カテゴリーアーカイブ IT情報

takahashi 著者:takahashi

VMWareでファイルをロックできませんでした エラーが出た時の解決策

最近、VMWareを使用して仮想の開発環境を使って動作テストをしているのですが、先日下のようなエラーがでて突如起動しなくなってしまいました…


by 宇宙仮面の研究室

もしかして、仮想ディスクか壊れた!?!?とかなり焦りました。

とりあえず原因を調べていたところ、下記のサイトを発見

vmware の Virtual Machine がファイルをロックできずに起動できない場合の対処方法 – 宇宙仮面の研究室

どうやら、何らかの原因でロックファイルが不正な状態で残ってしまうと、起動ができなくなってしまうようです。
自分の環境も確認知ってみると、

バッチリ残ってしまっていました。
こちらの2つのファイルを消したところ、再度起動できるようになりました。

仮想ディスクの破損じゃなくてよかった…(;´∀`)

同じ症状でお困りの方は、是非一度確認してみで下さい。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

撮影したときにどの場所にピントが合っていたのかが分かるLightroomプラグイン

自分は趣味でよく写真撮影をしています。
愛用しているカメラは一眼レフで、かなり細かい調整も可能な機種ではあるのですが、最近どうもうまくピントが合わない症状に悩んでいます。

ピントのずれはPCの画面のような大きな画面を見たときにはじめてわかるので、その場でピントのずれを確認できない場合があります。今回、カメラ側の故障なのか、それとも単に自分が下手なだけなのかを判別するために、何が原因でピントがずれてしまったのかを後から調べられる方法を探していました。

運よく、Adobe Lightroom向けのプラグインで後からピント調節の情報を確認できるプラグインを見つけたので紹介したいと思います。

Show Focus Popints Plugin というプラグインです。

例えば、こちらの写真

一見するとバッチリピントが合っているように見えますが、よく見ると…

結構ボケてしまっていました。
一体どこにピントがおうとんねん!!!ということで調べて見ます。

ライブラリを表示した状態で、プルダウンメニューから プラグインエクストラ->Show Focus Points
で確認してみます。

んんんんんんんん???
なにやら全体にピントがあっているという謎判定。

こういう時は右側にあるFocus informationを見てみます。

Focus modeのところにバッチリ”Manual Focus”と書かれています。
ハイ、これは完全に自分の調節ミスでした…

ということで、おかしいのはカメラ側なのか、自分の操作ミスなのかも後でもわかりますし、ここはオートフォーカスの方がよかったなーとか、もっとピント確認するように癖をつけようとか、反省会をすることもできるので非常に便利です。

ちなみに、万が一カメラ側の問題が疑われた場合も、オートフォーカスの際のピントの微調整ができる機能や機器があるようですので、修理に出さなくても、これらのものを活用すれば自分で修正も可能なようです。

自分で出来る!カメラのピントを微調整する方法。[AFマイクロアジャストメント] – studio9

USB DOCKで18-35mm F1.8 DC HSMのピント調整をやってみる – 酔人日月抄

ここ最近の写真を調べたところ、カメラではなくて、どうも自分の調整が甘かった写真が多かったことがわかってきました。
…もっと上手に撮れるように練習したいと思います。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

自宅サーバーを始めるときに最低限気を付けたい3つのこと

最近、自分の周りで、自宅サーバーを始める方が増えてきました。

自分も自宅サーバーを稼働させているのですが、今回はサーバーについて今まで勉強してきた中で、始めるにあたって最低限気を付けたいことをまとめてみました。

  • OSやファームウェアのアップデートは可能な限りこまめに行う

LinuxやWindows、サーバーを構築するにあたって、必ず何かしらのOSをセットアップするかと思います。
このOS、人間が作っているためどうしても何かしらのバグが出てくる可能性があります。

このバグですが、場合によっては権限のない利用者に対して管理者の許可なくサーバーを操作する手段を与えてしまう”脆弱性”になる可能性があります。

大抵の場合、これらの脆弱性は、開発元が定期的に修正したものを配信しており、それを受信・適用する”アップデート”機能が必ず備わっていると思います。

普段使っている、使うときにしか電源を入れない”クライアントPC”は通常直接インターネット上に公開されていない上に、ネットワーク上にその存在があるかどうかも調べなければ外部からは分からないので、アップデートをさぼっていてもすぐにやられる可能性はまだ低いですが、サーバーの場合はインターネットからいつでもアクセスできる状態である上、その存在もネット上に一般公開されているため、だれでも簡単に接続できます。したがって、脆弱性が見つかったら直ちにパッチをあてないと侵入されてしまう危険性が出てくるのです。

ただ、実際のところ、パッチを適用する際にOSの再起動が必要になることも少なくありません。
実際に運用する際は、アップデートの有無を定期的に確認するようにし、もし再起動の必要のない更新がある場合はすぐに適用、もし再起動が必要なものについてはあらかじめメンテナンス日時を決めておき、利用者に通知したうえで適用するようにするといいと思います。

OS以外にも、使用しているネットワーク機器(ルーターなど)や、仮想環境で使っている場合はホストマシンのOSやハイパーバイザーのアップデートなども併せて確認しておきましょう。

  • メールの不正中継対策を行う

自宅のサーバーでメールサーバー(SMTP)を建てる場合、特に注意しないといけないのはメールの不正中継対策です。
例えば、自分のサーバーでSMTPサービス(postfixやsendmailなど)を立ち上げ、外部からアクセスできるような状態にしている場合、SMTPサーバーから認証なしにメールを送信できるようにしていると非常に危険です。

スパムメール業者などは、使用しているメールサーバーから大量に迷惑メールを送信している関係上、各メールサービスプロバイダからブロックされやすい為、常にブロックされていない新たなメールサーバーを探している可能性があります。

もし不正中継対策をしていないSMTPサーバーを公開してしまうと、こういった業者に、迷惑メールやウイルスメールなどの送信に使われてしまう可能性があります。

もし上記のようになってしまった場合、たとえ自分が送ったわけではないことが証明できたとしても、社会的信用を失ったり、場合によってはその責任を求められる可能性が出てきます。

パソコンが「踏み台にされる」という表現を目にすることがあります。踏み台にされると何が起きるのか、またどんな対策をすればいいのか教えてください。 – マルウェア情報局

対策として、自分のSMTPサーバーを認証なく利用できないように設定しておくと、不正中継を防ぐことができます。

【図解】初心者にも分かるメールの仕組み(SMTP、POP、IMAPの違い) – SEの道標

また、自分のサーバーが不正中継されない設定になっているかテストができるサイトがあります。

第三者不正中継チェックサイトメモ 2017 – 優技録

  • 火事に注意

こちらは技術的な話からは離れるのですが、自宅で24時間PCを動かしていると、サーバーマシンが壊れた際に火事になるリスクがあるようです。

ノートPCをサーバーにして大惨事になった話 – VPS比較メモ

危険なのはノートPC、UPSなどのバッテリーを積んだ機器を使って稼働させている場合。

特にノートPCは持ち運びできるようにするために筐体を小さくすることに重点を置いて設計されており、長時間動作させることはあまり想定されていないようです。
そのため、サーバーのような24時間稼働させるような使い方をすると熱がこもり、バッテリーの爆発や中にたまったほこりなどに引火して火事になってしまうことがあるようです。

一方、デスクトップPCの方も火事になることはあまりないようですが、電源周りがショートして中で火花が飛ぶ、といったことが起こる可能性はあるようです。

自作PCからの出火が原因で火事になる確立はどのくらいでしょうか?- Yahoo!知恵袋

こちらもやはり、定期的なメンテナンスを設けて、ほこりの除去などの定期的な手入れをした方がよさそうです。
また、監視ツールなどを使ってハードウェアの状態を常に監視しておくことも有効かもしれません。

  • 最後に

自宅サーバーの稼働には確かにリスクがあります。
それ故に「VPSなどを使えば事足りるし、安くて安全だし、自宅にサーバーを置くべきではない」という論調も目立ちます。

しかし、実際のところは、ガッツリサーバーを利用したい場合はVPSはかなり高くつきます(例えば、1TBのストレージを使おうと思ったら、自鯖ならHDDを追加すれば済みますが、VPSやクラウドの場合は月額でだいたい1万弱かかります)し、ハード構成やネットワークも含めて、一から自分で設計・構築ができるのはかなり魅力だと思います。

また、データはすべて自分が管理しているマシンの中に納まっているので、業者の不手際による情報流出や情報の不正利用のリスクを防ぐことができます。

ちなみに、有名なITニュースサイト Gigazine は、自分たちの発信する情報に対して圧力がかかっても公開が停止させられることがないように、という理由で、敢えてオンプレミスで運用している、という例もあります。

海外にディザスタリカバリを複数箇所設置 – Gigazine

自宅サーバーとクラウド(VPS)、どちらが優れているのかはそのままオンプレミスかクラウドか、の議論に発展していくわけですが、個人的にはこの議論はナンセンスだと思っています。

クラウドもオンプレミスも一長一短があり、どの形態が適しているのかは自分がどういったサービスを建てたいのかで決まってくるからです。そしてその選択肢として、クラウド(VPS)も自宅サーバー(オンプレミス)いずれもなり得えるということです。

また、どちらを選んだとしても、ネット上に自分の環境を公開することはリスクを伴います。そのリスクに対してどう対応していくか、考えていくのも勉強の一つだと思います。

普段何気なく利用しているWebサイトやWebサービスですが、その裏側がどうなっているのかを知ることはとても面白いです。

自分が構築したインフラやコンテンツが、インターネットを通じて全世界の人に見てもらえることの楽しさを、ぜひ多くの方が体験出来たら素敵だな、と思っています。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

海賊版サイトのブロッキング要請方面

海賊版サイトへのブロッキング要請。

ブロッキングが憲法が禁じる検閲行にあたる恐れがある行為。

コンテンツブロック行うISPの立場となったときには、憲法に反する行為を行う事となるし、監視する必要がある。そして運用の手間が増える。

  • この記事いいね! (1)
著者:ym

DoT してみる

先日の DoH は、DNS over HTTP でしたが、DoT は over Twitter 。

DNS over Twitter も始めてます。

@1111Resolver に対して、メンション付きでコマンドツイートすると IP アドレス返してくれる様です。

で、? なサービスですが、簡単で広告で良い。

DNS over Twitter

DNS over Twitter

ドメイン名をメンションするとIPアドレスを返すTwitterアカウント「@1111Resolver」、Cloudflareが開始 – INTERNET Watch

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

URL短縮サービス goo.gl 終了の発表

goo.gl と簡単な URL へ変換できるサービスが終了のようです。どんどん終了していきますね。

私も結構使っていたほうなのですが、今思えば最近はさっぱり使わなくなってしまいました。

Google 社は、Firebase Dynamic Links (FDL) への移行を促している様ですが、初心者は他社サービスを使ってねとのこと。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

Google Play Music Manager で Google クラウドに 50,000 曲保存

出来るらしいです。今さら初めて知りました。
しかも無料。

Google Play Music Manager

Google Play Music Manager

自分は iPhone ユーザではないので、スマホのSDカードへ同期ツール [WiFi Tunes Sync Pro] 使って iTunes のライブラリを PC と Android アプリ使って同期させていたのですが、この Google Play Music のストレージがあればクラウド化できますね。

Google Music Manager を常駐箚せとけば、手元PCの iTunes ライブラリと同期を取ってくれて iTunes で取り込んだデータはそのまま Google Music Player で流せる。

Google Play Music Manager

Google Play Music Manager

さらに、この Music ストレージは Google Home でも利用できるらしいので、SONY の LF-S50G に手をだすきっかけに。もちろん Android スマホで再生とかできるようになる。

  • この記事いいね! (1)
著者:aoki

今更ですがAmazonEchoDotの招待が来たので購入

もうすっかり忘れていたのですがAmazonEchoDotの招待が来たので購入しました。
家ではGoogleHomeがあるので会社に設置しております。

ラジオが壊れて静かだった社内が急ににぎやかになりました!
AmazonPrimeに登録しているので比較的色々な音楽が聴けますしradikoでラジオを聴く事も出来ますね。
逆にAmazonPrimeに登録していないとちょっと寂しいことになるかもしれません。

あとAmazonEchoには音声でAmazonの商品を購入する機能が付いています。
会社に置いておくので勝手に購入されたらたまらない・・・という事でスマートフォンのアプリで設定変更をします。

これで勝手に何か買われる心配もなし(笑)
あと1点、Echoで良い所は音声認識させるときの掛け声を変えられることですね。
初期では「Alexa」なのですが「amazon」や「echo」などに変更することができます。
できる限り短い言葉が楽なので「echo」が良いですね。

GoogleHomeでも変更できるようになるといいんですけどね。
「ねぇGoogle」「OK Google」はちょっと長い・・・

  • この記事いいね! (1)
著者:aoki

Amazon Launchpadが面白い!


Amazon Launchpad

何時から「Amazon Launchpad」というページが出来たのかは分かりませんがたまたまAmazonを見ていて気付きました。
主にスタートアップの商品をまとめたカテゴリなのですがこれが見ていると面白い。


Netatmo Welcome
気象情報をWi-Fi経由で取得する Netatmo の顔認識ホームセキュリティ版ですね。
ご家族はもちろんペットの見守りなどにも使えますね。


littleBits STAR WARS R2-D2 ドロイド・キット Droid Inventor Kit
自分でR2-D2を組み立てることができ、更にロボットなので色々な操作が出来るようです。
スターウォーズの事をほとんど知らない私でもこれはちょっと欲しい。


PSYCHO-PASS サイコパス DOMINATOR
有名な Cerevo のドミネーターですね、前から欲しいと思ってましたが中々のお値段・・・

クラウドファンディングでスタートアップを支援するのも良いですが、私みたいに気長に待つことができない方は Amazon Launchpad を利用するのがよさそうです。
という事で R2-D2 購入します。

  • この記事いいね! (1)
著者:aoki

第4回ICTシンポジウムのご参加ありがとうございました

先週金曜日は浜松ソフト産業協会主催の「第4回ICTシンポジウム」が開催されました。
ご参加下さった皆様ありがとうございます。


懇親会での副理事長のあいさつ。

今回リーダとして講演内容など私の方で調整しておりましたが内容はご満足いただけましたでしょうか。
「浜松」に拘った内容で今後の浜松が非常に楽しみな講演だったと思います。
浜松は人口も減って正直元気が無くなっているのも事実です。
しかしITは成長する一方、是非このITを活用し浜松ソフト産業協会だけではなくみな様と浜松の活性化を図って行ければ幸いです。

  • この記事いいね! (0)