カテゴリーアーカイブ iOS

takahashi 著者:takahashi

ストーリーとグラフィックの”オープンソース化”を目指す異色のスマホゲーム”LayereD Stories 0″が面白い!

最近、ふとしたことで知ったゲームがあります。

ゲームのタイトルは「LayereD Stories 0」
舞台は2037年の日本。ARシステム「LayereD」が発展したことで、”イメージできることはすべて実現可能”となった世界です。
この世界では、ARをつかってどんなことも表現可能になった一方で、社会で一定数の人が”不快”を提示したコンテンツやユーザーのアカウントは一方的に削除されてしまいます。そんな中で登場人物たちがそれぞれの葛藤や信念を持ちながら、この仕組みと対峙していくようなストーリーです。

ソーシャルゲームでありながらそんな現実社会の”表現の自由”への考え方に一石を投じるようなストーリーの深さに、とても面白さを感じました。

他にもキャラクターデザインはさることながら、ゲームと本格的なCGアニメの両方をコンテンツとして公開していたりとストーリー抜きにしても力の入れ具合が半端ない印象のタイトルですが、個人的に一番注目したいのは”3Dモデルやストーリーのオープンソース化”が計画されているという点です。

バンナム、UGCを活用して新規IPを創出・育成する新プロジェクト「Project LayereD」始動! – Sotial Game Info

■創出したIPをオープンソース化! UGCを活用してIP育成
「Project LayereD」では、本IPの世界観、キャラクター設定、3Dモデルや2D画像を個人であれば誰でも自由に使える設定・素材として公開、無償提供します。お客様は簡単なライセンス表記のみで二次創作が可能で、個人利用のみならず商用利用も行っていただける予定です。IPの創出のみならず、IP育成においても積極的に二次創作を促し、お客様と一緒に「Project LayereD」を活性化していきたいと考えています。

いままでオープンソースの世界でも、創作界隈でも、”創作物のオープン化”という試みはあまり行われていない印象があります。
ましてや企業の制作物で”オープン化”される作品とは、きわめて希少ではないでしょうか。

プログラムで何か作ろうとしたとき、自分で1からすべてをフルスクラッチで書くのは、非常に大変な作業です。
しかし、オープンソースソフトウェアなどで、あらかじめベースとなるものがあれば、独自の部分だけに力を注げばよくなるので、よりいいものが作りやすくなります。

ゲームにしても物語にしても同じだと思います。1から作るというのは恐ろしい程の労力が必要です。
得意な人や、それを生業としている人は別としても、自力で一から構築していくのは簡単ではないはずです。

でも、作る際に何かベースがあれは、作りたいものをぐっと作りやすくなると思います。
この作品の世界のように、才能や技術にかかわらず、誰でも創作に参加できるような流れづくりに、こちらのゲームが一役買ってくれるのではないのかな、と感じました。

今後の展開に注目していきたいと思います。

レイヤードストーリーズ ゼロ

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【未解決】Xcode 9.1 で ‘Cordova/CDVViewController.h’ file not found というエラーが発生

Cordova で開発中のアプリをビルドしようとしたところ、下記のようなエラーが発生しました。

MainViewController.h:28:9: ‘Cordova/CDVViewController.h’ file not found

エラー内容は書いてある通りで、MainViewController.h というファイルで、Cordova/CDVViewController.h が見つからないというものでした。
MainViewController.h を確認してみると、確かに #import <Cordova/CDVViewController.h> の行でエラーとなっていました。

 

解決方法を調べたところ、下記の画像のように、Build SettingsHeader Search Path の値に下記のような記述があるので、

"$(OBJROOT)/UninstalledProducts/include"

こちらを、

"$(OBJROOT)/UninstalledProducts/$(PLATFORM_NAME)/include"

上記に変更すれば、実行できますとの書き込みを見つけたので、早速試してみました。

が、今回のエラーはこちらでは解決できませんでした…!
以前も全く同じエラーに遭遇したことがあり、その時はこのやり方で解決できたのですが、今回は何故かダメでした。
他にも、iOSのプラットフォームを一度削除した後、再度追加するとビルドできるとの記載もあったのですが、こちらも効果なし…。
それ以外の解決方法も検索してはいるのですが、ほぼ Build Settings > Header Search Path の値を修正するという解決策しかヒットしないので、正直手詰まりです。

もし、上記以外の解決策をご存知の方は、是非ともご教授くださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。

  • この記事いいね! (2)
著者:aoki

弊社ではDeepLearningを用いた画像認識アプリの開発を進めています

現在弊社ではDeepLearningを用いた画像認識のアプリ開発を行っています。

今開発しているアプリは花を認識するサービスで「Floen」という名前でリリースを予定しております。


こちらはアプリのスクリーンショットです。
枠の中に花を入れて撮影することでサーバ側で何の花なのかを画像認識して結果を返します。
画像認識自体はTensorFlowとAlexNetを利用しておりいわゆる畳み込みニューラルネットワーク(CNN)ですね。

ただ課題はまだ学習が足りず認識精度が高くないという所でどれだけ効率よく学習させるかですね。
アプリを通して撮影された写真も学習データとなりますのでリリースできましたら是非皆様に使っていただきたいです。
アプリ自体はリリース準備を進めており現在審査待ちですのでもうしばらくお待ちください。

  • この記事いいね! (0)