カテゴリーアーカイブ 未分類

takahashi 著者:takahashi

従来のCPUに深刻な脆弱性が発覚。スペックダウンを招くため安易な対策ができず…

本日、驚愕なニュースが流れてきました。

GoogleのProject ZeroチームはCPUの重要な欠陥を昨年発見していた – Tech Crunch

こちらの記事によると

発表によると、同社はその問題をチップのメーカーに報告した。それは、“投機的実行”と呼ばれているプロセスによって起きる。それは、CPUが次にやるべき命令を論理的に推測して実行し、処理速度を上げる、という高度なテクニックだ。そしてその機能に隙(すき)があり、悪者はそれを利用して、暗号の鍵やパスワードなどメモリ上の重要な情報にアクセスできる。

Googleによるとこれは、AMD, ARM, Intelなどすべてのチップメーカーに見られる現象である(AMDは否定)。Intelは、一部で報道された、脆弱性はIntelのチップのみという説を、同社のブログ記事で否定している。

AMDは否定しているものの、一般用として広く出回っている現行のCPUの多くに、本来読み出せてはいけないメモリ領域からデータを取得できてしまう可能性が指摘されました。

原因は、CPUにおける処理高速化の手法の一つ、“投機的実行”が原因となっているようです。
この投機的実行をすることによってCPUの高速化を図っているため、この脆弱性を簡単に塞ごうとすると、どうしてもCPUの高速性を犠牲にしなければならないという非常に痛いトレードオフの関係が発生してしまっているようです。

Intel製CPUに内在する脆弱性問題の根は深く「すべてのプロセッサが安全性と高速性を両立できない問題を抱える」との指摘 – Gigazine

簡単に解決できなさそうな問題だけに、各CPUメーカーが今後どのような対策をしていくのか、注意深く見守っていきたいですね。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】関数の条件で「空白以外」を指定する方法

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

と、簡易的にではありますが新年のご挨拶も終わったところで、今年最初の小ネタをご紹介。

昨年から引き続き、Excelを使用した業務を行っておりますが、その際に、「何かしらデータが格納されているセルをカウントする方法」がわからなかったので、備忘録としてまとめます。

使用する関数は、COUNTIF関数、もしくはCOUNTIFS関数です。
指定の方法はいたって簡単で、第2引数の部分に「“*”」と指定するだけ。
具体的には下記のとおりです。

=COUNTIF(A1:A10,"*")
※ A1からA10のセルの範囲で、空白でないセルをカウントする

任意の文字を意味するワイルドカードである「*(アスタリスク)」を使うことで、「何らかの文字が入力されている」という条件を指定できます。
…わかってしまえば、確かに!となるのですが、今回は思いつきませんでしたね。

 

なお、今回は必ず文字列が入力されることがわかっていたので、この方法を使いましたが、もし数字が含まれる場合は、上記の方法ではだめとのこと。
もし数字が入力されることを考慮する場合は、

=COUNTIF(A1:A10, "<>" & "")

上記のように指定する必要があります。

見慣れない「<>」というものが出てきましたが、こちらはExcelで「等しくない」という意味があります。
で、「&」が文字列の結合を意味するので、第二引数は「空白ではない」という意味になります。
ちなみに下記のように、後ろの「&」と「””」を省略することもできます。

=COUNTIF(A1:A10, "<>")

お好みに応じて使い分けてください。

 

以上、Excelの関数で「空白以外」という条件を指定する方法でした。

  • この記事いいね! (0)
著者:aoki

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます、青木です。

去年はいい事も悪い事も色々ありました。
そして何より失敗が多かった年だったと思います。
何をやってもうまくいかず、どうしていいのかわからなくなる事も多々ありました。
おそらくそれは今年もあると思います。

しかし失敗は成功の元では無いですが失敗してしまったものは仕方がありません。
今後同じ失敗は繰り返さないようにするだけです。
そしてその分失敗する割合も減るはずなので2017年の自分よりも少なからず良い自分になっていると信じています。

1月1日はいい天気で富士山も綺麗に見えてました。
今年がダメだったらもう今後は無いというつもりで頑張りますので2018年よろしくお願いいたします。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

夜間と休日に起こるHDDトラブル

休日に限って発生するサーバハード障害対応!今回は仕事中でしたが、仕事納めの日。

Google 等のデータセンターでの故障率が 8% という記事を以前見た事があります。HDD 300 本程度のサーバとすると 8% で 年間 24 本。弊社でも同様と%値ですので、Google が出した故障率はあっていそうです。
でもメーカー発表の値は 0.1% ~ 1%、多くて 3% 程度。ホント、差がありすぎる。

今回の RAID5 の 1 本障害、よりによって構成している RAID の他の HDD にもミディアムエラーが見受けられる点と、物理的には 1 台だけど、仮想環境なので複数の OS 障害に発展する可能性が高い状況。
心臓がドキドキバクバク、手も震える対応でした。
最低限 HotSpare か、RAID6 はほしいところだ。
仕事納めの日に、なんて日だ。

リビルド完了を待って無事1本交換、完了。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

マザーボードのSATA故障

先日壊れたと思っていたM/B。その影響でHDDへのアクセスがおかしくなりHDDを認識しなくなったけど、CrystalDiskInfoを常駐させていた時には全く正常稼働していて、起動するともちろん正常。SATAポートを変更したところ、調子がいい。このSATAポート変更でスピーカーから雑音も消えたUSB3.0へのアクセスも調子よくなった。

これは意外な発見でした。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

Google Playにいつの間にかセキュリティ機能 “Google Play プロテクジョン”が追加されていた件

ある日ふとGoogle Play ストアを開くと

Google Play プロテクションという表示が出ていました。

これは何なのだろうと調べてみたところ、どうやらGooglePlayにアンチウィルス機能が搭載されたようです。

Android – Google Play プロテクト

Playストアへ公開されている、いないにかかわらず、インストール時のアプリの確認と、端末にインストールされているアプリを定期的にすべてスキャンする機能を持っているようです。

Google Playストアは、iOSのAppStoreと違い、アプリの内容まで確認する審査がありません。
それがPlayストアやAndroidのいいところでもあるのですが、その分アプリ内に有害な動作が巧妙に隠された状態でアップロードされた場合、検知されずに公開されてしまう事態も起きていました。

「Google Play」にマルウェア含む多数のアプリ–100万回以上ダウンロードされる – Cnet Japan

GooglePlayに標準でセキュリティ機能が実装されたのも、現状を鑑みたGoogleの対応策だと思われます。

ただ、このGoogle Playプロテクションですが、セキュリティソフトのテストではまだ他のセキュリティソフトよりも検出率が低いのが現状とのこと。

Androidのセキュリティ、Google Playプロテクトのマルウェア検出性能は不十分?

もうしばらくは、サードパーティーのセキュリティソフトが手放せなそうです。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【おすすめアプリ】辛い偏頭痛を気象病・天気痛対策アプリ「頭痛ーる」で予測!

最近、また偏頭痛が起こるようになってしまいました。
確かにここ数日急に寒くなり、昨日は少し雪がちらついたりと、あまり良くないお天気だったからしょうがないのかもしれません。

と、いうことで、今日はそんな偏頭痛が起こる時期を予測してくれるというアプリをご紹介。
頭痛ーる」というアプリで、Android・iOSの両方に対応しています。
最近アップデートをしたようで、デザインが少し変わっていました。

公式サイトはこちらから。

頭痛ーる:気圧予報で体調管理 全国700万人の気象病対策アプリ
https://zutool.jp/

アプリをインストールしていなくても、こちらのサイトからでも気圧の変化を確認することができます。

また、Twitter公式アカウントもあるそうなので、こちらをフォローしても良さそうです。

頭痛ーる:気圧予報で体調管理・頭痛対策(@terunekootenkiさん)|Twitter
https://twitter.com/terunekootenki

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の6か所の翌日の予報を配信しています。

 

起動直後の画面はこんな感じ。

気圧の上がり下がりをグラフで表されており、かつ、上の画面のように「やや注意」「OK」などが表示されています。
これなら天気に関する基礎知識などがなくても、偏頭痛が起こりそうなタイミングがわかりやすいです。
また、片頭痛が起こりそうな天気の時は、プッシュ通知も送られてくるので、わざわざ毎日アプリを起動して確認する必要もなし!

また、直近の変化だけでなく、下記のように今日・明日・明後日の気圧や天気などがわかるページもあります。

これなら気圧だけでなく、お天気アプリとしても使えそうですね。

さらには、こんな感じでお天気についての基礎知識が掲載されているページもあります。

トップページにいる博士とマロの会話形式で書かれているので、楽しく読めます。
時間があるときにでも、全部読んでみたいですね。

 

偏頭痛が起こりそうな時期を予測できる「頭痛ーる」アプリの紹介でした。
偏頭痛持ちの方は是非インストールしてみてはいかがでしょう。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Cpoint Labの記事ページにいいねボタンを設置しました!

この度、CpointLabの記事ページにいいねボタンをコッソリ設置しました。


これです。
各記事ページの文末に表示されているかと思います。

著者の励みになりますので、少しでも”この記事いい!”と感じていただけましたら是非クリックしていただければ幸いです。

ちなみにこちら、社長にはナイショでつけています。
ある日ボタンが突然無くなりましたら察してください。(笑)

何卒何卒…

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

音声操作AIスピーカーを使う上で

Amazon Echo が届いてから、息子も妻も毎日のように利用している。ほとんどは音楽とラジオですが、ログを見るとクッキングタイマーだったり、ドラムの練習だったり計算させたり。その他の機能も使っているようです。

そんな AI スピーカーですが、シマンテックのブログに使う上で事前に知っておくべき記事がでてました。

わかっていることばかりですが、使っている方は、ぜひ読んでおいた方がよいね。

会社のラジオが壊れてしまったので、Google Home や Amazon Echo とかあったらよいかな?とか思ったりもしたが、音声操作か使わんだろうな。人がたくさんいるのに、シーンとしたオフィス、嫌いじゃないし。たまには良いね。昔はかちゃかたしてたのに、いまはノートPCなのでさらに静かだ。

  • この記事いいね! (1)
著者:ym

ログとステータスを読む

今日は一日ログを見て過ごしました。

ぼけーっと見ることも、これがまた重要で、広い範囲をみてコンピュータがどう考えているのか傾向を掴み、会話するのです。

絞り込み。また、ぼけーっと見て、絞込、追い込みに入ります。

情報セキュリティで有名な方も、ログをみることが大好きで、一日中ログを見ていることもあると言っていました。

それくらい重要なデータということです。

  • この記事いいね! (1)