カテゴリーアーカイブ IT情報

著者:ym

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION cldflt.sys Windows10におけるブルースクリーン症状

AccessのODBC問題でアンインストールを行ってますが、その後数日経過して、 2019/11/24 と、11/25 の2日連続と最近連続で発生しました。

以下リンク関連するのだろうか。

原因不明。情報まちです。

・sc query cldflt は STAT 4 RUNNING です。
・私は、夜帰り際に発生します。

【SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION】Windows10におけるブルースクリーンの発生原因とその解決方法について【Ver1909】

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/systemserviceexceptionwindows10%E3%81%AB%E3%81%8A/774908ab-1b83-4c95-aeca-b2876e00e1f8?auth=1

KB4517389がインストールされた後、cldflt.sysでブルースクリーン エラーはsystem service exception

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/kb4517389%E3%81%8C%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9/e5ea3b3c-e097-4bf9-b53f-a8b0762a2719
  • この記事いいね! (0)
著者:ym

ドローンの不法侵入防止システム!?

ウィルス対策ソフトで、そこそこ有名なカスペルスキーですが。

「ドローンの不法侵入防止システム」というのを作ってるらしいです。

ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labは、許可なく飛行してきたドローンの強制着陸などが可能な不法侵入防止システム「Kaspersky Antidrone」を開発した。

https://japan.cnet.com/article/35145882/

自由にやりたい。 でも確かにドローンは問題は多い。

そこそこの電波を発信しているのだと思うけど、ここ浜松市には航空自衛隊もあるので、このシステムの導入自体がなかなか難しそうな気配がします。

でも必要でしょうね。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

office 365 business メール障害とポータル障害

関連があるのかは不明ですが、昨日のメール障害に引き続き、ポータルの障害が出ている様です。

おなじみダウンディテクター (Downdetector) 見てみると、グラフ左側がメールで、おそらく右側がポータル。

私自身Office365Businessのアカウントはありますが、Exchangeはできない安価な契約なのでメールなどの障害への影響は不明。

履歴を見てみると 11 月は他にも色々と障害などが発生している様ですね。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

杏林堂で PayPayLINEPay

PayPay LINE Pay 。仕事が早いですね。すぐピコ太郎なPPLPが出来上がってました。

もっと昔から使えていた気もするのですが、今月11/6 から PayPay に加えて LINE Pay も支払える様になったということで杏林堂でドリップコーヒーを購入してきました。

・杏林堂カードは Google Pay にしまってあるのでバーコード表示してスキャン
・楽天ポイントは、楽天Payアプリで楽天ポイントバーコード表示してスキャン
・さらにLINE Payアプリで QR スキャンして金額手入力で決済

この手順でネットが遅かった日には、さらに待ち。QRコード決済って、超アナログ感でビビりますね。でもスマホだけ持参で購入できる様になったのは嬉しい。
最終目標、NFC タッチな QuickPay+ や iD、Paywave 決済へたどり着いてくれるとさらに嬉しいです。

私の使う範囲だと、残るは生協コープ富塚と、郵便局。 郵便局は来年2020年の2月から開始の様子。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

Roundcube 1.4 のスキンはレスポンシブでスマホ対応

2019/11/9 にリリースされた 1.4.0 で、ようやく対応です。標準で搭載されるスキンで、スマートフォンに対応しました。

今までは、別で有償のスキンを購入する必要がありましたが、これで無償でレスポンシブなスキンが利用できます。

・Email Resent (Bounce) feature
・ Improved Mailvelope integration
・ Support for Redis and Memcached cache
・ Support for SMTPUTF8 and GSSAPI

https://roundcube.net/news/2019/11/09/roundcube-1.4.0-released

Elastic というスキンが新たに加わっているので、それを選択するだけ。

すでに RC (release candiate) 版で触っていましたので、感じはわかっていましたが正式リリースが出たので入れ替えました。いいかんじ。

  • この記事いいね! (1)
著者:ym

nextcloud desktop client 2.6.0 の不具合?

9月末に desktop client のみ 2.6.0 にバージョンアップしたのですが、これがいまいち不安定な気がします。日本語を含むファイルが消えたり、接続が途切れたり。

next cloud server 側の httpd ログや、nextcloud のログを見てもわからず。

NextCloud Windows Desktop Client

https://download.nextcloud.com/desktop/releases/Windows/

やむを得ず、ここから 2.5.3 をダウンロードして入れ直ししました。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

1.1.1.1 WARP VPN

早いVPNという事で見てみました。

VPNでも400Mbps超! iPhone 11のWi-Fi 6でWireGuardベースのVPNサービス、Cloudflare「WARP」を試す

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/1213143.html

https://1.1.1.1/

お手製CDNを駆使する事で爆速経路を通貨させてVPN通信する仕組みらしいのですが、 実際のところ、身元を割られたくないわけでも無いので、私が使うメリットは無いのですけどね。

フィルタされる国で使ったり海外で使う場合にはメリットが出てきそう。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

Apache 2.4 で PHP 5.2 モジュール版

configure を変更して、どうにか読み込みうまくいき、動きはじめました。

configure の変更点

--- php-5.2.17/configure        2011-01-07 08:04:43.000000000 +0900
+++ php-5.2.17-apache24/configure       2019-10-17 17:47:00.000000000 +0900
@@ -108443,6 +108443,7 @@
   ZEND_MAINTAINER_ZTS=no

 fi
+  ZEND_MAINTAINER_ZTS=no


 # Check whether --enable-inline-optimization or --disable-inline-optimization was given.

php_functions.c の変更点

--- php-5.2.17/sapi/apache2handler/php_functions.c      2010-01-03 18:23:27.000000000 +0900
+++ php-5.2.17-apache24/sapi/apache2handler/php_functions.c     2019-10-11 12:19:53.000000000 +0900
@@ -383,7 +383,7 @@
        char *p;
        server_rec *serv = ((php_struct *) SG(server_context))->r->server;
 #if !defined(WIN32) && !defined(WINNT) && !defined(NETWARE)
-       AP_DECLARE_DATA extern unixd_config_rec unixd_config;
+       AP_DECLARE_DATA extern unixd_config_rec ap_unixd_config;
 #endif

        for (n = 0; ap_loaded_modules[n]; ++n) {
@@ -414,7 +414,7 @@
        php_info_print_table_row(2, "Hostname:Port", tmp);

 #if !defined(WIN32) && !defined(WINNT) && !defined(NETWARE)
-       snprintf(tmp, sizeof(tmp), "%s(%d)/%d", unixd_config.user_name, unixd_config.user_id, unixd_config.group_id);
+       snprintf(tmp, sizeof(tmp), "%s(%d)/%d", ap_unixd_config.user_name, ap_unixd_config.user_id, ap_unixd_config.group_id);
        php_info_print_table_row(2, "User/Group", tmp);
 #endif

configure は無理やりですが、この変更を入れる事で libphp5.so が出来上がり、Apache 2.4 prefork 版で動き始めました。

良かった。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

PHP 5.2 と Apache 2.4

今更動かす必要もないのですが、どうしてもというので。PHP 5.2。

PHP 5.2 の ./configure を apache 2.4 の apxsと組み合わせて実行するとZTS化された libphp5.so が出来上がってしまう不思議な症状。

httpd -V する限りでは Server MPM: prefork となっているのに。

erver version: Apache/2.4.41 (Unix)
Server built:   Oct  9 2019 18:49:06
Server's Module Magic Number: 20120211:88
Server loaded:  APR 1.7.0, APR-UTIL 1.6.1
Compiled using: APR 1.7.0, APR-UTIL 1.6.1
Architecture:   64-bit
Server MPM:     prefork
  threaded:     no
    forked:     yes (variable process count)

apache 2.2 の apxs を使えば prefork 版モジュールが出来上がるのですが、apache 2.4 ではどうやって作ったら良いのだろうか。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

DMARC report の policy_evaluated

レポートを見ていると、auth_results については DKIM も SPF も pass となるのだが、policy_evaluated については adkim, aspf ともに fail となる症状。

Dmarc: Why do I have dkim=fail, spf=fail and result=pass

https://security.stackovernet.com/ja/q/38420

少しにた症状を見つけたけど、ちょっと違う様子。

内部から外部への送信の際は、2段階MTAを経由した後、外部とつながるMTAから送信となる為、外部とつながるMTAでDKIM署名をしている状況だけど、どうやら source_ip は一番末端の IP アドレスで検証している?レポートを見る限りそのような感じがするのだが、どの IP を見ているのだろうか。

adkim、 aspf パラメータは、いずれも relaxed mode を示す r か strict mode を示す s のいずれかの値を設定します。relaxed mode とは、DKIM あるいは SPF で認証したドメイン (認証識別子) と、ヘッダ上の送信者情報 (From:ヘッダ, RFC5322.From) との組織ドメインが同じであれば良い場合を示します。

https://www.naritai.jp/guidance_record.html

次に DKIM に要求されるアライメントは、以下の通りです。
strict(adkim=s)
署名ドメイン(d=) = ヘッダ From ドメイン 完全に一致
relaxed(adkim=r)
署名ドメイン(d=)の組織ドメイン = ヘッダ From の組織ドメイン 一致

そして、DMARC の認証が成功(dmarc=pass)となるには、
SPF の認証成功(spf=pass) & アライメント一致
または
DKIM の認証成功(dkim=pass) & アライメント一致
であることが必要です。

https://eng-blog.iij.ad.jp/archives/3273
  • この記事いいね! (0)