浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

CentOS 7 にPHP7.1をインストールする方法

最近、徐々にPHP 7系を要求するアプリケーションやフレームワークが多くなってきました。
一方で、CentOS 7はデフォルトでは古めのパッケージのみを提供しているので

sudo yum -y install php 

としてもphp5.6系しかインストールできません。

しかし、CentOSで利用できる外部のリポジトリ”epel”と”remi”を用いることでphp7系をCentOS 7へインストールすることが可能になっています。
今回は、その方法をご紹介したいと思います。

まず、現時点で古いバージョンのPHPが入っている場合は、一度アンインストールが必要になります。
もし古いバージョンのPHPも必要な場合は複数のバージョンのPHPを共存させる必要となり、今回の手順ではセットアップできませんのでご注意ください。

PHPが既にインストールされているか確認します。

php -v

として

PHP 5.4.16 (cli) (built: Apr 12 2018 19:02:01) 
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

のようになっていれば、既に古いバージョンがインストールされているので、一旦アンインストールします。

sudo yum -y  remove  php-cli php-common

epelリポジトリをインストールします。

sudo yum -y install epel-release

remiリポジトリをインストールします。

sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

ここまで行えば、php7.1のインストールが可能になっています。
次のコマンドでphp7.1をインストールしてみます。

sudo yum install --enablerepo=remi,remi-php71 php php-devel 

インストール完了後、再度php -vをして

php -v
PHP 7.1.24 (cli) (built: Nov  7 2018 18:45:17) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

となっていれば成功です。

なお、remiリポジトリからphpに入れた際、PHPモジュールの参照先が別の場所になってしまうことがあるようです。
その場合は、php.iniに次の記述を追加してください。

extension_dir = "/opt/remi/php71/root/usr/lib64/php/modules" 

※PHPバージョンによって異なります。”sudo rpm -ql インストールしたphpのパッケージ名”を実行してインストール先を確認してください。

  • この記事いいね! (0)