カテゴリーアーカイブ IT情報

著者:ym

Symantec と Broadcom

なんとブロードコムがシマンテックの企業部門を107億ドルで買収したとのこと。
しかもニコニコ現金払い!キャッシュですよ!かっこいい(笑)

ブロードコム、シマンテックの企業向け事業部門を買収へ-107億ドル

法人向け製品では以前 Endpoint Security を使用していました。今ではスタッフ数も減った関係で仮定向けの Norton 製品へ切り替えてしまいました。個人製品は引き続きシマンテック社の様です。ウィルス検知エンジンなど、そもそも別なのでしょうか。なんだか先行き不安ですが。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

clamav と libunrar

少し前からコンパイルが出来なくなってしまったので、調査していましたが、最終的に .rar 圧縮なんて滅多に見ないじゃん?(exe でも中身は rar の可能性はあるが。)

-Wno-logical-op-parentheses
-Wno-dangling-else

この2つのオプションが関連しているところは libclamunrar です。
ということで disable にすることにしました。

./configure --prefix=/usr/local/clamav --enable-milter --enable-clamdtop --disable-unrar

いままで 0.100.3 を使用していましたが、次からは 0.101.2 にアップ。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

CDNで使用されるSSLとSANs

CDN やレンタルサーバでは他社とサーバやポート番号を共有ことが多くあります。最近では SSL/TLS の処理も必要になるので、443 番ポートを共有し、SNI に対応した Web サーバで処理することが普通かと思います。

しかし SSL/TLS 証明書まで共有している例は初めてみました。www.nikkei.com が採用している CDN では SSL/TLS 証明書まで共有している様です。確かに DV 証明書であれば問題は無いですが、この証明書は OV 証明書ですよね?認証上はドメイン使用承諾している状況かな。
SANs (Subject Alt Name)へ共有しているコモンネームが網羅されるので、結構気になるんですよね。

あれ?CN(コモンネーム)違うじゃん O(組織) が Fastly ? 他社じゃん。やべっ・・・。って、びっくりしました。
こうやって、SSL証明書を見て、本当に接続したサイトは正サイトと確認している人もいるので、どうかと思うんですよねぇ。

SSL証明書の発行日を見ると、2019年7月18日、つい先日更新している様子ですが、以前からなのかな。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

JMeter でのリモート実行できずに

Apache JMeter はサーバ1台で実行可能ですが、大きな負荷をかける場合は複数サーバに分散する仕組みが用意されています。

しかしこれがうまく動作しないのです。

create-rmi-keystore.sh

jmeter クライアント側で Java の keytool を使用して rmi のキー rmi_keystore.jks を作成。
これをリモート側 (jmeter-server) へコピーして準備します。もちろん rmi という名称部分は同じ様に指示通りに。
jmeter.properties などの .properties ファイル類の server.rmi.ssl.keystore を調整。コメントアウト化されているので、有効化してみたり。戻して見たり。

jmeter-server を起動させ 1099 ポートで待機させます。 クライアントは同じセグメント。

tcpdump しながら 1099 ポートへの通信を確認しているのですが、一行にタイムアウトで接続できず。

リモート実行する形での情報が少ないので非常に困り物です。

  • この記事いいね! (0)
asaba 著者:asaba

【node.js】node.jsのバージョンが8以下だとcreate-react-appが使えなくなりました

react初級者が手っ取り早くreact開発をするのに便利だったcreate-react-appですが、知らない間にnodeの

バージョンが低いとcreate-react-appでテンプレートを作れなくなっていました。

今の自分のnodeのバージョンが6.3.10だったのですが、試しにcreate-react-app toyBoxで適当にテンプレを

作ろうと思って実行したところ、このようなエラーが出ました。


Y<span style="color: #ff6600;">ou are running Node 6.10.3.</span>
Create React App requires Node 8 or higher.</span>
Please update your version of Node.</span></span>

分かりやすい。このエラーが出た場合は今のnodeから8以上のnodeに切り替えてください。

nodistをインストールしている場合は、コマンドでnodist +8.0.0でnodeのバージョン(8以上なら何でもいい)を

インストールします。その後に同じくコマンドでnodist 6.11.3と打ち込んで現在のnodeから実際に8.0.0に

切り替えます。

node -vでバージョンを確認して8.0.0になっていれば切り替え成功です。ここで再度create-react-app toyBox

を打ち込んでみましょう。緑色の文字でsuccessが出れば成功になります。

もし、正常に動かないまたはnode.jsのバージョンが変わらなかった場合は一回node.jsをアンインストール

することをお勧めします。

 

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

AWS RDS SQL Server にファイルからデータ復元

先日 RDS for SQL Server を使ってテストしていましたが、無事に .bak ファイルからの復元ができることを確認しました。

ハマった点といえば、アクセスキーの有効期限。

期限の警告はでていたけど、普通にアプリから使えていただので問題ないと思っていたところ、インポートで RDS から S3 への接続で Key Id なんたらとエラーメッセージが表示されました。

まさかこのキーの有効期限だとは思いませんでしたが、アクセスキーを更新して無事インポートができる様になりました。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

dd-wrtと通信相手一覧

Android スマートフォンのカスタム OS を使用するにあたって、必ず行っているパケットキャプチャ・・・w

危険なので信頼のおけるOSを使用するのが一番ですが、それでも使用しなければならない場合はパケットダンプして通信をしばらく監視します。

いつもはバカハブを使用していましたが、今回 dd-wrt 使っていたので通信中の一覧をみて通信相手のIP確認しました。それでも心配なので後からしばらく確認です。

それにしても dd-wrt はよくできてますね。 使っているハードが 54Mbps しか使えん装置ですが、 久しぶりにバージョンアップしたらデザインも変わっていて、また使ってみたくなりました。

本当は dd-wrt の tcpdump 付きバージョンのファームウェアを使用すれば良いのですが、私のハードではメモリー不足です。ファイルシステム有効化すれば、カスタムで入れられるのかな。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

Docker Toolbox で Windows ディレクトリとの共有

Docker マシーン (VMware 仮想ゲスト) と Windows PC のファイル共有はデフォルトでは C:\Users ディレクトリが、ゲスト側の /Users にマウントされた状態となります。

なので Windows 上で Dockerfile や docker-compose.yaml など作成して、VMware ゲスト (docker-machine) 側で動かす際に混乱するんだよな。

マウントポイントを変更したい場合は GUI は無いので docker-machine を止めた状態で VMX ファイルを直接編集です。

sharedFolder0.present = “TRUE”
sharedFolder0.enabled = “TRUE”
sharedFolder0.readAccess = “TRUE”
sharedFolder0.writeAccess = “TRUE”
sharedFolder0.hostPath = “C:\Users\”
sharedFolder0.guestName = “Users”
sharedFolder0.expiration = “never”

VMware の定義ファイル C:\Users\(ユーザ名)\machine\machines\default\default.vmx

この部分を変更して、docker マシーン起動!

いずれ docker が windows 上で動く様になるらしいので (ただし Hyper-V) 、docker コンテナと直接 Windows でファイルやり取りはできる様になるのかな。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

MySQL のテンポラリーと tmpdir

MySQL データベースの起動時の自動修復が失敗し、/tmp が溢れたとログにでました。手動で REPAIR TABLE をかけたところ、同様。

調査したところ /etc/my.cnf の tmpdir 値のところを REPAIR TABLE 時に使用しているらしく、テーブルの出たが多いとテンポラリーテーブルが足りずにエラーとなっている状況でした。

[mysqld]
tmpdir = /tmp

/etc/my.cnf

この値をディスク容量の多きなパーティションへ変更し、改めて修復を行ったところ 30 分程度で修復が完了しました。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

仮想通貨 Libra

仮想通貨してますか?
Facebook が仮想通貨「Libra」を発表したようですよ。

【最新解説】Facebookが発表した仮想通貨「Libra」について、性能や参加企業まとめ。

Libra は天秤。ウェブサービス、とても懐かしいです。

出資している企業を見るとこのLibra、すごそうですね。

資金資本がそもそも無いので仮想通貨自体に手を出すことも出来ないのですが、この盛り上がり様をみると、私自身、だいぶ周回遅れ感があります。争ってませんけど。

  • この記事いいね! (0)