浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Android】XMLデータから特定のタグの値を取得する方法

もしかしたらもっとスマートなやり方があるのかもしれませんが…問題なく動作しますので、XMLの扱いでお悩みの方は是非。
XMLデータから、特定のタグの値を取得する方法です。
なお、参考にしたサイトをうっかり失念してしまったので、今回はリンクはありません。

 

では早速、コードはこちら。

private void getXmlData(String xml) throws XmlPullParserException, IOException {
    XmlPullParserFactory factory = XmlPullParserFactory.newInstance();
    XmlPullParser parser = factory.newPullParser();
    parser.setInput(new StringReader(xml));
    int eventType = parser.getEventType();

    String data;
    List<String> arrData = new ArrayList<>();

    while (eventType != XmlPullParser.END_DOCUMENT) {
        if (eventType == XmlPullParser.START_TAG) {
            switch (parser.getName()) {
                // データを取得したいタグが一つ
                case "[データを取得したいタグ名]":
                    parser.next();
                    data = parser.getText();
                    break;
                // データを取得したいタグが複数
                case "[データを取得したいタグ名]":
                    parser.next();
                    arrData.add(parser.getText());
                    break;
            }
        }
        eventType = parser.next();
    }
}

こんな感じです。
関数にしているので、そのままコピー&ペーストしてもらえば動作するかと思います。
なお、渡すXMLでデータは 文字列 に変換しています。

重要そうな部分だけを説明すると、10行目から XMLデータを while で、タグやデータなど 1つずつ見ていって、それが開始タグで、かつそれがデータを取得したいタグだった場合はそのタグの値を取得しています。
また、14行目からの case句は、タグが一つしかない場合のデータの取得方法で、対して 19行目からの case句は、タグが複数あった場合のデータの取得方法です。
といっても、データを格納する変数が StringList かの違いしかないのですけどね。

これでデータの取得ができますので、あとはこのデータを行いたい処理などに使ってください。

 

以上、XMLデータから特定のタグのデータを取得する方法でした。
やり方を変えれば、全タグのデータも取得できるかと思いますので、是非ご活用ください。

  • この記事いいね! (0)