現在MSにより開発中の新Edgeが日本語化可能になっていた件

takahashi 著者:takahashi

現在MSにより開発中の新Edgeが日本語化可能になっていた件

現行のMicrosoftオリジナルのエンジンを搭載したWindows10の標準ブラウザEdgeですが、GoogleChromeのベースであるChromiumをベースにしたものに作り替えられる予定になっており、α版、β版についてはすでに入手できるような状態になっています。

Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は? – @IT

Microsoft Edge Insider – Microsoft

僕もBeta版とdev版の両方をインストールして、時折起動してみています。

旧Edgeもかなりサクサクなに動作しますが、そのサクサク感は引き継ぎつつ、さらにChromeのGoogleの部分をMicrosoftプラットフォームにうまく載せ替えたような内容になっています。

Chromium版Edgeのプルダウンメニュー。Edgeよりのデザインになっている。
Chromium版EdgeにはGoogleアカウントではなくMicrosoftアカウントでログインを行う。

とはいえ、Edgeの標準のアプリストアであるMicrosoft Storeだけでなく、Chrome Web Storeからもインストールが可能になっていて、Chromeで使用していた拡張機能も、ほぼEdgeへインストールすることも可能になっていました。

そんなChromiumベースのEdgeですが、実はデフォルトで英語の設定になっており、最初は日本語に切り替えることができませんでした。

ところが、いつの間にか設定画面の言語設定から、表示言語を切り替えられるようになっていました。

すでにほどんど日本語化もされていて、途中でクラッシュするようなこともなかったため、現時点で十分実用的に使えそうです。

気になった方は是非一度試してみて、GoogleChromeと比較してみると面白いかもしれません。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。