浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Android】bundletool.jarを使ってAndroid App BundleをAPKに変換する

今後使うかどうかは分かりませんが、備忘録としてまとめ。
タイトルにある通り、Android App Bundle ファイルを APK ファイルに変換する方法についてです。
Android App Bundle は、アプリをリリースする際に Google Play Console にアップロードする .aab という拡張子のファイルです。

参考にさせていただいた記事はこちら。

Android App Bundleを実機にインストールして試すために使うbundletoolの使い方 | virtualiment
https://virment.com/how-to-use-bundletool-to-test-app-locally/

Google のサイトにも説明はありましたが、個人的にはこちらの方が分かりやすかったです。

 

まず、準備として bundletool.jar を下記サイトからダウンロードします。

Releases · google/bundletool
https://github.com/google/bundletool/releases

2022/7/29 現在では 1.11.0 が最新でした。
ダウンロードできたら、分かりやすい・使いやすい場所に保存します。
私は、アプリの Android App Bundle ファイルがディレクトリに保存しました。

次にコマンドプロンプト等のターミナルアプリを起動し、bundletool.jar します。
あとは下記コマンドを実行すればOKです。

java -jar bundletool.jar build-apks \
--bundle=[Android App Bundle ファイル名] \
--output=app.apks \
--ks=[アプリの署名キーストアファイルのパス] \
--ks-pass=pass:[署名キーストアファイルのパスワード] \
--ks-key-alias=[署名キーストアファイルのエイリアス名] \
--key-pass=pass:[署名キーストアファイルのキーパスワード]

上記の実行に成功すると app.apks という名前で APK ファイルが生成されます。

また、APK ファイル生成後は、下記のコマンドを実行すると、実機にインストールしてくれます。
なお、パソコンにアプリをインストールしたい端末を接続し、かつ APK ファイルが bundletool.jar と同じディレクトリにあることを確認してから実行してください。

java -jar bundletool.jar install-apks --apks=app.apks

ちなみに、既に端末に同じアプリがインストールされていると、上記コマンドが失敗する事があるとのことです。
アプリをアンインストールして問題がなければ、アンインストールを行ってから上記コマンドを実行した方が確実ですね。

実際にコマンドを実行したところ、問題なく APK ファイルの作成と、端末へのアプリインストールが行えました。
特に、アプリの実機インストールは簡単で良いですね。
今までは、エクスプローラで端末の適当なディレクトリに APK を移動して、そこからインストールを行っていたのですが…今後はこちらの方法でインストールしようと思います。

 

以上、bundletool.jar を使って Android App Bundle ファイルを APK ファイルに変換する方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)