浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【JavaScript】LocalStorageを扱う上での注意点

うっかり忘れそうなので、自戒も込めてまとめ。
ローカルにデータを無期限に保存できる便利な LocalStorage の注意点です。

 

知っている人には、そんなこと?と思われそうですが、LocalStorage は値は必ず 文字列 で保存されます。
私は、つい Boolean 型をそのまま格納してしまい、若干ハマりかけました。

参考にさせていただいたサイトはこちらから。

localStorage 使い始めてハマりがちな罠 – #生存戦略 、それは – subtech
http://subtech.g.hatena.ne.jp/secondlife/20091201/1259631283

こちらでも書かれているように、LocalStorage は自動で型変換が行われます。
で、console.log で確認すると、きちんと true または false が格納されているのですが、これは Boolean 型ではなく文字列なので要注意。
ログで見るだけだと、正しい値が保持されているように見えてしまうんですよね…。
なので、if 文等で比較をして結果がおかしい場合は、型の確認までするようにしましょう。

 

以上、LocalStorage を利用する際の注意点についてでした。
皆様もご利用の際はお気を付けください。

  • この記事いいね! (0)