!

なかなか会えない遠方の家族に子供の成長を見せたいってときありますよね。

自分は、実家が袋井にあるので中々子供の顔を見せることができなかったので、このアプリみてねを使ってアプリでアルバムを作って子供の情報を送っています。

使い方は簡単で、アルバムを見たい人だけ会員登録をして共通のアカウントを作れば、後は写真を添付すればいつでも子供の写真を見ることができます。

家族間でコメントできるので、コミュニケーションもなんなくとれます。

 

実際のアルバムは重くて持ち運びにくいのでデータで保存して見れるのってスマートで素敵だと思います。

今日は以上です。

 

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

“妖怪ウォッチ”の世界が現実化!? 位置情報ARゲーム”妖怪ウォッチ ワールド”

きっとこれは妖怪のせい…(オイ
どうも、最近夏バテ気味なたかはしです。

最近、”妖怪ウォッチ”のスマホ版ゲームが出たことを知ったのですが、内容がなかなかすごかったので取り上げてみたいと思います。

その名も、”妖怪ウォッチ ワールド”

Googleアカウント(Playゲーム)でユーザー登録して早速ログイン。


唐突に妖怪ウォッチの正当な所有者に選ばれちゃいましたw


ログインすると地図が表示されます。
実際には現在地が表示されるようですが、今回はチュートリアルなので、東京某所のエリアが表示されています。

右下に妖怪ウォッチアイコンがあり、クリックすると

サーチモードに移行。

はてなアイコンなら見えましたよウィスパーさん。


了解!
タップしてみますね。


するとカメラが起動。
…何やら空間内を紫色の靄が動き回っています。

この靄を、画面中央の円内に一定時間とらえ続けないといけないようなのですが、この靄が結構すばしっこくて、思わずあたふたしてしまいましたw

なんとかとらえ続けると、この靄が招待を表し…

</a

なんとオフィス内にジバニャンが!!!
なんだかやる気満々の様子。
どうやらここでバトルが始まるようです。


この後、チュートリアルの動画が再生されるのですが、
説明してくださる方はなんと超有名な有名なあの方…!!!

一体だれが出演するのかは、是非アプリで確かめてみてくださいw

しかしバトルとは言っても、自分まだ手持ちの妖怪(?)いないっすよ…?

と思っていたら…

なんと初期の時点で仲間の妖怪が!
流石ウィスパーさん、かなり親切ですw

バトルは基本的に自動進行します。
が、仲間側の妖怪たちが状態異常になったり、体力が減ってきた場合に、控えの妖怪と入れ替えたりなどを行ってバトルを有利に進めることができます。
また、妖怪たちが持つ必殺技の発動なども、プレイヤーが行わせることができるようです。

ちなみに、妖怪に勝つと、場合によって仲間になってくれる場合もあるようです。
自分がまるで妖怪ウォッチの世界に入ってしまったかのような気分で楽しむことができますw

ちなみに、ゲームをプレイしていてふと、Pokemon Goに非常によく似ているなーと感じ、まさかNiantic社と妖怪ウォッチの版元であるLevel-5社がコラボしたのか…!?
と思ったら、なんと

パズドラ などで有名なGungHo社とLevel-5社のコラボで製作されていました…!
ただし、地図データはGoogleMapを使っているようで、地図データは完全にNiantic社系アプリと同じ情報源となっています。

今までこのタイプのゲームはほぼNiantic社しか出していないような印象で、今回初の競合他社が現れたか!?といった感じでした。

Niantic社のIngressやPokemon Goがヒットした理由として、そのゲーム性の面白さもありますが、現実世界で遊ぶことによって、ほかのプレイヤーの方々とのつながりやコミュニティ、そしてイベントの開催などによってよりコミュニケーションをとることができる”場”を提供してきたことが大きな要因となっています。

GungHo社とLevel-5社の今回の試みでも、ゲーム世界の内側外側両方で魅力を付加することができるのか。
是非注目したいですね。

妖怪ウォッチ ワールド公式サイト

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【iOS】アプリ審査時のプレビューとスクリーンショットでのメタデータ却下

ただいま、アプリの修正&更新を行なっているのですが、iOSアプリがプログラム以外の部分で却下されたので、それについてです。

エラーの詳細ですが、特定の端末のサイズで、スクリーンショットの縦横比が崩れ、画像が潰れてしまっていることでした。
私の設定では、まず1回目に 12.9インチのiPadで、2回目は 9.7インチのiPadで画像がひしゃげました。

 

で、対処法ですが、単に画像をサイズごとに設定するだけ。
要は、エラーとなったサイズのスクリーンショットでは、「〇〇インチディスプレイを使用」というチェックボックスを使って、他のサイズのスクリーンショットを流用しないように修正しました。
……正直、「〇〇インチディスプレイを使用」と書いてあると、いい感じに調整してくれるんじゃないかと思ってしまうのですが、そうではないみたいですね。

 

で、Xcodeのシュミレーターを使って、各端末のスクリーンショットを撮影するのですが、その時に参考になるサイトがこちら。

iPhone/iPad/Apple Watch解像度(画面サイズ)早見表 – Qiita
https://qiita.com/tomohisaota/items/f8857d01f328e34fb551

スクリーンショットの仕様 – App Store Connect ヘルプ
https://help.apple.com/app-store-connect/#/devd274dd925

シュミレーターを起動する際、iPadは画面のインチ数が表示されるのですが、iPhoneは何故か省略されているので、いちいち調べていました。
ので、私のように画面サイズが覚えられない人は、1つ目のリンクページをブックマークしておくことをお勧めします。

2つ目のリンクについては、それぞれの画面のインチ数が、何ピクセルなのかを確認できます。
もし、追加した画像のサイズが違っていた場合、エラーとなり追加できないので、このリストで調べて、規定サイズに変更しましょう。

 

以上、スクリーンショットのサイズエラーの対処法でした。
iOSアプリはかなり厳格なので、なかなか面倒ですね。
ですが、しっかりと調べてくれる分、アプリにバグがある状態で公開されることを絶対に防げるので、かなり有難いです。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

macOSの調子が悪い… そんな時は”macOSを再インストール”を試してみよう

macOSとWindows、どちらが優れているのか?なんて議論がしばしば起こることがあります。

個人的には一長一短だと考えていて、なかなか甲乙を付けるのが難しいのですが、今回はmacのWindowsよりも優れていそうな点を紹介します。

どのOSをとっても、最近のOSは昔のものと比べて、OS本体が破損して起動不能になることはほとんどなくなりました。
が、ふとした拍子(例えばOSのメジャーアップデートに失敗してしまったり、ドライバが不具合になったりなど…)でOSが起動しなくなることはいまだにあります。

こういった場合もまた、最近のOSであれば復旧させるための手段を数種類、標準で用意しており、OSを初期化することなくトラブルの復旧をすることも可能になってきました。

さて、いろいろ試しても復旧せず、いよいよOSの初期化も考えないといけなくなってしまった時、最後の手段としてWindowsにはこんなオプションが用意されています。

“すべて削除する”はOSの初期化とほぼ同義なのですが、”個人用ファイルを保持する”を選択すると、自分がPCに保存したファイルはそのままの状態で、OSの初期化を行なってくれます。
ただし、いままでインストールしたアプリはすべて削除されてしまいます。(それによって治る不具合もありますが…)

一方、macOSはというと、オプション自体は少ないのですが、Windowsの”個人用ファイルを保持する”に似た選択肢として、”macOSを再インストール”という手段が用意されています。
こちらはmacOS本体からではなく、command + Rキーを押しながら起動したときに起動するリカバリモードで選択することができます。

macOSでのこのオプション、Windowsの”個人用ファイルを保持する”との違いは、”すべてのデータを残したまま”OSだけごっそりと再インストールしてくれる点。

ユーザーの保存したファイルの他に、ほぼすべてのアプリケーションも、設定を維持した状態で残ります。
Windowsと比較すると、アプリケーションの再インストールをしない分、再インストール後にすぐに使用を再開できるので非常にありがたいです。

先日、丁度自分のMacBookがmacOSが起動しなくなる不具合に見舞われてしまったのですが、この再インストールで、アプリやデータを保持しながら復旧することができました。
ただし、アプリケーションやその設定ファイル、残骸などによって引き起こされる不具合は、この再インストールオプションでは復旧しない可能性があるので、そういった場合は別の修復オプションを試す必要が出てきそうです。

最近どうもmacOSの動作がおかしい…と感じている方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

macOS を再インストールする – Apple

  • この記事いいね! (1)
村上 著者:村上

【Xcode】「Profile doesn’t match the entitlements file’s values for the application-identifier and keychain-access-groups entitlements.」エラーの対処法

今回は、Xcodeでアプリをリリース用のビルドを行なっているときに遭遇したエラーについてです。
他のアプリを同じようにリリース・ビルドするときにも遭遇したので、今後の自分のためにまとめました。

エラー文はこちら。

Profile doesn’t match the entitlements file’s values for the application-identifier and keychain-access-groups entitlements.

Google翻訳で訳したところ、「プロファイルは、アプリケーションIDおよびキーチェーン・アクセス・グループのエンタイトルメントのエンタイトルメント・ファイルの値と一致しません。」とのこと。
つまり、署名の設定のどこかが間違っているようでした。
ふわっとした把握で申し訳ない!

 

で、解決方法ですが、下の画像の設定を確認します。

TARGET ではなく PROGECT のBuild Settings を開いてください。
そうすると、青く選択されている箇所「Provisioning Profile(Deprecated)」の設定値を確認します。
私の場合、デフォルトだと、Automatic という値が入っていましたが、こちらを正しい Provisioning Profile に変更します。

あとは、いつも通り、Archive を行います。
それが完了すると Organizer が自動起動するので、Validate を実行します。

設定前では、下記の箇所で、エラー文が発生したため先の処理を行えなかったのですが、きちんと設定したため、今回は問題なく実行できました。

 

以上、アプリの署名に関するエラーの対処法でした。
発生するようになったのは、Xcodeをアップデートしてからな気も…?
…Xocde不用意なアップデートは避けましょう。

  • この記事いいね! (0)