浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【JavaScript】Moment.jsを使って経過日数を取得する

タイトルにある通り、Moment.js を使って ○日から×日を比較して、経過日数を取得する方法についてです。
日付操作にはいまだに苦手意識があるのですが、Moment.js を使い始めてから大分和らいできました。

参考にさせていただいた記事はこちらから。

JavaScript|Moment.jsで日付操作(比較, 差分, フォーマット) – わくわくBank
https://www.wakuwakubank.com/posts/606-javascript-moment/

 

経過日数を求めるときには .diff() を使い、差分を求めます。
サンプルコードはこちら。

const dateFrom = moment('比較したい日付(過去)');
const today = moment();  // 今日の日付
const elapsedDate = dataFrom.diff(today, 'days');

上記のように記述すると、変数 elapsedDate に経過日数が格納されます。
なお、今回は日数を求めたかったので、diff() の第二引数に 'days' を指定していますが、経過時間を求めたい場合は 'hours' を指定するなど、求めたい単位によって変更してください。
なお、省略した場合の単位はミリ秒になります。

 

以上、JavaScript の Moment.js を使って経過日数を取得する方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)