カテゴリーアーカイブ 未分類

村上 著者:村上

【Excel】今更聞けない参照セルの絶対参照と複合参照について

業務でエクセルでグラフを作ったり表を作ったりするので、私にとっては今更なエクセルネタなのですが…今回は「絶対参照」と「複合参照」についてご紹介。
基礎中の基礎ではありますが、確かにこれを覚えるとかなり作業効率が上がるので、覚えておいて損はないです。

 

そもそも「絶対参照」と「複合参照」とは何か?についてですが、エクセルでセルをコピーしたとき、参照しているセルの位置を変えたくない時に使う「$」のことです。

例えば、「=A1+B1」と入力したセルを下方向にコピーしたときに、「=A2+B2」「=A3+B3」…というように下にコピーした分だけ、参照しているセルが下にズレるかと思います。
これを禁止して、どれだけ下にコピーしても、必ず「=A1+B1」となるようにするときに使います。
指定方法はいたって簡単で、「=$A$1+$B$1」というように、行と列の頭に「$」を付けて使います。

絶対参照は、何かの集計でパーセントを出すときに、母数が入ったセルを絶対参照で固定して、あとはセルをコピーするだけで全部の項目のパーセントを算出できるので、入力の手間が省けます。

 

次に「複合参照」ですが、こちらは行と列のどちらか片方だけを固定することを指します。
例えば、行は固定だけど列はコピーする方向に従って横に移動してほしいとか、それとは逆に列は固定で、行は移動してほしいというときに使います。

「=$A1+$B1」
「=A$1+B$1」

こんな感じですね。
上の「=$A1+$B1」ですと、が固定になるので、右方向にセルをコピーしたとき、参照しているセルはAとBの列から動かないようにできます。
しかし、下方向にコピーすると「=$A2+$B2」「=$A3+$B3」…というように、コピーした分だけ下に移動します。

「=A$1+B$1」は上記の逆で、が固定されます。
下方向にコピーしても、参照している行は移動しませんが、右方向にコピーすると、「=$B1+$C1」「=$C1+$D1」…というように横に移動していきます。

とりあえず、エクセルの見出しの部分を見ながら、固定したい方に「$」を付ければOK!とでも覚えておけば問題ありません。

 

ちなみに、セルを絶対参照にする場合は、直接「$」を入力する以外にも、ショートカットキーとしてF4を押しても良いとのこと。
参照したいセルを選択した状態でF4を押すと、「A1」→「$A$1」→「A$1」→「$A1」→「A1」という風に変化してくれます。
…これは私も知りませんでしたが、便利ですね!
今後は多用していきたいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows ブルースクリーンの歴史

ブルースクリーンといえば、Windowsを使ったことがある方は知っているかと思います。
あのショッキングな青いエラー画面のことです。

この画面ですが、実はWindowsのバージョンが新しくなるごとに変わっていることはご存知でしょうか。

今回はそんなブルースクリーンの変遷を紹介していきたいと思います。

・Windows 9x系

※引用元:https://hdd-check.com/post-945.html

まずはWindows 9x系(95 98 ME)のブルースクリーン。
この世代のWindowsはブルースクリーンが発生しやすい仕組みだったとのことで、見かけている方も多いはず。
9x系のブルースクリーンでは、実はブルースクリーンから元のOSの画面にもどることができたんですね。(昔そういえばしょっちゅうブルースクリーンから復旧させて使っていたのを思い出しました。)
ただ、復帰後もうまく動作せず、結局は再起動が必要になってしまうことも結構ありました。

ちなみに、日本語対応は地味にちゃんとされていました。

・Windows 2000~7

一方こちらはWindows2000以降のNT系Windowsのブルースクリーン。
NT系ではちょっとやそっとのエラーではブルースクリーンが出なくなったので、9x系から乗り換えた方はその安定性の違いに驚いたはずです。
その分、ブルースクリーンが出た際のエラーの深刻度は比較的大きく、OSの動作の継続が困難なため必ず再起動が必要になりました。
基本的に原因はOSの破損、デバイスドライバの不具合、ハードウェア障害・故障が原因でエラーが発生した場合に表示されます。

なお、こちらは日本語版Windowsであっても英語表記のみです。

・Windows 8/8.1

※引用元:https://news.mynavi.jp/article/win81tips-129/ 

Windows 8からは再び日本語版ブルースクリーンが復活しました。
背景の青色も中間色になり、ユーザーフレンドリー感が増した気がします。

なおこちらも2000以降と同様に再起動が必要になりますが、デフォルトの設定であれば自動的に再起動してくれるはずです。

・Windows 10

※引用元:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news007.html

そしてこちらがWindows 10のブルースクリーン。
日本語化に加えて、QRコードが追加され、より簡単にマニュアルを参照できるようになりました。

再起動が必要なことには変わりはありませんが、かなりわかりやすくなりました。

Windowsの各バージョンのブルースクリーンを見ていくと、どんどん改良されているのがわかりますね。
昔は原因がよくわからなかったり、英語表記だけだったりと、初めて見たときはパニックになるような画面でしたが、最近はいろいろと工夫されていてかなり落ち着て対処できるような内容になってきました。

最近のWindowsであれば、ドライバやOSなど、エラーが発生する原因が限定されてくるので、自力でブルースクリーンに対応できる場合は増えた気がします。
また、最悪ハードウェアの故障だった場合、モバイルノートなどは修理に出すしかないですが、デスクトップや一部のノートPCでは自分で交換できる部品があったり(例えばメモリやHDD)しますので、それで対処もできます。

落ち着いて対処していくことがトラブル解決の近道になりますし、ブルースクリーン自体に原因が表示されることもあるので、ブルースクリーンが出てしまっても慌てず、うまく使いこなせるようになれば、PCのトラブルも怖くなくなるかもしれませんね。


参考サイト:
https://news.mynavi.jp/article/win81tips-129/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3
https://hdd-check.com/post-945.html
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news007.html
http://degiteku.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

  • この記事いいね! (0)
著者:aoki

画像認識(機械学習、AI)のデータセットをダウンロードできるサイト一覧

現在私も機械学習(主に画像認識)に取り組んでおりますがやはり1番大変なのが学習です。
数百程度では精度がだせないので何万~何十万ものデータが必要となってきますが自分でデータを集めるのは非常に大変。
そんなときには公開されているデータセットを利用して学習させるのが非常に手っ取り早いです。

という事で主に画像関連のデータセットを公開しているサイトを集めてみました。

ImageNet


http://www.image-net.org/
1,400万枚以上のデータセットがあり、文字列検索をすると検索単語に合ったクラスが出てくるのでデータ取得がしやすい。

CoPhIR


http://cophir.isti.cnr.it/whatis.html
Flickerのデータセットで1億600万枚もあるらしい。
データセットのダウンロードは申請が必要。

Tiny Images Dataset


http://horatio.cs.nyu.edu/mit/tiny/data/index.html
32×32ピクセルの画像が約8,000万枚ダウンロード可能。
小さいサイズですが8,000万枚もあるのでサイズが227Gbととても大きい。

SUN dataset


http://vision.princeton.edu/projects/2010/SUN/
シーン認識用のデータセットで風景+オブジェクトの認識には適していそう。

UC Irvine Machine Learning Repository


http://archive.ics.uci.edu/ml/index.php
様々な画像のデータセットあり現在399クラス。

THE MNIST DATABASE


http://yann.lecun.com/exdb/mnist/
有名な文字認識用のデータセット。約6万の学習用データがある。

MegaFace and MF2


http://megaface.cs.washington.edu/
顔認識用データセットで470万枚ほどの顔写真がダウンロード可能。
日本人の写真は少ない?

私が使ってみた感じでは ImageNet が一番使いやすいと思いましたが、画像認識はデータ量が命なので色々な所のデータセットを活用するのが良いと思います。
但しライセンスフリーではない場合もありますのでご注意ください。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

グループコミュニケーションツール”Discord”が人気急上昇中。かたやSkypeはピンチか。

最近、巷で急に注目され始めたコミュニケーションツールがあります。

Discordです。
最近になって急激にユーザー数を伸ばしはじめているようです。
その理由は、その動作の軽さ、マルチプラットフォームである点、そしてSlackのような、1対多のやり取りに特化している点です。

僕も気になって登録してみました。
まず、Discordの仮登録画面へ。
https://discordapp.com/

トップ画面からOpen Discord in your broeserをクリックすると、任意のユーザ名を入力します。


簡単なチュートリアルの後、

自分のサーバーの作成か、作成済みのサーバー(≒グループルーム)への参加を求められます。
ここはSlackと同じような感覚です。
今回は参加先のサーバーがなかったので適当に作成しました。

なんとこれだけで仮登録手続きは完了!
メイン画面に入れてしまいます。


仮登録状態だと上の方に本登録を求めるバーが表示されますが、ブラウザ上で使用する場合は殆どの機能を利用できるようです。
本登録も必要な情報はメールアドレスとパスワードのみ。


登録したアドレス宛に確認メールが届くので、クリックすれば認証が完了です。

フレンド登録したときの画面ですが、こんなちょっとユーモアの効いたメッセージが入っているのもなかなか面白いですね。
日本語対応状況もかなり進んでいて、一部まだ英語になってしまっているUIはあるものの、普段使う分には英語がわからなくても快適に使うことができます。

クロスプラットフォームにももちろん対応。
Webブラウザ上以外にも

主要OSでネイティブに動作するクライアントがちゃんと用意されています。
Windows版とAndroid版をインストールしてみましたが、アプリの方もかなり軽快に動作します。

Discordが出始めたあたりから、巷では”これSkypeよりもいいんじゃね???”とか、”これもう画面共有できたらSkypeいらないじゃん”という声が上がり始めていたのですが、最近とうとうDiscord側に画面共有機能が実装され、いよいよ”Skype”離れが顕著になりそうです。
Discordもこの流れを感じているのかいないのか、Discord側は他サービスからの移行ツールを公開していたり、以前のトップページでは”It’s time to ditch Skype and TeamSpeak.”なんてセリフが掲げられていたりとかなりアグレッシブな様子。
Skypeが焦り始めるのも時間の問題な気がします。

更に最近は、日本サーバーも追加され、さらに快適に使えるようになったようです。

「Discord」日本サーバーが遂に追加!サーバーリージョンで日本が選択可能に – Gamepark

DiscordにはWebhookも搭載されているようですし、Slackのライトユーザーであれば、日本語化対応かつ音声通話ができるDiscodeに乗り換えてしまうのもありかもしれませんね。

ということで人気が上がりっぱなしのDiscord。
競合サービスの動きも含めて今後の展開が楽しみですね。

——————————–
Discord
https://discordapp.com/
ゲーマー集団はskypeをブン投げてdiscordへ移行しよう! – ukeru.jpのブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/ukeru/blomaga/ar998635

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

コンデンサのパンク

基盤のパンク

基盤のパンク

私の自宅のPC、コンデンサがヤバそうな雰囲気になってきています。

ピーとか、ビリビリとか、I/Oに合わせていろんな音を出し始めています。中でも一番ダメージが大きそうな所が ATX 電源の中のコンデンサ。次は ASRock マザーボードのどこかのコンデンサです。

出来る限り長寿命と書かれているマザーボードを選んでいるつもりですが、しょうがないですね。

サーバも電子機器。可動部のHDDやFANはすぐわかりますが、長期間動かすとコンデンサのパンクでおなくなりになることが多いです。他は、ショート。何度か経験がありますが、サーバ停止して移動して起動したらパシッ。一瞬でデータ含めて吹っ飛びます。人の行き来する場所で、サーバを動かしてはいけません。さらに長期間稼働させたら停止も移動もNG。気をつけましょ。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【アプリ】遠鉄バス公式アプリ「遠鉄バスどこ!?」で乗車予定のバスの位置がわかる

日頃 遠鉄バスを使う方におすすめのアプリ。
その名も「遠鉄バスどこ!?」です。

アプリのインストールはこちらから。

【スマートフォン向け】バス現在地表示アプリ「遠鉄バスどこ!?」のご案内
http://entetsubus.lekumo.biz/news/2017/07/post-8894.html

Android、iOS の両方が用意されているので、どちらかを選んでインストールしてください。

 

実際の画面はこんな感じ。

上記では、浜松駅から富塚のバス停までの区間と、富塚中学校から浜松駅までの区間が表示されるように設定しています。
区間は自由に登録できるので、よく使う路線を登録しておけば、アプリを起動してすぐに、バスの運行状況を確認できます。

区間をタップすると、次のように詳細が表示されます。

詳細ページでは、具体的にバスがどのあたりを走行中なのかがわかります。
あとどのくらいの時間で最寄りのバス停に到着するのかの目安になるので、外出時に便利です。

 

あまりバスには乗らないので、最寄りのバス停でさえ時刻表が頭に入っていないのですが、こちらのアプリを確認すれば、リアルタイムにバスの位置がわかって便利です。
距離にもよりますが、最寄りのバス停の大体3~5つ前くらいにバスが来ているときに家を出ればちょうど良さそうですね。

個人的には、そこまでバスの利用頻度が高くない方におすすめのアプリかな、と思います。
遠州地域にお住まいの方は、是非インストールしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

情報セキュリティ対策とSSL

Identity for Everything

Identity for Everything

SSL証明書を沢山購入しているグローバルサイン社からカレンダーが届きました。かっこいいカレンダーですね。中は月ごとにセキュリティやSSLについての川柳が書かれています。

そう、SSL 証明書は大事。導入しておかないと後で大変なことになります。ですが、サーバ運用をしている側からすると意外と厄介な部分なんですよね。

・暗号化 (ウェブシステム、メール、FTP、POP、IMAP などなど)
・VPN
・個人の認証 (PKI)

など色々な所へ影響していて、手を焼く人気のヤツ。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

MacでWebサイトを”アプリ化”できるアプリ Fluid

takahashiです。

先日、macOS版Chromeでアプリモードを開く方法をご紹介しましたが、他にもmacOSでサイトをWebアプリ化できるアプリがありましたので、ご紹介したいと思います。


Fluidというアプリです
これを使うと、任意のWebサイトを簡単に”アプリ化”できちゃいます!

まず、Fluidを起動すると、以下のような画面が出てきます。

URL: にはアプリ化したいサイトのURL
NAME: にはアプリ化した時のアプリ名
Location: はインストール先

を指定します。
もし、任意の画像をアプリのアイコンに設定したい場合は、

Icon:
でアイコンファイルのパスを指定します。

なかなか自動でアイコンが設定されないサイトも多いので、あらかじめアイコンを用意されることをお勧めします。

この状態で”Create”ボタンを押すと、.app形式のアプリケーションが生成されます。
今回は、試しに先日紹介したHabiticaをWebアプリ化してみました!

Fluidでゴニョゴニョすると、

Applicationフォルダにアイコン付きで登録されました。
実際に起動すると、

こんな感じで表示されます。
余分なUIはすべて取り払われ、コンテンツ本体と読み込み状況のみ表示され、スッキリしました。
最大化すれば、より広く使うこともできます。

SafariやChromeをわざわざ開いてから起動しなければならないわずらわしさから解放され、とても使いやすくなりましたw
気分的にも”Webサイト”ではなく、”アプリ”として使えるのもいいですね。

便利なので、Webアプリをよく使われる方は是非お試しあれ。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

リビルドとリハビリ

佐鳴湖の新川

佐鳴湖の新川

寒いけどいい天気。足のリハビリを兼ねてコンビニ帰りに新川沿いに南下して佐鳴湖へ回り道してきました。ほんと、水面が綺麗だとよいのだけど。がんばれ佐鳴湖。

人は寝ずにどれだけ生きられるか。久しぶりに挑戦しました。
といっても最終的には70時間ほどの3日弱。

気力で意外と普通に寝ずに過ごせますが、神経的には損傷をきたすことが分かりましたw

70時間後に5時間睡眠をとった所で、睡眠中に両足に激痛。しかも動けず。指を触れたり、布団にかすれたりすると激痛がはしる。

よく足をつることはあったけど、この激痛は初めての経験。回復までに3日かかりました。しかもまだ何となく違和感があり、リハビリちっくに生活しています。

この経験をもとに、まだまだ行けそう。頑張ろう。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

MacのBootCampにインストールしたWindowsでタッチパッドのみスクロール方向を逆にする方法

高橋です。

少し前に、MacbookにBootCampでWindowsをインストールしました。
ストレージがSSDということもあり、Windowsを動かしてもかなり軽快に動作するので、ちょっとした作業ならWindowsもMachintoshも、このMacbookで済ませてしまうことが多くなってしまいました 。

そんなMacbookですが、Windowsを動作させているときにちょっと困ったことが。
Macbookはタッチパッドを二本指でスライドすると画面をスクロールさせることができるのですが、Machintoshでは、指をどちらにスライドさせるとどの方向にスクロールさせるかを指定できるのですが、Windowsだと指定することができません。
僕の場合、Machintoshでは指を上にスライドさせると下にスクロールする”ナチュラル(逆方向)”になっているのですが、Windowsだと指を上にスライドさせると上方向にスクロールする設定で固定になってしまっています。

最初は慣れれば問題ないかな、と思っていたのですが、よく操作する部分ということもあり、どうも違和感がぬぐえなかっったので、何とかできないかなと探してみたら、こちらのサイトに情報が載っていました。

実際に設定してみます。

まず、Macbook上のWindowsで
スタートメニューを右クリック -> デバイスマネージャー
をクリックします。

そうするとこんな画面が出てくるので、

「ヒューマンインターフェースデバイス」

「Apple Multi-Touch」
を右クリックして、プロパティをクリックします。
開いたウインドウの「詳細タブ」をクリックして、
「プロパティ(P)」のプルダウンメニューを
「ハードウェアID」
に変更します。


写真の赤枠で囲った部分の数値をメモしておきます。

つぎにWindowsキー+Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」ウインドウを表示します。

“regedit” と入力してじっこうすると、”レジストリエディタ”が開きます。
レジストリエディタはWindowsの設定データベース(?)であるレジストリの数値を直接編集できるアプリです。
設定が格納されているレジストリを編集するので、間違った値を設定してしまったりすると、OSが壊れることもあります。
編集は間違えないように気を付けて、自己責任で操作してください。(変なところを触らなければよっぽど大丈夫です。)

左側にあるフォルダ一覧を以下の順にたどっていきます。
HKEY_LOCAL_MACHINE->SYSTEM->ControlSet001->Enum->HID

ここまでたどると、「VID_なんちゃら」というフォルダが並んでいると思いますが、ここが、先ほどデバイスマネージャーでメモしていただいた値と同じ値の物を探します。
おそらく、最後に&col[数字]という文字がついた同じ値のフォルダが複数あると思いますが、このフォルダを全部開き、「FlipFlopWheel」という項目があるフォルダを探します。
僕の場合は
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\HID\VID_XXXX&XXX_XXXX&XX_XX&Col01\7&38d15XXXXXXXXXX\Device Parameters
にありました。
ここの「FlipFlopWheel」の値を0から1に変更してOKをクリックします。

これで設定完了です。Windowsを再起動すると、タッチパッドのスクロールだけが逆方向になっているかと思います。
ちなみに、タッチパッドだけでなく、マウスのスクロールも逆方向にしたい場合は、最初のデバイスマネージャーのヒューマンインターフェースデバイスから設定を変更したいマウスのVIDを探し出して、同じ手順で設定を変更すれば逆方向に設定できます。

MacBookでタッチパッドのスクロールにお悩みの方はぜひ一度お試しあれ。

————————————–
参考サイト
Boot Camp上のWindows – スクロールをナチュラル(逆)方向に変更 – PC設定のカルマ

※この記事は以前自分が書いたものを一部修正して投稿しています。
  • この記事いいね! (0)