タグアーカイブ RAID

著者:ym

Adaptec RAID maxView Storage Manager でファームウェアバージョンアップ

 
遠隔 IMPI 経由で、Adaptec RAID コントローラのファームウェアバージョンアップをする為、試行錯誤しました。
 
 
 
まずは Adaptec RAID maxView Storage Manager の USB ブートイメージファイルを Adaptec サイトからダウンロードしてきます。ISOイメージをマウントさせ、起動。
 
 
しかし、そのUSBブートイメージには新ファームウェアは無いのでWindowsでVHDイメージをFAT32で作成してWindowsへマウント、ファームウェアを格納して、Windowsから切り離しておきます。
更に、拡張子 vhd を img へ変更して IPMI のイメージマウント機能でアタッチ。
アタッチすると、USBブートして起動している Storage Manager 側で検出され、maxView のファームウェア選択が出来るようになります。
 
 

遠隔でBIOS更新とか、ファームウェア更新というのは大変。

無事バージョンアップが完了しまいた。

FreeBSD で arcconf getconfig 1 をすると、kill -KILL も出来ないプロセスとなってしまう症状があるのでバージョンアップをしたのですが、これで解決できるとよいが。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

RAID6でHDD3本故障した事例

NICOS カード会社のシステム障害が HDD 障害で 3 本同時に故障したとの報告。

スラドにも書かれている通り、RAID6 でも、リビルド中に他のHDDが故障する可能性は十分あるわけで。

そんななか、おおって思った情報が書き込まれていました。

HDD は壊れていなくても定期的に交換する。

なるほど、高可用性が要求されるシステムには有効でしょう。エンタープライズな HDD はまだまだ高いですが、ニアラインを大量に用意するとか、いっその事デスクトップ製品を、しかもSSDとかで週や月毎に交換するなど。

  • この記事いいね! (2)
著者:ym

RAIDの開放とLowレベル初期化

RAID 崩壊するよ

RAID 崩壊するよ

RAID 構成だったディスクを取り外して単体構成に変更します。何時になってもこの作業は緊張します。

RAID 開放完了

RAID 開放完了

が、実際 RAID 開放は一瞬です。あっという間に崩壊します。

Low レベルフォーマットまじでする?

Low レベルフォーマットまじでする?

さらに、別のサーバで RAID 利用する為に LOW レベルフォーマットを実行します。これが時間が掛かる。

実行したぞ

実行したぞ

この作業、めちゃくちゃ時間がかかって大変な作業ですが、RAID を開放しただけでは、新しいサーバのディスクとして使用する際に問題となるので、この作業は必須!

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

RAID構成情報はRAIDコントローラに持っているのか?

RAID コントローラ自体が故障した場合、どうするか問題。

RAID を構成する上で、HDD を複数本と、RAID コントローラカードが必要になります。エンタープライズな RAID ストレージには RAID コントローラ自体が冗長制を持っているので問題は無いのですが、一般的なサーバで RAID コントローラが故障した時どうなるか。

弊社では Adaptec 社の RAID コントローラカードを使用しているので、改めて確認の為調査を行いました。

データを損失せずにSATAやSAS RAIDコントローラを交換する方法は-

HDD は 1 本壊れただけでは、冗長性がある為、取替るだけで復旧が行えます。

しかし RAID コントローラとなると、RAID を構成していた情報、例えば RAID5 で HDD 3 本で冗長、1本がホットスペア、RAID1+0 の 4 本構成、などの情報です。同じ HDD 本数だと、以前どのような構成だったかがわからなくなるのでは?

と考えますが、一般的な RAID は HDD に構成情報を持たせているので問題無し。

起動時に電源をしっかり通電させる。順番、本数、ファームウェアの相違、アップグレード、マイグレード条件を把握する。など作業を間違え無ければ HDD から構成情報が復元が行えるとのと。

今から作業を行う為、念のため確認でした。

  • この記事いいね! (1)