カテゴリーアーカイブ Linux

takahashi 著者:takahashi

Windowsが起動しなくなった時にPCからデータを取り出す方法

以前
Windowsがおかしくなった時に試したいコマンド “sfc /scannow”
という記事を書きましたが、今回はその後の話、つまりWindowsが復旧できなくなってしまった場合の対策を紹介したいと思います。
実際はsfc以外にも回復する方法があるのですが、それらもろもろを試してもダメだった場合、初期化が必要になってきます。

幸いなことに、Windows8以降のOSではなるべくファイルを残した状態でOSを再インストールするオプションがあるので、通常はこれでほとんど治ります。

Windowsのリフレッシュ(一部初期化)とリセット(完全な初期化)は下記を参照ください。
第8回 Windows 8によるPCの「リフレッシュ」と「リセット」 – @IT
Windows10 「PCのリフレッシュ」「PCの初期化 (リカバリー)」をする方法! – Mecha log

そもそもリカバリすらできない、あるいはリカバリする前に念のためデータをバックアップしておきたい、といった場合は、HDDを取り出して正常に起動するPCに繋げるか、外部からOSを直接起動することができれば可能になります。

実は世の中にはCDやDVDから直接起動することができるOSが複数種類存在します。

もしDVDを作成する機能のあるPCを使っている場合は、Ubuntuがおすすめです。

Ubuntu Japanese Team – Ubuntu

Ubuntu 14.04 インストールDVDの作成 – 根気だけでパソコンを征服しようとする隊長の備忘録

そもそもディスクドライブがない!という方はUSBメモリへインストールすることもできます。

さまざまなOSのインストール“USBメモリ”を手軽に作成できる「UNetbootin」- 窓の社

一度OSが起動すればあとはWindowsと操作は同じです。
PCに内蔵されているHDDを開き、必要なファイルを別のUSBメモリやHDDへコピペすることができます。

詳しい操作方法はこの辺りを見ていただければわかりやすいかと思います。

Ubuntu ウブントゥでデータ救出

GUIのわかりやすい画面でファイル操作ができると、かなり安心感がありますね。
困った際は是非試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

NginxでBASIC認証をプロキシするときの注意点

今回。hamamatsu-gnss.orgのサーバー切り替えを行ったのですが、移行先サーバでサービスの再起動後何故かBASIC認証が通らなくなる問題が発生。
80番ポートはWebページとポートを共有しているので、webサーバーとntripサーバーの前にNginxを置いて、ドメインで通信を振り分けています。
旧サーバーでは問題なく動いていたのですが、まったく同じ設定をコピーした新サーバーでは、RTKLIBからntripへ401ステータスで接続できなくなってしまいました。

ちなみに直で新サーバー側のntripへ接続すると、認証も問題なく通り、ログにも異常は見られなかったので、原因がNginxなのは間違いなさそうです。

認証の要らないsourcetableはNginx経由でも問題なく表示できたため、恐らくBASIC認証の際に必要なヘッダ情報が渡せていないのだろうと推測しました。
そこでいろいろ調べてみると、参考になりそうなサイトを発見。

Nginx を認証プロキシとして使う – Docker-docs-ja

正常にプロキシするには

      proxy_pass                          http://example.com;
      proxy_set_header  Host              \$http_host;   
      proxy_set_header  X-Real-IP         \$remote_addr; 
      proxy_set_header  X-Forwarded-For   \$proxy_add_x_forwarded_for;
      proxy_set_header  X-Forwarded-Proto \$scheme;

の記述が必要だったのですが、新サーバーの設定ファイルと見比べたところ

proxy_set_header  X-Forwarded-Proto \$scheme;

の記述が抜けていることがわかりました。
この一行を追記し、Nginxをリロード、もう一度試してみると…

無事接続できました!

Nginxはプロキシする際、バックエンドへ渡すヘッダー情報を自由に指定・編集することができるので、抜けがあると今回のようなことが起きます。
Nginxでシステムを構築した際は、こういう部分も気を付けてチェックしたいですね。

いやーしかし、今回は症状がちょっと奇妙だったのでちょっとだけ焦りました…(笑

  • この記事いいね! (0)