BIOSは諦めてUSBのFreeBSDでarcconf

著者:ym

BIOSは諦めてUSBのFreeBSDでarcconf

RAID1 + HotSpare 構成の HDD がすでに HotSpare 1 本のみで可動している状況でした。最悪なことに VMware の arcconf が動かない環境なので、USB ブートで FreeBSD を起動し FreeBSD の arcconf で操作する形をとりました。

まずは HDD 状態をチェック!そこで HotSpare 1 本のみで可動している状況が発覚しました。

やっぱ、VMware にも arcconf いれて 遠隔 arcconf ができる状況にしておかないとだめですね。かといって先日試しにAdaptec RAID ドライバを入れ直ししてみたけど、vmfs として認識してくれず断念したところです。

早速 HDD のシリアル番号と port# で故障 HDD を特定し、取り外し、新品 HDD を追加してリビルドを開始しました。あとは optimal になるのを待つ。

しかしこの HotSpare 設定って、どうゆう運用を想定した運用なのだろうか?

リビルド完了後も、HotSpare 状態のままらしいのです。

HotSpare は port# に紐づくのだろうか?

常に、このポート(SATAケーブル、スロット)は、HotSpare 専用だよ的な。

だとすると、リビルド完了後 HotSpare 表示の Online HDD を別のポートへ接続し直しして、可動させる必要があります。

  • この記事いいね! (0)

著者について

ym administrator